メタ 認知 と は。 メタ認知的知識とは? 自分の知識についての知識を知ってみる。

【メタ認知】感情をコントロールし、気楽に生きる秘訣

メタ 認知 と は

メタ認知 めたにんち : 自分が認知している内容を理解し、コントロールする脳の働きのこと 「メタ認知」の意味を詳しく メタ認知とは、 自分が行っている言動を客観的に理解し、言動をコントロールしようとする脳の働きのことです。 メタ認知の「メタ」とは、高次という意味があります。 高次とは、程度が高いことを意味します。 つまり、自分が認知していることが何かについて、深い次元で認知するという脳の働きがメタ認知です。 メタ認知は、主に何か課題を解決するときなどに重要であるとされています。 また、メタ認知は、大きく分けると メタ認知的知識と メタ認知的技能という2つの過程に分けることが出来ます。 メタ認知的知識とは メタ認知的知識は、 自分が知っている内容について整理することを指します。 具体的には、自分の長所や短所について理解するといった人についての知識や、解決したい課題とはどのようなものであるかという課題についての知識が挙げられます。 また、今まで自分が知っている、課題解決方法について考えることも、メタ認知的知識の一種です。 メタ認知的技能 メタ認知的技能は、メタ認知的知識が前提として存在します。 メタ認知的知識を理解したうえで、現在の自分の課題に対し、実際の解決策を考えていく過程のことを、メタ認知的技能と言います。 「メタ認知」の具体例 メタ認知の能力が発揮される例としては、 勉強の計画づくりが挙げられます。 メタ認知の能力が高い人は、自分の現状の能力や弱点を適切に把握することが出来ています。 そのため、効率的な勉強計画を立てることが出来ます。 また、 感情のコントロールにも、メタ認知の能力が関係しています。 怒りそうな時でも、メタ認知能力が高いと、自分がなぜ怒るのかを冷静に分析できます。 その結果、怒鳴りちらすことなく、適切な対処法をとることが出来るのです。 「メタ認知」の提唱者 メタ認知に至る前の考え方として、 メタ記憶というものがありました。 メタ記憶の考え方は、 ジョン・H・フラベル氏によって提唱されました。 彼は、子供の記憶の成長に関して研究をしました。 子供は成長の過程で一般的な知識を記憶していきます。 そして、状況に応じてさまざまにその記憶を使うことによって、効率的な学習など新たなことを可能にしていきます。 たとえば、A君が、授業中の先生の話を真面目に聞いていたとします。 ところが、いざ試験となった時、問われている内容についての記憶はあるものの、答え自体は出てきませんでした。 そこで、A君は、次の授業から、先生の話をノートにきちんとメモをして、家に帰ってから見直すという学習方法を身につけました。 上記の例では、記憶についての、2つの側面が描かれています。 1つ目は、「問題内容を覚えてはいるものの、何が答えだったかは覚えていなかった」という自分の記憶能力に対する認識です。 2つ目は、自信の記憶能力を踏まえて、「次からは先生の話をノートにとり、家で見直そう」という方策を取った点です。 以上のように、自分の記憶能力がどの程度のものかを経験から認識することと、それに応じて効率的な記憶方法を認知するという2つの側面を持つ概念が「メタ記憶」です。 また、フラベル氏は認知についての知識や認識についての同様の働きを、メタ認知と名付けました。 Meta cognition メタ認知 メタ認知の習得法 メタ認知は、トレーニングを積むことにより能力を高めることが出来ます。 代表的なものとして、 セルフモニタリングと、 コントロールの2つがあります。 セルフモニタリングとは セルフモニタリングは、 今まで自分が意識をあまり向けてこなかったものに対し、意識を向けることです。 これによって、自分に何が出来るのか、ということを把握することが出来ます。 具体的な方法としては、自分の感情について紙に書くライティングセラピーという方法があります。 また、瞑想なども効果的です。 コントロールとは コントロールは、セルフモニタリングの後に行われます。 モニタリングの結果に応じて、次の行動の指針を決めることをコントロールと言います。

次の

メタ認知(メタニンチ)とは

メタ 認知 と は

「 メタ認知」とは「 自分自身を客観視して制御すること」です。 アメリカの心理学者『ジョン・H・フラベル』が1970年代に定義して広めた言葉で、元々は心理学用語でした。 現在では、自分自身を客観視することが大切なビジネスなどにおいても「メタ認知」は重要な能力とされています。 「メタ」とは? 「メタ認知」の「メタ」と聞くと少し難しい意味があるかと思います。 この「メタ」というのはギリシャ語の接頭語の「meta-」からとっており、意味は「 高次元」という意味になります。 漫画などで「メタ発言」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。 例えば、漫画のキャラによる「作者の画力が高ければもっとイケメンになれたのに」などと言う発言が「メタ発言」です。 これは漫画のキャラクターが認知しているはずのない、世界の創造主である『作者』という高次元なものに対して発言をすることから「メタ発言」と呼ばれます。 このように、自分を作品の登場人物のように捉えた「神の視点からみた自分」が「メタ認知」と考えるとわかりやすいです。 「メタ発言」を知らなかった方は、スポーツ中継が「メタ認知」としてイメージがしやすいかと思います。 例えばサッカーをTV中継で見た場合、全体を俯瞰して見ることが可能です。 ただ実際にプレイをしている人にとっては自分だけの視界になりがちです。 この「全体の視点」ができるプレイヤーは「メタ認知能力」の高いプレイヤーといえ、活躍する可能性も高いといえます。 「メタ認知」のメリット 「メタ認知」はビジネスでも重要とされる能力の1つです。 例えば「メタ認知」によってビジネスマンには以下のような差がでてきます。 「メタ認知能力」の低い人 メタ認知能力の低い人には以下のような特徴があります。 ・自分の感覚と相手の感覚が同じであると考えてしまい、相手の気持ちを推し量ることができない。 ・自分の間違いを客観視できず同じミスを繰り返してしまう。 ・空気が読めない。 「メタ認知能力」の高い人 「メタ認知能力」の高い人の特徴は以下になります。 ・相手の気持ちがわかり、適切な提案ができる。 ・間違いに客観的に気づくことができ、修正が早い。 ・周りに合わせた行動が可能。 「メタ認知」の向上方法 「メタ認知」をするために大切なのは自身を見つめ直すことです。 ただし特に時間に追われることが多い現代においては難しいですよね。 そんな中で効果的とされているのが瞑想です。 『スティーブ・ジョブズ』も取り組むなど、アメリカでも瞑想は注目されています。 瞑想によって数分間自分自身を見つめなおすことが「メタ認知」の向上に効果があるとされています。 次は「メタ認知」の使い方をみていきます。 「メタ認知」の使い方・例文 「メタ認知」は以下のように使われます。 「メタ認知の向上で適切な目標設定を行えるようになった」 「メタ認知が効きすぎて自分として自分を生きられない」 「文章を書く上でもメタ認知による読者目線は大切といえる」 「メタ認知」のまとめ ここまで「メタ認知」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか? 最後に「メタ認知」についてまとめておきます。

次の

メタ認知的知識とは? 自分の知識についての知識を知ってみる。

メタ 認知 と は

「メタ認知」の意味とは?勉強やスポーツの成績を効率的に伸ばすための活用法 早速メタ認知って何?という疑問について図と一緒に見ていきましょう。 メタ認知とは? メタ認知はよく「 思考を思考すること」だと言われます。 これをイラストイメージで表すとこんな感じでしょうか。 某アニメのキャラクターよろしく「もう一人のボク」的な視点から、自分自身の考えていること自体を思考する、と。 これによって、自分のことを客観的に見れたり、感情や思考の流れを把握して冷静になれたり、あらゆるメリットが見込めるんですね。 でこのメタ認知を習慣づけるのによく言われるのが、「 自分に問いかける癖をつけること」です。 一番シンプルな問いだと、• プレアセスメント(現在の思考に気づかせる):まずはメタ認知の基本として、「思考を思考する」を徹底する。 例えば新しいテーマについて習う前に「今のところこのテーマについて自分は何をどこまで知っているんだろう?」と自問してみたり。 ミッドポイント(どこが分からないかを明確にする):クラスの最中に、生徒が分からないところがないか?をこまめにチェックする。 例えばクラスの最後に「今回の授業でどこを一番難しいと感じた?」といった具合に、生徒たちの理解度を確認する機会を設けたり。 ポストアセスメント(トピックに対する理解の変化に気づかせる):クラス後に「今回のテーマについて受講前はどう考えていた?そして今はどんな風に考えが変わった?」という風にクラスを受ける前後で思考に変化がないか?を確認する。 リフレクティブジャーナル(思考をモニターする場を提供する):テストの後などに、「今回のテストの反省点と今後のテストに向けた改善策」みたいなメタ認知の場を与える。 これによって、テストの結果を点数などで漠然と解釈するのではなく、今回は何がまずかったか?次は何をすればいいのか?がハッキリしてくる。 ここから全体を通して言えるのは、生徒にその場で過去、現在、未来に関する思考をしっかり観察させているということ。 授業の前後で、テーマトピックへの理解度を振り返ってもらったり。 テストがあれば、今回の反省点と今後やるべきことを振り返ってもらったり。

次の