梅干し 塩分。 梅干しの作り方/漬け方:白ごはん.com

梅干しの塩抜き方法。塩辛い梅干しは塩抜きすると食べやすくなる?

梅干し 塩分

梅干しと言えば酸っぱい食べ物の代表格、梅干しを想像するだけで口をすぼめそうになる。 しかし昔の梅干しは酸っぱいだけではなかった。 酸っぱい上に塩辛いのが当たり前。 最近は嗜好の変化や健康志向から減塩傾向にあり、塩辛い梅干しは減っているようだ。 梅干しとは梅の実の塩漬けのことである。 「昔ながらの梅干し」を作るのに必要な原料は梅の実と塩だけである。 収穫した梅の実を1ヶ月ほど塩に漬けた後、数日、天日干しすれば梅干しが完成する。 こうして作られた梅干しは「白干し梅」と呼ばれている。 梅干しは塩辛くて当たり前、昔は白干し梅をごはんのおともにして食べていたのだ。 しかし最近では、白干し梅のような塩辛い梅干しは売れなくなっているという。 市販の梅干しのほとんどが塩分調整されるようになり、中でも調味梅干しが人気だ。 調味梅干しとは、白干し梅を塩抜きした後に、ハチミツやかつお節、昆布などをベースとする調味料に付け直して味付けしたものである。

次の

梅干しの塩分濃度と塩分量はどれくらい?塩抜きのやり方も紹介

梅干し 塩分

スポンサーリンク 梅干しが長持ちする塩の量 塩の量は味だけじゃなく 梅干しの賞味期限にも大きく関係してます。 と言うのも、塩には カビ防止や腐敗防止の役目があるから。 例えば、うちの梅干しは塩分濃度20%。 常温で長年保存してもカビたり腐ったりしたことはありません。 つい先日も、20年前に漬けた梅干しが出てきましたが、痛むどころかまろやかでいい感じになってました。 例えば、スーパーやコンビニなどで減塩梅干しを買うと賞味期限が短く冷蔵保存と書いてありますよね。 その他にも、塩以外にハチミツや鰹節などを入れる場合は長期保存できないのでご注意を。 とは言え好みもあるので、まろやかな減塩梅干しがお好みなら冷蔵庫に入れて早い内にお召し上がり下さい。 減塩梅干しは作る工程でカビないようにホワイトリカーをまぶしたりする工夫もできますよ。 ちなみに、日持ちさせるためには傷のない綺麗な梅の実と清潔な保存瓶を使うことも大事です。

次の

塩分18%の梅干し レシピ 都築 佐美子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

梅干し 塩分

どの品種の場合でも、全体が黄ばみ、よい香りがするくらい熟していて、かつ熟れすぎて傷んだり、つぶれたりしていない状態のものを選びましょう。 梅を購入する場合は、この状態のものが出回るまで待つか、お店に頼んでおきましょう。 サイズは好みで選びますが、漬けやすく、食べるときも手ごろな大きさなのは2Lくらいです。 食塩よりもしっとりしているので梅にまぶしつけやすいため、梅酢の上がりが早く、かびにくくなります。 また味もまろやか。 焼酎はアルコール分35度のホワイトリカーで、かび防止のために利用します。 アルミなどの金属製は不向き。 そのほか、酸に強いホウロウ、ガラス製などがよいでしょう。 5~2倍のものが1つずつあるとよいでしょう。 最初は1. 5倍から2倍の重さで漬け、梅酢が上がったらほぼ同じ重さのものに変えます。 押しぶたとおもしを兼ねるタイプのものも市販されています。 押しぶたは、容器の口径より一回り小さいものを。 平らな皿も利用できますが、割れないよう扱いに注意。 紙のかわりに、丸く裁った布のぐるりにゴムを通した「布帽子」をつくっておくと、取り外しが簡単で便利です。 そのほか、清潔なふきん、大きめのざるを用意しましょう。 《失敗なしの梅干しの漬け方・7か条》 1. 清潔第一 準備から完成までのすべての工程で、容器やおもし、用具などは清潔に保ちましょう。 水けは厳禁 材料や容器類に水が残っているとかびの原因になります。 清潔なふきんでふき、容器は天日で乾かします。 焼酎を上手に活用 材料や用具の消毒になります。 また、焼酎を梅に吹きつけると、その湿り気で塩をまぶしつけやすくなります。 塩をまんべんなくまぶす 梅の周りにまんべんなく塩をまぶしつけて塩漬けすると、梅酢が早く上がり、かびの発生防止に。 空気に触れさせない 空気中の雑菌にふれないよう、漬ける間、覆いをはずすことはなるべく避けます。 透明なポリ袋で口をしっかり覆えば、はずさなくても中の様子を見ることができます。 梅酢の上がりを確認 (1)漬けはじめてから3~4日後、(2)おもしを減らしたとき、(3)赤じそを入れたとき、(4)土用干しをするまでの間、最低でもこの4回は、ポリシートの上から、梅酢が上がっているか、かびが出ていないかをチェックします。 保存容器と保存場所に注意 なるべく陶製で、ふたのきっちりとできる容器に保存し、日の当たらない涼しい場所を選んで保存。 塩分18%の梅干しなら、冷蔵庫に入れる必要はありません。

次の