即 パット 銀行 おすすめ。 JRA ネット投票

即PATに使用する銀行はどこが良いでしょうか?

即 パット 銀行 おすすめ

即PATで使えるネット銀行を比較 即PATで使えるネット銀行は、「住信SBIネット銀行」、「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」の3つがあります(2013年9月1日現在)。 ネット銀行とはいえ、メインバンクとして利用できるだけのサービスもしっかりしています。 以下はそれぞれの銀行を比較したものです。 020 % 0. 030 % 0. 020 % 定期預金 1ヵ月 0. 040 % 0. 075 % 0. 060 % 3ヵ月 0. 070 % 0. 080 % 0. 080 % 6ヵ月 0. 100 % 0. 095 % 0. 100 % 1年 0. 120 % 0. 100 % 0. 140 % 3年 0. 170 % 0. 102 % 0. 190 % 5年 0. 210 % 0. 155 % 0. 220 % 10年 - 0. 410 % - 利用できるATM セブン銀行 Enet ゆうちょ銀行 ローソンATM ビューアルッテ セブン銀行 Enet ゆうちょ銀行 三井住友銀行 バンク セブン銀行 Enet ゆうちょ銀行 イオン銀行 ローソンATM 公営競技 JRA、地方競馬、競輪、ボートレース、オートレース JRA、地方競馬、競輪、ボートレース、オートレース JRA、地方競馬、競輪、ボートレース、オートレース くじ オッズパークLOTO BIG・toto BIG・toto オークション Yahoo! 不可 可 可 楽天 不可 可 可 モバオク 可 可 可 入会費・年会費・口座維持費など全て無料、動作環境もパソコン・スマートフォン・携帯電話が使え、振込手続きも24時間365日可能なところは3銀行とも共通です。 差は振込・ATM利用手数料や預金金利などのサービスにあります。 各ネット銀行を選ぶためな基準はだいたい以下のようになります。 これらを踏まえて使いやすい口座を開設しましょう。 住信SBIネット銀行• 振込手数料を安く抑えたい• ATM利用料が何回でも無料(ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMは月5回まで無料)• ネット証券最大手の証券会社「SBI証券」で資産運用したい ジャパンネット銀行• Yahoo! オークション、楽天オークションを利用する• ATMでの入出金が3万円以上なら毎回無料で利用できる• ワンタイムパスワードをメールで受け取るのはセキュリティ面で心配なのでトークンを使いたい• Tポイントを現金に交換したい 楽天銀行• 楽天関連サービス(楽天市場・楽天トラベルなど)を利用することが多い• Yahoo! オークション、楽天オークションを利用する• 引落可能な企業がネット専業銀行ではNo. 定期預金金利が高い方がいい• 各ネット銀行の口座開設はこちらから•

次の

ネットで競馬の銀行口座開設におすすめは楽天銀行!他にない3つのメリット

即 パット 銀行 おすすめ

私はイーバンク銀行を使っています。 イーバンク銀行は、ATMからいつ、何回振り込んでも手数料無料という強みがあったのですが、 現在はカードに応じて回数制限があり、それを超えると手数料がかかるようになってしまいました。 その回数が非常に少ないので、何度も出し入れするのならオススメできません。 他の銀行は使っていないのでわかりかねますが・・・ 口座維持費はどの銀行でもかからないと思いますが、 ジャパンネットバンクとイーバンク銀行はネットからの開設申し込みになりますので、口座開設まで時間がかかります。 もし銀行に足を運ぶ時間があるのであれば、三井住友かUFJなら口座開設は一発です。 手数料の面でも、無料の時間帯がある三井住友かUFJのほうがいいかもしれません。 Q 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通... A ベストアンサー 具体例で言うと、こんな感じですかね。 銀行口座の残高1000円の状態で全額入金指示して全額投票券を購入し、それ が的中して10000円の払い戻しがあったとします。 この10000円で次のレース以降の投票券を購入することはできますが、この 時点ではまだ銀行口座の残高は0ですので、現金を引き出すことはできません。 このまま放置しておくと、この10000円は、自動的に日曜の夜に銀行口座に 移り、現金引き出しが可能になります。 A ベストアンサー フォーメーションは 1着 A、B、C 2着 D、E、F 3着 G、H、I と買えばそれぞれの着順に買ってある馬がくれば当たりです。 まずマルチという言葉の意味ですがこれは順序が違う馬券も買うかどうかのときに使います。 馬単、3連単のみです。 3連単も同じです。 フォーメーションのいい点は頭や2着が固いだろうと思う馬が3着になる3連単を買わずにすむことです。 またきても3着だろうという馬が1,2着になる馬券を買わずにすむこともあります。 マルチは逆で仮にきたときに取りこぼしがないですね。 その分点数は多くなりますが。 3連単1,2頭軸でマルチにマークすると同じ馬券を3連複で買ったときの6倍の点数になると思ってください。 個人的にはフォーメーションです。 Q お伺いします。 先程、メールをチェックしていると、webの広告で【楽天銀行で、競馬 JRA を買うと、楽天銀行のスーパーポイントが貯まる】云々の広告があり、検索してみました。 当方は、楽天銀行に口座を持っています。 e-bankからの流れですが、毎週、口座に入金し、土、日はJRAの馬券を、即PATで購入しています。 以前、何の気無しに、楽天銀行のサイト内を見ていた時、楽天銀行のサイトから、I-PATの画面に移行出来るようです。 たまたま平日でしたので、販売はされておらず、何事も無かったのですが、ひょっとして、I-PAT、即PATの画面から楽天銀行への入出金を繰り返す事と、楽天銀行のサイトから、I-PAT、即PATに移行する事は、意味が違うのでしょうか?当方が毎週行う前者 I-PATからの入出金 では、スーパーポイントは発生せず、楽天銀行からI-PATへ移行する ひょっとすると資金移動の必要が無い? と、スーパーポイントが貰える権利が発生するのか?という事なんですが? A ベストアンサー 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) つまりA-PATでも即PATでもI-PATは利用できます。 即PATの手数料は無料です。 競馬用口座への入金手数料も無料ですが、1日に入金を3回以上すると、3回目から1回につき15円の手数料がかかります。 また節(土日)が終わると自動的に残額はジャパンネットバンクの口座に振り込まれます。 (手数料無料) ただしジャパンネットバンクの口座を開設することから、銀行の口座手数料が必要となります。 (月額105円) なお口座維持手数料は一定の条件を満たせば無料となります。 (月平均10万円以上預金しておく/月に2回以上振込みがある/キャッシング機能付きのキャッシュカードを作る等) ということで基本的に手数料はかかりません。 ジャパンネットバンクの口座維持手数料についてはキャッシング機能付きのキャッシュカードを申し込めば無料(キャッシングを使わんなくても良い)ですし、それが嫌なら月に2回競馬用口座にお金を移し、ジャパンネットバンクの口座に振り込んであげればよいでしょう。 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT... A ベストアンサー 複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。 なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。 (計算式は、JRAのホームページにあります) 具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。 アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気) 300円 サンアディユ(2着、複勝 1番人気) 170円 アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気) 230円 もし、レースの結果(着順)が異なっていたら、複勝の払戻しがどうなっていたかを計算してみました。 (例3のときが、2.1倍。 例2のときが、2.8倍) 複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。 なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。 (計算式は、JRAのホームページにあります) 具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。 アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気) 300円 サンアディユ(2着、複勝 1番人気) 170円 アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気) 230円 もし、... A ベストアンサー 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。 まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、 儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。 ですから、ウインズなどでは決して買いません。 競馬場へ行って、パドックを見て買っています。 以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。 まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。 その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。 1レースから複勝1点勝負。 勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。 負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。 それの繰り返しです。 同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。 額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、 上手くいけば、大儲けです。 でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。 借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。 競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、 自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

次の

A

即 パット 銀行 おすすめ

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の