コンテ イジョン amazon。 Amazon Prime Video で観た「コンテイジョン」のあらすじと感想(ネタバレあり) #おうち時間

『コンテイジョン』 感想

コンテ イジョン amazon

パンデミック映画『コンテイジョン』の見どころ 以下、少しだけネタバレを含みますので要注意です! ファーストカットのセリフが『咳』から始まる恐怖 映画『アイアンマン』の美人秘書 ポッツ役のグウィネス・パルトロウの咳から映画が始まります。 彼女の名前は、ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)で、主人公のミッチ・エムホフ (マット・デイモン)の妻。 出張帰りの空港で飛行機を待つ間に何度も咳がでて調子悪そうな様子から映画が始まります。 テロップには『Day2』(2日目)の表示。 ちなみに『Day1』(1日目)に起こったことは、映画のラストで明らかになります。 既に何人かの人が病気に感染しています。 その人たちの咳や、触れたもの全てを舐め回すようなカメラワーク。 ウイルスが、咳と一緒に出る唾液や、患者が触れたものから感染する様子が描き出されており、現在のコロナの流行と全く同じです。 主な感染経路が、人々が触れるモノから感染するというリアリティ 映画のところどころで、人が触れたモノから、口や目からウイルスが侵入する様子が描かれます。 ただし、ウイルスは目では見えません。 普段なら、ごく普通のレストランのシーンなのですが、、、 ウイルスに感染した人がレストランで食事をする。 その食器に触れたウエイトレスが、他のお客に料理や水を運ぶ。 その水を、何も知らない客が飲み干す。。。 これって、本当? 多分真実でしょう。 現在のコロナ禍で、どのような事に気をつけて身を守るべきか考えさせられます。 パンデミック映画『コンテイジョン』を無料で見る方法 『コンテイジョン』を配信中の動画配信サービスを紹介します。 監督 :スティーブン・ソダーバーグ 脚本 :スコット・Z・バーンズ 製作 :マイケル・シャンバーグ 製作 :ステイシー・シェア 製作 :グレゴリー・ジェイコブズ パンデミック映画『コンテイジョン』の評判 コロナウイルスによる世界パニックとそっくりという意見が多々あり。 今後の世界の動きが予想できるかもです。。 恐すぎて鳥肌立った。 コロナウィルスが感染拡大する前に観た人はどう思いましたか?? この映画を思い出しましたか?? 私は今観て世界が同じ状態にあることをより一層実感しました。 31日間、見放題動画を無料で楽しむことができます。 もし気に入らなければ、料金を支払わないまま解約することもできます。

次の

映画「コンテイジョン」をAmazonより安く視聴できる動画サービス【U

コンテ イジョン amazon

ただしAmazonプライムビデオやdTVはレンタル料がかかってしまいます。 また、TSUTAYA DISCUSはDVDレンタルサービスなので、返却時に近くのポストまで出向く必要があり、完全に在宅のままというわけにはいきません。 完全に家に居ながらにしてコンテイジョンを無料で楽しめるのは、 huluとU-NEXTだけです! huluの特徴 huluは月額933円(税抜)の動画配信サービスです。 Huluは日本テレビの子会社であり、日本テレビ系のドラマが特に充実しています。 ただ、それだけでなく、 その他の局の国内ドラマや映画、バラエティ、アニメ、海外の映画やドラマといったコンテンツが豊富に揃っています。 その数は 5万本以上です。 そして何より大きな特徴としては、 そのすべてが見放題であるということです! 追加のレンタル料は一切かかりません。 無料トライアル期間が2週間ありますので、その間にコンテイジョンを見終われば、一切無料のままというわけです。 U-NEXTの特筆すべき点、それは 無料トライアル期間が31日もあるということです! 初めての登録であれば、U-NEXTを31日間無料で使えます。 レンタル料がかかる作品もありますが、 コンテイジョンは見放題作品に含まれており、追加料金不要です。 そのうえ、無料トライアル期間であっても、 有料動画閲覧に使用出来る600ポイントをもらうことができます。 コンテイジョン以外に観たい映画があれば、そのポイントを利用してそちらもタダで見ることが出来ますよね。 動画配信数は17万以上とかなり多いので、きっと他に見たい作品も見つかりそうですね! ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港での出張後、元恋人に会いにシカゴに立ち寄った。 その2日後にベスは、ミネアポリスの自宅で痙攣を起こし意識不明となってしまう。 ベスの夫、ミッチ(マット・デイモン)は慌てて病院に搬送するものの、ベスは原因不明の病死となる。 継子のクラークもベスト全く同じ症状で死んでおり、ミッチは隔離される。 そしてその頃、世界中で同じような症状で倒れる人々が。 東京では男性がバスの中で突然死亡する。 香港では意識朦朧の男性が交通事故に遭う。 ロンドンではモデルの死体がホテルのバスルームで見つかる。 彼らに接触した人たちもまた、その新種のウイルスに侵されていくのであった。 医師やWHOが動き出し、感染経路の調査や感染源の調査を始めるその間にも、脳に大きなダメージを与えてハイスピードで脳症に発展させる新種のウイルスは猛威を振るう。 感染が拡大する中、人気ブロガーのアラン(ジュード・ロウ)が、「政府が真相を隠している」「本当は政府はワクチンを隠匿しているんだ」と政府不信論を流布し始めた。 人々はデマと恐怖に踊らされることになる。 この映画のキャッチコピーは「【恐怖】は、ウイルスより早く感染する」。 今、新型コロナウイルスの脅威にさらされている私たちにとって、このキャッチコピーは全くもって他人ごとではありませんよね。 未知のウイルスに対する恐怖はもちろんありますが、実は一番恐ろしいのは自分さえ良ければよいという心であったり、デマに踊らされてしまう愚かさであったりするのですね。 パンデミックによる恐怖をうまく描いている作品であり、新型コロナウイルスと闘っている今を予言していたのではないかとまで言われています。 感染症の専門家が監修を行っていますが、この映画は上映当時は日本ではあまり話題になりませんでした。 ちょうど東日本大震災から半年後というタイミングで上映されたので、あまり注目されることがなかったようです。 今この時だからこそ、ぜひ見ておきたい映画ですね。 コンテイジョンの夜明け登場人物・キャスト紹介.

次の

コンテイジョン(映画)吹き替え版はアマゾンプライムやhuluで無料配信ある?【あらすじ・ラストネタバレ】

コンテ イジョン amazon

こんにちは! noteを毎日更新しているきゃべつです。 今回は、今世界で話題の映画 『コンテイジョン』を取り上げたいと思います。 ・そもそも『コンテイジョン』って何? ・なんで話題になっているの? ・実際に見た感想 ・視聴方法 この辺りをまったり紹介していきますね。 ・正体不明のウイルス ・外出規制 ・医療崩壊 ・パニックによる買い占め、暴動 など、「コロナウイルスを予期したんじゃないか」と思うくらい忠実に再現されているんです。 時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。 謎のウイルス感染が発生したのだ。 新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。 米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。 だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。 その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。 他にも、 メンタリストのDaiGOさんなどいろいろな方がオススメしていたので、実際に僕も観てみることにしました。 本当に今の状況とそっくりだ。 」 これが観終わった直後の感想ですね。 いろいろな人が「そっくり、そっくり」と言っていたけれど、ここまで忠実に表現されているとは思いませんでした。 それと同時に、これからの世界に対する不安も抱きました。 「 もし、映画の内容と同じ未来になったらどうしよう… 」と。 もちろん、ワクチンが完成すれば感染症はある程度抑え込むことができます。 ただ、 【ワクチンがいつ出来るのか・全世界の人間が接種し終えるまでどれくらいかかるのか】など、考えさせられる内容でした。 とにかく、出来る限り家にこもっていようと改めて思いましたね。 家で過ごす時間が多い今だからこそ、オススメの映画です。 この映画を観て、これからの世界について改めて考えるのも良いと思います!.

次の