アラジン 映画。 実写版『アラジン』吹き替え声優キャスト【まとめ】

アラジン

アラジン 映画

解説 「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。 魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。 アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。 2019年製作/128分/G/アメリカ 原題:Aladdin 配給:ディズニー スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 3. 5くらいかな? どーするんだ?と思ってたジーニーがジーニーらしくて大満足。 アラジンもイケメンで好き キャスティングや演技には文句なしかと。 身軽なところをパルクールで取り入れたのも面白かった。 追加シーンで好きなのは、 アラジンが城に忍び込んだ夜のやりとりでは 身軽でカッコよく描かれてるのに、 王子として城に招かれた時は 庶民でアワアワしてるのが可愛かった。 不満としては、 スピーチレスの導入の仕方かな 宣伝用で聴いて楽しみにしてたけど、無理矢理入れ込んだ感が強い… 前後の演出の仕方が勿体ないかな あと、プリンスアリのセットがセット感強い 砂を撒いた舗装の上を歩いてるのが分かる… スピーチレスの演出がちゃんとしてたら、4〜5なんだけどな…それ以外は満足した 字幕派だけど、山ちゃんジーニーで育ったから吹替も見たけどよかった!! アラジンも凄い自然でカッコ良かった• C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

アラジン

アラジン 映画

C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 「アラジン」まさか!? の大抜擢が予想を超えた化学変化をもたらす会心の作 忘れもしない。 92年版のワンシーン、グラミー賞受賞の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」の伸びやかなメロディに乗せて空飛ぶ絨毯がどこまでも飛翔していく姿は、多くの観客を魅了したものだ。 あれから27年。 新たな実写版で何よりも嬉しいのは、あのまさに映画的な映像の魅力が全く失われていないことだった。 路上で育った貧しい青年アラジン(メナ・マスード)は王女ジャスミン(ナオミ・スコット)への叶わぬ恋心を抱き、当の彼女は広い世界へ飛び出す自由を願っている。 するといつしか二人は手を取り合って、美しい歌声を存分に響かせ合いながら、夜の空を滑空している。 このスケール感、陶酔感。 音楽と映像が渾然一体となった心地よさは今回も格別だ。 本作には悩みや苦しみを飛び越える「軽やかさ」がある。 不可能を可能に変える「大胆さ」がある。 予想外の抜擢を受けたガイ・リッチー監督は、いつものスタイリッシュな演出を抑えつつも、彼のもう一つの持ち味と言える街の喧騒を活き活きと描き、さらには魔法のランプというマクガフィンをめぐって登場人物を巧みに転がしていく。 このあたり、コアなファンならニヤリとしてしまうところかも。 中東や中央アジア系の多彩な人種を擁したキャスティング(フレッシュな若手二人がとてもいい!)、現代に合った設定のアレンジなども気が利いている。 だがもっと気が利いているのは、やはりジーニー役にウィル・スミスを据えた恐れ知らずとも言える決断だろう。 作品によってはトゥー・マッチに映る場合もある彼のパフォーマンス。 だが、イマジネーション豊かな本作の器の上では、全てが絶妙にキマる。 というか、彼の登場によって俄然、物語に勢いがつき映画そのものが規格外へと跳ねるのだ。 かつてロビン・ウィリアムズが即興を取り入れて演じたテイストに敬意を払い、なおかつ自らの持ち味をしっかり挟み込む力量はさすが。 そして吹替版ではこの役を92年版と同様、山寺宏一が演じているのも見逃せない。 個人的にこのロビン、ウィル、やまちゃんの三位一体ぶりに胸熱くなるものを禁じえなかった。 時は巡り、「魔法」や「世界」という言葉の重みもすっかり変わった。 でも本作が描く、人を愛する心、自分の頭で考え行動する勇気、他者の幸せを願う尊さは不変のもの。 ぜひこれを機に両バージョンとも堪能し、このストーリーが愛され続ける理由に思いを馳せてみてほしい。 (牛津厚信) (外部リンク) 2019年6月6日 更新.

次の

解説・あらすじ

アラジン 映画

1992年に制作された名作アニメ『アラジン』(1993)は、挿入歌である「A Whole New World」がアカデミー歌曲賞を受賞するなど、物語面でも演出面でも高い評価を受けた作品。 しかし、実写化のキャストの選定時にアニメ版でランプの魔人ジーニー役を演じていたロビン・ウィリアムズが亡くなり、ハリウッドスターであるウィル・スミスが大抜擢。 イメージビジュアルが公開されるや否やただのウィル・スミスと言った不安が世界各地で巻き起こり、遂にはSNSで本人が反応するほどのちょっとした騒動となりました。 今回はそんな期待と不安が織り交じっていた、 実写版『アラジン』(2019)の詳細なあらすじと日本語吹替版の感想レビューを紹介いたします。 CONTENTS• 映画『アラジン』の作品情報 C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 【原題】 Aladdin 【公開】 2019(アメリカ映画) 【監督】 ガイ・リッチー 【キャスト】 メナ・マスード、ウィル・スミス、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ、ナシム・ペドラド 【日本語吹替版キャスト】 中村倫也、山寺宏一、木下晴香、北村一輝、沢城みゆき 【作品概要】 ロバート・ダウニー・Jrが出演し人気となり、3作目の製作も決定している『シャーロック・ホームズ』(2009)などを手掛けたガイ・リッチー監督が制作した名作アニメの実写版。 アラジン役を決める大規模なオーディションで、世界的には全く無名なメナ・マスードがアラジン役を射止めたことでも話題となりました。 映画『アラジン』のあらすじとネタバレ C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. どこまでも広がる海原を小さな1隻の船で航海をする家族。 男の子と女の子は父親に面白い話しをして欲しいとお願いします。 歌い踊りながら父親が語り始めたのは、ある不思議なランプとそれにまつわる青年の物語でした。 砂漠の王国アグラバーでは、国務大臣のジャファーがある目的を果たすために「ダイヤの原石」を探し求めていました。 猿であるアブーと共に下町で暮らす青年アラジンは、正義感と弱者を助ける心を持ちながらも貧困のため泥棒を繰り返すことで生計を立てています。 ある日、宮殿を1人で抜け出た王女のジャスミンは、飢えに苦しむ少女のために露店のパンを勝手にあげてしまい店主の男に盗みの疑いをかけられます。 その光景を目撃したアラジンは泥棒の技術を使い、ジャスミンのブレスレットを店主に渡すフリをすることでジャスミンを救いますが、すぐに店主にバレ、2人は一緒に逃げることになります。 アラジンの卓越した身体能力によりアラジンの隠れ家に到着したアラジンとジャスミン。 ジャスミンのことを王女の侍女(付き人)と勘違いするアラジンは、「ドブネズミ」と罵られる自分が変われるチャンスがあるはずだと鬱屈した想いをジャスミンに吐露します。 一方でジャスミンも、外の世界を見たことのない窮屈な人生をアラジンに話しますが、隣国からアグラバーに来客が来たことで宮殿へと急いで戻ることになりました。 しかし、アブーがジャスミンのブレスレットを盗んだことによってアラジンを単なる泥棒だと勘違いしたジャスミンは、アラジンが誤解を解くチャンスもないまま宮殿へと帰ってしまいます。 隣国の王子と謁見したジャスミンは顔や地位は良いものの、頭が悪そうで自身でモノを考えようともしない王子の態度に辟易とし、結婚の要請を断ります。 父である国王サルタンに国王としての座を継ぎたい考えを述べるジャスミンでしたが、サルタンは娘には外交における女性としての役割を求めており、それを頑なに譲ろうとはしませんでした。 サルタンを怪しげな蛇を杖で洗脳しようとするジャファーに疑惑を感じつつも、部屋に戻ったジャスミンは侍女のダリアに悩みを相談します。 ダリアがお風呂の準備に入った隙に、ブレスレットを返すためにアラジンがジャスミンの部屋へと侵入。 驚くジャスミンでしたがアラジンの人柄に心を許し、またアラジンもジャスミンに惹かれ、アラジンはジャスミンの髪飾りを盗み、明日もう一度会うことを約束し部屋から去りました。 その様子をオウムのイアーゴから聞いたジャファーは、数多くの衛兵の目を盗み侵入したアラジンが「ダイヤの原石」であることを確信し、ジャスミンの部屋を出たところで拘束します。 砂漠に連れてこられたアラジンは、ジャファーから提案を受けます。 「ダイヤの原石」しか入ることの出来ない魔法の洞窟内からランプを持ってくる依頼を完遂すれば莫大な財産を約束するというジャファー。 元盗人であり同じような境遇からのし上がったと言うジャファーの言葉と、ジャスミンは侍女ではなく王女であると言う事実に感化されたアラジンは、依頼を受け魔法の洞窟へと入っていきます。 「他の宝石に触れてはいけない」と言う洞窟のルールを守りながら進むアラジンとアブーは、その途中で岩に挟まれた動く絨毯を目にし、助けることにしました。 アラジンに救われた空飛ぶ絨毯はアラジンとアブーになつき、共に岩の上にあるランプを目指します。 アラジンがランプを手にした時、落下した宝石をアブーが拾ってしまったことから、魔法の洞窟内が溶岩に飲まれ始めます。 絨毯に間一髪のところを救われたアラジンは外から監視するジャファーに助けを求めますが、ランプを渡した途端ジャファーはアラジンを洞窟内に突き落とします。 アブーによってランプをジャファーから取り戻しますが、洞窟の入り口は溶岩の衝撃によって封鎖され閉じ込められてしまいました。 途方に暮れるアラジンは手にしたランプを何とはなしにこすると、そこから青色の魔人が出現。 困惑するアラジンをよそに、魔人ジーニーはランプを所有した人間は、「ランプをこすりながら言った」3つの願いを叶えることが出来ると話し始めます。 洞窟内から出ることを求めたアラジンの言葉を聞き入れ、一瞬にして外に脱出したアラジンたち。 これで願いは残り2つになったかと思いきや、アブーがランプをアラジンの後ろに隠し、こすったようにみせかけていただけで、実際にはランプをこすっていなかったため、1回にはカウントされませんでした。 自身の願いに迷うアラジンはジーニーに「自分だったら何を願うか」を聞きます。 狭いランプの中に閉じ込められ、聞きたくもない願いを聞かされ続ける魔人としての生き方に飽き飽きとしていたジーニーは自由を求め、それを聞いたアラジンは3つ目の願いを「ジーニーの解放」に使うと約束しました。 ジャスミンに振り向いてほしいアラジンは、自身の1つ目の願いを「王子になること」に決定。 ジーニーの力によって、アバブアと言う架空の国のアリ王子としての身だしなみや家臣群を手にし、アラジンは客人としてアグラバーに迎え入れられます。 しかし、念願の王子としての身分を手に入れたはずにも関わらず、アラジンであった頃よりジャスミンは振り向いてくれません。 夜、アリ王子の側近に変身しているジーニーに惹かれた侍女のダリアをジーニーがデートに誘っている間に、アラジンはジャスミンを部屋を訪ねます。 空飛ぶ絨毯にジャスミンを乗せ、外の世界をジャスミンに見せるアラジン。 絶対にバレないはずの変装をジャスミンに見抜かれ、咄嗟に泥棒のアラジンは仮の姿であり王子が本来の姿であると嘘をついてしまいますが、2人はお互いに惹かれあうのでした。 翌日、ジーニーと会話している様子をイアーゴに見られ、ジャファーはアリ王子がアラジンであることに勘付きます。 アラジンを捕らえたジャファーは、アラジンを椅子に縛り付けたまま海に突き落とすことで、「生き延びればランプの力を使ったアラジン」「死ねばアリ王子」と言う非情な行為に出ます。 アラジンが連れ去られた現場を目撃したアブーは急いでランプを取りに部屋に戻り、空飛ぶ絨毯に乗りアラジンが突き落とされた海にランプを落とします。 ランプから飛び出したジーニーは現状を理解し、意識を失いかけているアラジンに願いを口にするように求めますが、アラジンは意識を失ってしまいます。 ジーニーはアラジンの指で無理矢理誓約書を書かせることで2つ目の願いを強制的に願わせ、アラジンの命を救うことに成功しました。 部屋で目を覚ましたアラジンは、国を乗っ取ろうとするジャファーの計画をジャスミンとサルタンに告げ、人を惑わすジャファーの杖を破壊。 サルタンはジャファーを牢獄に入れるように忠臣のハキムに命じると、ジャファーは牢獄に入れられますが、アラジンが生きて帰ったことがランプの存在を明らかにしたため不敵な笑みを見せました。 ジャファーの正体を見抜いたことでジャスミンとサルタンに受け入れられたアラジンは、3つ目の願いをジーニーを解放することではなく今後のために使おうと思い始めます。 アラジンを友人と想い、掟の限界ギリギリの行為をしてまでアラジンを助けたジーニーはアラジンの変貌ぶりに落胆し、ジャスミンに本当の事を話さないことに呆れランプの中に戻ってしまいました。 ジーニーと喧嘩し、自身の家に帰ることを決めたアラジンは路地で脱獄していたジャファーとすれ違い、気づかぬうちにランプを盗まれてしまいます。 ランプを手にしたジャファーは宮殿に戻るや否やジーニーを呼び出し、自身を「アグラバーの王」にするように求めます。 ジーニーの力によりアグラバーの王となったジャファー。 しかし、かつてからサルタンに使えるハキムを始めとした臣下が自身につかないことを知ると、ジャファーは2つ目の願いとして「最強の魔術師」にすることを願います。 一瞬にして人を消し去れるほどの魔力を手にしたジャファーは臣下たちを消し、更にランプを盗まれたことに気がつき宮殿に戻ったアラジンのついた嘘をジャスミンに告げた後にアラジンとアブーを極寒の土地に瞬間移動させてしまいます。 雪山に引っかかるアブーを見つけたものの、満身創痍となったアラジンは雪の中に倒れ込んでしまいますが、ジャファーに隠れ、空飛ぶ絨毯をアラジンのもとに瞬間移動させていたジーニーの機転によりアラジンは救われることになります。 一方、ジャファーはサルタンを精神的に追い詰めるため、サルタンの命と引き換えにジャスミンに婚約を強要し、婚姻式を急きょ執り行うことにしました。 宣誓の言葉を迫るジャファーの隙を見て、ランプを奪ったジャスミンは宮殿から飛び降り落下。 そこに空飛ぶ絨毯で駆け付けたアラジンが現れ、ジャスミンを救出すると街から出ようと絨毯を飛ばします。 しかし、魔術師としての力を全開放するジャファーによってランプもろとも宮殿へと連れ戻され、絶体絶命に陥ります。 長年苛立ちながらサルタンに仕えていたジャファーが、「2番」と言う言葉にコンプレックスを抱いていることを見抜いたアラジンは、トドメを刺される寸前に「いくら強くなってもジーニーがいるから所詮は2番」とジャファーを挑発。 「2番」と言う言葉に過剰反応したジャファーはすぐさまランプを手に取り、「世界で1番の力」をジーニーに願います。 にこやかに承諾したジーニーは、ジャファーを魔人に変化させました。 こうして、真の意味で最強の力を手にしたジャファーでしたが、ジーニーと同じく魔人は主人を持つことで初めて行動できる制約があり、ジャファーとイアーゴはランプの中へと封印されてしまうのでした。 ジャファーの野望を打ち破り、再び平和が訪れたアグラバー。 ジーニーは「王女の結婚相手は王子のみ」と言う法律の書き換えを3つ目の願いにするようにアラジンに相談しますが、アラジンは「ジーニーの解放」を願い、ジーニーはランプから解き放たれることになります。 相思相愛の関係となっていたダリアと世界各地を旅し、子供を産む未来に想いを馳せるジーニー。 この物語の語り部である「1隻の船で航海をする家族」は、ジーニーとダリアの家族のことだったのです。 サルタンは今までのことをジャスミンに謝罪すると、国王としての権利をジャスミンに渡し「国王ならば法律なんて変えることが出来る」と言い、静かにその場を去ったアラジンを追うようにジャスミンに示唆しました。 正門から城を出て、いつもの日常に戻ろうとするアラジンに「そこの泥棒」と声をかけたジャスミンは、多くの国民が見守る中、アラジンにキスをするのでした。 映画『アラジン』の感想と評価 C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 明るく陽気な性格と、自由の身になれない少しの哀愁を感じさせるディズニー屈指の人気キャラクターのジーニー。 公開前の注目のほとんど全てがウィル・スミスの演じるジーニーに当てられていたと言っても過言ではない本作ですが、その出来栄えは 驚くほどウィル・スミスだったと言えます。 『メン・イン・ブラック』(1997)などの影響で陽気で口数の多いイメージのあるウィル・スミスですが、本作はそんな彼のイメージに沿ったキャラクター作りであるがゆえに、彼そのものと言っても間違いではないほどでした。 しかし、それでいて 実写化としての完璧なジーニーでもあり、彼の持つ底なしの容器さと根っからの面倒見の良さ、そして哀愁を 名優ウィル・スミスが完璧に演じ切っています。 特に初対面のアラジンにランプの掟を説明するシーンは、実写になったことで非現実感の強い「ルール無用」なジーニーの世界観がより強調されており、中毒感が強まっているように感じました。 作品そのものの世界観や物語も、アニメを忠実になぞりながらも少しのオリジナル展開を物語に沿うように織り交ぜ、 非常にクオリティの高い実写化と言える作品でした。 吹替版感想!中村倫也の歌唱力と山寺宏一の安心感に包まれる『アラジン』の世界 C 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. ディズニーの名作アニメの実写化であり、原作同様にミュージカル映画としての側面も強い本作。 ディズニー映画の吹替はクオリティの高さが有名ですが、本作のアラジン役に起用された中村倫也はオーディションで選ばれており、またヒロインのジャスミンを演じた木下晴香もミュージカルで活躍する本場の女優。 そのため、「A Whole New World」を始めとした挿入歌のどれもが聞きほれるほどの高い歌唱力で歌われ、『アラジン』の世界観を壊すことなく引き立てていました。 そして、 注目のジーニー役の吹替はアニメ版と同じく山寺宏一。 そのため、見た目がウィル・スミスに代わっても、 まるで実家のような安心感のあるジーニーが画面内で活躍し、アニメ版のファンには嬉しい配慮も感じることが出来る高クオリティな吹替でした。

次の