お 見舞い 金 入れ 方。 お見舞い金お役立ち情報!正しい封筒の選び方と包み方を学ぶ

入院見舞い金額の相場や書き方、お金の包み方は?お見舞いのマナーは?

お 見舞い 金 入れ 方

見舞い金の金額相場 お見舞金の額は自分とお見舞いをする方との関係性や、立場によっても違ってきます。 一般的な目安としては、3,000円、5,000円、10,000円といった切りの良い金額が良いとされています。 また、 4、6、9が入る金額は「死」・「無」・「苦」などを連想させることから避けるのがマナーです。 ではお見舞い金として渡す金額は、いくらくらいがいいのでしょうか?各ケースの相場について、細かくみていきましょう。 友人へのお見舞金 いざという時に困るのが友人へのお見舞い金。 一般的に3,000円〜5,000円が相場とされています。 あまり 高額になると快気祝いでお返しする負担が大きくなってしまうので気を付けましょう。 同じようにお見舞いに行く友人がいれば、金額を合わせるようにするといいでしょう。 また、お見舞いをしたいと考えている友人同士で、一人当たり1,000円~3,000円程度を集めてまとめて渡す方法もあります。 その場合は個別にお返しの心配をしないでください、などと一言添えると丁寧です。 会社の同僚へのお見舞金 個人でお見舞金を用意する場合は3,000円~5,000円程度が相場です。 あまり 高額になるとかえって相手も気を使ってしまうので注意が必要です。 友人の場合にもいえることですが、お見舞いに大勢で行ってしまうと相手に迷惑がかかってしまうので、一人1,000円~3,000円ほど包んで、代表者が集めたお見舞い金をもっていくのも良いでしょう。 部下へのお見舞金 普段からの人間関係によって違ってきますが一般的な額として5,000円から10,000円程度が相場です。 個人的に渡す場合は、 負担のない金額で良いでしょう。 上司へのお見舞金 基本的には、自分より 目上の方にお見舞金を現金で渡すことは失礼にあたります。 入院された方に必要な品物を選んで訪問するのが本来のお見舞いの形だからです。 大切なのは、 個人で判断せずに、職場の中で相談してお見舞金やお見舞いの品を決めることです。 もし上司に現金を渡すとなった場合、相場としては3,000円~10,000円程度が一般的です。 また、この場合は表書きに「お見舞」ではなく「御伺い」または「祈御全快」と書き、あわじ結びののし袋を使用しましょう。 会社の場合、 慶弔規定でお見舞いに関する決まりがあれば、それに従うと良いでしょう。 【合わせて読みたい】 取引先へのお見舞金 個人的な付き合いではなく、あくまで仕事上の関係であれば一般的には、会社からお金を出すことになります。 その場合、会社で規定が定められているので、まずは 社内で確認すると良いでしょう。 社長であれば10,000円~30,000円程、それ以外であれば10,000円~20,000円程度が金額の相場です。 親戚関係へのお見舞金 親や兄弟姉妹、祖父母や親戚にお見舞い金を渡す場合は、5,000円〜10,000円程が相場です。 ただし、入院の期間、付き合いの度合いなどによっても金額は変わってきます。 また、 兄弟姉妹などで金額をそろえるか、というところも相談して決めておきたいところです。 相場は10,000円を越えない金額ですが、普段から親しくしている親族やお世話になった人であれば30,000円ほどまでお見舞い金の金額を上げても構いません。 見舞い金を入れる袋の種類 ケガや病気のお見舞いの際には、 紅白の結び切りの水引が付いた袋を使用しましょう。 結び切りは、ケガや病気などの 一度切りであって欲しい事柄に対するお見舞いに使用します。 紅白の水引が付いた袋には、蝶結びもあり、こちらは何度あっても良いお祝い事に対して使用しますので、絶対に避けましょう。 不幸事だからといって 不祝儀袋を使うことも必ず避けてください。 紅白の結び切り封筒だけでなく、 白無地の封筒、または 赤帯入りのお見舞い用封筒もあります。 これらは、ケガや病気の程度が特に重い場合や、流産や死産のお見舞い、災害のお見舞いなどに使用します。 ただし、一般的なケガや病気でも、紅白の水引に抵抗がある際には使用可能です。 ケガや病気の程度で迷った時は、白無地封筒、または赤帯入りのお見舞い用封筒を用意するのが無難です。 また、入院が繰り返されることを意味する 二重の封筒は避けましょう。 見舞い金の表書きの書き方 表書きは、封筒の上部に「 お見舞」または「 御見舞」とし、下部中央に名前を記入します。 連名の場合は、右側から目上の高い人の順に記載しましょう。 夫婦連名の場合、夫の名前をフルネームで記載し、妻は名前のみを左側に書きます。 また、4名以上の連名となる場合ですが、代表者がいればその人の名前、左側に「〇〇一同」と記載します。 連名者全員の名前は別紙に記載し、お金と一緒に袋の中包に入れましょう。 見舞い金の包み方 お見舞金のお金は新札を避けるべきとされています。 新札を持って行くということは、事前に用意していました、という捉え方をされることがあるためです。 そのため、折り目などがついている普段使いのお金を使い、新札しかない場合は折り目を付けてから封筒に入れるとよいでしょう。 お札の向きは人物の顔が上になるように入れます。 お見舞いには不幸の意味合いは込められていないので お札の人物が上に来るように入れることがマナーです。 見舞い金の渡し方と渡すタイミング 入院直後や手術前後はお見舞いを避け、入院して数日経ってからお見舞いに伺います。 病院の面会時間を確認したうえで、 事前に先方へ面会可能か確認してからが良いでしょう。 長居するべきではないのでお見舞い金は、面会に伺った際に先に渡すといいでしょう。 本来はお見舞金ではなく、お見舞品を贈る方が好ましいとされるため、渡す際は相手を思いやり「何がいいか迷いましたが、お見舞い品の代わりに」などの 言葉をかけ気遣うことが大切です。 入院中の相手が遠方にいるという場合は、お見舞金を現金書留で送ることも可能です。 現金書留専用の封筒に祝儀袋あるいは白い封筒を入れ、郵便局窓口で手続きを行います。 対面でのお見舞ができない分、 手紙を添えると気持ちが伝わるでしょう。 まとめ お見舞金は多ければ多いほうが良いと思ってしまいがちですが、相手が気を使わなくて済むよう、高い金額を渡すのを避けるというのも必要な心遣いです。 金額以上に、 相手の回復を祈っているという気持ちが伝わることが何よりも大切なのです。 また贈る相手との関係性によっても相場が変わってくるもの。 住んでいる地域や会社などによって習慣が違ってくることもあるので、事前に身近な人に相談してみると安心ですね。

次の

お見舞い金お役立ち情報!正しい封筒の選び方と包み方を学ぶ

お 見舞い 金 入れ 方

紅白の『結びきり』か『あわじ結び』の水引が付いた袋• 赤い帯の入ったお見舞い用の封筒(冒頭の画像)• 白無地の封筒 のいずれかを使用します。 水引とは、金封などについている飾り紐のことです。 冠婚葬祭で使われる水引には、蝶結び(花結び)・結び切り・あわじ結びがありますが、それぞれきちんと意味があります。 意味がわかると、袋の水引選びを間違うことがなくなるので、お見舞いに適したものかどうか、水引の意味をひとつずつお伝えしますね。 「 何度も繰り返されてほしい」 という意味があるので、一般的なご祝儀や慶事などのお祝いごとなどに使われます。 病気のお見舞いに使用すると、「不幸や病気を繰り返す」という意味になってしまうので、お見舞いには NGです。 「 繰り返すことのないように」 「 今回一度で終わる」 という意味を持ちます。 結びきりは、一度きりであってほしい入院には適しています。 輪の部分が鮑(あわび)を表しているので、鮑結びとも呼ばれます。 結びきりと同様に、 「 繰り返すことのないように」 「 今回一度で終わる」 という意味を持つので、 あわじ結びは入院のお見舞金を包むのに適しています。 入院のお見舞いの袋に熨斗マークはダメ! お見舞いの際は、病気や怪我が2度とないようにと願い、紅白の『結びきり』か『あわじ結び』を使用するのがわかったところで、ひとつ注意してほしいことがあります。 それは、 入院のお見舞いに使う袋では、 熨斗(のし)が付いたものはNGということ。 熨斗というのは、袋の右上にある折形で出来ている飾りです。 熨斗は「 あわび」を表しています。 海で採れる、あの高級なあわびです。 熨斗は、昔の人があわびを薄く伸ばして加工した「熨斗鮑(のしあわび)」を縁起物として贈り物にしていたことに由来します。 昔から、美味しい上に、保存性の良いあわびは高級品でした。 高級品だけに、毎回贈り物にはできなかったので、 「熨斗鮑の代わりの品で失礼します」 といった意味でついています。 他にも熨斗には、 「熨斗鮑で美味しいお酒を召し上がってください」 といった意味もあるので、熨斗がついた祝儀袋はお祝い事にしか使えないのです。 お見舞いはお祝いごとではないですよね。 なので、 お見舞い金の袋は水引のみで、熨斗がないものを使うのが正しいマナーになるわけです。 なぜお見舞いに紅白の水引? 病気や怪我で入院している人をお見舞いするのに、紅白の祝儀袋を使うのはどうなのか、という意見もあります。 相手の不幸をお祝いしているといったイメージをいだくのかもしれません。 ですが、 紅白の水引を使うのには、「入院している相手の全快を願う」という気持をこめてのことなので、全く問題がない正しいマナーです。 それでも、紅白の水引に抵抗がある場合は、赤い帯の入ったお見舞い用の封筒か、白無地の封筒を使用するといいですね。 入院お見舞いに使うのし袋の書き方は? お見舞い用の袋や封筒の準備が出来たら、表書きと名前を記入します。 表書きには「御見舞」と、「自分の名前」を書きます。 目上の方へのお見舞いの場合には「御伺」とすることもありますが、「御見舞」が一般的に広く使われています。 ご祝儀袋・不祝儀袋の筆記具は、ボールペンや万年筆は、マナー違反になります。 毛筆や 筆ペンが一番望ましく、それらが無い場合は黒い太めのフェルトペンやサインペンでも大丈夫です。 プリンタの印刷もOKです。 最近はパソコンで印刷する人も多いようです。 封筒の上部の中心には「御見舞」あるいは「御伺」の表書きを書き、下部の中心に自分の名前をフルネームで書きます。 「御見舞」を「御見舞い」にするのはNGです。 「御見舞い」は4文字。 4文字は『死』を連想するため、古くから縁起が悪いとされているので、気をつけてくださいね。 連名になる場合は? 連名になる場合は、目上の人が1番右になるように書きます。 夫婦で連名にする場合は、夫の名前をフルネームで書き、名前の部分の左側に妻の名前を書き添えます。 妻の苗字を書く必要はありません。 4名以上の連名になる場合は? 4名以上での連名になる場合は、中心に代表者の名前だけをフルネームで書き、その左側に一回り小さな文字で「外一同」と書き添えます。 連名者全員の名前をフルネームで別紙に書いて、袋の中包にお金と一緒に入れます。 お見舞金に使うのし袋や封筒に金額は記入すべき? お見舞いで包む金額は、書いても書かなくてもかまいません。 書いたほうが、のちのち相手がお返しをする際に役立ちます。 結婚式など、大勢の人がご祝儀袋を受付に渡す場合は、わからなくならないように住所や名前、金額なども書きますが、お見舞いの場合は表書きの名前のみでも失礼にはあたりません。 祝儀袋によっては、金額を書く欄が設けられているものもありますね。 中袋が付いている祝儀袋を使用する場合は、中袋の表の中央に「金伍千円」などと縦書きで書き、裏面には名前と住所を書きます。 スポンサードリンク お見舞いのお金は新札? 袋が用意できたら、あとはお金を入れるだけです。 ・ お見舞いのお金は新札と旧札のどちらを使う? 結婚や出産などのお祝いごとは、祝儀を渡す相手への心遣いを現す意味で新札を包みます。 葬儀の時は、不幸な出来事にあらかじめ用意していたように感じられないために旧札を包みます。 冠婚葬祭には一般的なマナーがあるのですが、実はお見舞い金については、明確なマナーがありません。 「 気持ちをこめて新札で」 という考えの人もいる一方、 「 事前に準備していたと思われるような新札はダメ」 という考えの人もいます。 お見舞いは相手の病状が心配で行くわけですから、用意しておいたとイメージされる新札は不向きというのも納得ですし、新札も受け取る側としては、悪い気がしないような。 わたしが入院した時は、新札でいただいたのが殆どでした。 きれいなお札はそれはそれで、気持のいいものなので、わたし自身は親戚や友人など近い関係の場合は、新札を包んでいます。 新札を一折りしてから包むという方法もあります。 一度折って、折り目をつけるわけです。 「 気持のこもったきれいなお札を包みたいけど、用意していたとは思われたくない」 といった心遣いですね。 新札が良いのか、旧札がよいのか。 自分ならどちらが嬉しいか、で判断するのも良いかと思います。 それでも 新札か旧札かで迷ったら、お財布の中から比較的きれいめなお札を包むのが無難です。 お見舞いの袋のお金の入れ方は? お見舞い金のお札の入れ方にも特に決まりはありません。 一般的にお祝いごとは、お札の肖像がある方を表にし、人物(肖像)が上側に来るようにして入れることが多いです。 お札の肖像を裏側にして入れるのは不祝儀のみ。 なので、祝儀袋に入れるのと同じように、人物の面を上にして表向きに入れるのがおすすめです。 入院お見舞いでお金を包むのし袋マナー! 書き方と入れ方 新札は必要?まとめ お見舞いのお金を入れる袋は、• 紅白の『結びきり』か『あわじ結び』の水引が付いた袋• 赤い帯の入ったお見舞い用の封筒(冒頭の画像)• 白無地の封筒 のいずれかを使用します。 水引が付いた袋を使う場合は、熨斗(のし)が付いたものはNGです。 封筒の上部の中心には「御見舞」あるいは「御伺」の表書きを書き、下部の中心に自分の名前をフルネームで書きます。 新札か旧札かで迷ったら、お財布の中から比較的きれいめなお札を包むのが無難です。 入院中の相手に包むお見舞金には、明確なルールやマナーはありませんが、大切なのは受け取った側が気持ちのいいものにすることです。 あなたの優しい気持が伝わるお見舞いになりますように。

次の

お見舞いの封筒の書き方|表/裏/名前/金額・お見舞いの封筒のお金の入れ方

お 見舞い 金 入れ 方

表書き 先方が火元になったかどうかで表書きは変わります。 ・火元の場合・・・ 「出火御見舞」「火災お見舞い」「御見舞」 ・近所が火事で延焼の場合・・・ 「類焼御見舞い」「御見舞」 ・近所の火事で延焼しなかった場合・・・ 「近火御見舞い」「御見舞」 【関連記事】 ・ 下の部分には自分の名前を 薄墨で書きます。 なお、複数人でする場合は表に名前を書くのは3人までです。 3人以上になる場合は「〇〇〇一同」とします。 〇〇〇の部分には会社名や団体名などを入れます。 裏書き 火事見舞金を入れる封筒は簡素な白封筒なので中袋がありません。 封筒の裏側の 左下に金額を旧漢数字を使って縦書きに するのが一般的です。 代表的なのが 一・・・壱 二・・・弐 三・・・参 五・・・伍 十・・・拾 千・・・阡 万・・・萬 金額の初めに「金」をつけます。 例えば、 3千円なら 「金参阡円」、5千円なら 「金伍阡円」、1万円なら 「金壱萬円」ですね。 10万円以上になる場合は「也」をつけ、 「金拾萬円也」となります。 最近では普通のアラビア数字で横書きで書くことも多くなってきています。 アラビア数字でも旧漢数字でも、書きやすい方で構いません。 ・のしはどうする? 火災見舞をするときは のしは不要です。 また水引もつけません。 また御見舞い用に紅白の結び切りや左側に赤線の入った封筒が 市販されていますが、火事見舞いにはNGです。 「赤」が入っていると火を連想するからです。 ・まとめ 火事見舞金を封筒に入れる向きは決まっているわけでは ありませんが、もし気になるようでしたら 肖像画がある面を上にして表向け(肖像画の方)になるように するといいでしょう。 お見舞金を入れる封筒は無地の白封筒、のしや水引はつけません。 封筒の裏に金額を記入しますが、普通のアラビア数字で横書きでも 問題ありません。

次の