超速 グランプリ 通信 エラー。 2月末より一部のAndroid端末でGogoleサーバとの同期エラーが発生

ミニ四駆 超速グランプリ

超速 グランプリ 通信 エラー

グラブル(というよりはWi-Fi関係かも?)で質問です。 こう言ったことの知識に疎いので質問です。 直近で家庭用のWi-Fiルーターを設置したので、Wi-Fi使用でスマホのグラブルのアプリをやってみました。 ところがわりと頻発してネットワークエラー表示が出て、結局はWi-Fiを使わないで遊ぶほうが良いという感じです。 スマホのアプリのキャッシュをクリアしたり、スマホ自体の再起動したり、古いのから今までで同じ事が無いかネット検索しての対処はしたつもりですけど、全く改善してません。 先に書いた通り、ネット関連は疎くて事実上お手上げです。 他で比較などはしてません。 グラブルのアプリもバージョンは最新。 契約はドコモ光。 DTIと言うところ。 ルーターはelecomのWRC-1167GST2。 主さんのスマホのスペックはお世辞にも良いとは言えません。 ですがWi-Fiを使わずにプレイしてネットワークエラーが出ないのであればWi-Fi側に問題があるでしょう。 私が思いつくのは 1. グラブル起動時に裏で他のアプリが起動している スペックがあまり良くないので複数アプリが起動していれば落ちます 2. 家の2階でプレイしている、電子レンジを使用している 単純に電波が届きにくい所でプレイするとエラー落ちします。 又電子レンジを使うと電波が混同して落ちます。 このサイトでインターネットの速度を測定して ダウンロード時のMbps、pingの2つ教えてもらいたいです。 モデム自体に問題がある。 モデムが悪いと良いルーターを使っても意味がありません 長年使っていて動作不良が起きたり、ブレーカーが落ちて不具合が起こる(私は一度あります) 一度モデムに表示されてるランプを説明書と照らし合わせて確認して見てください.

次の

通信エラーが多発する現象について

超速 グランプリ 通信 エラー

概要 超速グランプリ Ver. 2のパーツ改造・強化処理にはバグがあり、ゲーム画面に表示されるステータスは実際の値より最大1割程度過大になっている。 同じような改造を重ねることで上乗せされるはずの強化値が反映されていないようだ。 前書き バンダイナムコエンターテインメントが提供するスマートフォン向けゲーム『』(以下、超速GP)が、かつてない程に炎上している。 未改造・未強化は差異なし まずは正常系のデータから見ていこう。 パーツを付け外しして検証した結果、未改造・未強化の場合にはステータスが一致することが分かったため、全てのパーツが未改造のマグナムセイバーを用意した。 マシンセッティング画面を開いたり、パーツを付け替えたり、マシン診断の結果を表示する度に、サーバからは次のようなJSONデータが送信されてくる。 改造・強化済みは差異あり 続いて、このマグナムセイバーにスピード全振り改造・Lv. 49強化済みのレブチューンモーターを装備する。 このとき、サーバからは次のようなJSONデータが送信されてくる。 48…」となるはずが、それよりも1割程少ない「30784. 80…」に留まっている。 数字の辻褄を考えると、マシン診断で表示される最高速度は、サーバから送られてくる方のスピードに基づいているようだ。 これが巷で「スピードを上げていくと最高速度がリニアに伸びなくなる」と言われていた現象の正体である。 この例ではスピードのみを比較したが、パワーやローラー安定など他のステータス項目でも同様の現象は発生し得る。 なお、節電などのスキル値はサーバー側から送られて来ないため確認が難しいが、エアロDFを上昇させた際の最高速度の変化でそれらしき現象を確認できた。 マシン診断の詳細パラメータでは小数点第2位までしか表示されないのでDF値の微量な影響を観測することは通常難しいが、マシン診断の際にサーバから送信されてくる生の値は10桁以上あるため、通信解析により僅差の検証が可能となる。 000」しか加算されていなかった。 000」しか加算されていなかった。 続いて第1スロットの強化 Lv. 480」しか加算されていなかった。 これらのことから、差異は改造・強化の際に発生していることが分かった。 改造・強化の計算式 ここで、改造・強化の計算式をおさらいしておこう。 15%xLv 引用文では「元の速度-1スロ改造... 」となっているが、これは書き間違い(軽量化における重さ〇などの減算系改造の計算式)で、冷却ブレークインにおけるスピード〇のような加算系改造の場合は「元の速度+1スロ改造... 」となる。 この「元の速度+1スロ改造... 」という部分がキモで、上方スロットの強化量に応じて、下方のスロットに強化値が「 上乗せ」される。 ただし、上乗せされるのは同じステータスに対する強化量に限られる。 例えば、上方スロットでスピード強化改造を実施し、下方スロットでパワー強化改造を実施しても、互いに強化値が上乗せされることはない。 このため「どのスロットを先に改造・強化するか」ではなく「どのスロット位置にどんな改造を実施するか」で最終ステータスが変わってくる。 最終的に同じ改造内容・改造結果・強化Lv. であっても、上方スロットで強化量の大きい改造を実施した方が僅かに上乗せが大きく、上方スロットの再改造を優先すべきと考えられてきた。 このことは有志の開発したでも確認できる。 しかし、通信解析の結果によれば、この上乗せはクライアント側でのみ行われており、 サーバ側ではスロット位置を問わず同じ強化量になっていると推測される。 8%=83. 64704 ……Lv. 1への強化分 83. 8%=83. 480 ……Lv. 1への強化分 83. 000」の加算になっていると推測される。 最初の差分は微量だが、同じステータスに対する改造・強化を重ねることで強化値が何重にも上乗せされていく仕組みのため、モーターのような強化量の大きい改造においては最終的な差分がステータスの1割程に達する。 どちらの値が正しいのか ゲームサーバとの通信を見ていると、チート防止のためゲームクライアントからはステータス送信を行っておらず、全てのレース処理はサーバ側で行われていることや、マシン診断の詳細パラメータがサーバ側のステータスに比例していること、コースレコードと辻褄が合うのはサーバ側のステータスであることから、現状は サーバ側の値で処理していると考えられる。 ただし、どちらが本来意図した仕様なのかは不明である。 強化値の上乗せ分は改造スロットの位置と強化Lv. からサーバ側でも決定的に導出できるので、シード値を使わず疑似的なランダム性を演出するために意図して実装された機能のようにも見える。 一方で、改造スロットの位置という何の意味もないところでステータスに差が付くのは、レースゲームの仕様としておかしい。 サーバ負荷軽減のために上乗せ処理をあえて停止している可能性もあるが、後になってサーバ側で上乗せ処理を有効化すると、ゲームバランスが崩れることになるのは容易に想像できる。 上乗せの仕様を捨ててクライアント側の水増し表示を止める方が楽ではあるが、そもそも減算系強化無効バグの修正でゲームバランスの見直しが必要であることを考えると、同じタイミングで一緒に修正するのかもしれない。 「私が何で怒ってるかわかる?」 マシン診断の際にサーバーから送られてくるステータスを表示せず、あえてクライアント側で算出したステータスを表示していることから、開発者はとうにこの問題に気付いている可能性が高い。 急にマシンの速度が変わったという話も聞かないので、リリース時からずっと抱えている問題なのだろう。 全体のゲームバランスに影響する致命的なバグ自体は他のゲームでも稀によくある話だが、その時にプレイヤーに見離されないか否かは運営の情報公開の姿勢に懸かっている。 私は見離すことにしたので通信解析の結果を公言しているが、こうした行為は利用規約のリバースエンジニアリング禁止条項に抵触するおそれがある。 BANされても文句は言えないので、実行する際は自己責任で。 YouTuberは検証動画の広告収入で稼げるので炎上する程に得をするのかもしれないが、無報酬で動く人間は検証に時間とスキルとゲーム内アイテムを費やす程に損をする。 ホビーゲームの開発・運営において小学生マインドは大切かもしれないが、バレたら怒られるので決定的な証拠を突き付けられるまでシラを切るという小学生マインドは止めていただきたい。

次の

ミニ四駆 超速グランプリ

超速 グランプリ 通信 エラー

ミニ四駆 超速グランプリで「この名前は使用出来ません」となる詳細 ユーザー名が10文字以上になっている 「ミニ四駆 超速グランプリ」のレーサーネームは10文字以内という規定があります。 半角でも全角でも10文字以内です。 10文字以上の文字数のネームを登録することはできなくなっています。 不適切な名前を使用している レーサーネームはゲーム内で公開されます。 不適切な発言を含む名前は使用することができません。 自身が意図せずとも、不適切な発言が名前に入ってしまうということはよくあります。 エラーが発生した場合は、もう一度名前を確認してみましょう。 メールアドレスに関連するワードが入っている レーサーネームは不特定多数の人が確認できるため、個人情報につながるワードも入力できません。 SoftbankやDoCoMo、auといったキャリアの名前も入力できませんし マークも使用できません。 また、数字だけの名前も電話番号を予測できてしまうため、入力ができません。 通信環境が安定していない 通信環境が安定していないことで、名前の入力ができずにエラーが発生することもあります。 他にも、サーバーが原因で通信環境が安定しないこともあります。 しばらく置いてから名前を変更する、通信環境をリセットするなどの処置を行ってから、もう一度名前を変更してみましょう。 ミニ四駆 超速グランプリで「この名前は使用出来ません」となる対処法 10文字以内に設定する レーサーネームは10文字以内であることが条件です。 名前に設定したい名前を10文字以内に決めてから「OK」をタップしましょう。 不適切な名前が入っていないか確認する 意図せずとも不適切な名前が入ってしまう事はあります。 発言すると問題のない言葉でも、入力すると不適切なコンテンツになっていることがあります。 個人情報やメールアドレスにつながるワードになっている可能性もあるので、もう一度名前を確認してみましょう。 通信環境を改善する• ルーター・アプリ・端末の再起動• 端末回線で接続する• Wi-Fiのチャンネルを切り替える• Wi-Fiのケーブルが抜けていないか確認する• ルーター・アプリ・端末を再起動させて、通信環境が改善されるか試してみましょう。 また、LANケーブルのさし間違いや抜けについても確認しておきましょう。 画面下部及び、右上からコントロールセンターを呼び出し、飛行機マークをタップしましょう。 オレンジ色になったら、10秒ほど放置して、もう一度飛行機マークをタップし、通信環境が改善するか確認して下さい。 運営に問い合わせる 入力している名前に問題が無いのに「この名前は使用出来ません」と表示される場合は運営に問い合わせてみましょう。 問い合わせは、ホーム画面右上の「MENU」から行えます。 「オプション」をタップします。 「お問い合わせ」をタップします。 ブラウザが開かれるので、下部にスクロールし「お問い合わせ」をタップしましょう。 「お問い合わせフォームへ」をタップします。 フォームに沿って内容を入力し「確認」をタップします。 内容に問題が無ければ「送信」をタップし、問い合わせを行いましょう。 返信には時間がかかる場合があるので、気長にまつことをおすすめします。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の