別府 インター コンチネンタル。 ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパのホテル宿泊予約【公式】

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパのホテル宿泊予約【公式】

別府 インター コンチネンタル

今年の8月にできた新しいホテルです。 11月30日までの平日に限りランチ後に入浴できるということだったので 友達を誘って行ってみました。 駐車場も広々。 大分県初の外資系ラグジュアリーホテルということで興味津々。 今日はちょっと霞がかっていて、別府湾の青い海が見えませんでしたが。。 シックな感じのインテリアですね。 大分県在住のアーティスト・中臣一氏の竹細工作品や そのほかのアーティストさんの作品がたくさん飾られているということです。 ショップにも竹細工製品などが売られています。 こちら、素敵なバッグですね。 これでもお求めやすいお値段の部類でした。 少しランチ開始までに時間があったので リゾートセンター前のラウンジに案内していただきました。 こちらには別府や日本の伝統文化に関連する書籍が並んでいたのらしい。 じっくり見る時間はなかったのでよくわかりませんでしたが。。 こちらは上のエリアの手前にあった、「ザ・ラウンジ」という名のカフェ? アフタヌーンティーなどはここでやっているみたいですね。 こちらのホテルのレストランってちょっと変わってる気がします。 普通、和洋中、イタリアンとかの専門レストランがあるじゃないですか。 ここのホテルはそういう分類ではないんですよね。 ランチは4階のレストラン「エレメンツ」にて。 現在、11月30日までの特別メニューでランチブッフェが こちらのようになっております。 レシートに一文字も日本語がないところに感動(なぜ感動??w) 大分県の宿泊施設で アジア人種以外のスタッフさんがいるのを初めて目にしました。 しかも皆様、非常に流ちょうな日本語をお話になる。。。 料理なんですが、チョイスするのはメインくらい。 水以外の飲み物、スープ、ワンランク上のメイン料理には追加料金が必要です。 紅茶、コーヒー、アイスティー、アイスコーヒーはフリードリンクでした。 ブッフェの料理はワインのつまみにもってこい、みたいな感じのもの。 サラダがとてもおいしかったです。 チーズが何種類もあったけれど塩辛いので何か(酒w)飲まないと無理~。 パンも全種類制覇とかしてみたい気もしたけれど今回は1個だけ。 だって今日はデザートメインで行くって決めてたんですもの 多数のお客様がいらしたので写真を撮るのが難しかったけどこんな感じ。 ああ、でもフルーツは欲しかったなぁ~。 メインで選んだのは 「鮭とキノコの朴葉焼き 季節のご飯 味噌汁」です。 紅茶はシンガポール発のブランドTWG Teaのものらしい。 レモンティー用にはレモンと大分名産カボスの準備が。 カボス入れたらカボスティーっていうのかなぁ。。。 コーヒーは普通のものとデカフェ(カフェインレス)が用意されていました。 テラス席もあって、天候にもよるとは思いますが 景色は最高なのでおすすめ。 2枚目、左下に見えるのはプール。 食後にはリゾートセンターで受付をして カードキーのようなものをもらって大浴場に行きます。 たぶん、宿泊者のルームキー替わりなんだろうな、このカード。 入り口でこのカードをかざさないとドアが開かない仕組み。 どんどん進んで到着。 まぁたぶん、なんでも用意されているだろうとは思っていたけれど 念のために完璧な日帰り入浴セットを持参した私。 全くの徒労に終わりました。。 安心してください、手ぶらで行っても大丈夫です。 クレンジング、化粧水、乳液、ブラシ、シャワーキャップ、 コットン、綿棒、タオル、バスタオル・・・完備。 入り口にはウォーターサーバーも。 ロッカーはデジタルロック式。 自分で4桁の数字を設定するようになっています。 この方式のロッカーは苦手。 もし間違ってしまったらどうしたらいいかわかりません ランチ後は人でごった返しているかも、なのでご注意。 残念なことに、当日は露天風呂のメンテナンスで 露天風呂には入れなかったんです。 自分はともかく、友達に悪いことしたなぁ。。 スチームサウナもありましたよ。 入浴後にプールサイドに出てみました。 少し、天気が悪くなってきていましたが 素晴らしい!素晴らしい眺めです! 本当に大分県有数のロケーションのホテルですね。 二人でいい椅子があるな~とか思って座っていたんですが しばらくしてここがプールサイドバーなんだということに気が付きましたw 何も注文しなくてごめんなさい。 トイレにもおしぼりが用意されていたりして。 12月になってもランチ後の入浴サービスは継続されるのでは?? と私は勝手に思っていますがどうでしょうかね。。 大分県全般に言えることですが、 こちらも交通の便は非常に悪いです。 別府駅からは送迎があるみたいですが、 大分空港からだとレンタカーが便利なのかな、やっぱり。

次の

インターコンチネンタル別府 クラブキングルーム

別府 インター コンチネンタル

空に浮かんでいるような景色広がる高台の立地 (写真提供:ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ) 今回宿泊したのは2019年8月にオープンした「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」。 温泉はもちろん、高台の立地を生かした絶景や極上グルメなど、これまでにはない新たな別府ステイを叶えてくれます。 エントランス正面には別府の街並みが広がる (写真提供:ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ) 館内は「自然の中のホテル」をイメージ。 ロビーは4階までのスペースを大胆に使い、屋外から続くような開放的な空間です。 大分の竹細工や別府石などを取り入れつつ、木々や雲などを表現しています。 壁面のオブジェは、大分県を中心に活躍するバンブーアーティスト・中臣一氏による「Prism Ellipse,雲上」。 そのほか、湯けむりを表現したオブジェ、壁やカーペットにあしらわれた別府モチーフのデザインなど、館内の随所にアート要素が散りばめられています。 大分名物を使った特製ドリンク チェックイン時にはウエルカムドリンクが提供されます。 このときは、シンガポールの高級紅茶「TWG」のオリジナルティーに、大分名物のざぼんの砂糖漬けを落としたもの。 日本茶と紅茶の中間のようなさっぱりしたお茶に、程よい苦味と甘さがマッチした1杯でした。 海も街も山も一望できる バルコニーが魅力の広々ルーム プールにつながる個性的な書物を揃えたラウンジ 「友人のリビングのような落ち着いた空間」をコンセプトにしたラウンジ「アクア」。 ブックディレクター・幅允孝氏が代表を務める「BACH」セレクトのライブラリーを中心に、モダンアートが並びます。 カウンターでは、季節のカクテルや軽食を提供。 高角度ヴィンテージスピーカー「パラゴン」から流れるBGMとともに、休憩しましょう。 アクアの扉の先には、湯けむりの街を望む幅20mのインフィニティプール!泳げる時間は限られますが、プールサイドのチェアでは、アクアで注文した軽食やドリンクがいつでも楽しめます。 昼、夕暮れ、夜と違った雰囲気を味わってみては? ノンアルコールカクテル「ビューティーショット」1,300円 日本で体験できるのはここだけ タイ発「HARNN」でスパ体験 HARNN商品は購入もできる 館内1階には、タイの高級ブランド「HARNN(ハーン)」による国内唯一のスパを併設。 米ぬか油を主成分に、自然由来の素材のみを使った「HARNN」は、タイ国内のみならず美容に敏感な女性を始め、海外からも人気の高いスパブランドです。 廊下の先には、柔らかな日差しと心落ち着かせる香りに満ちた空間が待っています。 サイアムアロマ・ボディーセラピー1名 22,374円(税込・60分)では、4種のアロマから好みの香りを選んで施術 スパ内には5つの個室(1室はフット)を設置 メニューは約10種。 ボディスクラブやフットマッサージなど、悩みやコンディションに合わせて選ぶことができます。 「サイアムアロマ・ボディーセラピー」では、カウンセリングで選んだオイルを使ったセミオーダー式のマッサージが可能。 求める香りから、そのとき体に足りない要素を見極め、じっくりと時間をかけて全身をほぐしてくれます。 1日の移動の疲れがみるみる消え、心身ともにリラックスできる贅沢なひととき…。 温泉との相乗効果も期待できそうです。 モダンなカウンターで 大分食材フルコースディナー キッチンを囲むようにカウンターが並ぶ ホテル内4階は、コンセプトの異なる2つのレストランと1つのバーが入ったフロアです。 いずれも九州を中心に地元の食材にこだわった旬のメニューを提供しています。 食事は、フルコースディナーを提供する「アトリエ」と、メインを選べるセミブッフェを中心としたカジュアルな「エレメンツ」。 今回のディナーは、オープンキッチンにカウンターが並ぶアトリエでフルコースをいただくことに。 器や盛り付けにもこだわりが見られるディナーコース(11,300円・税込)の一例 アトリエのコース料理は、前菜からメイン、デザートまで6種に食後のドリンクが付きます。 季節によって定期的に内容は変わりますが、この日は「湯布院サーモンとビーツのマリネ アボカド」「大分県産イサキのソテー 豊後ネギのコンソメ レモンバーム」、「シマアジのタルタルかぼすジュレ」など、それぞれ魚介の特徴を活かした調理法で提供。 かぼすや豊後ネギといった地元の食材を、味付けのエッセンスとして取り入れ、ひと皿ずつ地域の味覚を楽しめるよう工夫されています。 おおいた和牛サーロインステーキ(60g)は+3,000円(税込) メインのお肉は、大分県を始めとした九州和牛を、さっと焼き上げたステーキです。 添えられた栗の赤ワイン煮や季節のキノコ、ワイルドライスガレットなどもていねいに調理され、芳醇なお肉とも相性抜群。 しいたけを燻製して乾燥した塩は香り高く、味をぐっと引き締めるいい役割を果たします。 職人がひと皿ずつ心を込めて盛り付ける 食感や味のバランスを考え、季節の果実や野菜などを織りまぜた品々。 見た目も美しく、運ばれてくるたびに思わず歓声が上がるでしょう。 食事に合わせてソムリエが選んでくれるワイン(80ml)3種セット5,000円(税込)と一緒に、ゆっくりディナーを堪能するのもよさそうです。 別府市内を見下ろす 迫力満点の絶景温泉で癒やされる 天空のようなゆったり気分で湯を楽しめる (写真提供:ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ) 食後、ゆっくりと休憩したら、世界に誇る別府の温泉を。 別府八湯のひとつ「明礬温泉」を源泉とする、肌の新陳代謝を促進するメタケイ酸を豊富に含んだ中性のお湯が特徴で、「美肌の湯」としても人気です。 趣の異なる2つの内風呂(男女入替え制)と露天風呂で、飽きることなく上質な湯を堪能できます。 特に大小さまざまな別府石を配置した露天風呂は圧巻!ダイナミックに積み上げられた石や自然に囲まれた湯に浸れば、目の前は抜けるような眺望…。 夜になると街の灯りがきらめき、さらに魅力を増すロケーションです。 お休み前にちょっと1杯… 本格カクテルと夜景で記憶に残る夜を クラフトジンベースのフラリッシングフォレスト 1,900円 レストランと同じフロアにあるオーセンティックなバー「The Bar」では、希少なウィスキーやジンなど各種アルコールを取り揃えています。 なかでも、柑橘系をスパイスにしたオリジナルカクテルが人気です。 さまざまなお酒の魅力を知る黒木さん。 カウンターに座ったら会話も楽しもう 日本のクラフトジン「季の美」をベースに、さとうきびシロップやかぼすピールを加えてシャンパンで割った「フラリッシングフォレスト」や、麦焼酎「いいちこ」にヒノキビターズ、砂糖、かぼすスライスを入れた「木漏れ日ファッション」など、大分食材をプラスすることで、これまでにない味わいが生まれます。 迷ったら、バーテンダー・黒木康弘さんにご相談を。 好みを伝えれば、お酒の新しい楽しみ方に出合えるかもしれません。 テラス席から見える別府市内の夜景 照明を落としたオトナの空間 室内のカウンター、テーブル席のほか、屋外にはテラス席も用意しています。 クラシカルな雰囲気のカウンターで会話を楽しむもよし、屋外で夜景を眺めながら静かにお酒を飲むもよし。 最高のロケーションで1日の旅を振り返りながら、美酒に酔いしれてみませんか。 【2日目】 セミビュッフェの朝食で 気持ちいいスタートを! 曇りぎみでもこの景色!光の道が別府湾に浮かび上がる 朝目覚めてバルコニーに出ると、朝日が別府湾を染め上げ「光の道」ができていました。 快晴ではなかったものの、ここまで美しくサンライズが眺められるのは高台ならでは。 心地のよい風と絶景で寝起きの体を整えたら、朝食に出かけましょう。 セミブッフェスタイルの朝食 オールデイダイニング「エレメンツ」では、約20種類の野菜や副菜をブッフェで用意し、メインディッシュひと品を席まで届ける「セミブッフェスタイル」の朝食を提供しています。 メインは、卵料理2品にベーコンなどがついた「ウエスタンスペシャル」やエッグ・ベネディクト、パンケーキなどの洋食のほか、和定食や中華粥などから選ぶことができ、満足度の高い朝食です。 空いていたらぜひテラス席でいただこう 色とりどりの食が並ぶブッフェ台 メインディッシュでも充分満足できるほどですが、フルーツやフレッシュジュース、サラダなどはここでチョイス。 パンやシリアル、ジャムなど魅力的なメニューが並びます。 ちょっと欲張って、おいしいものをたっぷりいただくのも旅の醍醐味! まるでホテルの1室! プライベート温泉でリフレッシュ.

次の

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパのホテル宿泊予約【公式】

別府 インター コンチネンタル

インターコンチネンタル別府に到着しました。 ホテルの入ってすぐ見えるのがこの一面のガラスから見下ろす別府の街並みと別府湾です。 雨が降っていたし、別府の街のゆけむりがすごくて残念な風景でしたが、晴れた日は絶景だと思います。 ホテルのなかはまさにラグジュアリーホテルの世界です。 外国人の宿泊客の方もたくさんいて、インターナショナルな雰囲気を感じます。 今回はクラブラウンジにアクセスできる部屋を予約していたので、 シャトルバスを降りると、すぐにスタッフの方に案内され、 クラブラウンジ往きのエレベーターに案内されました。 エレベータで3Fに上るとすぐにクラブラウンジの扉があります。 ラウンジのなかはこんな感じです。 席数は多くはありませんが、私が泊まったときには結構空いていたのでクラブラウンジらしいゆったりとした空気が流れていました。 (この写真はチェックイン時ではなく、チェックアウト時の写真ですので、朝食のパンが写っています) ラウンジで椅子に座りながら、チェックインです。 同時にウェルカムドリンクをいただきます。 ウェルカムドリンクはTWGのグリーンティをベースしたお茶に大分名物ざぼんの砂糖がけを添えて出されます。 クラブラウンジではアフタヌーンティ、カクテルタイム、朝食の提供があります。 この時間は、アフタヌーンティの時間でしたので、チェックインの手続き後、アフタヌーンティのセットをいただきました。 ドリンクのメニューページです。 私はお酒がすきなので、アフタヌーンティでもお酒の提供があるかは重要事項です。 ALL DAY BEVERAGE(カクテルタイムのドリンクメニューは別になります)とあるので、 ビールとスパークリングワインでしたら、アフタヌーンティの時間でも提供されるようですよ。 シャンパンはカクテルタイムまでお預けです。 ということで早速スパークリングワインをお願いしました。 主人はコーヒーを、子どもはオレンジジュースをお願いしました。 そして、これがアフタヌーンティの3段トレイです。 マカロンとショコラはなんと!ピエールエルメです。 これは女子にはうれしい!! スコーンが外はサクサク、中はしっとりでおいしかった。 キレイなクリームもさすがです。 すごく贅沢なアフタヌーンティタイムで大満足です。 素晴らしいアフタヌーンティなんですが、少しだけデメリットを書くと、 子連れとしてちょっと残念なのが子どもが食べられるおやつがないんです。 3段トレイのものは基本大人向けなので、ラウンジ中央にあるカウンターに子供が食べられそうなおやつがあればとてもうれしかったのですが、ナッツと抹茶クッキーしかないんですよね。 宿泊後のアンケートにも記入したので、次に宿泊したときはなにか子供が食べられそうな おやつがあるといいなと思います。 とりあえず子連れの方は子どものおやつはもっていかれることを推奨します。 あとちょっとラウンジで飲み物が出てくるタイミングが遅かったですね。 まだ開業したてだからだと思うんですが、全体的にラウンジの対応はスローペースです。 ビジネスでくる方もそうそういないと思うので、ゆったりとした時間に身を任せましょう。 次はお部屋を紹介します。

次の