エヴァ アスカ 死亡。 なぜ、シンジはアスカの首を絞めたのか?【エヴァンゲリオンFANさいと】

宮村優子 (声優)

エヴァ アスカ 死亡

人類補完計画とは、 みんなでLCL エントリープラグ内の赤い水 になって、 みんなで一つになって新たな生命へと進化しようぜー、っていう計画です。 ゲンドウはこれにより、妻である碇ユイとの再会を果たしたかったものと思われます。 TV版ではシンジの心情を描いて、生き方について、ひとつの結論を見出しました。 旧劇場版では、 TV版の裏側 つまり現実で起こっていたこと を描いています。 まず、旧劇場版では、ゼーレが戦略自衛隊に「ネルフがエヴァ使って地球侵略しようとしてるぜ」とか言って、ネルフを攻めます。 ネルフは人に対しての対抗策を持っていないので、ほぼ全滅状態まで追い込まれます。 そこでアスカが2号機に乗って自衛隊一掃するも、 ゼーレが7体の量産型エヴァを投下してきます。 2号機がバッテリー切れで、 量産型に捕食されてアスカ死亡。 それを見たシンジが切れる。 なんか量産型が儀式始めて、初号機とともに宇宙へ。 シンジ何もできず、めっちゃ焦る。 その頃本部でゲンドウは綾波とひとつになろうとするも、 裏切られ、綾波はリリスと融合。 巨大化した綾波がシンジの 前へ。 綾波はみんなで一つになれば楽になれるぜみたいなことを言う。 シンジ、争ってもいいから、これまで通りがいい。 アスカ、あんたと一緒の世界なんて死んでもヤダ。 この2人が拒否したので人類補完ならず。 シンジとアスカだけが生き残る。 END ザックリ言うとこんな感じです。 TV版は20話辺りから製作スケジュールが破綻して予定されていた最終回は出来ず、自己啓発のような意味不明な最終回です。 意味不明でしょうが、本当にそんなのです。 旧劇場版はサートインパクト は発動され人類補完計画の一部が実行されますが、シンジが全ての命の同化による安心より、争う事があっても他人との関わりのある世界を望み、新たな世界に再生されました。 そして、再生した世界で再会したアスカが意識をとりもどさないので彼女を殺して自分も死のう 多分 と首を絞めていたら意識取り戻したアスカに「気持ち悪い」と罵られて、終わりです。 頭おかしい文ですがこんな感じです。 人類補完計画はとりあえず、バラバラな事で不安や争いが起きる人類を一つの存在に同化させる事で永遠の安心を得ようとしたものです。 心の補完という事らしいです。 ゼーレやゲンドウの計画がごちゃ混ぜになってたので間違っているかもしれません。

次の

エヴァンゲリオンマリは死亡した?メガネの真希波マリの機体はどれ?

エヴァ アスカ 死亡

アスカは生き返ったというよりも復活したという言葉の方が正しいでしょうか。 その理由は新劇場版エヴァンゲリヲン破で壊れて部品を並べられているエントリープラグが映ったあとのシーンでアスカは救命BOXみたいなものに赤い部屋で入れられていました。 赤城博士とマヤが話すシーンです。 その時の会話は詳しくは忘れてしまいましたが マヤ「神経汚染だか身体汚染の確認はできませんでした。 」 マヤ「処分なんてことはないですよね」 赤城「ありえない。 貴重な資料だから」 的な会話がありました。 また救命BOXの呼吸器も動いてたように見えたのでアスカは死んではなかったと思います。 眼帯の理由はわかりません。 使途の感染汚染のせいなのか空白の14年間の間にできた出来事なのかすらわかりません。 ただ今回の新劇場版エヴァンゲリヲンQでは他にもたくさんの謎があったように思います。 その中で色々な意見がネット上にもありますが自分の「なるほど。 」と思ったものを貼らせていただきます。 よかったら下を文も参考にして見てください。 劇中では語られませんがシンジが前回最後に倒した使徒は第10使徒であり、マークシックスに寄生していた使徒が最後の第12使徒と呼ばれていたためです この2体の使徒はカヲルとマークシックスが倒したのでしょう。 ただ最後の第12使徒は「自立型」に改造されたマークシックスが単独で倒した(実際には倒してないけど)はずです。 その後14年間セントラルドグマが誰も立ち入れなくなったとカヲルが言っていたので。 ちなみにこの時シンジとレイのサルベージ計画が同時進行していたはずです。 さらにマリのバックにいた組織(これが恐らくwille)がネルフに不審を抱いていたミサト達旧ネルフメンバーに接触し、時期はわかりませんがネルフの人員やエヴァ初号機ならびに2号機を取り込み、ここにネルフ(ゲンドウ)&ゼーレVS wille&旧ネルフメンバーの構図になったと予想できます。 アスカがマリを「コネ眼鏡」と呼んでいたのはその為でしょう。 ちなみにwilleが初号機を強奪した時には既にシンジはサルベージされゲンドウ、もしくはゼーレの指示でwilleに奪われないように宇宙に隔離されていたはずです。 これは冒頭にアスカがシンジの入っていた十字架のカプセルを「奪還した」と言っていたためで、アスカが戦った「使徒モドキ」はシンジを守るためにゼーレが配置した人工使徒(ネームレス)でしょう、パターン青と出ていたので。 そして、おそらくwilleを発足した上位人員は過去ゼーレに深く関わっていたはずです。 理由はwilleという組織の目的は人類保管計画(フォースインパクト)を阻止することであり、そもそも人類保管計画は極秘事項であり、ゼーレでもそれを知る人間はごく限られていたはずだからです。 従って、過去ゼーレの上層部に所属しながら、人類保管計画をよしとしない人間がゼーレから離反し、立ち上げたのが「反ゼーレ」とでも呼ぶべき「wille」という組織だと予想できます。 そして14年の長きに渡りこの2つの組織は抗争を続け、再び大きく物語が動きはじめるキッカケとなったのが映画序盤の「シンジ奪還作戦」というわけですね。 マークナインと13号機 恐らくセカンドインパクトの時ミサトが見た4体の光の巨人の生き残りなんですかね マリも13号機をアダムスの生き残り、マークナインをアダムスの器と言っていたので 2号機と8号機はいまだに電気で動いているのに、この2体は活動限界がないようなので、やはり特別な存在なのでしょう(s2機関がある?) しかもマリの反応を見るとどうやら13号機はATフィールドがないらしい。 アスカの眼帯 単なる負傷と言うのはうそ臭い気が モード反転時など眼帯の下が青く発光していたし 穿った見方しすぎかもしれませんが カシウスの槍とロンギヌスの槍 カヲルの言い分では2本で1対らしい 前回最後にカヲルが初号機に刺してサードインパクトを止めたのがカシウスの槍だと予想 インパクトを起こすための鍵であり、制御装置 カヲルはセントラルドグマに2本ともあると思っていた しかしそこにあったのは2本ともロンギヌスの槍(1本はコピー?) 恐らくマークシックスが第12使徒と戦い、封印する時にすでにすり替えてあり、カヲルは14年間だまされていたのだろう では本物はどこに? 以上です。 長くなりすいません。

次の

エヴァンゲリオンの豪華アニメ声優一覧!変更・死去された人は?

エヴァ アスカ 死亡

人類補完計画とは、 みんなでLCL エントリープラグ内の赤い水 になって、 みんなで一つになって新たな生命へと進化しようぜー、っていう計画です。 ゲンドウはこれにより、妻である碇ユイとの再会を果たしたかったものと思われます。 TV版ではシンジの心情を描いて、生き方について、ひとつの結論を見出しました。 旧劇場版では、 TV版の裏側 つまり現実で起こっていたこと を描いています。 まず、旧劇場版では、ゼーレが戦略自衛隊に「ネルフがエヴァ使って地球侵略しようとしてるぜ」とか言って、ネルフを攻めます。 ネルフは人に対しての対抗策を持っていないので、ほぼ全滅状態まで追い込まれます。 そこでアスカが2号機に乗って自衛隊一掃するも、 ゼーレが7体の量産型エヴァを投下してきます。 2号機がバッテリー切れで、 量産型に捕食されてアスカ死亡。 それを見たシンジが切れる。 なんか量産型が儀式始めて、初号機とともに宇宙へ。 シンジ何もできず、めっちゃ焦る。 その頃本部でゲンドウは綾波とひとつになろうとするも、 裏切られ、綾波はリリスと融合。 巨大化した綾波がシンジの 前へ。 綾波はみんなで一つになれば楽になれるぜみたいなことを言う。 シンジ、争ってもいいから、これまで通りがいい。 アスカ、あんたと一緒の世界なんて死んでもヤダ。 この2人が拒否したので人類補完ならず。 シンジとアスカだけが生き残る。 END ザックリ言うとこんな感じです。 TV版は20話辺りから製作スケジュールが破綻して予定されていた最終回は出来ず、自己啓発のような意味不明な最終回です。 意味不明でしょうが、本当にそんなのです。 旧劇場版はサートインパクト は発動され人類補完計画の一部が実行されますが、シンジが全ての命の同化による安心より、争う事があっても他人との関わりのある世界を望み、新たな世界に再生されました。 そして、再生した世界で再会したアスカが意識をとりもどさないので彼女を殺して自分も死のう 多分 と首を絞めていたら意識取り戻したアスカに「気持ち悪い」と罵られて、終わりです。 頭おかしい文ですがこんな感じです。 人類補完計画はとりあえず、バラバラな事で不安や争いが起きる人類を一つの存在に同化させる事で永遠の安心を得ようとしたものです。 心の補完という事らしいです。 ゼーレやゲンドウの計画がごちゃ混ぜになってたので間違っているかもしれません。

次の