ひょう 漢字。 「ひょう」の索引 1ページ目

みぞれ、あられ、ひょう、雪の違いとその英語と漢字をご紹介!

ひょう 漢字

雪(ゆき) ゆき。 空から降るゆき。 ゆきのように白い。 解字 会意。 もと「雨+彗(すすきなどの穂でつくったほうき、はく)」の会意文字で、万物を掃き清めるゆき。 『漢字源』 「ヨ」の部分はもともと「彗(ほうき)」の字だったんですね。 会意文字というのは、漢字の二つの部分のそれぞれの意味を生かした文字。 雪は(ホウキのように)万物を掃き清めるという由来なのでしょうか。 これはおもしろい。 調べてみると「雪=掃くことのできる雨」という説も有力みたいですね。 この他、雪の仲間(?)である霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)はいずれも「あめかんむり」の漢字。 せっかくなので、それらの成り立ちも調べてみました。 霙(みぞれ) みぞれ。 雨と雪がまざって花びらのように降るもの。 解字 会意兼形声。 「雨+音符英(はな)」。 『漢字源』 「霙」は雨の下に「英」。 英には「花」という意味があります。 霙は雨の花なんですね。 形声文字というのは、二つの部分の片方が意味、片方が音声を表す文字。 会意兼形声というのは、英の部分が「はな」という意味を表すとも言えるし、「エイ」という音を表すとも言えるということなのでしょう。 霰(あられ) あられ。 雨滴が地上近くで急に固まって、ぱらぱらと散ってふるもの。 解字 会意兼形声。 「雨+音符散(ぱらぱらとちる)」。 『漢字源』 「霰」は雨の下に「散」。 固まって散らばる雨=霰というのはイメージしやすいですね。 雹(ひょう) ひょう。 雨つぶがまるく凍って、雷雨などに伴って降るもの。 あられ。 「雨+音符包(つつむ、まるくまとまる)」。 『漢字源』 「雹」は雨の下に「包」。 包には何かを「包む」だけでなく「丸く覆う」という意味もあるとのこと。 すなわち雹は丸く覆われた氷雨なんですね。 以上、今回は雪(ゆき)、霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)という漢字の成り立ちについて、まとめてみました。 季節外れの雪など降らなければよいのですが。 アーカイブ•

次の

スベリヒユ

ひょう 漢字

冫部(ひょうぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。 康熙字典214部首では15番目に置かれる(2画の9番目)。 日本での通称は、にすい。 冫の字は冰(氷)の原字であり、水が凍って凝固した様子を象る。 偏旁では、左右では多く左側に置かれ、上下では多く下側に置かれる。 意符として気候や温度の寒冷、または寒冷による水の凝固に関わることを示す。 冫部は「冫」を構成要素とする漢字を分類している。 中国の簡化字ではこれらが採用されている。 「次」の偏部にあるものは、本来は「二」であり、「冫」とは別物であるが、日本の新字体および中国の新字形では「冫」と同じ形になっている。 しかし、「次」は今日でも冫部には属さないので注意。 (欠部に属する) 水部(すいぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。 康煕字典214部首では85番目に置かれる(4画の25番目、巳集の最初)。 日本での通称はみず・さんずい・したみず。 水の字はみずを意味し、河川などの水の流れる形に象る。 『説文解字』では五行説にもとづいて北方をつかさどる元素として微かな陽気があるようすに象るという。 偏旁の意符としては水や河川・液体に関することを示す。 偏では「氵」(さんずい)の形、脚では「氺」(したみず)の形になる。 水部は上記のような意符を構成要素にもつ漢字を収める。 なお、現代中国語では、元素のうち常温常圧で液体である臭素、水銀についてはそれぞれ「溴」、「汞」とし、いずれも水部に属する漢字をあてている。

次の

「ひょう」の索引 1ページ目

ひょう 漢字

5990• 294• 382• 130• 115• 231• 100• 698• 126• 232• 540• 520• 275• 152• 179• 237• 119• 109•

次の