鈴木 亮平。 鈴木亮平、マニアックな旅行本が話題「写真が一枚もありません。行ってないからね」

【悲願】鈴木亮平の姉さん女房の妻の画像発見?子供と一緒に目撃!

鈴木 亮平

吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が再結集するスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」が10月に放送決定。 坂口健太郎、鈴木亮平、田中圭、平岡祐太ら連続ドラマからのキャストも勢ぞろいすることが分かった。 金髪姿が鮮烈だったモデル・KEY役の坂口さんは、3年ぶりのタラレバ娘の現場に「あっという間でしたが、楽しかったです。 連ドラを経て今回のスペシャルでタラレバ娘たちも紆余曲折があって、それぞれに悩みがあって、すごく笑えて、でもどこかでちょっとチクっとする…最終的には『とっても穏やかな気持ちになれる』ドラマになったと思っています」と期待を寄せてコメント。 また、倫子に想いを寄せていた早坂哲朗役の鈴木さんは、「3年前、演じていた時に、僕だけじゃなくみんなが好きな作品だったので『あ~帰ってきたな』というのと『やっぱり面白いな』という気持ちのままに、撮影が『もう終わったか~』という感じでした」と若干物足りない様子も!? 「3人の女性がそれぞれ状況は変わっていくけども、そこに変わらぬ友情がある。 僕は、そこがこの作品の1番の魅力だと思います。 3人それぞれの細やかなお芝居とテンポ感。 タラレバ娘ならではのスピード感あるシーンをぜひ楽しんで僕も観たいなと思います」と語っている。 3年ぶりに小雪との再会する丸井良男役を演じる田中さんは、「ベタな甘酸っぱさとチクっと来るほろ苦さがあって。 決して正しいことではなかったけれど、愛したという事は偉大で。 2人の歩む別々の未来に、どんな形で刻まれるのかはわかりませんが、久々に丸井を生きてみて、貴重な感情を体験できました」とコメント。 「個人的には、みんな幸せになれよー!! って思いました(笑)」と、それぞれのキャラクターに思い入れたっぷり。 そして、「もう登場することはないかもと思っていましたが、3年ぶりに涼ちゃんも戻ってきます!」というのは香の元彼・鮫島涼役の平岡さん。 「少しおバカだけど、どこか憎めない、そんな彼を楽しく演じられて嬉しかったです。 久々に再会したタラレバ娘3人の井戸端会議、僕もオンエアーを楽しみにしてます!」と語っている。 そのほか、倫子にしか見えないタラ(声)役の加藤諒とレバ(声)役のあ~ちゃん(Perfume)、黒沢マミ役の石川恋、小雪の父・鳥居安男役の金田明夫の続投も決定している。 スペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」は10月、日本テレビ系にて放送予定。 《text:cinemacafe. net》.

次の

鈴木亮平さんのお嫁さんやお子さん画像を見たい方はコチラへ

鈴木 亮平

com ニュース] 監督の最新作「」は、家族という普遍的なテーマに観る人の心を大きく揺さぶる、最初から最後まで揺さぶり続けるヒューマンドラマだ。 「何故こうも家族から逃れられないんだろうと考えた」「自分が家族にどんな思いを持っているのか発見できる映画」「家族に対して何か抱えて生きている人に許されて欲しい」と語るのは、稲村家の兄妹を演じた主演の、、。 この作品への熱い思いを語った。 (取材・文/新谷里映、写真/) 原作は、劇作家・の率いる劇団KAKUTAの舞台。 15年前の事件と、事件後それぞれの15年間を背負って演じる、その準備は大変そうに見えるが、次男・雄二を演じた佐藤は事前に役を作り込むことをせず「現場で作っていった」という。 「準備したのはヒゲを生やしたぐらいで、こういう(取材の)場で語れないのが申し訳ないくらい、どんな役づくりをしようとか、どういうものを現場に持って行こうとか、そういうのが全くなかった。 もちろん、ドキュメンタリー的なアプローチはこの作品このキャラクターだからです。 今回は、その場で感じたものを雄二として演じただけなので、雄二が母親をどう思っているのかさえも、よく分からないまま(敢えて決めずに)演じていました」 そういう芝居ができたのは、白石監督をはじめスタッフも共演者も全員が「同じ方向を向いていて信頼していたから」だとつけ加え、長女・園子を演じた松岡は三兄妹の自然な芝居についてふり返る。 「再会のシーンで、雄二が久々に故郷に帰ってきて3人で会うシーンを撮ったとき、ああこの撮影は大丈夫だって感じたんです。 3人ともちゃんと兄妹として出会えていたし、久しぶりの空気が流れていたし、久しぶりに会った家族ってこんな感じなんだろうなって」 長男・大樹を演じた鈴木は「誰も(こういう芝居をするぞと)決めて来ないことが、すごく居心地がよかった」と続ける。 「決して力を抜いているわけではなくて、(この作品の場合は)相手から影響を受けるのが一番だと思うんです。 家族の話なのでみんな相手頼みの芝居をしている、それがいいんですよね、肩に力が入っていないのが。 ただ、大樹は吃音のため撮影の5カ月前から吃音についての準備はしました」 幼少期の大樹と大人の大樹、吃音のクセをどこまで似せるかなどは丁寧に作り込んでいるそうだ。 吃音のため人とのコミュニケーションが苦手な大樹というキャラクターを鈴木が演じる、そのギャップもいい。 松岡は「3人とも見たことのない役でしたよね」と楽しそうに兄たちを解析する。 「佐藤さんは佐藤さん史上最大に格好良くない役だし、鈴木さんは鈴木さん史上いちばん頼りにならない役で、しかもマザコンだし、私は松岡史上……何だと思います?」と兄たちにパスを投げると、佐藤と鈴木が「しょうがないなあ」という面持ちで妹をアシストする。 佐藤は「これぞという役だったんじゃないですかね。 稲村兄妹の空気感をデザインしたのは間違いなく園子で、三兄妹をデザインしたということは、この映画をデザインしたことにもなりますよね」。 鈴木は「みんなが引き算の芝居をしているなかで足し算の芝居をするのはとても勇気がいるんですが、松岡さんが空気感を作るセリフを足してくれた。 それはぜんぶ効果的でした」 兄たちの言葉に「わあ、嬉しい! 恐縮至極です」と、笑顔いっぱいに喜ぶ松岡の姿から、きっと撮影現場でも彼女がムードメイカーとなり、いい雰囲気を作っていたのではないかと想像がつく。 また、この3人を兄妹役であることもこの映画の魅力のひとつであり、さまざまな役を演じてきた彼らの新しい一面を引き出している白石監督もやはり凄い。 「楽しかった」「やり甲斐があった」「安心できた」「ワクワクした」……という俳優たちの言葉からも、いかに白石監督を信頼しているのかが伝わってくる。 三兄妹の母・こはるについての話題になると、ほんの少し緊張感が漂い、女優・の芝居は「刺激的な瞬間の連続だった」と松岡が代表して語る。 「みんな一致の意見だと思いますが、さんのお芝居は、演者だけではなく、スタッフさんもザワつくくらい、そう来る!? そうなる!? の連続でした。 決して奇をてらうわけではなくそれがスタンダードで、私たちが考えつかないお芝居でした」。 15年ぶりに帰って来た母親と子供たちはどう向きあうのか。 大樹、雄二、園子、それぞれの母に対する思いを俳優たちがどう演じているのかもこの映画の見どころになっている。 そして、この映画と出合った人は、家族について考える、深く考える。 演じた俳優たちは、いま何を思っているのだろうか。 鈴木は「すごく力強い映画」だという。 「見た人それぞれ感情移入する人物も場所も違う、それってすごくいい映画である証だと思うんです。 この映画を観て、自分がどういう感想を持ったのかによって、その人が家族にどんな思いを持っているのか発見してもらえる、家族に対して抱いているものを確認してもらえる、そういう映画だと思います」 松岡は「風通しのいい現場」だったからこそ、自分にとっても素晴らしい作品になったという。 「スタッフさんたちも気持ちのいい方々で、本当に現場が楽しかった。 大好きな映画です。 多くの人に見てほしいですが、家族に対して何か抱えて生きている方にも見てほしい。 劇場に許されに行ってほしいです」 「監督や出演者のみなさんに引っぱってもらって、これまでで一番、他力本願な現場でした」と謙遜しながらも、主演の佐藤はこう締め括る。 「なんで家族って、ここまで逃れることができないんだろうって思いました。 家族と言ったって、血がつながっているだけの他人なのに、絶対に仲良くしなければならない決まりもないのに、なぜこうも逃れられないんだろう……って。 そんなふうに考えさせられた映画です」.

次の

鈴木亮平の“FRIDAYスクープ”にファンが悲鳴…「ヤバいわ!」 (2020年6月17日)

鈴木 亮平

来歴 [ ] 5年生か6年生の頃、アニメを観て声優に憧れた。 児童会長を務めていた小学校6年の時に、1995年1月17日のに遭遇する。 震災後に亮平は父親とに乗った際に車窓から見た神戸市内の悲惨な状況に衝撃を受け、父親から「この景色を覚えておきなさい」と言われたことが忘れられないと言う。 その震災のために小学校の卒業式を校庭で行い、児童会長として答辞を読んだ。 時代には映画を好きになり、俳優になりたいと思うようになった。 同級生の中で役者志望は珍しく、周囲に「何言ってんの? 」というような目で見られていたのでかえって負けず嫌いに火が付いた。 (現・)を経て、4月にに入学。 大学では演劇サークルに入り、最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意。 そこから大学生活は演劇漬けになるが、3年時に自分は「このままで本当に役者になれるのか? 」と疑問を抱くように。 このままではプロになれないと思い、芸能事務所・制作会社に履歴書を持って回ったが50社以上に断られる。 キャスティング会社も回り始め、背が高いからということでモデル事務所を紹介してもらえることになった。 3月に欧米第一課程英語専攻を卒業。 1級所有。 学生時代には でアルバイトをしていた。 また、在学時は演劇サークルに所属しており、そのサークルの同期にはのがいた。 かつては 友近亮平の名でモデルをしていた。 2006年、演技学校アクターズクリニック に所属し、の下で演技を学んだ。 同年5月には、と共同開発の男性用水着をPRする初代のキャンペーンボーイに選出される。 東レによると、業界史上初の「水着キャンペーン ボーイ」であるとのこと。 同年7月、テレビドラマ『』で俳優デビュー。 2007年12月公開の『』で映画デビュー。 に放送された『』ので、ただ一人、優勝したを予想し的中。 金50万円を獲得した。 偶然、蕨野と同じスポーツジムに居たことがあり、身体能力が優れていることを知っていたとのこと。 、一般女性との結婚を発表。 、女児誕生。 に開催された「」第29回公演に、一般の合唱参加者に混じって、・パートにて合唱参加。 公演本番に至るまでの一連の行動が、にて放映されたドキュメンタリー番組『【1万人の第九】公式ガイド 大合唱はこうしてつくられる!〜舞台ウラ公開〜』にて紹介された。 2012年4月より、の『』の司会も務める。 2013年6月5日に師である塩屋俊が他界したことを受け、翌日追悼のコメントを発表した。 2014年度上半期に放送されたNHK『』では、演じるヒロインの夫・村岡英治役を演じた。 2015年10月31日に公開された映画「」では、型破りな高校生の主人公 剛田猛男役を演じた。 2016年8月6日に公開された劇場アニメ『』で声優初挑戦。 2018年、第57回NHK『』で主人公のを演じる。 鈴木はNHK大河ドラマ初出演にして主演を務める。 人物 [ ]• 英語が堪能で、英検一級を取得しており、アメリカへの留学経験もある。 また、高校生時代には、全国高校生スピーチコンテストで優勝した経験ももつ。 1級の合格者でもある。 趣味はで、鍛え抜かれた肉体美を度々披露している。 が得意(NHKスペシャル)。 いつでもマジックができるよう、常にトランプを持ち歩いているとも。 演じる人物に合わせるため肉体改造する場合が有る。 『』では筋肉質の主人公・色丞狂介を演じるため、体重を一度15kg増量した後に脂肪をそぎ落としたと語っている。 『』では主人公の兄・病弱な周太郎を演じるため、体重を20kg減量した。 『』では巨漢の主人公・剛田猛男を演じるため体重を30kg増量した。 大河ドラマ『西郷どん』では晩年の西郷隆盛を演じるため体重を約100kgまで増量したと語っている。 モデルのは高校の同級生で親友。 また、大学の同期にはのがいる。 映画『』への出演を機に、アニメ版で主人公を演じたとはイベントで共演したりプライベートで食事をしたりなど交流がある。 自分の出身地である西宮市内が本拠地だからかでもある。 モデル時代名乗っていた「友近亮平」の芸名の由来は当時ファンだったお笑い芸人・に因む。 鈴木はモデルと俳優の違いについて「モデルを経験したことで、オーディションに落ちることに慣れました。 モデルって、ほぼ外見しか見られないんです。 行って4秒で落とされることもある。 でも、役者の場合、芝居をやらせてくれる。 ということは、芝居がうまくなれば通るということ。 努力する方向が見えるんです。 それがよかった」と語っている。 鈴木は役者としての原点は阪神・淡路大震災にあると語る。 「あの時に経験したことが、今の仕事に生きている」と心境を述べており、震災後の神戸を描いた『』に出演するなどし、「震災を経験した人にしか演じられないものがある。 天災や悲劇に対して俳優として何かを伝えたいというものがある」と語っている。 『西郷どん』で相撲シーンを演じた時間を「贅沢な時間」と述べていて、さらにテストでは相手を投げたものの本番では自分の足が先に出ていたなどということがあったと述懐している。 人生初の相撲に挑んだ鈴木がこの撮影のために習った相撲技術は、立合いにぶつかって右四つで組んで左上手投げ、後は土俵際のだけであり、後は子供の頃から相撲を経験していた相手役が技術面で盛り上げてフォローしたという。 鈴木は撮影に協力してくれた相撲部の選手たちが皆どこか怪我をしているのを知って、相撲というのは大変なのだと痛感したと語っている。 東京ミチカ (2004年10月 - 11月、)• 僕と彼女の間の北緯38度線(2007年3月31日、)• (2007年7月 - 9月、フジテレビ) - 明石総一郎 役• episode. 1 初恋(2007年、朝日放送) - 黒田悠二 役• (2008年4月 - 6月、) - 鮫島哲也 役• (2008年7月 - 9月、フジテレビ) - 武良広海 役• (2008年12月5日、)• (2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 大門 役• 第1、2話(2009年4月17日、24日、) - 師岡刑事 役• (2009年4月 - 6月、フジテレビ) - 黒川竜一 役• (2009年5月9日、フジテレビ) - 武良広海 役• 第8話(2009年9月26日、TBS) - 銀行強盗犯 役• 第3話(2009年11月2日、フジテレビ) - 木内真二 役• 第4作「シーラカンス殺人事件」(2009年11月27日、フジテレビ) - 恵木学 役• (2010年4月 - 6月、TBS) - 練馬青雲 役• (2010年5月22日、フジテレビ) - 武良広海 役• (2010年7月2日、フジテレビ) - 野村崇 役• (2010年7月6日 - 9月14日、関西テレビ) - 黒川 役• (2010年10月22日、フジテレビ) - 正木友弘 役• (2010年11月21日、関西テレビ) - 良太郎 役• 同期 (2011年2月20日、) - 宮下幸助 役• (2011年4月 - 6月、TBS) - 大川洋一 役• (2011年7月11日 - 9月19日、フジテレビ) - 西野健太郎 役• (2012年1月 - 3月、) - 岬恭介 役• (2012年2月19日、朝日放送) - 欣二 役• (2012年4月 - 6月、TBS) - 早川タク 役• Episode9(2012年6月11日、フジテレビ) - 八田三夫 役• (、2012年7月 - 9月) - 榎戸修平 役• 第1話、2話、最終話(2012年10月4日 - 12月20日、関西テレビ) - 吉崎久太 役• 第2話(TBS、2012年10月25日) - ケンジ 役• (2013年3月25日 - 27日、) - 亀谷雅人 役• 第7話(TBS、2013年5月26日) - 佐伯 役• (2013年11月30日、関西テレビ) - 今野勇作 役• 第6週 - 最終週(2014年5月5日 - 9月27日、NHK) - 役• スピンオフスペシャル「朝市の嫁さん」(2014年10月18日、)• (2014年7月7日、フジテレビ) - 芦屋浩二 役• (2014年12月30日、テレビ東京) - 店員 役• 2015年4月 - 7月、TBS - 秋山周太郎 役• (2015年10月 - 12月、TBS - 園田悠一 役• (2016年4月23日 - 6月18日、日本テレビ) - ナベシマ 役• (2016年10月22日、フジテレビ) - 吉田透 役• (2017年1月18日 - 3月22日、日本テレビ) - 早坂哲朗 役• (2017年1月21日 - 3月25日、NHK) - ヒュウゴ 役• (2017年11月25日 - 2018年1月27日、NHK)• (2017年2月10日、日本テレビ) - 役• (2017年2月19日 - 3月12日、WOWOW)• (2017年6月17日 - 7月15日、WOWOW) - 役• (2018年1月7日 - 12月16日、NHK) - 役• (2020年1月19日 - 3月22日、TBS)- 佐野文吾 役 映画 [ ]• (2007年12月1日公開、) - 関口信吾 役• (2009年10月10日公開、東宝) - 黒服 役• (2009年10月31日公開、)• (2010年7月17日公開、) - 後藤和生 役• (2010年11月13日公開、) - 貴島大翔 役• (2011年4月29日公開、東宝) - 羽田健介 役• (2012年3月24日公開、) - 海路 役• (2013年3月20日公開、監督、東宝映像事業部) - 山崎 役• (2016年5月14日公開、東映)• (2013年8月24日公開、東宝) - 中西竜 役• (2014年1月11日公開、) - 松永 役• (2014年8月16日公開、松竹) - 玉見トオル 役• (2014年8月30日公開、日活) - メラ 役• (2015年2月28日公開、アスミック・エース) - ユリの婚約者 役(声のみの出演)• (2015年2月28日公開、) - 中村 役• (2015年3月14日公開、東宝) - 田上太郎 役• (2015年6月6日公開、東宝) - カンサイ 役• (2015年6月13日公開、東宝) - 井上泰之 役• (2015年10月31日公開、東宝) - 剛田猛男 役• (2016年1月16日公開、松竹) - 蕎麦屋の出前 役• (2016年10月15日公開、松竹) - 宮本篤 役• (2016年12月10日公開、東宝) - 武知甲太郎 役• (2017年7月1日公開、東宝) - 下山平兵衛 役• (2018年6月8日公開、東宝) - 柳伸二 役• (2019年11月8日公開、日活)- 稲村大樹 役• (2020年5月22日公開予定だったが、の影響で延期。 公開日は未定。 (2016年8月6日公開、東宝) - イッパイアッテナ 役 ラジオ [ ]• 第1話、3話(2010年、)• 短編集『』から「」(2014年8月30日、) - リーディング• (2016年10月1日 - ) - パーソナリティー CM・広告 [ ]• ボーイ(2006年)• 4(2007年)• 『』(2010年)• 『』(2015年3月 - )• 『』(2015年4月 - )• 『』(2015年11月 - )• 『 アプリ』(2016年3月)• 『』「山」篇、「滝」篇、「湖」篇(2016年4月 - )• 『』「出張帰り」篇、「お待たせ」篇、「おいしい日本」篇(2017年9月 - )• 東京2020「登場」篇、「車椅子バスケ活動」篇(2016年7月29日 - ) - イメージキャラクター• 『』「半径30cmのハピネス」篇、「恋人の30cm」篇、「再会する香り」篇(2016年8月18日 - )• 『』「集中シャンプー」篇、WEBムービー「快適な地肌で1日中キマる! 」篇 (2017年9月 - )• (2016年10月 - 2018年9月) - イメージモデル• 『特から』「特から先生、登壇! 」篇、「特から先生、歌う! 」篇(2017年3月10日 - )• 『』「登場」篇(2017年3月25日 - )• 『焼おにぎり10個入』「ドンドンいける」篇(2017年9月11日 - )• 『Series9』「脳が体を操る」篇(2017年10月 - ) 舞台 [ ]• (2008年12月10日、) - アンディ 役• (2010年8月7日 - 2010年8月15日、赤坂レッドシアター) - 葛葉涼 役• (2012年3月、 、天王洲 銀河劇場、他) - 村井栄治 役• (2012年5月、天王洲 銀河劇場) - 浩介 役• (2013年2月、天王洲 銀河劇場、他) - デイヴィッド・ウィルズ中尉 役• (2013年4月、 、 、天王洲 銀河劇場、他) - 村井栄治 役• (2016年3月4日 - 17日、) - 役• (2006年4月 - 6月、)• 女神のイタズラ 〜キミになったボク〜(2011年3月 - NTTドコモ )• (2017年2月10日 -3月3日、) - 役 ドキュメンタリー [ ]• 奇跡の絶景 麗峰富士(2014年9月21日、) - 語り• (2014年12月7日、)• 知られざるアフリカの夜〜体感! 鈴木亮平が見た野生の大地〜(2015年5月4日、NHK総合) - ナビゲーター• 「鈴木亮平"世界ミステリー遺産"に挑む! 〜縦断・7日間の大冒険〜」(2015年7月18日・7月25日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター• ザ・プレミアム「鈴木亮平"世界ミステリー遺産"に挑む! 〜縦断4800km! 7日間の大冒険〜」(2016年4月2日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター• すっぴんアスリート(2018年10月6日 - 、TBS) - 番組ナビゲーター その他 [ ]• (2016年4月 - 2017年3月、) -• (2017年12月31日、NHK) - ゲスト審査員 書籍 [ ]• 「鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat. 「FIRST PHOTO BOOK 鼓動」(2014年9月12日、、) 雑誌連載 [ ]• 鈴木亮平『行った気になる世界遺産』(+act. mini(プラスアクトミニ)2014年Vol. 25 - 2015年Vol. (プラスアクト)2015年12月号 - 、)• 第2回 ベストアクション男優部門 優秀賞『』• 第43回 - 芸能部門、クールウール賞• 第39回 新人賞• 第85回 助演男優賞『』(2015年)• 助演男優賞『天皇の料理番』『』• 第24回『天皇の料理番』 出典 [ ] []• 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 2015年1月5日. 2018年1月17日閲覧。 2012年12月24日, at the. 株式会社ホリプロ、2006年11月14日• 株式会社ウィル・ドゥ• 『 2012年7月7日, at 』 - 「1万人の第九」第29回公演に伴って開設された『 2011年12月12日, at the. 』内に特設• ORICON STYLE 2013年09月18日• CINRA. NET 2015年7月13日. 2015年7月13日閲覧。 2015年7月31日. 2015年7月31日閲覧。 ORICON STYLE 2016年11月2日. 2016年11月5日閲覧。 東京ウォーカー2013年04月04日• 2015年6月25日, at the. TBSホット情報 2015年4月13日• com 2015年5月26日• RBB TODAY. 2019年12月30日閲覧。 2015年6月2日• 『大相撲中継』2018年2月17日号 p. 12-15• 2014年12月5日. 2014年12月5日閲覧。 2015年8月5日. 2014年12月24日閲覧。 ORICON STYLE 2016年3月18日. 2016年3月18日閲覧。 modelpress. 2016年10月10日. 2016年10月11日閲覧。 ORICON STYLE 2016年12月3日. 2016年12月3日閲覧。 NHKドラマ. 2016年4月8日. 2016年4月9日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年3月15日. 2017年3月15日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 Inc, Natasha. コミックナタリー. 2019年11月6日閲覧。 com 2015年1月5日. 2015年1月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年5月18日. 2016年5月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年11月28日. 2015年11月28日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月22日. 2016年8月22日閲覧。 映画ナタリー. 2017年12月4日. 2017年12月4日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年3月29日閲覧。 com. 2020年4月7日. 2020年5月22日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月11日. 2019年2月12日閲覧。 navicon. 2015年3月25日. 2015年3月28日閲覧。 ナリナリドットコム 2016年3月1日. 2016年3月1日閲覧。 KIRIN. 2017年9月4日. 2017年9月5日閲覧。 KADOKAWA 2016年7月23日. 2016年7月23日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年3月9日. 2017年3月9日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月30日. 2015年9月30日閲覧。 ステージナタリー. 2017年5月31日. 2017年5月31日閲覧。 ステージナタリー. 2019年1月30日. 2019年5月27日閲覧。 、2014年9月13日閲覧• 2015年5月1日, at the. 、2015年5月1日閲覧• cinemacafe. net 2016年4月2日. 2016年4月4日閲覧。 THE PAGE. ワードリーフ株式会社 2015年11月10日. 2016年4月7日閲覧。 ニュースウォーカー KADOKAWA. 2017年8月9日. 2017年9月26日閲覧。 2014年11月28日. 2014年11月28日閲覧。 モデルプレス. 2015年2月5日. 2015年2月8日閲覧。 「」『週刊関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、 2015年8月12日閲覧。 ORICON STYLE 2015年10月21日. 2015年10月21日閲覧。 PRワイヤー. GQ JAPAN 2015年11月19日. 2015年11月20日閲覧。 ORICON STYLE 2016年4月1日. 2016年4月1日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の