エモい意味。 エモいの意味は?古いとされる理由もわかりやすく簡単に解説!

エモいの意味とは?今の使い方を知らないと時代遅れ!? | ページ 2 | 情報トレジャー

エモい意味

エモいとやばいの違い エモいとやばいの違いを分かりやすく言うと、 「エモい」とは感情が動かされた様子を示す言葉であり、「やばい」とは感情だけでなく出来事などについて程度が過ぎている様子を示す言葉であるという違いです。 また、 エモいとはプラスの意味で使われる言葉であり、やばいとは前後の文脈によってプラスにもマイナスにも捉えられる言葉であるという違いもあります。 「エモい」というのは、英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)という言葉の略語です。 エモーショナルというのは、感情的であるという意味を持つ言葉です。 元々「エモい」というのは、音楽用語として使われていた言葉でした。 音楽のジャンルに「Emo」(読み方:イーモウ)というものがあり、これは哀愁的であったり感傷的な音楽を示すものでした。 そこから、精神的に哀愁がある状態、なんとなく切ない雰囲気がある状態などを「エモい」と表現するようになりました。 エモいというのは、上記のように、感情に訴えかける状態である場合に使われる言葉です。 言葉で表現するのが難しいほどに繊細で情感的である様子を、どうにか相手に伝えようとする際に「エモい」という言葉が使われます。 一方の「やばい」というのは、危険なことや不都合なことが起こりそうな時に使われる言葉です。 感情の面でも使われますが、感情だけではなく出来事に対しても使われるのが「やばい」という表現です。 また、やばいというのは程度を示す言葉でもあります。 何かの出来事が言葉で表現できる範囲を超えてしまっている場合にも「やばい」と表現します。 この場合の「やばい」というのは、文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使われるものです。 やばいという言葉の語源については、様々な説がありますが、江戸時代あたりには既に使われていた言葉だと言われています。 元々は「厄場(やば)」と呼ばれる牢獄を示す言葉を、泥棒たちが隠語として「やばい」と呼んでいたのだと言われています。 泥棒にとって、牢獄は危険な場所です。 そういった身の危険がある場所のことを「やばい場所」と呼んだり、捕まりそうな状態を「やばいことになった」と表現していたことが、現在の「やばい」という言葉の元になっています。 近年では、身の危険を覚える状態だけでなく、良い意味で程度が行き過ぎている状態のことも「やばい」と表現します。 例えば「やばいくらい面白かった」「美味しすぎてやばい」などのように使われます。 やばいという言葉は、前後の文脈によって様々な意味を持つ言葉です。 その時々の状況によって、どのような意味で使われているのか判断する必要があります。 エモいとやばいを使い分ける際には、感情に訴えかけている様子を示す時にはエモいを使います。 出来事について表現する際にはやばいを使うと覚えておくようにしましょう。 また、エモいというのは、感傷的であったり、少しナイーブな印象を与えるもの、じっくりと浸ってしまうような様子を示す際に使います。 感傷的ではありますが、やばいとは違って、プラスの意味でのみ使われる表現です。 やばいについては、前述の通り、前後の文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使うことが出来るものであると覚えておくようにしましょう。 エモいの意味 エモいとは、 英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)を由来とした言葉であり、「感情が動かされた」という意味の形容詞を意味しています。 エモーショナルとは「感情的」という意味を持つ言葉です。 この言葉を省略して「エモ」とし、そこに形容詞の言い切りである「い」を加えて「エモい」という言葉が出来上がりました。 形容詞というのは「美しい」「楽しい」などのように「い」で終わる言葉であり、物事の状態を詳しくする補助の役割をしている言葉のことです。 エモいというのも、感情を表す補助をする役目を持っている言葉であると言えます。 エモいという言葉は「感情が動かされた」「感情が高まって心が動かされた」というような意味を持ちます。 日本語的な感性で言うところの「哀愁を帯びている」「いとをかし」「もののあわれ」と同じような意味を持つ言葉です。 エモいというのは、主にSNSなどで頻繁に使われている言葉であり、微妙な感情の動きや、言葉では表現しにくい曖昧な心持ちを表現します。 基本的には、筆舌し難いのだけれど、とても感動した、というようなプラスの意味で使われるものです。 エモいという言葉は、本来は音楽用語でした。 音楽のジャンルのひとつである「Emo」(読み方:イーモウ)からきている言葉です。 このEmoというジャンルは、メロディアスで哀愁のある音楽と切ない感情を表現した歌詞が特徴的な音楽です。 そこから派生して、感情的であったり、感傷的であったりして心を揺さぶる音楽についてエモいという表現を使うようになりました。 現在では、音楽だけでなく、日常生活の中でも心が動かされるようなことがあった場合に「エモい」と使われています。 エモいという言葉で表現される感情というのは、悲しいや寂しい、切ないといった言葉で表現しきれない部分であることが多く、一言で表現出来ないために、複雑な心境であることを伝える意味で「エモい」と使用されることもあります。 多様な感情が嵐のように渦巻いている状態であると言うこともできます。 はっきりと言い切れない感情について「エモい」と使うのだと覚えておくようにしましょう。 他にも、懐かしい物事に触れた時や、心に染みる出来事があった際に「エモい」という言葉を使ったり、あまりにも尊く素晴らしいものに出会った際に「エモい」と使ったりします。 やばいの意味 やばいとは、 危険で不都合な状況に置かれることが予測される時に、その危なさを示す意味を持つ形容詞を意味しています。 また、文脈によっては 「最高であること」「素晴らしいこと」「すごく良いこと」を意味することもあります。 やばいというのは、身に危険が迫っていて危ない様子を示したり、不都合なことになりそうであると予測されたりする場合に使われる言葉です。 例えば「ここはやばいから、逃げよう」などと言った場合、それは「ここは危ないから、逃げよう」という意味になります。 他にも「遅刻は連絡しないとやばいよ」という文章は「遅刻は連絡をしないと不都合なことになるよ」という意味で使われています。 やばいという言葉の語源は、諸説あります。 ひとつの説としては、江戸時代、牢屋や牢屋を警護する看守のことを「厄場(やば)」と呼んでいたのがその語源だと言われています。 江戸時代の泥棒は、自らの身が危険な状態になった時や、危険な場所に盗みに行く時に、「やばいことになった」や「やばい場所に行くぞ」と使っていたとされています。 これは、牢屋を意味する「厄場」を隠語として「やばい」として使っていたものです。 泥棒の危険な状態というのは、捕まりそうな状態という意味であり、厄場に連れていかれそうになる、ということを「やばい」と呼んでいました。 本来の意味としては、上記のように、危険が迫っている様子などを示すために「やばい」という言葉が使われていました。 しかし、近年使われている「やばい」は、出来事を強調する意味が強くなってきています。 例えば「このパンケーキ、やばいくらい美味しい」というようにプラスの意味でも使われます。 このように、やばいというのは、程度が過ぎている様子を示す言葉でもあると言えます。 「やばい」という言葉は、危険である様子や、不都合な状況に陥っている様子、またはやばいという言葉の前後の文脈にある出来事を強調して表現する言葉であると覚えておくようにしましょう。 「エモい」というのが、表現しきれない感情を表しているのに対し、「やばい」というのは物事の程度が行き過ぎている様子を示すものです。 エモいの例文 5.夜空に白い鳩が飛んでいる写真を撮ったら、すごくエモいものになった。 この言葉がよく使われる場面としては、切なく心に染み入るような出来事があった際に、その時の感情を上手く表現しきれない場合などが挙げられます。 エモいというのは、エモーショナルという言葉の省略形を形容詞化したものです。 エモいという言葉は、繊細な感情の動きを表現しています。 筆舌し難いような感動や甘く切ない曖昧な感情を表現したい時に「エモい」という言葉を使います。 本来は音楽用語であり、メロディアスで哀愁のある音楽のジャンルを示していました。 現在では、様々な場面で「エモい」という言葉が使われるようになっています。 例文3のように、昔懐かしいものを見た時や、例文5のように心に訴えかけるような写真が撮れた場合などにも使われます。 やばいの例文 5.テストの点数、そんなに悪かったの!?やばくない?! この言葉がよく使われる場面としては、何か危険な状況が迫っている時や、起こった出来事が表現しきれないほど、程度が行き過ぎていることを示したい時などが挙げられます。 前後の文脈によってプラスの意味にもマイナスの意味にも使える言葉です。 やばいというのは、元は牢獄や看守を意味する「厄場(やば)」という言葉が語源となっています。 江戸時代では、危険な場所を示す意味で「やばい」という隠語が使用されていました。 現代では、隠語ではなく、SNSや話し言葉で使われる言葉になっています。 現代で使われているやばいという言葉は、その前後の文脈により、意味が異なるもので、出来事の程度が言い表せないほどに凄いことを示すものだと覚えておくようにしましょう。

次の

エモ

エモい意味

「エモーショナル」とは、英語の「emotional」に由来する言葉です。 英英辞書を引くと、「人の感情に作用する」「感動するほど素晴らしい」「 人の性格として 感動しやすい」という意味を表す形容詞として載っています。 日本語での「エモーショナル」は前者2つの意味を引き継ぎ、物に対して使われます。 感動のなかでも燃え上がるような激情ではなく「情緒を持った素晴らしさ」を指します。 「エモい」とは 近年、若者達を中心に「エモい」という言葉を使う人が増えています。 「エモい」は「グロい」や「ナウい」のように、外国語の短縮形を「暑い」「大きい」などの日本語の形容詞風にアレンジした言葉です。 「グロい」はフランス語の「grotesque 奇妙で不気味な雰囲気のある芸術様式 」、「ナウい」は英語の「now 今 」の変化形です。 そして、「エモい」はこの記事の主役である「エモーショナル」から派生した言葉です。 「エモーショナル」の使い方 「エモーショナル」という言葉は、音楽や芸術の作品紹介としてよく使用されています。 「芸術は爆発だ」という言葉もあるように、芸術作品には心に訴えかけてくるようなエッセンスが必要です。 音楽やアートと言ってもその表現はさまざまです。 日本語の「エモーショナル」は、単に「感動的な」という意味より一歩踏み込み、奥からじわじわと沸き上がるような特定の気持ちの揺れを指します。 何を「エモーショナル」だと感じるかは人それぞれですが、ここでは「エモーショナル」を用いた例文として、3つの作品を紹介します。 例文1 イングランド出身のシンガーJames Bluntの代表作「You're beautiful」は、街中でパートナーの男性と一緒にいる女性に一目惚れをし、同時にどうしても叶わない恋だと悟った主人公の密かな失恋の歌です。 しっとりとした曲調で、孤独に何度も「You're beautiful. 」と叫ぶサビにも非常に切ない感情がこもっています。 この曲のように、「エモーショナル」は「切ない」という感情と相性がいい言葉です。 例文2 映画「ブレードランナー」は、フィリップ・K・ディックによるSF小説の金字塔「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とする作品です。 本作は、感情を持っている「ように振る舞う」アンドロイドと人間の間にある微妙な違和感を1つのテーマにしています。 弱った生き物を痛ましく感じるような、いわゆる「人間くさい」情緒が「エモーショナル」であり、人間を人間足らしめるのだということが描かれています。 例文3 RADWIMPSの野田洋次郎がシンガーのAimerに提供した「蝶々結び」は、お互いへの思い遣りのバランスで成り立つ恋の不安定さを唄った曲です。 歌詞の内容もさることながら、ハスキーで落ち着きつつも静かに燃えるようなAimerの熱唱が心に響きます。 感情を全面に押し出すのではなく、含みのあるニュアンスが「エモーショナル」です。 若者が使う「エモい」の使い方 若者を中心に「エモい」を使う人も増えています。 「エモーショナル」を短縮した言葉ですが、「エモーショナル」がかしこまった雰囲気を持つのに対して「エモい」はより手軽に使われます。 それに対応して、意味そのものもカジュアルになっています。 例文1 ライブのセットリストが非常に優れていた、という意味です。 「エモい」も「エモーショナル」と同じように音楽やアートの感想を述べる際に使うのが最も正統派な用法です。 ライブ全体を通して自分の特に好きな曲ばかりが選曲されていたら、テンションもさらに上がり「エモさ」を感じます。 ライブ後、若者たちはやや興奮気味に「エモい」を使います。 例文2 形容詞の語尾を「み」に変換して名詞形にする言葉も近年広まっている用法です。 「エモみ」と「エモさ」の意味は同じですが、「エモみ」の方が若者感があります。 この例文では、幼馴染と再会して感じた懐かしさや楽しさを「エモみ」で表現しています。 例文3 「エモい」と「エモーショナル」に共通することは、あくまで「自分の」感情を揺さぶるものに対して使う言葉だということです。 「エモい」はこの「自己主張」の意味合いを多く引き継ぎ、自分の趣味、志向を表現する際に使う場面が多いです。 他人が見ても何も感じないが、自分の気持ちを上げてくれるものに対して「エモい」と言います。 自分の「エモーショナル」に素直な仕事探しをするなら「マイナビエージェント」がおすすめです。 あなたの性格を分析し、適切な職種を紹介、転職までをトータルサポートします。 今の職場に合わないと感じたら、本当の自分に戻ってもう一度働き方について考えてみませんか。 音楽やアートの印象が強いですが、ビジネスや日常会話でも「エモーショナル」を使うことができます。 人の感情を重視する内容を伝えたいとき、「エモーショナル」を使いましょう。 例えば、言葉や音楽、写真などで商品を買いたい気持ちを引き出す営業戦略をエモーショナルマーケティングと言います。 また、プロジェクトがあまりにも合理的だと感じた際に「エモーショナルを意識すべき」と発言するといいでしょう。 「アドバンテージ」の意味と使い方 ビジネスにおいて「エモーショナルさ」を引き出すために必要なのが「アドバンテージ」です。 「アドバンテージ」は英語で「一歩進んでいる」「有利な」という意味で、特典などの「プラスアルファ」を連想させます。 取引の際に、「アドバンテージ」があると伝えることで、相手の感情を揺さぶり「エモーショナル」を刺激することができるでしょう。 「イレギュラー」の意味と使い方 「イレギュラー」も感情を刺激する言葉です。 「イレギュラー」は英語で「変則的な」「例外の」という意味で、悪い意味でも良い意味でも使われます。 これは「イレギュラー」なことですが、と伝えると「普段はこうではない」「特別な状態だ」という印象を与え、相手の興味を引くことができます。 このように「イレギュラー」も感情を動かし、「エモーショナルさ」を引き出す言葉です。

次の

「エモい」の意味を超分かりやすく解説!使い方・例文付き!

エモい意味

意味 [ ] 感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき 、「哀愁を帯びた様」 、「趣がある」 「グッとくる」などに用いられる。 概要 [ ] 元々は音楽のジャンルの一つである「」からきており、メロディアスで哀愁的な音楽性と切ない心情を吐露する歌詞が特徴的なロックミュージックを指す。 音楽シーンではから使われていた。 パンクロックの一種である「エモーショナル・ハードコア」の略称であるとも言われる。 エモーショナル・ハードコアは、メロディアスな音楽に感情的な歌詞をのせたロックミュージックで、ここから派生して激情的・感動的な音楽を「エモい」と表現している。 のは、「『エモい』を日本で一番よく使っているのはの。 落合にとっての『エモい』とは、ロジカルの対極にある、一見ムダなもの。 『』や『いとをかし』である」と解説している。 また、荒川本人も著書「超ソロ社会」の中で、「エモい」という感情が消費を動かすという「エモ消費」という概念を提唱している。 のも、同様に古代の「あはれ」と似た意味があるとしており、「『いとあはれ』と言っていた昔の宮廷人は、現代に生まれていたら『超エモい』などと表現していたはず」と述べている。 若者言葉としての「エモい」 [ ] としての「エモい」自体は頃から存在していたが 、の「今年の新語 2016」で2位にランクインしたことをきっかけに話題になった。 の記事でも、「エモい」について「『うれしい、切ない、寂しい』などの複数に交じった感情を表現するとき、『ヤバい』と似た使われ方をされる」と解説しているが 、前出の荒川は「ヤバい」の代用という意味は正しくないと述べている。 に入り若者の間で「エモい」が使われるようになった要因として、「ストレートに感情を表現できないモヤモヤが増えたため」との指摘がある。 に出版された「みんなで国語辞典! 」においては、「エモい」について「怒って感情を露にすること」と解説されている。 脚注 [ ] []• 、「ヤバい」に続く若者コトバ、複雑・不可解な感情表現、女性消費の新基準に。 : p. 1 - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。 ねとらぼアンサー. 2016年12月11日. 2017年10月9日閲覧。 東洋経済オンライン. 2017年10月9日閲覧。 ソロで生きる力 荒川和久. 2017年10月9日閲覧。 (東京朝刊) : p. 12 - 読売記事検索にて2017年10月9日閲覧。 : p. 4 - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の