ノーサイドゲーム ネタバレ。 【ノーサイド・ゲーム】8話のあらすじネタバレと感想!買収計画の隠させた事実に迫る君嶋!!

ノーサイドゲーム最終回ネタバレと原作小説の結末は?衝撃のラストに感動!

ノーサイドゲーム ネタバレ

脇坂と風間の関係 サイクロンズ戦に向けて、練習を重ねるアストロズ。 浜畑はブレイブス戦で痛めた膝のリハビリのため、別メニューの練習をしていた。 そこに練習の様子をメモしている怪しい男性を見かけ、声をかける。 その男は、今年からブルズのGMを務める赤木一輝(櫻井翔)だった。 他のGMたちに相談すると、アストロズのチーム改革を見習うべきだと言われ見学に来たのだと言われる。 未来のためにできることをしたいと言う赤木と、一緒に改革を進めようと固い握手を交わすのだった。 木戸の元を訪れた君嶋は、木戸に意見する富永に遭遇する。 ワールドカップの成功が全てだと言い、国内のリーグについては改革は必要ないと言い放つ富永。 富永が帰った後、改革案について木戸に意見する君嶋。 何人ものGMが、君嶋の改革案に賛同していることを伝えると、心が動く木戸だった。 滝川の元を訪れた君嶋は、脇坂について何か分かったのかと聞かれ、調べたことを報告する。 脇坂と風間は、高校時代の同級生だったのだ。 蹴球協会の改革への第一歩 トキワ自動車の取締役会が開かれ、脇坂はアストロズの予算を半分に削減する提案をする。 予算を削減すれば、プラチナリーグに出場できなくなるという意見もある中、蹴球協会の運営方針が変わらない以上、回収できない予算をそのままにすることはできないと言う脇坂。 しれに対し君嶋は、昨年からチケットの売り上げも上がったとともに、優勝争いを繰り広げるまでに成長したことを報告する。 それでも協会が変わらないことを挙げ、予算削減案にたいする決議を求める脇坂。 そこに木戸からメールが入る。 取締役会と並行し、蹴球協会でも理事会が開催されていて、富永が解任されたのだった。 木戸は君嶋の意見に心を動かされ、日本のラグビーを守るために改革案に乗り出したのだ。 君嶋のその報告により、アストロズの予算削減案は非承認となる。 面白くない脇坂は、アストロズの件は終わったのだから出て行くようにと促すが、島本がそれを制止する。 最終議案は君嶋から提案されたものだと説明する島本の言葉に、驚く脇坂だった。 カザマ商事買収事案についての、コンプライアンス上の問題が生じたと説明する君嶋。 カザマ商事の隠蔽工作に、ある人物が関わっていたと説明を続ける。 座礁事故の際に、自社のバンカーオイルに問題があることに気づいた風間は、ある人物に相談したと言う。 その人物はオイルの隠蔽についての助言を行うとともに、その件を隠したまま買収案を滝川に持ちかけるよう指示したのだった。 そして買収直前にその件を指摘することによって、滝川を失脚させたと説明し、「そうですよね、脇坂常務。 」と言う君嶋。 根拠がないと反論する脇坂に、証人を呼んであると言い、その人物を招き入れる。 失脚する脇坂 そこに現れたのは、風間だった。 何でも話すと言い、脇坂を指差しながら「この男の指示で全てやったんだ。 」と言う風間。 脇坂は自分の出世のために、風間を利用して滝川を失脚させたのだった。 君嶋は脇坂に対し、正々堂々と戦うことができない卑怯者だと言い、「あなたこそこのトキワ自動車から、さっさと出ていけ!」と一喝するのだった。 プラチナリーグの優勝戦であるサイクロンズ戦が始まり、選手たちにラグビーや人生の素晴らしさを教えてくれたことを感謝する君嶋。 そして出会えてよかったと言い、優勝を誓う選手たち。 観客席も満員の中、試合が始まる。 開始早々に佐々のタックルや七尾のトライで得点をあげる。 好調な滑り出しを見せる一方で、七尾がラックに入れないメンタル面を心配する柴門。 サイクロンズは里村がポジションを離れ、攻撃のラインとして加わることで、攻撃人数を優勢に戦う作戦を使ってくる。 サイクロンズとの攻防戦 次々とパスを繋ぐサイクロンズ。 タックルを決めてボールを奪いながらも、倒されるアストロズ。 そんな中七尾は、意を決してラックに飛び込んでいき、ボールを奪い返すことができた。 精神面での恐怖感を克服し、浜畑と顔を見合わせる七尾だった。 だがその後は、七尾の動きをことごとく読まれ、封じ込まれて反撃できずにいた。 しかもアストロズが作り出したノールックプレイまで、里村が使ってくるのだった。 屈辱感を味わいながら前半戦を終えるアストロズに、観客席全員がアストロズの応援歌を歌う。 後半は浜畑が出場することになる。 グランドに向かう浜畑のケガを気遣う君嶋に、「俺の選手生命は今日で終わりです」と告げる浜畑。 あなたに会えてよかったと言う浜畑を、抱きしめる君嶋だった。 後半戦が始まり、浜畑と七尾のダブルスタンドオフにより、攻撃の幅を広げるアストロズ。 七尾のドロップゴールも決まり、2トライ差まで詰め寄る。 その後相手の裏をかき、岬のトライが決まる。 だがサイクロンズも負けてはいなかった。 一進一退の攻防が続き、残り2分1トライで逆転するところまで追いつめるアストロズ。 里村をアストロズ全員で止め、みんなでパスを繋ぎ、ボールを持った浜畑が走る。 タックルを受けながらも、ボールを死守し、七尾にパスを繋ぐ浜畑。 そして七尾が逆転のトライを決め、見事アストロズが優勝するのだった。 君嶋は本社に復帰し、経営戦略室長としてアストロズを支えることとなる。 君嶋に代わってGMとなったのは、今季で引退した浜畑だった。 「ノーサイドゲーム」最終話10話のTwitterの反応 の余韻から覚めない。 ヤバイ になりそう。 歩くのがやっとなので昔を思い出してますます涙が止まりませんでした! — 古川佳宏 GQqSJncK31of1HW 今からノーサイドゲーム最終回をおみまいされたいと思います。 あー、観たら終わっちゃうんだなぁ。 悲しい。 *2020. 17現在 ではPC,スマホ,タブレット、TVで視聴可能です。 そして、登録後2週間以内に解約すればお金はかかりません。 (もちろん月額925円(税抜き)を払って、そのまま会員を続けても問題ありません。 ) そのやり方を詳しく説明いたします。 以下はスマホの画面の画像ですが、PCでも基本的には同じです。

次の

『ノーサイド・ゲーム』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ノーサイドゲーム ネタバレ

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の特別編のネタバレやあらすじ、キャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで全てまとめて紹介していきたいと思います。 このドラマ「ノーサイド・ゲーム」は2019年夏にドラマが放送されたのですが、新型コロナウイルスの影響で、半沢直樹の続編が放送できず、日曜劇場枠で2020年4月26日から特別編として再放送される事が決定致しました。 ラグビーワールドカップ2019は本当に盛り上がりました。 その影響もあり、年末年始にも再放送されたのですが、早くも再度再放送されます。 あの感動と、大泉洋いじりをもう一度特別編として楽しみましょう! それでは、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」について紹介していきたいと思います。 もくじ• ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 「ノーサイド・ゲーム特別編」って? 今回の放送される「ノーサイド・ゲーム特別編」は、当時放送されなかった未放送カットを織り込み、主演・大泉洋さんのナレーションを加えた特別編として再構築したものです。 放送を予定しておりました「半沢直樹 特別総集編 前編」「半沢直樹 特別総集編 後編」、日曜劇場「半沢直樹」は、現在放送日程を調整中だそうです。 放送日時が決定次第、番組公式サイトにてお知らせされます。 しかし、半沢直樹の続編はまだ2話目の撮影中で止まっているような状況なのだそうで、なかなか絶望的です。 家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務のに対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。 異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。 社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。 それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。 ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。 しかし後がないのは君嶋も同じ。 自らの再起を考えた君嶋は・・・。 新監督人事が進まないのだ。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。 ない知恵を絞っても始まらない。 君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。 チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。 しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。 そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。 柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。 君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。 それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。 監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。 この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。 君嶋はどうなってしまうのか・・・。 しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。 人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。 さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。 協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。 君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。 他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。 府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。 しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。 数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。 仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。 病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。 それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。 そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。 レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。 しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。 佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。 彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。 佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに・・・。 さらに君嶋にとってショックなことが起きた。 あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。 そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。 さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。 君嶋は窮地に立たされる。 今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。 一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。 しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。 それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。 そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。 滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。 リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。 連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。 さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。 津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。 だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。 数日後、アストロズはレスリング道場にいた。 そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。 これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。 選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。 優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。 来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。 脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。 GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。 自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。 やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。 君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。 すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ・・・。 スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。 紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。 そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し・・・。 一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。 以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。 星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。 星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。 中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。 しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。 そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。 君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。 するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。 その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。 青野は熱い夢を語るのだが・・・。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し・・・。 次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋 大泉洋 は日本蹴球協会の専務理事・木戸 尾藤イサオ にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑 廣瀬俊朗 も懸命なリハビリを続けていた。 そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいるとの知らせを受ける。 その男・赤木 櫻井翔 はいったい何者なのか。 そして、ついに決戦の日を迎える。 最後のキックを託された七尾は、ゴールを狙わずまさかのパスを出す。 七尾は味方からパスをもらい、そのまま相手陣地へ! タックルをかわしそのままトライ! 土壇場で逆転したアストロズが見事優勝! 歓喜に湧くアストロズ。 しかし、その後がっくりとうなだれるサイクロンズ選手たちに駆け寄り、手を差し出す。 お互いの奮闘を労いあい、感謝のハグをする選手たち。 この光景を目の当たりにした君島は 「これがラグビーか・・・」 と心を撃たれ、立ち尽くす。 試合が終われば敵、味方関係なく、相手を称える「ノーサイドの精神」。 君島はラグビーの素晴らしさをあらためて実感するのだった。 その後、君島の熱い想いは日本ラグビー協会に届き、全国の企業チームが君島の収益化案を採用する方向に動き出した。 諸悪の根源だった富永理事長(橋幸夫)は孤立無援となり、失脚。 代わりにラグビー協会理事に就任したのは・・・君島だった! 数カ月後、君島は横浜工場を去り、本社勤務に戻っていた。 カザマ商事買収事件での悪事がバレた脇坂(石川禅)は、今後、裁判で追求されることに・・・。 そしてアストロズとサイクロンズの練習試合が行なわれる日。 観客席にいた君島のもとに、滝川(上川隆也)がやってくる。 滝川は今、関連子会社の社長として活躍中で、近い将来、本社社長に着任するのでは・・・?と噂されているほど。 ノーサイドの精神を語り合う二人。 滝川はその素晴らしきスポーツマンシップを世界に広めるのは、君島に与えられた使命だと説くのだった。 テレビで放送された最終回のディレクターズカット版も、Paravi パラビ でなら視聴可能です。 いつもParavi パラビ は日曜劇場の最終回はディレクターズカット版で配信していますよね。 なので、Paravi パラビ でならより一層ノーサイドゲームを楽しめるのかもしれません。 Paravi パラビ は初回の無料期間で見放題のドラマなどがどれだけでも観れます。 これまでの日曜劇場の作品も多いですし、アンナチュラルや凪のお暇など、話題作もたくさんあるので、無料期間にたっぷり楽しむ事が出来ます。 それでは、「ノーサイド・ゲーム」特別編を楽しんでいきましょう! 【関連記事】.

次の

【ノーサイドゲーム9話ネタバレ感想】君嶋VS滝川。滝川の本音に涙

ノーサイドゲーム ネタバレ

もくじ• ノーサイドゲームの原作 小説 の最終回結末をネタバレ! 昨日 さんの新刊 『』 が発売されました。 7月の日曜9時からのドラマの放送も決定しています。 ドラマより一足先に本の世界でお楽しみ下さい。 半沢直樹 銀行マン)や、 陸王 足袋職人)、 下町ロケット(工場)など、働くとは何かを考えさせたり、自分も頑張ろうと思えるヒューマンドラマを次々とヒットさせていますよね。 そして、 今回の舞台はラグビー! さっそく ノーサイドゲームのあらすじを見ていきましょう。 経営戦略室で働く主人公君嶋隼人は、 ライバルの常務取締役の滝川と カザマ商事買収の案件でもめます。 君嶋は、芯の通ったことではないと受け入れない頑固者。 会社の不利益になりそうなことは断固として拒否し、滝川とのバトルに敗れます(取締役会で否決)。 その後、左遷人事で横浜工場への異動を言い渡され、滝川へのリベンジを誓います。 そして 「横浜工場勤務=常盤自動車チームの弱小ラグビーチームのマネージャーを兼務すること」が決まりになっていました。 ラグビーの経験や知識は一切ない素人の君嶋がマネージャーになる事は異例で、周囲は心配していました。 そのラグビーチーム、「アストロズ」は会社にとってお荷物チームで、年間16億もの経費がかけられているにもかかわらず、収益0円で会社に赤字しかもたらさない存在。 周囲からはあまり大切に思われていませんでした。 し かし、赤字の原因はアストロズではなく、ラグビー社会人リーグのプラチナリーグにありました。 リーグの参加費は1500万円、その内訳は施設の使用料や、スタッフ、宣伝費、チケット販売管理費を含みます。 余剰金でチームメンバーの試合への移動費、宿泊費に充てます。 チケットの収入は一旦協会に集約されチームに還付されます。 しかし 「試合の観戦者数が少ないので収入が増えず、チームに還元された試しがない」という負のループの現状でした。 また、チームも2部リーグへの降格するかしないかの弱小チームで、問題は山積みです。 君嶋は協会の仕組みに異を唱えるも、承認してもらえなかったため、協会を抜けることを決意、個人チーム単体で活動を開始して収益を上げようとします。 そのために、ボランティアや病院巡りなど、地域密着型の活動で集客を試みます。 チームの前監督も成績不振で解雇されていたため、君嶋はチームを立て直せる監督を求めて、 大学時代のクラスメイトの紫門に声を掛けます。 紫門はアストロズのライバルであるサイクロンズの監督経験もあるので、願ったりかなったりの人材でした。 そんな姿に最初は エースの浜畑などが反抗的な態度を示しますが、 キャプテンの岸和田が「まずは、紫門を信じてみよう」とメンバーにアドバイスをしていました。 そんな不穏な雰囲気が一変したのはリーグ初戦。 いつもの4倍以上のお客さんで埋まったスタジアムを見て、選手の士気は上がり、あっという間に決勝戦まで勝ち進みます。 そして、決勝の相手はライバルのサイクロンズ。 しかし結果は2位で、状況が劇的に変わる事はありませんでした。 エースの選手はサイクロンズに移籍したりと、最悪の状況に陥ります。 一方会社でも、またもやカザマ商事の買収話が持ち上がりますが、リスクのある会社と判明し、買収話は破談になります。 その責任を取って好敵の滝川が左遷され、 元上司の脇坂が専務になります。 しかし、脇坂が裏で滝川を陥れ、自分の会社での地位を確立するためにこの破談を利用したことが判明します。 カザマ商事の社長と脇坂は同級生で、出世のために邪魔な滝川と君嶋を除外するために仕組まれた買収話だったのです。 (買収に反対した君嶋は左遷、出世のライバルになりそうな滝川も左遷するように仕向ける。 ) アストロズはと言うと、翌年のラグビーリーグ戦でついに、サイクロンズを倒して優勝します! 紫門の采配が功を奏したのです。 一方君嶋は社長に脇坂の悪行を報告して、取締役会での発言権を奪います。 そして、脇坂のアストロズへの予算縮小案をはねのけ、満額で承認させることに成功します。 こうして、脇坂は更迭されることとなりました。 アストロズが優勝した2か月後には経営戦略室に君嶋の姿が! 見事な復活劇で原作の物語は結末を迎えます。 続いてはドラマ版ノーサイドゲームの最終回の予想を紹介します。 人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。 それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。 そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で未公開シーンまで楽しむのが一番です! ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事 で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 スポンサーリンク ノーサイドゲームのドラマの最終回結末を原作 小説 から予想 池井戸潤さんの最新作『ノーサイド・ゲーム』が発売になりました! こちらは来月から始まるドラマの原作です! 主演は大泉洋さん。 期待しかないですね! 店頭ではスタッフ手づくりのフェルトのラグビーボールがモフっとお出迎え。 ゴールポストはコピー用紙です! — 明屋書店厚狭店 kKpcB67mwPWIbVG ノーサイドゲームも池井戸潤作品の真骨頂である 「どん底からの復活劇」が楽しめそうですね! 試合で敗れ、エースの選手は移籍となり、選手のモチベーションも下がる一方、さらに信頼していた上司が悪の根源で、ライバルだと思っていた人が実は味方だったことに気づくも、時すでに遅し・・。 そんな最悪の状況から、各々自分のフィールドでできる事を精いっぱいやった結果、 アストロズは優勝をするし、ヒールの脇坂は更迭、君嶋は元の所属場所に戻り、高評価を得る事に成功します。 原作が 「逆転の復活劇」の話なので、 「ドラマもその通りの結末になるのでは?」というのが私の予想です。 それでは最後にまとめをご覧ください。 スポンサーリンク ノーサイドゲームの原作 小説 の最終回結末をネタバレ!~まとめ~ 今回はノーサイドゲームの原作のネタバレと、ドラマの結末の予想を紹介しました。 最弱ラグビーチームの成長や、君嶋の左遷からの復活劇が見ていてすっきりすること間違いなしです! 日曜日の放送なので、 「自分も会社や学校で頑張ろう」と思いが湧いてきて、一週間の活力になるでしょう。 人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。 それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。 そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で未公開シーンまで楽しむのが一番です! ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事 で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

次の