溺れる ナイフ 漫画。 ジョージ朝倉 『溺れるナイフ』が生まれた〝きっかけ〞()

『溺れるナイフ』 : カフェクラシカル

溺れる ナイフ 漫画

Contents• 「溺れるナイフ」のネタバレ! まずは、あらすじ部分から見ていきましょう。 小学6年生の望月夏芽 (ナツメ)は親の都合で東京から浮雲町 (ド田舎)へ引っ越すことになった。 東京では雑誌モデルもしていた夏芽は刺激のない田舎への引っ越しに落ち込むが、1人の同級生との出会いがそんな夏芽を変える。 地元の元大地主「長谷川家」の跡取り息子で、比類ないカリスマ性を持つ男子・長谷川航一朗 (コウ) 2人は強く惹かれあっていくが…。 あらすじ補足 主人公とヒロインが最初に出会ったのはなんと小学6年生の頃! ここから単行本全17巻かけて中学生時代、高校生時代と成長していく2人の姿が描かれています。 先生いわく、原作タイトルの「ナイフ」が意味するものは「10代の自意識」 ジョージ朝倉作品らしい、むき出しの感情やダークな展開が描かれる「溺れるナイフ」は、いわゆる少女漫画とは一線を画する作品です。 漫画を読んでいる読者まで疲れさせてしまうほどの、生々しい10代の感情・エネルギー。 それが「溺れるナイフ」の魅力なんですね。 では、次からは物語のネタバレについて! 事件 中学生になった夏芽は、有名カメラマンの目に留まり写真集を出した。 美しく特別感のある夏芽。 その写真集がきっかけとなり、夏芽とコウは付き合うことになった。 夏芽はさらに芸能活動を続ける。 そして、全てをぶち壊しにするあの事件が起こった。 夏芽の熱狂的なファンである蓮目(27)がついに行動を起こし、夏芽を拉致!暴行に及ぼうとしたのだ。 夏芽は恐怖の中でコウの助けを信じ、そして本当にコウはその場に現れた。 しかし、中学生1年生が大の男に敵うわけもなく、コウは大怪我を負い蓮目に敗北してしまう。 その後、蓮目は逮捕されたが事件を機に夏芽とコウは破局。 何より決定的だったのは「助けられなかった」という事実ではなく、子どもなりの万能感から「神さん」として神聖視されていたコウが敗北してしまったこと。 どんなに周りから特別だと思われていても、コウも夏芽も所詮はただの無力な子供に過ぎない。 2人はそのことに気づいてしまった。 大友 破局してからというもの、コウは素行不良となり荒れ、夏芽は事件のトラウマからふさぎ込むようになってしまった。 コウは暴力的な性格となり、後輩いびりやタバコにまで手を出して親友の大友とさえも疎遠になってしまう。 そして2年の月日が過ぎ、中学3年生の夏。 夏芽は大友から告白され、2人は付き合うことになる。 思いやりにあふれ、優しく接してくれる大友。 夏芽はそんな大友にどんどん惹かれていき、いつしか本来の明るさを取り戻すこともできた。 そんな中、夏芽は事件のせいで退いていた芸能界から再び声をかけられる。 さんざん悩んだ夏芽だったが、ドラマ出演を決意したのだった。 コウの渇望 今や夏芽たちは高校生。 このまま大友と夏芽はずっと幸せに過ごしていく、かのように思われていた。 しかし、コウも夏芽も心の最奥ではお互いを想いあっている気持ちを失くしてはいなかった。 コウはついに実力行使に出る。 コウはまるで暴行のような形で夏芽を手籠めにしようとし、そのまま2人は身体を重ねた。 そして、これをきっかけに夏芽もまたコウへの気持ちを取り戻す。 夏芽と大友は破局した。 コウの劣等感 しかし、夏芽とコウはかつてのような関係に戻ることはできなかった。 夏芽はますます芸能界で活躍している一方で、コウは「あの事件」でかつての万能感(自信)を失ったまま夏芽に劣等感を抱いてしまう。 浮雲町の絶対的なカリスマであり、王であり、神であり、「本物」であったコウは夏芽に告げる。 「【本物】のお前の目に映るのが…しんどい」 夏芽はコウにかつての自信を取り戻させるため町の「火付け祭り」に出させるように仕組み、コウには「祭りに出てくれたら2度と会わない」と引き換え条件を出す。 祭りの日の真実 そして「火付け祭り」当日。 夏芽は現実か夢か判別できない体験をする。 山の小屋にいた夏芽の前に現れたのは、「あの事件」の犯人・蓮目。 蓮目は再び夏芽に暴行しようとするが、またしてもそこにコウが現れる。 ただし、結果はあの時とは違った。 コウは蓮目を一方的に痛めつけ、ついには息の根を止めてしまったのだ。 夏芽は思った「ああ…私の神さんがもどってきた」 しかし、後になって確認してみるとコウは「火付け祭り」に参加していたという。 そして、コウとカナが祭りの翌日に産婦人科に行っていたことから2人は付き合っているとも…。 コウを神聖視していて何かと行動を起こす。 夏芽はカナを問い詰め、真実の出来事を耳にする。 あの日、コウは確かに蓮目を手にかけていた。 いや、正確に言えば最後に蓮目は自らガソリンをかぶり燃えながら身投げしたためコウにそこまでの罪はない。 しかし、コウは蓮目の身投げを目撃していたカナに「遺体隠しを手伝ってほしい」と頼む。 蓮目の目的が「何であれ夏芽の経歴に傷をつけることだった」と読んだコウは事件の隠ぺいを目論み、それと引き換えにカナに「一生お前のモノだ」と約束する。 コウの真意を知った夏芽は、コウの意向を汲み取り、涙ながらにカナに告げた。 「ずっと…コウちゃんをよろしくおねがいします」 最終話 あれから2年が過ぎた。 コウにとっても、夏芽にとっても、それは空虚な日々。 そんな中、夏芽は「コウが海に身投げした」と聞き浮雲町へ戻る。 「もう2度と会わない」といったけど、コウを失うことはなによりも恐ろしいと告げる夏芽。 対するコウも、初めて会った時から夏芽に惹かれていたと告げ、約束は撤回された。 …それからさらに歳月が経過する。 コウと夏芽はその後別々の道を歩んでいたが、2人が38歳になる年に再会。 翌年には夏芽がコウの子供を産んだ。 そして2人が55歳になる年、ようやくコウと夏芽は結婚したのであった。 補足と感想 というわけで2人が迎えた結末は「 (熟年?)結婚」! まさか最終話で何十年も時が経過するとは思いませんでした。 「溺れるナイフ」の最終話については「読者の想像に託す」のような余地があり、しっかりと再会・出産・結婚の経緯が描かれているわけではありません。 しかし、全17巻分のコウと夏芽の物語を読んだ後ならいくらでも年月を埋めるような想像もできるというものです(笑) 今回はネタバレとして作品の内容、そして最終回の展開までを大筋で追ってきましたが、未読の方はぜひ原作漫画の方もチェックして下さいね。 繊細で丁寧な絵や、登場人物たちの複雑かつ生々しい感情を表現する表情など、ストーリー以外の部分の魅力の方が「溺れるナイフ」の本質だと思われます。 しかし、いざ最終回までのネタバレを見てしまうと、気になるのは実写映画の展開・結末。 果たして原作漫画に忠実な形でまとめられるのか、映画オリジナルになるのか、はたまた漫画最終話で描かれなかったエピソードが登場するのか! 公開が待ち遠しいですね。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。 単行本全17巻、ジョージ朝倉作品史上最も長編な「溺れるナイフ」は熱心なファンも多い人気作品。 「10代の自意識」を意味するタイトル通り、思春期特有の思考や、汚い部分も含めたリアルな人間描写が話題になりました。

次の

まんが王国 『溺れるナイフ』 ジョージ朝倉 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

溺れる ナイフ 漫画

「『溺れるナイフ』を描く前に『少年少女ロマンス』という作品を連載していて。 それもアンバランスな二人がお互いの理想と現実をぶつけにぶつけあってコナゴナになった後、どう、何を選抜するのかを描いたつもりなのですが、次作は挫折と再生を長いスパンで描きたいと思いまして」 その思いから派生した今作の輪郭を明確にしたのは「当時、抱いていた疑問の数々だった」そう。 「例えば、東京育ちの自分は田舎に憧れるけど、実際、そこに引っ越したら暮らしていけるのか? 幼い女の子達のエグい写真集を出したりしているけれど、彼女たちはどんな気持ちでカメラの前に立ち、この先どうなってしまうのか? 様々な疑問が物語に繫がっていった。 そんな疑問の中でも、特に理解できなかったのが、漫画家という仕事の対極にある〝表舞台に出る人達〞の気持ちだったんです」 そして「長く付き合う作品にしたいのなら、そういう〝わからないもの〞と向き合った方がいいんじゃないかと考えた」と言葉を続けたジョージさん。 「当時『ハートを打ちのめせ!』という読み切り形式の連載をしていたのですが、その作品では、あえて苦手な女の子を主人公にしていたんです。 例えば、嘘つきな女の子だったり、ヤリマンみたいな女の子だったり。 そして〝彼女達はなぜそうなったか?〞を考えながら描いていった。 それが面白かったんですよね。 わからないものには理由がある。 その理由を考える作業が新たな物語を生み出すこともある。 特殊な女の子を描くのは好きだし得意だけど、特別な女の子を描くのは苦手(笑)。 そんな私が完全に後者である夏芽という主人公を描いたのには、そんな期待もあったんですよ」 コウの人物像に強い影響を与えた、 中上健次作品 さらに『溺れるナイフ』を語るうえで、外せないのが〝中上健次〞というキーワードだ。 なかでも、彼が脚本を書き、柳町光男監督が撮った『火まつり』という素晴らしい映画があって。 〝私もこういう作品を描けたらなあ〞と思ったんです」 出身である和歌山の熊野地方を舞台に数々の作品を書いた中上健次。 「『溺れるナイフ』の舞台は丁度その頃世界遺産にもなった熊野にできたらと思っていました」 作品制作に取り掛かる前、まず訪れたのはそんな彼の故郷である新宮市から車で1時間山に入った温泉地と、さらに歩いて1時間の神社だった。 「『火まつり』もまた熊野が舞台になっているんですけど、その映像で感じた〝土地の力〞がそこにはそのまま存在していて。 この神聖な空気を漫画に描きたいと強く思いました。 そこを歩いて〝ここで生まれ育つのってどういう感じなんだろう〞とイメージを膨らませました。 一人で必死に写真を撮ったり、青白い顔で必死にメモをしたり。 よっぽど怪しく映ったんでしょうねぇ。 結果、自殺をしに来た人と間違われ、見知らぬおじさんに〝人生色々あるよな〞と励まされてしまったという(笑)。 実は、そこで聞いたおじさんの身の上話が、夏芽の父親像に繫がっているんですよ」 コウの人物像に強い影響を与えたのもまた中上作品だった。 「名作『熊野三部作』を始め、中上作品の主人公は皆エネルギッシュでギラギラしている。 何か秀でた特技があるわけではないけど、絶対的なカリスマ性、全能感を漂わせていて。 そんな人物を描きたいという思いから生まれたのがコウなんです。 結果、中上作品とはだいぶ違う仕上がりにはなりましたが(笑) また、〝自分には何でもできる〞と信じている、子供の頃の全能感っていつか消えるものだけれど、特別な人物の〝裏打ちのある全能感〞を、どうでもいいもので、まさかの角度でぶち壊されたらどうなるのかも描いてみたいと思ったんですよね」 単純に面白いと思うものを 描いているだけなんです そして、生まれた『溺れるナイフ』。 恋愛の二文字には収まりきらないその世界観は連載開始当初から話題に。 当時を「こういうのを読みたい子もいるでしょ、そんな気持ちで描いていた」そう振り返り、「でも『別フレ』をめくるたび思いました。 〝うわ〜浮いているな〞って」と笑ったジョージさん。 「今もよく聞かれるんです。 〝なんで『別フレ』でデビューしたの?〞って(笑)。 そもそも、小学校の頃からずっと『なかよし』に投稿し続けていたんです。 講談社の賞金が一番高いっていう理由で(笑)。 でも高校生の頃、編集さんに言われたんですよね。 〝君は『なかよし』じゃないよね〞って。 というのも、その時に持ち込んだ漫画が『情熱のアフロ』ってタイトルで。 〝そもそも小学生にアフロが伝わらない〞と(笑)。 そこから、同じ講談社の『別フレ』に繰り上げて投稿し始め……。 まあ、話はそれましたが『なかよし』にアフロネタをナチュラルに投稿できるくらい、そもそも自分自身は〝異色な作品を描いている〞という感覚が全くないんですよ(笑)」 生々しいほどにリアル、エキセントリックでドラマティック、いい意味で少女漫画の文法に寄り添わない、そう評されることの多いジョージ作品だが、それに関しても、本人は意識しているわけでなく「単純に自分が面白いと思うものを描いているだけ」と語る。 「よく、作品に関して〝なんでコレを描こうと思ったんですか?〞という質問をされるんですけど。 私からすると〝だって、そっちの方が面白くないですか?〞って。 その質問自体〝意外〞と感じる瞬 間も多かったりして。 面白い漫画を描けばいい。 そうすれば、読むに値すると読者にもきっと選んでもらえる。 そう信じて描き続けているんですけど……。 『恋文日和』を描くときは、担当編集に呼び出され、目の前で二つの円を描かれて。 〝こっちがジョージの描きたい漫画、こっちが読者の読みたい漫画。 まあ、そこからは読者の視線も自分なりにですが意識するようにはなりました(笑)」 『溺れるナイフ』は あの時だから描けた作品 「今作の映画化に関しては、かなり初期の段階で山戸監督から、熱いお手紙をいただいたんです」そして「今後、こんなに監督自身に思い入れをもって撮ってもらえることはないかな」「このままだと、この作品は時間と共に忘れ去られてしまうし、映画化はもっと読んでもらえる最後のチャンスになるかもしれないな」そんな思いで快諾したと言葉を続け、『溺れるナイフ』を「特別な作品」と語ったジョージさん。 理由を尋ねると、こんな答えが返ってきた。 「この作品に関しては〝これ以上は無理〞という部分まで押し通し、寛大な処置で描かせてもらえた。 そこは本当に『別フレ』に感謝しています。 あとはまあ、単純に〝長い〞っていう(笑)。 約10年の連載期間中、キャラクターの気持ちに沿うように、自分自身を追い込み、描くのがしんどくなったことも。 真正面から向き合い、共に濃厚な時間を過ごした作品でもあるので〝あの時だから描けた作品〞。 同じものはもう描けない、そんな思いでいるんです」 思春期の爆発しそうなエネルギーに惹かれるのは変わらない。 でも「そのうち、また大人の女性の恋愛も描いてみたい」という思いも。 「大人の女性は仕事に忙しく恋愛に癒やしを求める人も多いと思うので、逆に全然、癒やされない男と恋に落ちるとかどうですか? もはや修行。 〝死ぬのかな、私〞みたいな、自分は癒やされたいのに、みたいな(笑)。 現実にあったら困るけど、読むのは面白い、そう思ってもらえたらうれしいですよね」 PROFILE ジョージ朝倉 5月11日生まれ。 東京都出身。 1995年、『別冊フレンド』(講談社)にてデビュー。 2005年『恋文日和』で第29回講談社漫画賞少女部門を受賞。 他の主な作品に、『恋文日和』、『少年少女ロマンス』『ハッピーエンド』『ピース オブ ケイク』など。 現在、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて『ダンス・ダンス・ダンスール』を連載中。

次の

溺れるナイフ漫画最終回の結末ネタバレ・感想!幼なじみのその後は?

溺れる ナイフ 漫画

U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVがおすすめ 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、 TSUTAYA TVがおすすめです。 おすすめの理由は、• 30日間(約1ヶ月間)も無料体験期間がある• 登録時1080円分のポイントがもらえ、有料作品もすぐに見れる• 毎月1080円分のポイントがもらえる• DVDレンタルが月に8本利用できる こういった特徴があるところです。 月額料金は2,417円と少し高めですが、まだオンライン配信されていない新作やDVDでしか見ることができないジブリ作品などをレンタルすることが可能です。 TSUTAYATVも30日間の無料お試し期間があるので、U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVをおすすめします。 「溺れるナイフ」のあらすじ 都会から田舎へ転校してきた女の子は、田舎で自由にわがままに生きている男の子にいつの間にか惹かれていく。 お似合いと言われながらもある事件をきっかけに二人の関係は歪なものに。 そこに現れる性格の優しいもう一人の少年。 壊れていく絆をもう一度復活させることはできるのか・・・ 「溺れるナイフ」のキャスト・監督・原作 キャスト:菅田将暉 小松菜奈 重岡大毅(ジャニーズWEST)上白石萌音 志磨遼平(ドレスコーズ) 監督:山戸結希 脚本:井土紀州 原作:ジョージ朝倉 「溺れるナイフ」予告動画(Youtube) 「溺れるナイフ」を観た人の感想 実際に「溺れるナイフ」を観た人の感想をTwitterで調べてみました。 溺れるナイフ見てからすだななハマった… そして大友いい人すぎる… 金髪の菅田将暉尊い…… 小松菜奈美人すぎる…… 重岡大毅まじ性格好き… 溺れるナイフのキャストはまじで良き。 その少年に惹かれる小松菜奈の心が痛いほど伝わってくる。 誰しも田舎に引越してこんな少年が居たらきっと魅了されるだろう。 やはり菅田将暉小松菜奈は最強。 学生に戻って島で暮らしたいと思える爽やかな物語 — 優柔不断チャン Awdl1D 映像が綺麗で、見やすい。 美しい二人をずっと見ていたいなどの映像作品としての芸術性の高さが感想になっていうことが多いですね。 ストーリーが少し難しいですが、映像美を見る楽しみで良いかも! フィッシング広告やウイルス感染してしまってからでは遅い!U-NEXTなどきちんとした方法で無料で見る方法があるので、違法動画は見ないようにしましょう。 「溺れるナイフ」と合わせて見たい映画 菅田将暉 出演作• 王様とボク• 共喰い• そこのみにて光輝く• 海月姫• 暗殺教室シリーズ 帝一の國や、暗殺教室など、多くの映画に出演されています。 幅広い役が多い菅田さんですが個人的は「共喰い」の遠馬の役がとても鮮烈でしたね。 センシティブな悩みを持つ少年と、その恋人との関係。 親に対して抱く嫌悪を上手に演じています。 こんなにも切なく、素敵な演技ができる若手俳優はいないのではないでしょうか。 小松菜奈 出演作• ただいま• ディストラクション・ベイビーズ• 予告犯• サムライマラソン• さよならくちびる• 映画「渇き。 」では不思議めいた女子高生の役を演じていましたが「さよならくちびる」では悩みが溢れる女性を演じました。 ギターと歌にも挑戦して素敵な歌声を聞かせてくれます! タグ 綾瀬はるか 坂口健太郎 本田翼 北村一輝 中尾明慶 石橋杏奈 柄本明 桐谷美玲 山崎賢人 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン 吉高由里子 高良健吾 ARATA 井浦新 あびる優 ソニン 永野芽郁 三浦翔平 白浜亜嵐 山本舞香 小野寺晃良 室井響 小山莉奈 大幡しえり 西田尚美 佐藤隆太 中井貴一 ディーン・フジオカ 石田ゆり子 小池栄子 斉藤由貴 吉田羊 田中圭 菅田将暉 志尊淳 竹内涼真 岡山天音 野村周平 萩原利久 千葉雄大 間宮祥太朗 木村了 吉田鋼太郎 福士蒼汰 小松菜奈 山田裕貴 清原果耶 東出昌大 満島ひかり 遠藤雅 重岡大毅 上白石萌音 小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田凌 瀬戸康史 藤原竜也 松山ケンイチ 香椎由宇 黒木メイサ 桐谷健太 上地雄輔 山田孝之 高岡蒼甫 柴咲コウ 向井理 藤ヶ谷太輔 水原希子 窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 山﨑賢人 神木隆之介 岡田将生 新田真剣佑 安達祐実 淵上泰史 広瀬すず 松岡茉優 佐野玲於 中川大志 高杉真宙 横浜流星 やべきょうすけ 大東俊介 竹内力 川島なお美 戸田恵梨香 加瀬亮 栗山千明 大島優子 役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 中村倫也 竹野内豊 堺雅人 高畑充希 堤真一 安藤サクラ ムロツヨシ 要潤 國村隼 市原隼人 小出恵介 城田優 佐藤健 福田沙紀 でんでん 岡田浩暉 松澤一之 載寧龍二 有村架純 麿赤兒 三浦貴大 大原櫻子 小島可奈子 いしだ壱成 佐藤藍子 染谷将太 醍醐虎汰朗 森七菜 倍賞千恵子 平泉成 梶裕貴 土屋太鳳 片寄涼太 草川拓弥 杉野遥亮 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 綾野剛 玉山鉄二 川栄李奈 宮野真守 花澤香菜 松たか子 柳英里紗 渋川清彦 河井青葉 黒田大輔 日南響子 青木崇高 麻美ゆま 平間美貴 星野あかり 七海なな 忽那汐里 平祐奈 森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈 忍成修吾 森岡龍 佐藤ありさ 入江甚儀 黒島結菜 小篠恵奈 松尾薫 浅野忠信 上戸彩 斎藤工 伊藤歩 平山浩行 藤山直美 岸部一徳 大楠道代 石橋蓮司 中条あやみ 山崎紘菜 真剣佑 天海祐希 上野樹里 玉木宏 瑛太 水川あさみ 藤本泉 新川優愛 小柳友 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介 芳根京子 小島梨里杏 戸塚純貴 水谷果穂 渡辺真起子 矢本悠馬 森永悠希 宮藤官九郎 リリー・フランキー 村川絵梨 林遣都 安藤政信 落合モトキ カトウシンスケ 藤崎里菜 間宮夕貴 髙橋里恩 ヤン・イクチュン 木下あかり ユースケ・サンタマリア 木村多江 高橋和也 香川照之 山本太郎 岩田光央 佐々木望 大友克洋 多部未華子 木村文乃 森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 遠藤章造 温水洋一 中島ひろ子 片瀬那奈 マギー 上原さくら 新海誠 竹中直人 小島聖 伊勢谷友介 金子ノブアキ 宮崎あおい 濱田岳 奥田瑛二 清原翔 福原遥 江野沢愛美 笠松将 新垣結衣 吹石一恵 土屋アンナ 高嶋政宏 倉科カナ 佐々木蔵之介 伊藤英明 豊川悦司 志田未来 芦名星 渡部篤郎 西島秀俊 池松壮亮 伊藤淳史 坂桃李 ビートたけし 葉山奨之 堀井新太 川口春奈 松尾太陽 上杉柊平 国生さゆり 長谷川博己 石原さとみ 松田翔太 前田敦子 前野朋哉 妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 池脇千鶴 岩田剛典 杉咲花 須賀健太 大政絢 唐田えりか 山下リオ 伊藤沙莉 黒木華 夏帆 笑福亭鶴瓶 岡本杏理 山本美月.

次の