エアコン 室外 機 大き さ。 エアコンがうるさいときの対策・原因・メーカー|室外機

cdn.gifpop.io: ESEOE エアコン室外機カバー 保護カバー 汚れ防止 風 ホコリ 雨 日よけ 遮熱 アルミフィルム製 電気代削減 ベルトで固定: DIY・工具・ガーデン

エアコン 室外 機 大き さ

寒い時期や夏場など、欠かせない家電といえば「エアコン」。 冷暖房器具としてはもはや当たり前かもしれませんが、取り付け工事が必要で、新居への引っ越しや部屋に新しくエアコンを導入しようと検討する際、「エアコンの室外機の設置場所がないけどどうしよう」などと頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。 室外機は、エアコン本体が集めた部屋の中の熱を放出して捨てる役割を担っています。 そのため、室外機は屋外に設置される必要があるのです。 庭やベランダに室外機を設置しているケースは多いですよね。 となると、庭やベランダに設置場所がない場合はエアコンを置くことができないのでしょうか? 結論からいって、庭やベランダがなくてもエアコンの室外機を設置することはできます。 室外機の設置場所が見つからなくてもこれからご紹介する方法のうちいずれかを用いれば、新しく設けることができます。 今回はその方法や費用、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。 外壁に設置する「壁掛け」を利用する 庭やベランダに室外機を置くときは、標準的な設置工事として扱われています。 「壁面取り付け」などとも呼ばれる「壁掛け」という設置方法があります。 家の外壁に室外機を載せるための専用の棚を取り付け、その上に室外機を設置します。 専用の棚を取り付けるための作業が必要となりますので、2階ほどの高さなら脚立を利用して行われます。 3階以上の高さに取り付ける場合は、脚立以外の方法で足場を確保しなければなりません。 また、ベランダがある場合は「ベランダの外壁に取り付ける」という方法もあります。 家の外壁を設置スペースとして使用するため、「どこにも設置する場所がない」というケースでも利用できる点がメリットです。 その反面、取り付ける際には、作業の足場が確保できる外壁に限られることと、取り付ける棚の形状によっては室外機が周りを覆われる形になるので、「室外機の排熱効率が落ちて電力効率が下がる」というデメリットもあります。 アパートやマンションなどでベランダがない家も少なくないもの。 その場合は壁掛けすることによって設置することで解消できるかも。 戸建て住宅なら「屋根置き」できる 戸建て住宅の場合、屋根に室外機を設置する「屋根置き」という方法があります。 屋根に設置するので、屋上がなくても問題ありません。 屋根置きは、屋根の傾斜角度に応じて専用の台を取り付けて室外機を置く場所を確保します。 主に屋根のある戸建て住宅で用いられる方法ですが、屋根付き集合住宅に住んでいる人が利用することもあります。 ベランダがなくても室外機を設置できるのがメリットでしょう。 しかし、設置場所によっては室外機が直射日光に晒されやすくなるため、電力効率が落ちたり、室外機が傷みやすくなったりするのがデメリットです。 2階の部屋にエアコンをつける場合は「立ち下ろし」 アパートや戸建ての物件で、2階の部屋に室内機を取り付けたいものの、2階にベランダがなかったり、その部分には室外機を置きたくなかったりする場合に有効なのが「立ち下ろし」。 配管パイプを1階までおろして、室外機を1階に設置することができます。 3階以上の上層階にも立ち下ろしは可能ですが、配管が長くなればなるほど電力効率が落ちたり、そもそもの工事料金が高くなったりする傾向があります。 また、エアコンの性能によっては3階以上の高さからはおろせないものや、通常の能力を発揮できないものもあるので注意が必要です。 もう1台追加したいときには「2段置き」 すでに室外機を1台設置しており、もう1台追加したい場合は「2段置き」がおすすめです。 元から置いてある室外機に専用の棚を取り付け、その上にもう1台の室外機を設置します。 2台分が積み重なるので、それに応じた十分なスペースが確保できることが条件になります。 1台分の面積で2台設置できるのがメリットですが、下に置いてある室外機が棚に囲まれる形になるので、電力効率が悪くなるのはデメリットといえます。 ベランダのスペースを有効活用できる「天吊り」 ベランダに室外機を置くためのスペースが十分確保できない場合、「天吊り」という設置方法が使えます。 「天井吊り下げ」などと呼ばれることもある天吊りは、ベランダの天井部分に専用の棚を設け、そこに室外機を設置します。 「ベランダに室外機を置くことはできるけど、狭くなってしまう」という悩みを解消することもできます。 天吊りは室外機周りの通気性を確保できますが、ベランダが南向きの場合は室外機が日差しに晒されるため電力効率が落ちたり、室外機が傷みやすかったりするデメリットがあります。 工事費用はいくらかかる? どの設置法が適しているかは、住まいによってさまざまです。 また、必要な設備や作業内容も場所によって変わってくるため、まずは自分の家の場合はどれくらいの工事費用がかかるのか見積もってもらうようにしましょう。 今回ピックアップした5つの方法は、標準的な工事の範囲内に収まりません。 そのため、追加料金が発生する可能性が高いです。 通常よりも2万円程度は追加で料金がかかるものと想定しておくといいでしょう。 エアコンの設置工事は、工事専門の業者や引っ越し業者に依頼することができます。 新居に移り住む場合は引っ越し業者にまとめて依頼した方が手間も少なく安心ですが、特殊工事に対応しているかどうかについては確認するようにしましょう。 できるだけ費用はおさえたいところですが、業者選びは「安ければ安いほどいい」というわけでもありません。 業者によって、基本料金でできる工事の内容が異なるので、金額に含まれる作業をしっかりチェックしておく必要があります。 「やけに安いと思ったら基本工事でやってくれる範囲が狭くて、結局追加料金がたくさんかかってしまった」といったケースもあります。 金額と作業内容を確認して、失敗のないようにエアコン設置を依頼しましょう。 どうしても室外機が置けない場合は「窓用エアコン」 さて、これまでご紹介した方法でも室外機の設置が難しい場合、「窓用エアコン」を利用するという選択肢もあります。 窓用エアコンはエアコン本体と室外機が一体型になったもので、窓枠に設置して使用します。 設置工事の必要がなく、自分で取り付けられる点が非常に楽ですが、使用できるか否かは窓の大きさによります。 窓の大きさは窓用エアコンの種類によって異なりますので、窓用エアコンの導入を検討している方は確認するようにしましょう。 室外機を置く場所が見つからなかった部屋でも使える窓用エアコンにはメリットがたくさんありますが、普通のエアコンに比べてやや音が大きいところがデメリットといえます。 とはいえ扇風機よりやや大きい程度の騒音なので、そこまで神経質でなければ問題ないかもしれません。 エアコンの有無は、快適な居住空間であるために大きく関わってくるポイント。 室外機を設置する場所がないからといって、あきらめる必要は全くありません。 自分の住まいに合った方法を選択して、快適な暮らしを手に入れましょう。 (最終更新日:2019. 05).

次の

エアコンから異音が!ポコポコ、ジージー音の原因は室外機?

エアコン 室外 機 大き さ

この記事の目次 [ 非表示 表示]• エアコンの室外機カバーとは?カバーで得られる省エネ効果 エアコン室外機の仕組みから考えるカバーの省エネ効果 エアコンには室内機と屋外に設置する室外機があり、室外機はカバーが無くともエアコンを使うことができますが、 直射日光や通気性がエアコン性能に大きく関係しています。 直射日光が当たる環境では室外機自体の温度が上がり、冷房効果の低下が起こり通常よりも消費電力が大きくなってしまいます。 冷房運転時の室外機は室内の熱を外に逃がす役割を担うため、室外機の吹き出し口付近には物が置いてあるとうまく放熱できなくなり、この場合も余分な消費電力増大を招いてしまいます。 直射日光が当たり、吹き出し口の風通しが良くないとエアコンの電気代が急激に高くなる原因になります。 エアコンメーカーのでは、室外機に日陰と風通しの良い環境を作るよう呼び掛けています。 室外機の吹き出し口の前には物を置かないようにする• 室外機は日陰になるよう工夫する• 冬は室外機に直射日光を当てるようにする• エアコン稼働時は室外機カバーを外すようにする 冬は室外機が暖かい方が暖房効果アップにつながるため、夏と冬で室外機への対応が異なることもしっかり覚えておきたいですね。 本来エアコンは最も省エネできる家電なので、室外機カバーをうまく使いわけて省エネにつなげるようにしましょう。 省エネ効果を上げる室外機カバー選びのポイントを紹介 省エネ効果をアップするには、室外機カバーの取り付け方が大きなポイントになります。 カバーというとすっぽり覆うようなイメージでも、室外機カバーの場合は異なる2タイプのカバーがおすすめです。 エアコン室外機カバーは屋根型がベスト!夏は日差しの向きも考慮して 室外機カバーは大きく分けて2種類、室外機の上に乗せる屋根型のものと、すっぽり覆うような箱型のものがあります。 夏に室外機カバーを利用して省エネ効果を得るには上に乗せる屋根型タイプがおすすめで、商品によっては「日除けパネル」などと呼ばれているものがあります。 箱型タイプはエアコンを全く使用しない時期におすすめで、防虫や防塵効果が期待できます。 ではシートタイプの屋根型カバーも販売しており、建物の外観に合わせたい場合も対応できるでしょう。 カラーや大きさはネット通販でも探すことができるので、好みのものを検索してみてください。 また、室外機カバーを設置するときは日差しの向きもチェックしましょう。 時間帯によって室外機に直射日光が当たる場合、実際の室外機のサイズよりも大きめサイズで購入することで日陰を増やすことができます。 サイズは室外機ごとに異なるものの、室外機よりも前面または側面にカバーが10センチほどはみ出るようなサイズが理想的です。 室外機のファンまで日陰を作ることができ、日差しの向きが変わっても室外機に日陰を作れるようならベストです。 すべての日光をカットすることは難しくとも、 日差しが強まる10時~15時くらいまで日陰を作れるなら省エネ効果も期待できるでしょう。 寒い時期はエアコン室外機カバーが雪対策に使える 寒い時期は室外機カバーをかけておくことで、雪対策をすることができます。 主に室外機の吹き出し口に雪が積もることを予防でき、雪の多い地域ではビニール製の箱型カバーよりも、 木製やアルミ製の室外機カバーがおすすめです。 では吹き出し口の前面部分の向きを変えることができ、空気を逃がしやすい設計のため雪対策はもちろんオールシーズンでも使えるでしょう。 仮に室外機をすっぽり覆うほどの大雪が降っても、カバーと室外機の間は一定の隙間を保っているため直接室外機に雪が触れにくくなり、室外機内部に雪が侵入することも予防できます。 木製やアルミ製の室外機カバーは、カラーやデザインが豊富で建物の外観に合わせることもできるので、好みのものをじっくり探すと良いでしょう。 室外機カバーはDIYの方がお得なの?省エネ効果重視なら屋根型で作ろう 室外機カバーは、実はDIYで作ることができます。 室外機の寸法よりも10センチ以上大きく「すのこ状の隙間がある箱」を作り、室外機に被せることで完成します。 既製品を買うのと室外機カバーをDIYで作る金額は、どこまでDIYで手をかけるかにより異なりますが、はじめは既製品を参考にしたり室外機カバー作りの情報収集が必要です。 木製の室外機カバーをDIYで作る場合、木材の選択や防カビ対策やガタつき予防などの準備も必要です。 費用の面から見てもいきなりDIYで作るよりも一度は既製品を参考にして、屋根型の日よけから始めることをおすすめします。 屋根型の日よけを作る際、室外機への日の当たり具合も詳しく調べておくと、後に箱型の室外機カバーを作るときにも役立つでしょう。 室外機カバーを付けるか悩む方必見!室外機カバーを付けるメリット 正直なところ室外機カバーってそんなに重要なの?と不安な気持ちになることも多いですよね。 取り付けるかどうか悩む方は、室外機カバーを付けるメリットをチェックしてみましょう。 決して安くはないエアコンを大事に使えるようになるメリットを紹介します。 室外機カバーを付けるメリットは見栄え・省エネ・雪対策・害虫対策 室外機はカバーを付けない場合いつでも野ざらしのため、雨風で薄汚れたり室外機の下や背面にクモの巣ができて、枯れ葉や他の昆虫が絡んで非常に汚く見えることがあります。 その点、室外機カバーを付けると見栄えを改善することができ、木製でもウッド調のものやスタイリッシュなアルミ製のものならおしゃれに演出できるでしょう。 次に省エネ効果が期待できることがメリットです。 エアコンは設定温度になるまでフルパワーで運転するので、その間の電気代が最も高くなります。 夏は日陰を作り、冬は防雪効果が得られることで、より効率的に短時間で設定温度に到達しやすくなります。 さらにクモの巣の発生や枯れ葉や害虫対策にも役立ち、室外機の下や背面で害虫が繁殖するようなことも防げるため、エアコンを使用しない季節はなるべくカバーを付けるようにしましょう。 全くエアコンを使用しない時期はすっぽり覆うタイプの室外機カバーがおすすめです。 見た目を改善・おしゃれに演出できる• 季節に合わせた省エネ効果が期待できる• 雪対策ができる• 害虫対策ができる 室外機カバーを付けると性能が落ちるデメリットもある 室外機カバーにはデメリットもあります。 室外機の周囲を囲うようにカバーを付けたままエアコンを稼働させた場合、放熱の妨げになり設定温度になるまで時間と電気代がかかります。 カバーの状態によっては、一度吹き出し口から出した熱を再度取り込んでしまうこともあり、 エアコン本来の性能を発揮できないこともあるのです。 室外機カバーはメリットを活かしつつ、エアコン稼働時は外すことが良く、特に周囲をすっぽり覆う箱型のカバーの場合は必ず外してからエアコンを稼働させることでデメリットを回避できます。 室外機カバーで悩むならすだれやグリーンカーテンがおすすめ 室外機カバーを買うかどうか悩む方は、不安なまま購入するよりもすだれやグリーンカーテンといった、手軽な方法を試してみてはいかがでしょうか。 環境にもお財布にも優しいので室外機カバービギナーにおすすめの方法です。 付けるか迷うなら室外機カバーを買う前に100円均一のすだれを試そう! 室外機カバーで迷うときは、100円均一で販売している「すだれ」を試してみましょう。 すだれは細い竹が材料で50~75センチほどのコンパクトなものから135センチ~150センチくらいの幅のものまで3~4種類販売されています。 すだれを設置するときは、室外機に日陰ができるよう付けることがポイントで 室外機に直接触れないよう紐や重りを使って斜めに設置するか、上から吊るして使います。 ファンの前にすだれが垂れないようにすること気を付けましょう。 すだれで物足りない方は、サイズが大きい「よしず」を利用するのも良いでしょう。 よしずは窓際や軒下に立てかけて使うもので、すだれと似ていますが葦が材料で2メートル前後のサイズが中心です。 室外機が日陰になるように斜めに立てかけて、できる限り固定してあげると良いでしょう。 よしずは100円均一では販売していないため、ホームセンターなどで購入するようになります。 室外機カバーはすだれもいいけどグリーンカーテンの方が見栄えが良い 初夏から秋口にかけて多くの方が涼を取るために育てるグリーンカーテンは、室外機カバーの代わりに日陰を作ることにも役立ちます。 グリーンカーテンは専用のネットにつる状の植物を絡ませて作りますが、 あさがお・よるがお・へちま・ひょうたん・きゅうりなど花や実を楽しめるものがおすすめです。 直接室外機に触れることはなく、支柱やネットを立てかけて使うため、室外機への直射日光を遮り、すだれとほぼ同じ効果が得られます。 ただ、見栄えが良いのはすだれよりグリーンカーテンでしょう。 すだれは全体的に茶色っぽいため、イキイキとしたグリーンカーテンの方が涼しげな印象を与えます。 グリーンカーテンは夏場限定のため、冬場は別の対応をしなければなりませんが、冬場は室外機に直射日光が当たる方が良いので雪対策ができれば特に問題ないでしょう。 グリーンカーテンを育てて毎年異なる花や実を楽しむことは、エアコン室外機で省エネもできて一石二鳥のお得な気分を味わえます。 エアコン室外機カバーは冬でも外してから稼働!省エネも期待できる エアコンの室外機カバーは、運転時は冬でも外すようにしてください。 エアコン稼働時は室外機が設定温度の空気を作り出すといっても過言ではなく、ファンから吹き出す室内温度の空気を放出させることが重要だからです。 室内温度の空気は設定温度ではないため、再度取り込んでしまえば設定温度になるまでエアコンがフル稼働し続けることになります。 つまり、エアコンのフル稼働時間が長引くと、その分の電気代がグンと高くなるということです。 それでは省エネのために付けた室外機カバーも、意味がなくなってしまいますよね。 そのため、冬の寒い時期でもエアコンを稼働させるときは、室外機カバーを外してから運転させるようにしましょう。 適切な室外機の状態と適切な設定温度により最も省エネ家電のエアコンで、家庭内のトータルの電気代を節約することにつながります。 一緒に読まれている記事• 高い原因を探る前に|電気代のしくみとは 電気使用量(kWh)が電気代を左右 電気代が高い原因を探る前に、そもそも電気料金はどのように算出されるのかを... 一人暮らしでかかる電気代の相場 1ヵ月あたり5,000~5,500円の電気代が平均 総務省統計局の家計調査によると、一人暮らしでかかる電気代の平均金... 電気代は口座振替で支払うものというイメージが強いですが、口座振替手続きをしていない方には振込用紙が郵送され、指定金融機関や各種コンビニで支払うことも... 家庭向けの電気代は、2011年以降たびたび値上げが続き、2010年から2014年の間だけでも平均25. 2%の上昇が見られます。 さらに4年後の2018... 同じカテゴリの関連記事• エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、... エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、... エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、... エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、... エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、... エアコンの室外機は屋外やベランダに設置してあり、室外機カバーは付けた方がいいのか、付けない方がいいのか、わからずに迷う方もいるのではないでしょうか。 室外機カバーの正しい使い方と、...

次の

エアコン室外機の屋上設置のリスク

エアコン 室外 機 大き さ

エアコンを使っていて室外機の音が気になった経験はありませんか。 その気になる音はもしかしたらエアコンの室外機に異常が起きているために発生している異音の可能性があります。 そこでここの項目では、エアコンの室外機が音とその異音が起きている原因について説明していきます。 室外機から発生する「ブーン」音と考えられる原因 エアコンの室外機が「ブーン」という音を出していた場合故障しているのでしょうか。 昼間は特に気になる事はありませんが、周りの音が静かな夜中になると気になります。 そこでブーンという音がきこえた場合に考えられる原因をいくつか挙げていきます。 この音は静かな時は気になってしまいますが、エアコンや室外機が壊れているわけではないので安心してください。 ただ音がものすごく大きく感じてしまう場合は、室外機の中のコンプレッサーからの振動が漏れている可能性があります。 振動を抑えるなどの対策をする必要があります。 特に大掛かりな工事などは必要ないので、そこまで深刻に考える必要はなさそうです。 掃除をする機会も中々ないでしょう。 特に室外機についている排水のためのホースにもゴミやほこり、虫などの死骸などが詰まってしまうとブーンという音が出てしまう原因になってしまうことが考えられます。 そのため時にはエアコンの室外機の排水ホースの中を掃除する事で改善する場合もあります。 そこでエアコンの室外機から「カタカタ」音がした場合に考えられる原因をいくつか挙げていきます。 そのファンが回る事で室外機のフレームに振動が伝わりそれが室外機を載せている土台のコンクリートなどに伝わりカタカタと音を立ててしまう事があります。 この場合は室外機の土台がしっかりと固定されていないか、室外機のフレーム部分に周辺に何かが触れていないかなど確認しましょう。 カタカタ音がどうしても止まらない場合は土台と室外機の間にゴムマットなどを挟むと音がなくなり解決する事があります。 基本的には振動から伝わっている音なので室外機内部が故障している可能性は低いでしょう。 振動を抑えればほとんどの場合は解決します。 それでもどうしても解決しない場合は業者を呼んで点検してもらいましょう。 室外機から発生する「ガコン」音と考えられる原因 室外機から「ガコンガコン」音がする場合に考えられる原因はコンプレッサーと呼ばれる部分に原因が考えられます。 コンプレッサーはエアコンにとって心臓の様な役割をしている部分です。 エアコンから冷たい空気や暖かい空気が出るのはこのコンプレッサーがしっかりと温度をコントロールしてくれているおかげです。 そのためこの部分に異常がある場合はエアコンが故障している可能性があります。 なのでこうした「ガコンガコン」という音がした場合は、急いで業者を呼んで修理してもらう必要があります。 エアコンのファンは外気をファンで取り込み、熱交換をするために回っています。 そのファンが壊れていたり、何かしらの異常が発生している場合は、こうした「ガコンガコン」という音がしてしまう事があります。 この場合も故障なので業者を呼び修理してもらう必要があります。 室外機の音はどれくらい大きいの? 室外機の音はどれくらいの大きさなのか、昼間はあまり気になりませんが、周囲の音が静かな夜中などはとても気になってしまいます。 この室外機の音は一体どれくらいの大きさなのでしょうか。 日常の音との比較 音の大きさを表現する場合、デシベルという単位で表現します。 このデシベルは騒音検査機などを使用する事で計測する事ができます。 では室外機の出すデシベルはどれくらいでしょうか。 室外機の音の大きさは50デシベルの物がほとんどです。 大きくても60デシベルの音の大きさが出ます。 50デシベル~60デシベルとは一体どれくらいの音なのでしょうか。 例えば誰もいない静かなオフィスや、静かな事務所の環境音がだいたい50デシベルです。 60デシベルの場合はチャイムの音や人が話している声や40キロで走る車の内部音の音が60デシベルです。 昼間はエアコンの室外機の音が気にならなくても夜中の静かな状態で人の話し声のくらいの音が聞こえてきたらどうしても気になって眠れなくなるのも理解できます。 skklab. 室外機は夏場は熱気を外に排出していますが、冬になると逆に外気の熱を吸い取り、それを元に部屋を暖めています。 つまり夏場よりも冬場の方が室外機のエネルギーを使っているので、その分どうしても音が大きくなってしまいます。 暖房時に室外機の音が大きくなってしまうのは、室外機が頑張ってくれている証拠で故障ではありませんので、心配していた方は安心してください。 エアコンの室外機の音がどうしてもうるさくて我慢ができない場合、何か対処をした方が良いでしょう。 なぜなら騒音がうるさいときはなにかしらの原因が潜んでいる可能性が高く、そのまま放っておく事で事態が解決する事はまずありえません。 何かしらの対処を取らない限りは改善されないの必ず対策を試みたほうが良いでしょう。 そこでここではエアコンの室外機の音がうるさいときのどのような対策を取ると良いのかエアコンの室外機の音がうるさいときの対策について紹介していきます。 そうした振動が原因だと推測される場合の対処法としては、エアコンの室外機と室外機の下にあるコンクリートの土台部分の間に防振ゴムを敷くと、振動が小さくする事が可能でしょう。 エアコンの室外機と土台の間に敷く防振ゴムは、ホームセンターなどでも取り扱っているので購入して対処してみてください。 建物や壁の近くに置いてしまうことで、その音が建物や壁を伝って振動し異音を立ててしまうためです。 そのためそうした場合はエアコンの室外機と建物の壁などとの間をできる限り開ける事で対処できるので室外機の設置場所を良く確認して対処してみてください。 室外機を地面や敷地の床に直接置いてしまうと、床や地面を伝って異音や振動が伝わってしまうことがあります。 そこで対処法としてはエアコンの室外機の下に土台を設置してできる限り音や振動が直接伝わらないようにする事で振動や異音を防げます。 エアコンの室外機は常に周囲の熱を取り込んだり、排熱したりしているため室外機全体を布なので覆ってしまうと熱を取り込んだり、排熱したりできなくなってしまいます。 その結果、室外機が故障してしまい余計に異音の原因になってしまうでしょう。 最悪の場合は完全に動かなくなる可能性もあるため、布などで覆ってしまっている場合は布を外しましょう。 フィルターにホコリやゴミ、ペットの毛などが付いてしまっている場合は異音の原因になるので掃除をしましょう。 掃除の仕方は掃除機のブラシなどを使って表面に付いたホコリなどを吸い取ります。 あまり奥までやってしまうと中の部品を傷つけてしまう危険もあるため、丁寧に掃除機ブラシなどを使って優しく丁寧に掃除をしましょう。 排水ホースは室内についているエアコンとつながっているホースで、エアコンを起動する事で発生する結露水と呼ばれる水を外部に出すためのホースです。 これが詰まってしまうとエアコンの異音の原因になってしまうのでこの排水ホースも掃除しましょう。 掃除する際は細長い棒などで優しく掻き出すと良いでしょう。 さすがに置くまでは掃除は難しいですが、できる限り掃除しておくと排水の出が良くなります。 ここではエアコンの室外機を掃除する事でどういった効果が期待できるのかについて紹介していきます。 室外機は定期的に掃除をしないと汚れが溜まったり、ほこりやゴミが原因でフィルターが汚れてしまいます。 その汚れをほったらかしにしてしまうと、異音の原因になってしまったり、最悪の場合は故障してしまいます。 そうならないように予防するためにも室外機の掃除は定期的に行う必要があります。 室外機は室外に熱を排熱したり、室外の空気を吸いだしたりと、室外機はファンによって熱交換をしています。 では汚れが溜まってしまっていたらその熱交換の効率はどうなってしまうでしょうか。 例えば、室外機のフィルターが汚れている場合は空気の循環が上手くいかずに室外機が過剰運転をしてしまうため、必要以上に電気代がかかってしまいます。 そこで定期的に室外機の掃除をする事で節電にもつながるので掃除をした方が良いでしょう。 室外機はどれくらいの頻度で掃除するの? 室外機の掃除をした方が良いことはわかりましたが、どれくらいの頻度で室外機の掃除をするべきなのでしょうか。 できれば1年の内でもっとも稼働する時期が来る前に掃除するので1年に2回程度やっておきましょう。 室外機の掃除は何月と何月にやるのがいい? 室外機の掃除は一体何月と何月にやっておくべきでしょうか。 夏になって気温が一気に上がってからでは掃除をする気力も体力も厳しくなるので、5月か6月までには掃除をすませておきましょう。 冬場は10月頃から寒さがきつくなってくるので、9月までには室外機の掃除をしておけば楽です。 1年に2回やっておけばあとは快適にすごせるので、掃除は大変ですがしっかりやっておきましょう。 エアコン室外機の掃除の仕方 室内にあるエアコンの掃除はやったことはあるとでしょうが、室外機の掃除はしたことがある方は少ないでしょう。 ここではそんなエアコンの室外機の掃除の仕方について紹介していきます。 フィルターが詰まっているとフィンの吸い込みにも影響が出てしまうので、ワイヤレスの掃除機やブラシなどで丁寧にホコリを取りましょう。 あまり強くこすったりするとフィルターの奥のフィンを傷つけてしまうので丁寧にゆっくり丁寧に掃除してください。 これは暖房を使う際に発生する水分を外部に出すための穴です。 この穴にホコリやゴミが詰まっていると水が溜まって室外機の部品をショートさせてしまう恐れがあります。 そんな最悪な事態を防ぐためにもこの水抜き穴を掃除しましょう。 詰まっている場合はホコリなどをブラシやほうきなどを使って払ってきれいにしてください。 このドレンホースにもゴミやホコリ、虫の死骸などが入り込み詰まってしまう事があります。 そこでこのドレンホースも定期的に掃除をします。 掃除の仕方は異物が詰まっている場合は割りばしなどの細長い棒状の物と入れて掃除します。 基本的には大きなゴミなどは入りにくいように作りになっていますが、何らかの原因で中に入り込んでしまっている場合は箱の外側の格子状の蓋を外して掃除をします。 専門的な知識があまりない方に掃除するのは難しい部分なので専門業者を呼んだ方が良いでしょう。 もしそうならせっかく掃除をしても、エアコンの効きが悪くなったり故障の原因になる事もあります。 そこで室外機の周りの掃除です。 室外機の周辺にゴミや物などで塞がってしまうと、室外機の熱交換などの役割に悪影響を及ぼす可能性があります。 なので室外機の周辺は常に綺麗に掃除しましょう。 植物などを置いている場合は葉っぱなどが散って室外機の内部に入り込む可能性もあります。 できればエアコンの周辺1m程度は何も置かないようにすると良いでしょう。 綺麗にして快適にエアコンを使ってください。 水洗いはしてはいけないの? 今回はエアコンの室外機の音と室外機がうるさいときの対処法や室外機の音はどれくらい大きいのかについて紹介してきました。 まず冒頭ではエアコンの室外機の音と考えられる原因について紹介してきました。 室外機が出す異音でさまざまな原因を推測できる事がわかりました。 音によっても原因が違うため、対処法も違いました。 室外機の音がうるさいときの対処法では室外機からの振動が原因の場合は防振ゴムと呼ばれるマットを室外機の土台と室外機の間に敷く事で解決できたり、室外機の設置位置を少し壁からずらす事でもある程度は軽減できました。 時にはエアコンの室外機も定期的に掃除をする事で異音や故障を予防する事ができます。 本格的にエアコンを使い始める季節の前に、エアコンの室外機もきれいに掃除してあげましょう。 そうすればエアコンの効きもよくなり、電気代の節電にもつながるので掃除をしましょう。

次の