麦茶 作り方 麦から。 大麦の作り方

自家焙煎で美味しい麦茶。海外で簡単に作れます。

麦茶 作り方 麦から

麦茶の作り方。 麦茶の作り方には、 主に手軽に素早く甘味と香りを楽しめる水出しと、 沸騰したお湯に麦茶パックに入れて放っておくお湯出しと、 そのまましばらく沸騰させ続ける煮出しの3種類があります。 この中で煮出しで作る場合は 他の作り方より時間がかかってしまいますが、 水道水特有のカルキや塩素の臭いを飛ばして 麦茶本来の味と香りを楽しむことが出来、 最も殺菌することが出来るので食中毒が心配な方にお勧めです。 まずやかんで水を沸騰させ5分ほど放置し カルキや塩素を飛ばして殺菌した後、 麦茶パックを入れてそのまま沸騰させ続けます。 火を止めてやかんを水を張った桶などに入れて 粗熱を取り容器に移し替え冷蔵庫で保管してください。 煮出しで作る場合のパックを入れる・出すタイミング この時麦茶パックを入れたままにしておくと 雑菌が繁殖してしまう可能性があるため取り出してください。 煮出して作った麦茶は長くておよそ1週間ほど持ちますが、 安全のためには3日ほどで飲み切るのが理想です。 実は麦茶パックは麦を砕いたものが入っているのが一般的なのですが 中には粒ごと入っているのもあり、 こちらは昔ながらの香りがするので一度お試しください。 麦茶パックを入れる、出すタイミングを ご自身でいろいろ試行錯誤してお好みの麦茶を作ってみてください。 煮出した麦茶は食中毒に注意。 カルキが飛ぶと日持ちしない 食事に合わせての喉も潤すことのできる麦茶ですから、 台所で作り冷蔵庫に入れる家庭はたくさんあります。 昔からある日本の飲み物ですが、 麦茶の食中毒というリスクがあることも知っておくべきです。 水出しではなく煮るのだから無縁のように考えやすいですが、 保存をする時に冷蔵庫ではなく、常温での保存は控えなければなりません。 また煮出すとカルキが飛ぶため、 その状態だと日持ちはあまりしないです。 水道水にカルキが入っている理由ですが、 口にして健康を失わないためにも、 いったん消毒をする必要があります。 浄水場には取水場がありその水は完全に自然な成分だけではなく、 あらゆる汚れも含まれているので、キレイにしてから水道で出てくるわけです。 清潔で安心の水にするためにも、プロセスとして塩素消毒は必須であり、 微生物や細菌を消去するためにも塩素は必要になります。 また、カルキは防腐剤の役割も果たしています。 この防腐剤としてのカルキが煮沸で飛んでしまうため、 煮出した麦茶は日持ちしないのです。 冷蔵庫は一定の温度で食品やドリンクを、良い状態で保存ができますが、 麦茶は2日から3日で飲みきるようにします。 容器は清潔を保つことであり、麦茶はその名の通り、 麦によるでんぷんが含まれるので、腐敗をしやすい事も忘れてはいけません。 煮出しで作った麦茶の賞味期限 麦茶はカフェインを含んでいない飲み物になり、 水分補給に向いている飲料です。 市販品でペットボトルなどで販売されている商品も見つけられますが、 家庭内で煮出しで作った場合では麦茶の賞味期限が気になるところではないでしょうか。 ペットボトル商品の場合、キャップを閉めることである程度の日数を持たせることができますが、 煮出しで作った場合は少々異なります。 水道水を利用して作ったり、ウォーターサーバーからの湯を使うことも想定できますが、 常温保存の場合は夏場に関して言えば約1日程度と思った方が良いと判断できます。 冷やして飲むことを希望する方は多く、 冷蔵庫で保存した際の麦茶の賞味期限で考えた場合、 2日から3日程度を目安にすることができます。 ただし、何度も冷蔵庫から出し入れしたり、 麦茶の温度に何度も変化を与えてしまうような使い方では、 2日程度を目安にした方が安全です。 冬期間の場合では特に問題が無い傾向にありますが、 ストーブなどの近くに置かないことも基本的な条件です。 冷蔵保存する際にもできるだけ密封できる容器を使うことにより、 麦茶の賞味期限を長くすることはできます。 真夏日など暑い季節については実際には 半日から1日という短い期間で飲みきることを目安にすることも、 菌の繁殖を考えると間違いではありません。 水出し麦茶の作り方。 パックは入れたままでいいの? 水出し麦茶がどうも美味しく出来ないとお悩みの方はいませんか。 それは正しい水出し麦茶の作り方を知れば解決できるかもしれません。 その正しい作り方とはずばり、パックを入れたままにしておかないという点につきます。 では、パックを入れたままだとどうなるのでしょうか。 麦茶の中にはでんぷん質が含まれています。 ずっとパックを入れておくとこのでんぷん質がパックにしみ込み、 そのでんぷん質に菌が集まり、腐敗しやすくなります。 つまり腐敗したパックを入れ続けていることになり、 味は当然のことながら衛生面でも良くないのです。 さらにこの麦茶を作る容器がプラスチック製だとさらに雑菌が発生しやすくなります。 つまり、水出し麦茶を作る時は、 プラスチック以外の容器を用いて、ある程度の色が出てきたらパックを取り除く、 というのが美味しく安全な、理想の水出し麦茶の作り方です。 他に意識してもらいたいのが、飲み干した容器は必ず毎回洗うという点です。 麦茶の味を損なう原因は雑菌です。 プラスチックで作る時は必ず毎回洗剤で、 ガラスの容器で作る際は熱湯消毒するとなお良いです。 ここで1つ豆知識として、取り除いた後の麦茶のパックは 洗い物の際油汚れなどの頑固な汚れを取ったり、 完全に水分が抜けるまで乾燥させた後はにおいが気になる場所の 臭い消しとしても使えることを覚えておきましょう。

次の

麦から麦茶を作って味わおう! <六条大麦・手作り・レシピ・作り方>

麦茶 作り方 麦から

冷蔵庫に麦茶を作り置きするご家庭もあるのではないでしょうか。 今回はママスタにコメントされた「手軽に美味しい麦茶の作り方」をご紹介します。 冷蔵保存すれば常温保存に比べて菌の繁殖は抑えることができますが、なるべく早めに飲みきるようにしてくださいね。 美味しい麦茶の作り方【中級編】:隠し味もあり! 美味しい麦茶になるように隠し味を! 『煮出したものにインスタントコーヒーをひとつまみ入れると、香ばしくなるよ』 「インスタントコーヒー」だけでなく、「砂糖」や「塩」を入れている方もいるようです! 麦茶に隠し味程度にプラスアルファする方法はちょっと気になりますね。 美味しい麦茶の作り方【上級編】手間と時間をかけて、さらに美味しく! 沸騰後お湯を冷ましてから麦茶パックを入れると美味しい 『(煮出し方)水が沸騰したら10分くらいグツグツさせてから麦茶パックを入れると臭みが全然違うよ』 『大きい鍋でお湯を沸かし、沸騰後3分~5分間ボコボコさせたら火をとめて、麦茶パックを2つ入れてから蓋をする。 冷めたら麦茶パックを取り出し、麦茶を入れ物に移し冷蔵庫へ』 美味しい麦茶の作り方、決めは煮だしと粗熱 麦茶作りに手間をかけている人は「煮出し+粗熱をとる+パックを取り出して冷蔵庫へ」という工程で作る方が多いよう。 それだけの手間をかけると「うちの麦茶は、買ったものより美味しい!」と家族からも好評なんだとか。 でも、3~5分煮出し、火を止めて5分ほどおいて袋を取り出す手順が「美味しい麦茶の入れ方」として紹介されています! 麦茶はメーカーだけでなく入れ方で差が出る 各ご家庭で実践している、美味しい麦茶の作り方をご紹介しました。 麦茶は消費が激しいので、安くていっぱい入っているのが1番』 常陸屋本舗「江戸麦茶」 『江戸麦茶という粒々の麦を買って、麦茶専用のやかんで ザル付き お湯をわかして麦茶を作り、冷やしてポットに入れて冷蔵庫へ。 これからの季節は1日2回は作らないといくないので結構面倒。 でも、本当に美味しい』 はくばく「水出しでおいしい麦茶」 『はくばくの「水出しでおいしい麦茶」がおすすめ!水出しなのに美味しいよ』 はくばく「丸粒麦茶」 『うちでは天然水と丸粒麦茶パックを沸騰するまで煮て、その後弱火で10分、火を止めて15分蒸らして、パックを取りだします。 冷めたら冷蔵庫へ。 すごーく香ばしいし、とても美味しいです』 参考:.

次の

麦茶を海外で手作り!大麦から焙煎して自家製する簡単な作り方と分量│SEKAIE

麦茶 作り方 麦から

六条大麦から麦茶を作ってみよう! 仕事帰り、家に向かって車走らせてたら収穫直前の麦畑が夕日に照らされて、金色の原っぱになっていたので車を停めてしばし眺めた。 まさしく麦秋だね。 めっちゃ綺麗だ。 麦と言えばビール?麦茶? 手作りで麦から作れるのかな?帰ってネットで調べてみた。 育てられていた品種は、六条大麦と言う品種で、押し麦や麦茶などによく使われていて、福井県が生産量日本一らしい。 ビールは六条大麦でも出来なくは無いようだが、国内のビール作りでは余り使わないらしい。 しかし麦茶なら六条大麦でバッチリ!割と簡単に出来そうだ。 家の物に収穫が始まったら少し分けてもらっておいてほしいと伝える。 一日で辺り一面の麦畑が一気に収穫された日の翌日、麦貰っておいたよ!と聞き、見に行くとバケツ一杯の麦穂があった。 我の中ではコンバインで脱穀したのを想像していたのでちょっと困る。 コンバイン入り口で手刈りした物や、こぼれ落ちた麦穂を拾い集めてきてくれたらしい。 六条大麦の脱穀をしよう 家は古くからの農家で、何でも取っておく人がいるので、千把扱き(せんばこき も唐箕 とうみ も蔵を探せば実物が有る、が、有るのと管理保管されているのは別、山積みの中か使えるか分からない物を引っ張り出してくるのは大変なので今回は手もみで脱穀する事にしよう。 手袋をしてもみ合わせると、良く乾燥していた麦穂は、ぽろぽろと簡単に脱穀できた。 娘と二人遊びがてらに話しながらぼちぼち進める。 途中友達も遊びに来て手伝ってもらう。 ストロー状の麦わらとヒゲの付いた麦粒に分離できた。 麦穂から麦茶を作ろう 風選を利用したとうみ分別 ヒゲの分解は丈夫なビニール袋に入れて、わしゃわしゃと揉みこむと良い感じにポキポキ折れたよ。 しかしこのヒゲどうやって取り除こうか...。 分離方法をネットで調べてみると、扇風機と段ポールで、簡易とうみを作成している人がいた。 なるほどこれならすぐに出来そうだ、本物のとうみを引っ張り出してメンテナンスするよりずっと楽そう。 制作時間2分セッティング5分かけて、高性能風選システムが完成~ 何が大変で畑まで電源を引くのが.... ヒゲを飛ばしたあとの掃除をめんどくさがったら、畑まで電源を持ってく方が大変だったという。 まあ過程はどうでもよい。 結果オーライだ、最初風力のバランスが悪くて少しこぼれてしまったが、綺麗に分離することができた。 こぼれ落ちた麦は秋に芽を出すかな? 六条大麦の洗浄・天日干し 次に水洗い、浮いてしまう麦は捨てて何度も水を変えてきれいに洗う。 広げて天日干ししたらこの日は終了。 六条大麦から麦茶を作る 焙煎作業 とりあえず半分をフライパンに広げて中火で炒める。 最初やや青臭い麦の香りが、10分後ぱちぱちと白く弾け始める頃には、だんだん香ばしく良い香りに代わっていく。 IHグリルでは今ひとつ焦げ目が付かないので、バーナーで直火焙煎、あっという間に焦げるので調整しながら炙る。 焙煎前より二周り程膨らんで、一部がはじけて白く割れている。 焦げ目も良い感じに入って完成! 丸粒麦茶を飲んでみる 麦茶バックだと、強めの焙煎と凄く細かく粉砕するので僅かな麦で良く出るが、丸粒麦茶だとかなり沢山入れる必要が有るみたい。 できたてを早速、沸騰したお湯にたっぷり入れて中火で10分程煮出してみる。 できたて熱々の麦茶を、遊びに来た友人とガレージで味わう。 色合いは薄めだがほんのり甘くやさしい味わい。 香りも良い。 何とも贅沢だね。 妻は豆茶っぽいっねって言ってた。 香ばしい香りのおかげかな? バケツ一杯の麦穂を脱穀から初めて約1. 5日がかり、中々の手間がかかったが、良い経験でした、ちょこちょこと手伝いにきては、すぐ飽きてどっか行っちゃってた娘も、大きくなっても覚えているかな?ちなみに娘はいつもの麦茶の方が好き!と何ともつれない答えでした...。

次の