時節柄。 「時節柄」の意味と使い方・例文・読み方・挨拶の方法・類語

「時節柄・時節・時節の候」の意味と使い方・季節別の時節の挨拶

時節柄

「末筆ながら」の意味 「末筆ながら」は 「まっぴつながら」と読みます。 「末筆」は、 手紙やメールの結びの言葉として使われる言葉の一つです。 「末」は「月末」や「歳末」といった言葉があるように、「最後」という意味で、「筆」は「書くこと」「書いた文章」といった意味があります。 つまり「末筆」は「最後になりますが」という意味になるので、「末筆ながら」は 「これで手紙を書き終えますが」「これで筆を置きますが」といった意味になります。 最初に言わなくてははいけない建前の言葉を、本文のあとに書くので「末筆ではございますが」になります。 「末筆ながら」は、「気遣いの挨拶を最後に述べてしまい申し訳ありません」という意味で、用件を全て述べた後、相手を気遣う挨拶を入れる際に使います。 いきなり相手を気遣う挨拶を書いてしまうと不自然になってしまうので、「末筆ながら」を入れることで自然な印象を与えます。 例えば、本のあとがきでも「末筆ながら、出版に際してご尽力いただいた皆様には大変お世話になりました」と書いてあることがありますね。 このことからも「末筆ながら」は、お世話になった人に感謝を表す際によく使われる言葉です。 「末筆ながら」は、手紙の内容や季節に関係なく使用できる便利な言葉になります。 「末筆ながら」の使い方と例文 一般的には手紙文の文末に添える 「末筆」は締めの言葉なので、文の最後に使われるのが一般的で、文頭で使うことは少ないです。 「末筆ながら」は手紙の結びでの書き出しの言葉として、末文に使う言葉になります。 「末筆ながら」は、特に目上の相手に対して形式のある文章を書く場合に、日頃の挨拶や相手を気遣う文を加えるのが礼儀になります。 「末筆ながら」は、手紙文で結びの言葉の書き出しとして使用するフレーズです。 結びの言葉の内容として最も一般的なのが、相手の健康や幸福を祈念する言葉です。 その他にも、相手の成功・活躍・発展などの言葉もよく書かれます。 いずれにしろ形式的な部分なので、構えて書くようなものではなく、さらりと簡潔にまとめた方がスマートです。 相手や相手の家族の健康を願う気遣いがあると、読んでいる相手に良い印象を与えることができます。 また「末筆ながら」の他に、 「末筆ではございますが」という言い方もあります。 「末筆ではございますが」の「ございます」は「ある」の丁寧語のため、「末筆ながら」よりも丁寧な表現になります。 しかし、実際は 「末筆ながら」の方が結びのフレーズとして多く使われます。 「末筆ながら」は敬語ではなく「急ですが、話を変えて締めくくりの言葉に入ります」という意味が含まれるので、 目上の相手に対しても、目下の相手に対しても使うことができるフレーズになります。 しかし「末筆ながら」は、 「追伸」の代わりに使用することもできます。 ただし、その場合は、独立した追伸文とは違って、本文とのつながりを意識して書く必要があります。 <「末筆ながら」の例文> ・末筆ながら、今回の提案を引き受けましたが、この計画は私の発案ではありませんので、どうぞお気になさらないでください。 ・末筆ながら、残暑厳しい日々が続いております。 私も夏の疲れがなかなか抜けず食欲も体重も落ちてしまいました。 それではまた近いうちにお会いしましょう。 「末筆ながら」は書き言葉になるので、話し言葉としては使いません。 「末筆ながら」の類語 「末筆ながら」以外にも様々な類語があるので、相手や場面によって上手く使い分けましょう。 この一文を入れるだけで、全体的な文章の印象は変わってきます。 追伸・PS 「追伸(ついしん)」は、 「手紙で、本文を書き終えたあとでさらに書き加える文・あとがき」のことです。 使い方としては、手紙の本文を書き終えた後、結びの言葉や結語を書き、さらに日付・自身の署名を書いた後の位置に「追伸」と記し、補足したい内容を書き足すという形で使います。 上記の通り「追伸」を用いる場合は、「手紙を書き終えた後に、書き忘れたことを付け足す」ときになります。 そのため 目上の相手に対して「追伸」を使用することは失礼だとされています。 同様の考え方から、ビジネスシーンで「追伸」を使うと相手に失礼な印象を与える可能性が高いため、手間であっても一から書き直す方が良いでしょう。 「追伸」は親しい間柄の相手に対して手紙を書く場合に用いる言葉と覚えておきましょう。 ちなみに「追伸」はアルファベットで 「PS」または「P. 」と書くことができます。 これは、「post script」の略称になります。 また、さらに追加して書くことがある場合には「post post script」の略である 「PPS」を使って表すことができます。 「追伸」と「PS」は書き忘れていたことがあった場合に、非常に便利な言葉になります。 <「追伸」の使い方> 師走の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 これからますます寒さも厳しくなってまいります。 時節柄 「時節柄(じせつがら)」の意味は、「このような時節なので・時節にふさわしいこと」です。 「時節柄」は2通りの使い方をします。 基本的に「時節柄」は、手紙の最後の挨拶として「時節柄〜」といった形で使われます。 例えば、冬に「時節柄、ご自愛ください」といった表現を使うと、「今の季節は風邪を引きやすいので、体調に気をつけてください」といった意味になります。 「時節柄」は、手紙やメールの締めの定型文として使う場合 「時節柄〜ください」といった形で使います。 「こういう季節なので〜してください」といった意味になります。 また単に「時節柄」と使う場合は、「こういった季節や社会の風潮にふさわしく」といった意味になり、少々異なったニュアンスになります。 間違わないように気をつけましょう。 「時節柄」は「末筆ながら」と同様に締めの言葉として使用するため、重複して使うことはできません。 季節を意識した文章にしたい場合は、「時節柄」を使った方が良いでしょう。 <「時節柄」の例文> ・時節柄、お風邪など召されませんようご自愛くださいませ ・時節柄ご多忙とは存じますが、ご出席賜りますようご案内申しあげます ・時節柄ご多忙と存じますが、ぜひともご出席くださいますようお待ち申し上げております ・時節柄ご健康にはくれぐれもお気をつけください ・時節柄寒さ厳しい折、どうぞお体にお気をつけてくださいませ また「末筆ながら」の他の言い方としては、 ・最後に ・最後になりましたが ・最後になってしまいましたが などがあります。

次の

間違えやすい「時節柄」の意味と使い方・例文

時節柄

「時節柄」と「季節柄」の違い• 「時節柄」・・・今現在の四季や気候、世の中の情勢、その時代の風潮を表す• 「季節柄」・・・今現在の季節を表す 「時節柄」は実際の季節から世の中の動きまで幅広く表現できますが、「季節柄」は文字通り四季のことだけと表現の範囲が限定されています。 相手の体調を気遣うような挨拶文であれば、気候の変化だけではなく、世の中の動きまでを表現できる「時節柄」がおすすめです。 「流行りの風邪」などの意味もあわせて伝えることができます。 「時節柄」の使い方と例文 「時節柄」は手紙やメール内に使う 「時節柄」は、基本的に口語的ではなく手紙やメールなど文章の中で使います。 かしこまった挨拶文なため、目上の人やビジネスシーンなどで使われることが多いのが特徴です。 「時節柄」だけで使うことはほとんどなく、相手を気遣うような一文が後に続きます。 「時節柄」は春夏秋冬に関わらず年中使える言葉 「時節柄」は、ある特定の季節や時代を指しているわけではないので1年中使えます。 もし挨拶文に季節感や時代背景を表現したい場合は、「時節柄」の前後にそのことがわかる言葉やフレーズを付け加えましょう。 季節を表す「時節柄」の使い方と例文 季節や四季の気候を表す「時節柄」を使う場合は、基本的に「このような季節なので〇〇してください」と相手を気遣うフレーズと組み合わせて使います。 「時節柄」と同じように、その時期にふさわしいこと・ちょうどその時期であることを表しています。 2つの言葉の指す時期の範囲は異なっているので、使い方・場面には注意しましょう。 「時節柄」の最適な季節や時期を表す意味合いと似ています。 「時候」には社会の情勢などの意味は含まれていません。 「折柄」は社会情勢を表すよりも、季節や時期を表すことに使われることが多いです。 「seasonable」・・・【形】時節柄の、季節にふさわしい、タイムリーな.

次の

「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!(2ページ目)

時節柄

時節柄 / 時期が時期だけにという意。 「の季節ですので」や「の折から」のように具体的な事由を挙げて書くこともあります。 見舞状で使用されることが多い慣用表現です。 時節柄ご健康には一段とご留意のほどお願い申し上げます• 時節柄、お体をご自愛ください。 これからもますますお元気で• 謹啓 時下いよいよご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、以下の通り第10回定時株主総会を開催いたじます。 時節柄ご多忙とは存じますが、ご出席賜りますようご案内申しあ げます• 時節柄、ご多忙と存じますが、ぜひともご出席くださいますようお待ち申し上げております• 時節柄、ご健康にはくれぐれもお気をつけください。 気候不順の折から、お風邪など召さぬようくれぐれもご自愛ください• 各地から桜の便りが聞かれる季節となりましたが、皆さまにお元気でお過ごしのことと存じ上げます• 歳末ご多忙の折から、どうぞ皆様お体をお大切に。 ストーブの恋しい季節となりましたが、皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと存じ上げます。 時節柄寒さ厳しい折、どうぞお体にお気をつけてくださいませ• 猛暑の折から、ご健康には一段とご留意のほどを。

次の