琵琶湖競艇ライブ。 本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

びわこ競艇特徴 有利不利 攻略法

琵琶湖競艇ライブ

概要 [ ] 施行者は(滋賀県総務部事業課)。 現在、全24場の中で唯一、施行者がである。 競走水面がにあり、スタンドからは(向正面)や・(2マーク)、・(1マーク)等と琵琶湖のほとんどを眺める事が出来る。 モーターは現在番号制となっているが、以前は各モーターに滋賀県および近郊の地名が付けられていた。 キャッチフレーズは「スイリとスリル」。 また、に競艇場外発売場「」を開設している。 沿革 [ ] びわこ競艇場が開場したのは(27年)。 全国で2番目に公認コースとしてレースが開催された競艇場である(第1号はの)。 琵琶湖国際モーターボート選手審判員養成所()が全国で初めて競艇選手養成機関が設置され、後に連合会の公認養成所となる(1956年10月に廃止)。 マスコットキャラクターは、ビワコオオナマズの「ビナちゃん」で、2013年12月4日にデザインがリニューアルされた。 からは、当競艇場とととの共同で、ファミリー層を含む新たな新規ファン獲得を目指しロボットヒーロー『』を誕生させている。 売上額の推移は最も落ち込んでいた年は181億円だった(平成17年)度であり、反対に最も好調だったのは(平成2年)の518億円。 1990年からはレジャーの多様化やファンの高齢化によって売り上げが減少していたが、ボートレース界でを用いたインターネット投票が導入されて以降は業界全体で売り上げが右肩上がりとなり、(平成30年)度は売り上げが382億円となるほか2019年現在では滋賀県の一般会計への繰入額が4億円となり県の財政に貢献する公営競技としての側面を取り戻しつつある。 施設など [ ] 予想専門紙として、「競艇ニュース」「競艇ダービー」が発売されている。 関西スポーツ5紙(・・・・)にも予想は掲載されているが、以上のレースおよび各社主催のタイトル戦を除くと、・に比べて割かれている紙面のスペースは著しく小さい。 また、販売圏が滋賀県東部に及んでいるにもびわこ競艇の予想が掲載されている。 以前よりでが同時期に開催されていたことから、の場外発売を行っていなかった。 しかし、は高松宮記念杯競輪が6月中旬に移動したことから発売した。 電光掲示板 主要開催競走 [ ] 周年記念 として、びわこ大賞が行われている。 また例年4月頃に「妃記念杯」 を開催。 企業杯 として、カップが行なわれている。 新鋭リーグ戦の名称はびわこ新人王決定戦。 女子リーグ戦の名称はびわこプリンセスカーニバル。 正月には新春滋賀県知事杯争奪戦競走、ゴールデンウィークにはマスコットキャラクターでもあるビナちゃんにちなんでビナちゃんカップ、お盆にはびわこカップが行なわれる。 更にからはプロバスケットボールの地元球団・に因んで滋賀レイクスターズカップが開催されると同時に、びわこ競艇場側も滋賀レイクスターズのオフィシャルスポンサーにもなった。 水面の特徴 [ ] 競走水面は湖で、水質は淡水である。 海抜85mと他の競艇場に比べて高い位置にあるため気圧が低く、特にモーターの出足が落ちる傾向にある。 また春先などは、雪解け水の流入による水位上昇やスタンドとは逆の沖の方向からの風、観光船から生じる波によって乗り辛くなることから、ターンで流れやすくなり内を差されるケースが多い。 出力低減モーター導入前は、1コースの勝率の低さから「全国屈指のイン受難水面」とされていた。 その一方で天候コンディションが良いときはスピード水面でもあり、2012年1月26日には地元のが3周1800メートルでの日本最速レコードとなる1分42秒2を記録した。 湖や河川敷、海水などにある競艇場では・の時間がレースの展開を左右することから、満潮・干潮の時間を掲載しているが、沿いにある当競艇場ではその表記がされていない。 琵琶湖でも理論上は潮汐現象が現れるが、観測できるほどの水面変化ではない。 SG開催実績 [ ] 年度 競走名 優勝者 出身 1957 第3回 貴田宏一 976 岡山 2003 第6回 3304 徳島 滋賀支部所属の主な選手 [ ]• (3278・京都)• (3580・京都)• (3721・京都)• (4262・京都)• (4502・滋賀) アクセス [ ]• から徒歩10分• より徒歩13分、またはで5分• から無料送迎バスで7分• ・から各15分 無料駐車場あり 脚注 [ ] []• びわこボートガイド. びわこボート. 2012年11月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 モーターボート競走場設置告示(昭和27年7月25日付け告示第239号)• 2014年10月19日, at the. 2013年12月4日 ボートレースオフィシャルWeb• 中日新聞. 2019年11月29日閲覧。 びわこボートガイド. ボートレースびわこ. 2018年8月20日閲覧。 参考文献 [ ]• 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』、2006年。 びわこボート. 2010年5月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 びわこボートガイド. びわこボート. 2012年11月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 びわこボートガイド. びわこボート. 2012年12月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 滋賀県• 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の

ボートレース琵琶湖競艇場の特徴まとめ【予想のコツや抑えるべきポイント】|競艇万舟屋

琵琶湖競艇ライブ

4002 古結宏 『テレしずサマーカップ』は7月23日(祝)から27日(月)までの5日間開催。 経験豊富なベテランからデビューしたての126期の若手まで幅広いメンバー構成です。 ダントツの優勝候補は、今年ここまでV2としている中澤和志選手。 3月の津と7月の戸田で優勝を飾っています。 現勝率も7. 35で高水準。 3連対率75. 型にはまらない柔軟な調整やレースぶりがもたらす自然体のレースに注目したいものです。 この中澤和志選手に次ぐのが、古結宏選手。 現勝率を7. 15としています。 圧巻なのはその2連対率。 中澤選手をしのぐ57. そのレースぶりは中澤選手同様、自在戦。 インの信頼度はもとより、まくりも差しもまくり差しも状況に応じて繰り出してきます。 さらに、マスターズ世代の大澤普司選手にも注目。 今年はまだ優勝こそないものの、ベテランのさばきで連に絡んできます。 特に2着が多いのが特徴。 覚えておいていいでしょう。 そのさばきの背景にあるのは、レースができることへの感謝の気持ち。 一戦入魂の精神で戦いに挑んできます。 さらに、息子の大澤風葵選手が126期でデビューしました。 現在フライング休みに入っている息子の分までやってほしいものです。 そのほか… 決して派手な印象はないものの、外連味のない競走スタイルで確実に舟券に絡む尾嶋一広選手 愛知の精鋭として期待が集まるのは、そのポテンシャルの高さゆえ。 浜名湖は一昨年11月に優勝を飾っている本多宏和選手 自然体で力みなくレースに臨み、流れの中で混戦を抜け出してくる大阪の雄・鶴本崇文選手 鶴本選手と同じ大阪支部。 堅実なレース運びでファンの期待に応える濱本優一選手と藤山翔大選手 地元静岡から参戦するメンバーのリーダー役となる魂の男・石田章央選手と時に意外性を発揮する芹澤克彦選手 現在A2ながら、持てる実力は完全なA1、記念級。 調整が合えば、毎回「勝利にリーチ」してくる作間章選手 伸びを中心とした独特な舟足があるのは、自ら考案した調整方法があるから。 仕上がれば連戦連勝の勢いでぶっちぎる佐藤大佑選手 さらに、126期としてデビューし、現在研鑽の道を歩きはじめた堀越雄貴選手と大場恒季選手など、多士済々です。 7月23日(祝)から27日(月)まで開催の『テレしずサマーカップ』に、どうぞご期待ください。

次の

びわこ競艇場

琵琶湖競艇ライブ

4002 古結宏 『テレしずサマーカップ』は7月23日(祝)から27日(月)までの5日間開催。 経験豊富なベテランからデビューしたての126期の若手まで幅広いメンバー構成です。 ダントツの優勝候補は、今年ここまでV2としている中澤和志選手。 3月の津と7月の戸田で優勝を飾っています。 現勝率も7. 35で高水準。 3連対率75. 型にはまらない柔軟な調整やレースぶりがもたらす自然体のレースに注目したいものです。 この中澤和志選手に次ぐのが、古結宏選手。 現勝率を7. 15としています。 圧巻なのはその2連対率。 中澤選手をしのぐ57. そのレースぶりは中澤選手同様、自在戦。 インの信頼度はもとより、まくりも差しもまくり差しも状況に応じて繰り出してきます。 さらに、マスターズ世代の大澤普司選手にも注目。 今年はまだ優勝こそないものの、ベテランのさばきで連に絡んできます。 特に2着が多いのが特徴。 覚えておいていいでしょう。 そのさばきの背景にあるのは、レースができることへの感謝の気持ち。 一戦入魂の精神で戦いに挑んできます。 さらに、息子の大澤風葵選手が126期でデビューしました。 現在フライング休みに入っている息子の分までやってほしいものです。 そのほか… 決して派手な印象はないものの、外連味のない競走スタイルで確実に舟券に絡む尾嶋一広選手 愛知の精鋭として期待が集まるのは、そのポテンシャルの高さゆえ。 浜名湖は一昨年11月に優勝を飾っている本多宏和選手 自然体で力みなくレースに臨み、流れの中で混戦を抜け出してくる大阪の雄・鶴本崇文選手 鶴本選手と同じ大阪支部。 堅実なレース運びでファンの期待に応える濱本優一選手と藤山翔大選手 地元静岡から参戦するメンバーのリーダー役となる魂の男・石田章央選手と時に意外性を発揮する芹澤克彦選手 現在A2ながら、持てる実力は完全なA1、記念級。 調整が合えば、毎回「勝利にリーチ」してくる作間章選手 伸びを中心とした独特な舟足があるのは、自ら考案した調整方法があるから。 仕上がれば連戦連勝の勢いでぶっちぎる佐藤大佑選手 さらに、126期としてデビューし、現在研鑽の道を歩きはじめた堀越雄貴選手と大場恒季選手など、多士済々です。 7月23日(祝)から27日(月)まで開催の『テレしずサマーカップ』に、どうぞご期待ください。

次の