スマホデビュープラン。 ソフトバンクのスマホデビュープランはいつまで使えるの?最安プランの注意点をまとめる...|すまにあ!

ソフトバンクのスマホデビュープランはいつまで使えるの?最安プランの注意点をまとめる...|すまにあ!

スマホデビュープラン

ソフトバンクの最安プラン「スマホデビュープラン」は、誰がいつまで使えるのでしょうか。 このページでは、スマホデビュープランで携帯料金を見直す方法と、デビュープランを使うときの注意点をまとめています。 スマホデビュープランはとにかく安い!条件さえ整えば絶対に使うべきです。 毎月の携帯料金が 980円で使える 「ソフトバンクのスマホデビュープラン」が熱い! と話題になっていますね。 スマホの利用料金が980円とは格安SIMの携帯代かと思うくらい安いですが、だれでも契約できるってわけではありません。 ソフトバンクのスマホデビュープランを 活用する方法と、いつまで使えるかなどの 注意点を解説していきます! 【このページの要約】• スマホデビュープランの仕組みと特徴• スマホデビュープランの注意点• スマホデビュープランの最安料金を比較 ソフトバンクのスマホデビュープランは、なんとでも申込みができます。 つまり2年縛りありなしに関係なく、スマホデビュープランを使えば携帯代を980円に下げることができるわけです。 ただし! 携帯料金をかなり節約できそうな新しいプランですが、ソフトバンクでスマホデビュープランにする前に知っておいてほしい 注意点があります。 先にお伝えしておくと、スマホデビュープランを使うためには ガラケー(古い折りたたみ携帯)からの変更が必須であるということです。 もともとガラケーやキッズ携帯を使っていた方だけがソフトバンクのスマホデビュープランを使えるというわけですね。 たしかにソフトバンクのスマホデビュープランを使えば、初めてスマホを使う方なら携帯料金の節約ができます。 その前に、スマホデビュープランがソフトバンクで本当に最安料金になるのか、そして細かい注意点などをお伝えしていきます。 ソフトバンクで携帯代を980円にすることはできない!? 今までのソフトバンクにある料金プランでは、携帯代を980円にする方法はありませんでした。 厳密にお伝えすると、2016年までは スマホ一括ゼロ円のようなを使うことで、携帯代を1,000円に近づける方法がありましたが、最近では乗り換えなどの割引も減ってきています。 2019年6月12日にスタートした「スマホデビュープラン」は、プランを使える人(対象者)であれば だれでも携帯代を980円にできるので、かなり注目が集まっていますね。 実は、2019年にが始まってから、携帯代を安くする割引の 規制が増えているのが現状なんですよ。 よって、980円だった携帯料金が 1,280円に変わっているんです。 なぜ?ソフトバンクがスマホデビュープランを作ったのか• 「どうせ980円にならないでしょ。 「980円なんて怪しい。 「どうして携帯代が980円になるの?」 今まであたりまえに高かった携帯代なのに 「携帯代が980円でスマホが使える!」なんて聞くと、きっとほとんどの方に疑問が生まれます。 とくにガラケーを長年使っているあなたや、あなたの家族は「怪しい」って思いますよね。 実は、今回ソフトバンクが作ったスマホデビュープランは、怪しいところがまったくありません。 ただしスマホデビュープランを使うための 条件が厳しくなっているんです。 (条件や注意点はこのページの後半でお伝えしますね!) なぜソフトバンクが携帯代980円というスマホデビュープランが作ったのかと言うと、 ガラケー(折りたたみ携帯)のサービスが終了するからなんですよ。 つまりガラケーを使っている方が、スマホに買い換えるときに「ソフトバンクなら安いからぜひ買い換えてね!」ってアピールをするために作られたんです。 それ以上でもそれ以下でもないんです。 なので、もし今ソフトバンクを使っていてもソフトバンク以外で契約していても、ガラケーからスマホに買い換えるときに 携帯料金を節約するチャンスがあるんです。 まずは怪しいと思いながらでもいいので、携帯料金を節約するためにスマホデビュープランをしっかりと知ってください。 (もしあなたの家族でガラケーの人がいたら、ぜひ教えてあげてくださいね!) スマホデビュープランの仕組み|ソフトバンク• 基本料金:980円• データ1GB:1,500円• 5分かけ放題:800円• デビュー割引:-1,000円(ずーっと)• ソフトバンクのスマホデビュープランでの特徴とポイントは大きく 5つあります。 スマホでインターネットが 1GBまで使える• 5分間かけ放題が使える• 半年後は 1,000円高くなる• スマホの 機種代金は別でかかる 今までの携帯料金を考えると、ソフトバンクはこのデビュープランでかなり携帯代を下げてきたなって印象があります。 ただ、スマホデビュープランを見て感じたと思いますが、かなり わかりにくい(複雑な)料金の内容になっています。 2019年からというのも話題になっていましたが、やっぱり携帯のプランがわかりやすいことはないですね。 とはいえ、 あなたがスマホを使うときの携帯代が安い事実は変わらないので、スマホデビュープランを使ってしっかりと 携帯料金を節約したいですね。 【要注意】ソフトバンクのスマホデビュープランにする前に 前述したソフトバンクのスマホデビュープランを見て、 あなたが感じたことがあるはずです。 「980円って半年間だけなの?」• 「ネットは1GBしか使えないの?」• 「2年契約なしは結局高くなるの?」 これから、この 疑問とその他のスマホデビュープランに関わる 注意点にお答えしていきます。 ソフトバンクのスマホデビュープランについての注意点は、大きく 3つに分けてお伝えしますね。 料金(契約)の注意点• 使い方の注意点• スマホデビュープランの条件 前述しましたが、ソフトバンクのスマホデビュープランで怪しいところはありません。 ただ上記3つは、あなたが「知らなくて損をした」ってことにならないように、スマホデビュープランを使う前に知っておいてほしいです。 あなたやあなたの家族の使い方によっては、 スマホデビュープランが合わないってこともあるはずなので気をつけてくださいね。 【料金】スマホデビュープランの注意点 ソフトバンクでスマホデビュープランを使ったときに、料金面(金額面)で気をつけてほしいのが2つあります。 半年後は1,000円高くなる• 2年契約なしでも料金は同じ• スマホデビュープランはいつまで使えるの? 半年後は1,000円高くなるソフトバンクのスマホデビュープラン そもそもスマホデビュープランで携帯代が980円になるのは、 半年間の特別な割引である 「半年おトク割」を使っているからなんです。 この1年おトク割は、文字通り1年間で自動的になくなってしまいます。 つまり1年後はどうやっても携帯代が1,000円高くなるので、 980円から1,980円になってしまうということです。 こういう期間限定の割引で高くなってしまうのを回避するために、ボクが個人的にオススメしているのがです。 割引が消えてしまう時期(半年後)に、他社へ乗り換えをして他の割引をもらうというのは、携帯代を安いままにしておくために効果的なんですよ。 ただし、「半年後に携帯代が1,980円になってしまう」といっても、他社の携帯代と比較をするとまだまだ 最安料金なので、 そのまま使い続けていても良いでしょう。 2年契約なしでも料金はそのまま 2019年・2020年以降のソフトバンクでは、2年縛りありなし関係なく料金は変わりません。 (厳密にいうと2年縛りの制度はなくなりました。 ) ソフトバンクグループであるソフトバンクとワイモバイルなら、いつ契約していつ解約しても解約料が発生しないんです。 そして、今までと違って2年縛りなしのプランだからって、携帯料金が高くなることもありません。 ソフトバンクでスマホデビュープランを使うとき、 2年縛りはないって覚えておいてくださいね。 【関連ページはコチラ】 >>> >>> スマホデビュープランはいつまで使えるのか? ソフトバンクのスマホデビュープランは、 もともとガラケーを契約している人ならだれでも加入できます。 もともとスマホの契約の人だったり、まったく新しく契約をする人はスマホデビュープランを使えません。 (2019年-2020年のソフトバンクの学割なら、スマホデビュープラン学割があります。 ) そしてスマホデビュープランは、 次回新しい機種に買い換えるまでの間ならずーっと使い続けられるんです。 ソフトバンクのスマホデビュープランはその名の通り、「初めてスマホを使う(デビューする)」ときにしか使えません。 スマホからスマホに機種変更をするときは、スマホデビュープランで使うことができないのでご注意を! 【使い方】スマホデビュープランの注意点 ソフトバンクのスマホデビュープランでは、あなたのスマホの使い方と合わない場合があります。 使い方での注意点は大きく 2つあります。 ネットが1GBまでしか使えない• 基本は5分間かけ放題 スマホデビュープランでスマホを使って携帯代を980円でおさえるためには、ネットは 1GBまでで通話は 5分間かけ放題しかないと覚えておいてくださいね。 スマホデビューというくらいなので、初めてガラケーからスマホにした方には十分な料金プランのはずです。 スマホデビュープランは1GBのみ|スマホデビュープラン 注意 スマホデビュープランでは、スマホでネットをするために入るデータ定額というパックが1GBしか選べません。 なので そもそも1GB以上使ってしまうかもって感じている方にとっては、 デビュープランはオススメではないんです。 (1GBまででネットが低速になります。 速度を戻すために1,000円=1GBを買うことはできます。 ) もし ネット1GB以外の料金プランを使うのであれば、ソフトバンクの通常のプラン 「」か 「」でスマホを使う必要がありますよ。 ただ、初めてスマホを使うほとんどの方が外で動画を見たりしないはずです。 お家の中にWiFiがあれば、なおさらネットの使用量は少なくなるはずなので、ほぼほぼ平気だと思いますよ! 通話は5分間かけ放題|スマホデビュープラン 注意 携帯を使うときに必要なのが 通話(電話)の機能ですよね。 スマホデビュープランで携帯代が1,280円になるとき、あなたが通話をするプランは 5分間かけ放題です。 つまりあなたがだれかに電話をして、最初の 5分間は通話料がタダになって5分すぎると 30秒ごとに20円通話料がかかるんですよ。 実は、ソフトバンクでは通話かけ放題がまったくない従量制の基本料と、24時間のかけ放題もあります。 通話をまったくしないという使い方や、逆に長電話をたくさんするという使い方に変えることができるんです。 『スマホデビューで通話5分間かけ放題』• 基本料金:980円• データ1GB:1,500円• 逆に通話料金が 従量制のプランにすると、デビュー割がなくなるので5分間かけ放題よりも 200円高くなります。 ) つまり通話料金は基本的に 5分間かけ放題にしておくのがいいですね。 そして必要であれば、プラス1,000円で24時間かけ放題の料金プランにするのがいいでしょう。 スマホデビュープランの対象者(条件) ソフトバンクでスマホデビュープランにするためには、あなたやあなたの家族が 対象者でなければいけません。 携帯代は1,280円とかなり節約になるのですが、そもそも条件をクリアしていないと1,280円の料金では使えないんです。 ソフトバンクのスマホデビュープラン対象者は、以下 3つのポイントで確認ができます。 今までガラケーかキッズ携帯を使っていた• 変更のときに携帯の画面上に電話番号が表示される• ソフトバンクでスマホを契約するのは、新しいスマホを買わないといけないわけではありません。 例えば、AmazonなどでSIMフリーのスマホを買ったり、ソフトバンクで販売されていた中古スマホを契約することができるんですよ。 (新しいスマホの機種代金は一部をのぞいて高いものが多いので、安めの機種を買って持ち込むのもありかもしれませんね。 ) 持ち込みの場合はスマホの買う場所に気をつけてください! SIMフリーや中古のスマホによっては、ソフトバンクで使えないものがあります。 ネットや中古ショップで買う前に、 「ソフトバンクで使えるのか」をしっかりと確認してくださいね。 【解説】ソフトバンクのスマホデビュープランにメリットがあるの? ではソフトバンクでガラケーからソフトバンクに変えるときに、 スマホデビュープランを使うメリットがあるのかという疑問にお答えします。 正直にいうと、このスマホデビュープランは大手の携帯会社の中では 最安の携帯料金です。 なので、今ガラケー(折りたたみケータイ)を使っていて 初めてスマホを使うってあなたなら、間違いなくソフトバンクのスマホデビュープランはオススメですよ。 他にも…• ドコモやauでガラケーを使っている• 格安SIMにするのは不安• 家族がガラケーを使っている という状況なのであれば、 ソフトバンクでスマホデビュープランを使うのが最善という印象ですね。 前述した注意点や条件だけわかっておけば、スマホデビュープランにして損をすることはありません。 むしろこういうプランが急に終了して損をすることはあると思います。 まずはソフトバンクでどのくらいの携帯代になるのかをチェックしてみてくださいね! 乗り換えでキャッシュバックをもらおう! 他社乗り換えなら、ソフトバンクで 2年縛りなしプランに乗り換えがオススメですよ。 ミニモンスターはもともと、ソフトバンクのスマホでネットをほとんど使わない方のために作られました。 ではソフトバンクの最安料金になる スマホデビュープランと ミニモンスターのどちらが安いのか 料金の比較をしてみましょう。 料金比較|スマホデビュープランとミニモンスター• スマホデビュープラン:月額2,280円 5分間かけ放題と1GBまでのネットが使えて、 毎月の携帯代は2,280円です。 5分以上の通話や1GB以上の通信をしたい場合の課金がなければ、金額が上がることはありません。 ミニフィットプラン:月額4,780円 デビュープランと同じように5分間かけ放題と1GBまでのネットが使えて、 毎月の携帯代は4,780円です。 ミニフィットプランの場合、1GBの通信を越えるときに自動的に2GBまでの料金設定に変わります。 (1GB〜2GBまでの料金設定は6,780円になります。 ) ミニフィットプランはもともとの料金設定がスマホデビュープランよりも高いです。 そして1GBを越えると自動的に次の料金設定になる、つまり 毎月の携帯代が使った分だけ自動的に増えるので 使い方に注意が必要ですね。 携帯代を比べてもそうですが、使い方を含めて考えるとソフトバンクなら スマホデビュープランが最安料金になります。 ソフトバンク以外からソフトバンクに変えるあなたやソフトバンクでガラケーからスマホに変えるあなたは、ミニフィットプランではなくスマホデビュープランを選ぶのがオススメです。 【関連ページはコチラ】 >>> 【番外編】スマホデビュープラン以外で節約する方法を探そう! 今回のソフトバンクで出たスマホデビュープランは、対象者が決まっているので使えない方も多いですよね。 スマホデビュープランが使えないというあなたへ… ソフトバンクでスマホを使い続けても節約する方法はあります。 メリハリプラン• ミニフィットプラン• スマホデビュープラン あなたのスマホの使い方に合わせて、 最適な料金プランを選べば携帯代を節約できるんですよ。 それぞれの料金プランの特徴と料金の比較をして、あなたにぴったりの節約料金を選んでくださいね。 ソフトバンクの新しい分離プランでスマホ代を下げられる方法をまとめました。 【続きはコチラ】 >>> 最後に・・・ ソフトバンクで最安にできるプランがやっときましたね! 今回のソフトバンクスマホデビュープランの感想は「ついにきたか!」です。 ようやく本当に携帯代を安くできる料金プランが選べるようになったという印象ですね。 今までいろいろなキャンペーンや割引をやっていましたが、スマホの使用頻度が少ないユーザーに優しいプランは初めてだと思います。 スマホデビュープランはガラケー(折りたたみ携帯)からスマホへ変更するときしか使えませんが、一度使えば 割引がずーっと続くものです。 初めてスマホを使ってみたいっていうあなたやあなたの家族なら、携帯代で損をしないようにスマホデビュープランを使ってほしいですね。

次の

「スマホデビュー」におすすめの3機種 ガラケーからの乗り換えに最適【2020年最新版】

スマホデビュープラン

ソフトバンクの「スマホデビュープラン」はライトユーザーにおすすめ ソフトバンクが「」を展開しています。 これがかなりお得で、1年間は980円、その後は1,980円から利用可能というお得なプランになっています。 1GBまで980円で利用可能。 スマホデビュープランでは、1回5分までの無料通話と1GBまでのデータ通信が込み込みで、1年間は月980円で利用可能。 2年目以降も月1,980円で利用可能と、非常にお得です。 段階制ではないので、 1GBを超えたら自動的に料金が上がる、というのがないのが安心。 また、 「みんな家族割+」の割引は適用されないものの、人数カウント対象となります。 家族にメリハリプラン加入者がいる場合は、メリハリプランの「みんな家族割+」の割引がプラスされますのでオトク! なお、「おうち割 光セット」などその他の割引は適用対象外となりますので、注意。 おすすめ! 通話準定額・定額オプションに加入すると、ずっと毎月1300円割引される「小容量割」 スマホデビュープランに「準定額オプション+」「定額オプション+」をつけて加入すると、毎月1300円の割引が受けられます。 定額系オプションを付けないと割引の対象外になりますので注意。 通話定額のオプションは、2020年3月の改定で機能拡充の値上げ 300円分 がありました。 スマホデビュープラン加入者は「小容量割」の割引額も300円増えたので、価格は変わりません。 価格据え置きで留守番電話などたくさんの機能を追加で利用可能なのは、非常にうれしいですね。 毎月の通信料金 の通信料金は以下の通り。 スマホデビュープラン 準定額オプション+ 定額オプション+ 通話基本プラン 980円 980円 通話定額 800円 1,800円 データ定額 1GB 1,500円 1,500円 小容量割 永年 -1,300円 -1,300円 1年おトク割 12ヶ月間 -1,000円 -1,000円 合計 1,980円 12ヶ月は 980円 2,980円 12ヶ月は 1,980円 通話の定額系オプションを付けない場合は、小容量割が適用されないので2,480円 1年間は1,480円 となります。 「準定額オプション+」はつけておきましょう。 おすすめ! スマホデビュープランは、Y! mobileやドコモ・auよりおトク? は、Y! mobileの「スマホベーシックプランS」や、ドコモ・auよりお得なのでしょうか? ざっと比較してみましょう。 なお、のデータ通信は1GB固定ですが、1GB以上はGB購入 1GBあたり1000円 を購入した場合で比較しています。 家族割引・光回線セット割を加味しないとき 家族割引・光回線セット割を加味しなければ、以下の通りになります。 すべて1回5分以内の通話定額を適用 データ容量 ~1GB 1,980円 12か月間980円 2,680円 6か月間1,980円 3,780円 15歳以下は 12か月間2,780円 3,680円 1~2GB 2,480円 12か月間1,480円 2,680円 6か月間1,980円 5,280円 15歳以下は 12か月間4,280円 4,680円 2~3GB 3,480円 12か月間2,480円 2,680円 6か月間1,980円 5,280円 15歳以下は 12か月間4,280円 4,680円 の「スマホベーシックプランS」は基本3GB。 2GBを超えて使わない、という方であれば、1GB使用後にもう1GB追加購入しても、より安いです。 また、より3000円以上安くなっているので、安く使う方にとってはマストでしょう。 家族割引・光回線セット割を適用すると 家族割引・光回線セット割を適用すると、以下の通りになります。 すべて1回5分以内の通話定額を適用 データ容量 ~1GB 1,980円 12か月間980円 2,180円 6か月間1,480円 2,780円 15歳以下は 12か月間1,780円 2,680円 1~2GB 2,480円 12か月間1,480円 2,180円 6か月間1,480円 3,780円 15歳以下は 12か月間2,780円 3,680円 2~3GB 3,480円 12か月間2,480円 2,180円 6か月間1,480円 3,780円 15歳以下は 12か月間2,780円 3,680円 の「スマホベーシックプランS」は家族割引サービス・おうち割 光セットのどちらかを適用できるので、2,180円になります。 1GB以下で済む場合は「」のほうが安くなりますが、1GBを超えると割引が適用できるのほうが安いですね。 ただ、月によって1GB超えるか超えないかをさまようぐらいの方であれば、ソフトバンクでもいいでしょう。 「」の人数カウント対象になっているのは、結構大きいと思います。 そのため、ひと手間かかりますが、1年間は980円、その後も1,980円でライトユーザーが維持できるのは非常に大きいですね。 ミニモンスターと比べても毎月3,000円以上の値引きがずっと続く感覚。 ドコモ・auは毎月1,000円程度の値引きが12ヶ月間なので、かなり安いのがわかると思います。 メリハリプラン加入者の料金をで安くしたい方にもうってつけです。 ぜひ使ってみてくださいね。

次の

【新プラン】ソフトバンクのスマホデビュープランを解説!内容や注意点は?

スマホデビュープラン

ソフトバンクから2019年6月12日より「スマホデビュープラン」というものが登場しました。 ガラケーユーザーを対象にしており、スマホユーザーを増やしていくためのプランです。 当記事ではスマホデビュープランのメリットやデメリット、また実際に料金のシュミレーションも含めご紹介していきます! スマホデビュープランってどんなプラン? スマホデビュープランとは、ガラケーからスマホに変えると色んな割引が入ってお得に使えますよ!というプランです。 「基本料金:980円(税抜)」から利用できるということで、ガラケーからスマホに変えようか悩んでいる方は興味が湧きますよね。 細かいプラン内容 スマホデビュープランというのは「通話基本プラン」「ウェブ使用料」「 データ定額スマホデビュー」の3つで構成されています。 ちなみにこれらの3つのプランは 全て加入必須となります。 「私はネットはしないから、通話基本プランだけで」ということは出来ないので注意しましょう。 準定額オプション(5分以内の通話し放題) 500円(税抜) 定額オプション(24時間通話し放題) 1500円(税抜) ちなみに、オプションをつけることで「スマホデビュー専用割引」が適用されます。 割引額は -1000円(税抜)です。 ウェブ使用料 ウェブ使用料はネット使用するためのオプションです。 これがないとLINEやSNS、動画を見たりネット検索で調べ物などが全くできません。 月額:300円(税抜)です。 データ定額スマホデビュー データ定額スマホデビューはスマホデビュープランの方用のデータ定額プランです。 名称が少し分かりづらいですね・・・ 要は毎月、どの位までデータ通信できるのか?というデータプランになります。 ちなみに毎月「1GB」を使用することができます。 月額:980円(税抜)です。 毎月の料金はどれくらい? スマホデビュープランの基本的なプランについてはご理解いただけたかと思います。 それでは具体的に毎月いくらかかるのでしょうか? 割引を含めた料金でシミュレーションしてみました! 通話基本プラン 1200円 準定額オプション(5分以内の通話し放題) 500円 ウェブ使用料 300円 データ定額スマホデビュー 980円 ( 2ヶ月目から1年間だけ) -1000円 -1000円 合計 980円 このような計算で 合計980円(税抜)という料金になります。 色々お金がかかるかと思いましたが、割引オプションを利用すると結果的に1000円以内に収まりましたね。 割引オプションの注意事項としては、• 1年おトク割:2ヶ月目から1年間だけなので 13ヶ月目からは1980円になる• スマホデビュー専用割引: 準定額オプション(または定額オプション)に加入が必須 ということです。 ホントに980円で使えるの? 「基本料:980円(税抜)」から使えるというのは割引金額を合わせた時の金額だということが分かりましたね。 1年おトク割がなくなったとしても1980円(税抜)なので、格安SIMと比べても劣らない安さです。 しかし、ホントに毎月980円(税抜)で利用できるのでしょうか? 答えはズバリ、「 980円(税抜)で利用できません」! なぜなら980円(税抜)というのはあくまで 「基本料金」だからです。 ガラケーからスマホに切り替えるわけですから、合わせて スマホの端末代がかかります! どの機種を選ぶかによって毎月の金額は変わりますが、「半額サポート」に加入すると毎月かかる金額が安くなります。 半額サポートに加入することで本来の料金の半分で支払い終えることができます。 しかし、ここも条件が色々あるので確認してくださいね。 スマホデビュープランのメリット 色々ご紹介してきましたが、スマホデビュープランのメリットは下記になります。 今ならPayPayデビューキャンペーンが付いてくる• スマホをおトクに利用できる PayPayデビューキャンペーンが付いてくる PayPayボーナスを合計6000円相当プレゼントされるもので、期間内にスマホデビュープランを申し込むともらえる特典です! もらえるものはもらっておきましょう笑 詳しくは下記のリンクを確認してみてください。 スマホをおトクに利用できる 近々スマホに変えようと思っていた方にとっては入りやすいプランです。 スマホを持つと月に電話代金が1万円ほどかかるのが一般的ですが、機種代金を含めても「約3000円」ほどで利用できることになります。 スマホデビュープランのデメリット スマホデビュープランを申し込むとどのようなデメリットがあるのでしょうか? デメリットもしっかり把握しておきましょう!• 1GB超えると通信制限がかかる• 月月割が適用されない 1GB超えると通信制限がかかる スマホというのは小さなパソコンのようなものですので、常に新しい情報を取り入れるために自動通信しています。 その自動通信もこの「1GB」というデータ容量から消費されるものです。 1GB使い切ってしまうと、「ページが固まって動かない」と思ってしまうくらい通信速度が遅くなってしまいます。 通信制限を解除することもできますが追加で料金が必要になるので注意しましょう。 1GB追加:1000円(税抜) 0. 5GB追加:500円(税抜) 月月割が適用されない 月月割とは、ソフトバンクで携帯を購入すると、ソフトバンクが機種代金を一部負担してくれるサポートです。 通常料金 月月割 実質料金 かんたんケータイ4 24分割 2480円 -1800円 640円 上記のように640円で割引を受けれるといいのですが、スマホデビュープランはこの割引を受けることができません。 「半額サポート」をうまく利用して機種代金を下げることをオススメします。 ここは気をつけよう! スマホデビュープランを利用する方は、デメリットに加えてこんなことも気をつけましょう!• 契約する時は事務手数料3000円(税抜)がかかる• 解約すると9500円(税抜)の違約金発生することがある スマホデビュープランというのは、「機種変更」または「のりかえ」の方が対象です。 この手続きを行う方は、初月1回だけではありますが事務手数料をいうものがかかります。 また「通話基本プラン」を2年縛り契約した方は、決まった期間以外の解約の場合違約金を請求されます。 こちらもご注意ください。 こんな人にスマホデビュープランがおすすめ いかがでしたか?今回はスマホデビュープランのメリットやデメリットをご紹介してきました。 まとめると、• 近々スマホへの切り替えを検討していた人• ネット利用はほとんどお家のWi-fiで利用してる人(もしくはネット利用しない) こんな人にオススメのプランと言えます。 是非今後の参考にしてくださいね! 【関連記事】 haruharu5.

次の