バッフル 自作。 スピーカーエンクロージャ:平面バッフル型スピーカー

【ZX

バッフル 自作

MDFの唯一の弱点は、 水に弱いことです。 しかし、塗装するなどして防水対策をすれば、そこまで心配する必要はありません。 固い素材だと音質は良いのですが… 加工が大変で心が折れそうになります… そう考えると、やっぱりMDFは良いですね。 ホームセンターでも簡単に入手できる。 コスパ高い。 MDFは、ホームセンターでも簡単に入手できます。 価格も安いので、加工に失敗しても、気軽にやり直しできます。 ただ、ホームセンターで入手する場合、 【素材にバラツキがあるのでオススメできない】という情報もあります。 まぁ… そこまで気にしなくも良いですね。 私の場合は。 どうせ違いが分からないから… まとめ。 音質も大事だけど、加工のしやすさも大事 どうしても音質に こだわりたいなら、プロショップにお願いした方が良いでしょう。 自分でインナーバッフルをDIYカスタムして楽しみたいなら、 MDF一択ですね。 自作が楽しくなります。 それに、別にMDFが音質悪いわけじゃないんですよ。 純正のプラスチック 樹脂? の素材に比べれば、はるかに良いです。 まだ自作をしたことない人は、ぜひチャレンジしてみてください。 楽しいです から。

次の

DIY で アウターバッフルは作れる! 素人が1人で作った全記録

バッフル 自作

スピーカーバッフルボード なぜインナーバッフルが必要なのか? 純正スピーカーはスピーカーとバッフルが一体化してるものがほとんどです。 その為、純正スピーカーを外すとバッフルも外すことになります。 バッフルが無い状態でスピーカーを付けようとすると、 スピーカーの振動が鉄板に伝わりビビり音など出るのはもちろんスピーカー事態がしっかり動かなくなる原因になります。 また、元々スピーカー取り付けの為に空いている穴はサイズが大きく開けられている為、隙間ができてしまいます。 そこで、インナーバッフルを使うスピーカーサイズ、取り付ける車に合わせて制作すると隙間なく取り付けができます。 (メーカーにより同じ16.5cmスピーカーでも寸法が異なります。 ) そしてインナーバッフルを使用してスピーカーをしっかり固定することにより、スピーカー駆動がスムーズになり鉄板に振動も伝わりにくくなります。 結果、スピーカー性能を発揮できるようになります。 バッフルの素材 バッフルに使用する素材によって音が変わります。 スピーカーを取り付ける土台でもあるバッフルボードです木材の硬さや響きによりスピーカーから奏でる音質が変わります。 市販品では金属などの素材を使ったバッフルも存在しますが サウンドクオリティーでは響きを大切にるるため木材をおススメしております。 また木材を使用したバッフルは素材により耐久性が変わってきます。 サウンドクオリティーで基本使用する木材は4種類です。 (通常在庫) 木材 ラワン合板 MDFボード ロシアホワイトバーチ 合板 北海道 樺桜合板 質 一般的な合板。 表面の見栄えが良くない。 木の粉を固めた加工板 カーオーディオでは代表的木材 比重が重く高級ホーム オーディオで良く使われる バーチよりさらに硬く 比重が重い 音 フラットに安定感ある。 多少、低域に重心が下がる。 響きがない。 逆に変な響きもなくドライ。 良質な響きがあり低域の 伸びがでる。 厚みが増す。 高解像度で特に高域の響きが 美しい。 明るい音。 加工 切断しづらく、加工しにくい とにかく加工しやすい 切断しづらく、加工しにくい とにかく硬く、加工しにくい 耐久性 3年~5年 2年~3年 5年~10年 5年~10年 値段 1枚¥5,000- 1枚¥5,000- 1枚¥8,000- 1枚 10,000- SPPAC オプション スピーカーパッケージ 標準 スピーカーパッケージ 標準 スピーカーパッケージ インナーバッフル オプション価格 差額 フロント左右¥5,980- (1枚¥2,990-) スピーカーパッケージ インナーバッフル オプション価格 差額 フロント左右¥9,980-- (1枚¥4,990-) 上記の内容は目安です。 詳しくはお問い合わせください。 MDFボード製インナーバッフル ロシアホワイトバーチ製インナーバッフル アウターバッフル スピーカーをインナーバッフルにしっかり固定して取り付ける事によって音質改善効果が望めますが、 さらに求める方にはアウターバッフル化をおススメします。 何より音がダイレクトにリスナーに届くという理想的なスピーカーの設置方法です。 車種により構造やデザインや大きさや形が異なります。 通常使用木材はラワン合板もしくはMDFボードになります。 ロシアホワイトバーチ 合板使用 北海道 樺桜合板使用 追加料金 ¥12,800-(左右) 追加料金 ¥19,800- 上記価格は参考価格 税抜 です。 スピーカーの種類、サイズ、取り付ける車種やデザイン、仕上げ方法により変わりますので詳しくはお問い合わせください。 上記税別価格).

次の

DIY で アウターバッフルは作れる! 素人が1人で作った全記録

バッフル 自作

スピーカーバッフル自作の手順• 切断用の下書き• MDFの切り出し• MDFのビス止め• 穴あけ• ザグリ加工 切断用の下書き まず始めに作成したいスピーカーバッフルのカタチを下書きしていきます。 下書きはえんぴつやシャーペンがおすすめです。 間違えた時に消さないとちょっぴり不便です。 下書きは1つ書けばOKです。 切断時に2枚まとめて切断するためです。 MDFの切り出し 下書きが終わったら次にMDFボードを必要な分切り出します。 作ろうとしているスピーカーバッフルより全周2センチほど大きければ充分です。 MDFボードをカットして同じサイズの切り出しを2枚用意します。 この時2枚のサイズはざっくりで大丈夫です。 電動ジグソーは初心者の方でも扱いやすいです。 結構思い通りにスイスイ切れますよ〜! MDFのビス止め 切り出したMDFボードを2枚重ねて切断するため、ビス止めにて2枚を固定していきます。 まず取り付け穴位置にビス止めを行います。 次に内側のくり抜く部分にも3箇所ほどビス止めを行っていきます。 内側もしっかりビス止めしておかないと、カットする際に作業しづらいです。 ビス止め後はしっかり2枚のMDFボードがしっかり密着しているかを確認しましょう! MDFボードが浮いていると綺麗に切断出来ません… 切断用の穴あけ 外側の切断はそのままでカットする事が出来ますが、内側のくり抜きはそのままでは作業が出来ません。 電動ジグソーの入る穴を開けて、そこから切り出せるようにしてあげましょう。 ジグソーのスタート位置ですので、穴を開ける場所はどこでも大丈夫です。 ただ、あまり切断部分との距離が近すぎると切断時に作業しづらいので少し離れた位置に穴を開けておくと綺麗に切断しやすくなります。 穴あけ 穴あけは2枚のMDFボードを固定していたビスを外して順番に穴を開けていきます。 3つある穴のうち2つの穴あけはビス止めが1本残るので何もせずに2枚同じ場所に穴あけが可能ですが、最後の1本はもうビスがありませんのでズレてしまいます。 そこで最後の穴あけは、万力を使って2枚のMDFボードを固定し、穴をあけてやりました。 万力等で固定する際は当て木を行いましょう。 やらないと割れたり、凹んだりしてしまいます… ザグリ加工 ザグリ加工はボルトの逃げを作るものです。 これをやらないとスピーカーとボルトが干渉してしまうため、取り付けが出来ません。 ザグリ加工はこちらを使いました。 M6のボルトで固定するので11ミリでも良かったのですがワッシャーを入れたかったので15ミリにしました。

次の