リモートプレイ ps4 スマホ。 PS4をAndroidスマホでリモートプレイ やり方&レビュー Nexus 7でも動く?

AndroidでもPS4リモートプレイが可能に!その方法を、Pixel 3aにDUALSHOCK 4を接続して確かめてみた

リモートプレイ ps4 スマホ

PS4リモートプレイとは まずは、PS4のリモートプレイについて見ていきましょう。 リモートプレイとは、携帯機(スマホ、iPadなど)から据え置き機のゲームを操作することで、 3月7日、PS4(プレイステーション4)に関しても、リモートプレイが可能になりました。 いままでならテレビの前でPS4をプレイすることが強いられていましたが、 これからは自宅のPS4とスマホで結ぶことができます。 例えば、 家でPS4を起動させておいて、場所を選ばずスマホを操作しながらPS4のゲームで遊ぶことができるようになります。 PS4ゲームはPS4のコントローラー及びアーケード用コントローラーで遊ぶことを推奨しているので、スマホでは遊びにくいのではないかと思われますが、リモートプレイアプリを利用することによって、従来の操作感でプレイすることが可能です。 さすがに「ストリートファイター5」のような格闘ゲームは厳しいですが、コントローラーで操作するアドベンチャーゲーム等は問題なくプレイできるでしょう。 スマホ端末に専用アプリをインストールして操作しなければいけません。 他のユーザーの番号が入力されています。 このような文章が出てきた場合、 PS4とPS4リモートプレイアプリのアカウントが別々であることを表わしています。 PS4内にアカウントを2つ以上持っていてログインするときあべこべになっているのかもしれません。 エラーが起きました エラー表示がされただけで、あとはなんの解決方法も示していないエラーが出てくることがあります。 いわゆる 「その他のエラー」と考えてください。 上記のどのエラーでもないので対処法がわかりにくいかもしれませんが、下記で紹介する対処法を全部確認することで、エラーが解消する可能性は高くなっています。 PS4リモートプレイ時のエラー対処法は? それでは、PS4リモートプレイ時のエラーの対処法を見ていきましょう。 今回のエラーはまずは上記のエラーの原因をしっかりと把握しなくてはいけません。 エラー内容を把握した上で、どのエラー対処法が適切かどうか考えて実行する必要があるからです。 大前提!PS4をアップデートさせる そもそもの大前提ですが、今回PS4がリモートプレイに対応したのは「アップデート」による功績です。 そのため、 まずはPS4自体をリモートプレイ対応バージョンにするため、アップデートしなくてはいけません。 アップデートしていないのであれば、まずはPS4を開いてアップデートするようにしてください。 アップデート方法ですが、PS4でなんらかのアプリを選択すれば 「PS4のアップデートが必要です」と表示されるので、まずはこれを選択してください。 アップデートが開始されますが、5分から10分程度でアップデートが完了します(通信状況に応じて誤差があります)。 その後、PS4リモートプレイアプリを起動させ、設定するようにしましょう。 PS4をリモートプレイしたい場合はPS4もつけておく PS4の設定が終わったらPS4のほうを切ってしまう人がいるようですが、今回に限ってはPS4の電源を切ってはいけません。 PS4のリモートプレイアプリ自体はスマホにインストールされていますが、 PS4の電源も付けていないとゲームをプレイすることができないからです。 PS4を起動させてから、PS4のリモートプレイアプリで設定するようにしてください。 PS4をつけっぱなしにしていないといけないということは、例えば友達の家(WiFi完備)やファミレスでPS4のゲームをプレイしようとするなら、その間 自宅のPS4をずっとつけっぱなしにしないといけないことになります。 そうなると電気代や通信費等の問題も出てきますので、気になる方はPS4リモートプレイの頻度を落とす等して、対策するようにしてください。 手動でPS4に接続する この方法は、 「PS4が見つかりませんでした」と表示された場合に試してみてください。 インターネットに繋がっていれば自動でアプリの方がPS4を見つけてくれますが、見つけてくれなかった場合は手動でPS4を登録するのが一番手早いです。 その後、PS4に表示された番号をiPhoneに入力すれば、問題なく利用できるようになります。 手動設定で間違った番号を入力していないか確認する 手動でPS4を設定すると「PS4に接続できませんでした」と表示されますが、 この場合は入力した番号を確認するだけで大丈夫です。 リモートプレイアプリにPS4の番号を入力して手動登録する必要がありますが、この番号が間違っていた場合、PS4内の番号は読み込まれませんよね。 番号が間違っていた場合、 修正してください。 スマホをWiFiに接続する スマホをWiFiに接続させることも忘れてはいけません。 PS4リモートプレイアプリは、WiFiに接続していないと使うことができません。 そのため、 スマホのWiFi設定をしておく必要がありますので、あらかじめWiFiを確認しておいたほうがいいです。 「WiFiでネットワークに接続できませんでした」エラーが出た場合はこの方法を試しましょう。 PS4アカウントとリモートプレイしたいアカウントを確認する 「他のユーザーの番号が入力されています」エラーが出た場合は、 PS4のアカウントとPS4リモートプレイアプリのアカウントが同じかどうか確認してください。 違った場合、PS4に登録しているリモートプレイしたいアカウントで許可できていないことになるので、ゲームで遊ぶことができません。 スマホ・PS4を再起動させる もし、原因不明のエラーが出た場合は、 一旦スマホ・もしくはPS4アプリを再起動させてみてください。 どちらでエラーが出ているかわからないので、どちらも再起動させてみて、エラーが出ている方の端末を一度落ち着かせましょう。 しばらくしたらもう一度リモートプレイを試してみてください。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

PS4をAndroidスマホでリモートプレイ やり方&レビュー Nexus 7でも動く?

リモートプレイ ps4 スマホ

こんにちは、子育てパパです。 今回はAmazonのFireタブレットよりPS4プレイする方法を紹介。 FireタブレットでPS4をリモートプレイできるようにするまでのやるべきことは以下。 ・FireタブレットにGooglePlayを導入。 ・ WindowsPCで「PSJoy」親側設定。 ・Fireタブレットに「PSJoy」クライアントアプリを導入。 ではさっそくやってみましょう。 FireタブレットにGooglePlayを導入。 後述する「PSJoy」クライアントアプリはGooglePlayよりインストールする必要がありますが、FireタブレットはGooglePlayが入っていないため、まずはGooglePlayを導入する作業が必要になります。 有限工房様で説明されている導入方法をご紹介します。 リンクフリーとのことで紹介させていただきました。 ・WindowsPCで「PSJoy」親側設定。 使用するのが、 「PSJoy」というアプリ。 上記公式サイトの画像のように、 WindowsPCがリモートプレイに対応していることを利用し、そのWindowsPCの画面をさらにAndroidスマホに転送するというもの。 まずはPS4のPC用リモートプレイアプリを公式サイトよりダウンロードしてインストールしましょう。 ここは公式サイトを見れば分かるハズなので、細かい手順は割愛します。 続いて 「PSJoy」をWindowsPC側にセットアップします。 まずは以下の 「PSJoy」サイトにアクセス。 「Download」を選択し、右ページを少しスクロールしたところにある ソフト 雲のアイコン を選択してダウンロードします。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動し、セットアップします。 「同意する I accept the agreement 」を選択して 「next」。 保存場所を任意に変更して 「next」。 問題なければ変更せずそのままでOK。 スタートメニューのフォルダ名なので、そのまま 「next」。 ショートカットをどうするかを選択して 「next」。 とりあえずデスクトップにショートカットだけ作りました。 「Install」を押してインストール開始します。 終わったら 「Finish」。 「Launch PSJoy Server」にチェックが入っていれば、 「Finish」を押すと同時に 「PSJoy」が起動します。 起動するとこんな感じで初期画面が表示されます。 「PS4 Remote Play found. 」が表示されていることを確認してください。 これが出なければ、公式のリモートプレイアプリをインストールして下さい。 問題なければ 「Start」を選択します。 すると、公式のPS4リモートプレイアプリが起動します。 WindowsPCがPS4と同じネットワークに接続されていることを確認して 「はじめる」を選択すると、しばらくしてリモートプレイが開始されます。 うまく接続できれば、PSJoyの画面とともにリモートプレイの画面も表示されます。 「Capture」を押せばWindowsPC側の準備は完了。 ・Fireタブレットに「PSJoy」クライアントアプリを導入。 Fireタブレットでアプリをインストール。 GooglePlayより 「PSJoy」で検索すれば出てきます。 先ほども書いた通り、 本アプリは有償ですのでご注意下さい。 インストールして起動すると、以下画面が表示されますので、左下の 「Connect」をタップします。 右下の 「+」をタップします。 「Search Server」をタップ。 上手くWindowsPCを見つけられると以下のような画面になりますので 「Save」をタップします。 エラーになる場合はスマホとWindowsPCが同じネットワークにいるか、WindowsPC側に「PSJoy」が起動しているか確認してください。 「Connect」の画面内にWindowsPCの情報が表示されますので、 その部分をタップしてWindowsPCと接続します。 上手くいけば、以下のようにトップ画面に戻り、 「Remote」という名前のボタンが灰色から白色に変わり有効化されますので、それをタップします。 するとFireタブレット側もPS4画面が表示されるようになります。 Fireタブレットでプレイしてみた! 今回はFire7タブレットで試してみましたが、両手で持って仮想ボタンを押すサイズ感が絶妙で、非常にプレイしやすいと思いました。 こちらのゲーミングボタンと組み合わせることで、さらに快適にプレイできました。

次の

PS4のリモートプレイに最適な端末はどれ?Vita、iPhone、ipadでプレイしてみて分かったコト

リモートプレイ ps4 スマホ

ゲームコントローラーマウント「GCM10」を使って、DUALSHOCK4にスマートフォン・タブレットをドッキング! PS4のリモートプレイを携帯ゲーム機のように楽しめる ゲームコントローラーマウント「GCM10」は、PS4用コントローラー「DUALSHOCK4」にスマートフォンやタブレットを固定するためのマウント・アタッチメントだ。 似たようなスタンスの製品は他メーカーから発売されてはいるが、ソニー純正の製品は初めてになる。 1月24日発売で、販売予想価格は3,000円前後となる。 前面のライトバーのみ隠れてしまうが、リモートプレイに使う製品なのでこちらは問題ないだろう。 下にある押しボタン式のフックで前面と背面が開くようになっていて、DUALSHOCK4に被せてからフックを「カチッ」と手応えがあるところまで押し込めば装着は完了。 脱着時も押しボタンを押せばすぐに外せる。 着脱は手軽に行なえた。 タッチパッド取り付け部がアーム状に伸びていて、根元はヒンジ構造になっている。 角度は大体120度ぐらいの幅を自由に調整可能で、重量のあるタブレットも装着する場合を想定していることもあって、ヒンジはかなり硬め。 タブレット装着状態で揺らした程度では角度は変わらず、根元を持って「ググーッ」と力を込めて初めて角度を変えられる。 プレイ中に動いてしまわず、それでいて自由な角度をつけられる上手い硬さと感じられた。 スマートフォンやタブレットは、大きな吸盤を背面にくっつけて固定する仕組み。 吸盤の裏にレバーがあり、レバーを倒すと吸盤内の空気が押し出され密着する。 手で無理矢理に引きはがそうとしてもはがせなかったし、DUALSHOCK4ごとぶんぶん振り回してみてもビクともしなかった。 もちろん、ちゃんと密着させているのが前提ではあるが、仰向けに寝て顔の上に持ってのプレイも問題なくできそうだ。 PS4リモートプレイを実際に試してみたスマートフォンやタブレットなら、PS Vitaよりも高解像度でプレイができる。 DUALSHOCK4で遊べるのも嬉しい こちらのマウントはPS4でのリモートプレイ用に向けた製品ということもあり、対応機種はAndroidアプリ「PS4 Remote Play」に対応している中から「Xperia Z3」、「Xperia Z3 Compact」、「Xperia Z3 Tablet Compact」の3種類となっている。 PS4リモートプレイ自体は「Xperia Z2 Tablet Wi-Fi」も対象だが、このマウントだと重量や安全性からもスマートフォンから8インチタブレットあたりが適したものになる。 当日は実際に対応機種のスマートフォン・タブレットも用意され、「The Last of Us Remastered」、「KNACK」、「DRIVE CLUB」といったタイトルでのゲームプレイも試したのだが、まず、マウントそのものはDUALSHOCK4へのフィット感がよく、ガタつかない。 ヒンジも前述のように硬めで角度を自由につけられるし、吸盤による貼り付きもしっかりしている。 PS4のリモートプレイそのものはPS Vitaでも可能だが、このマウントとXperiaとでのプレイは、PS Vitaよりも快適なプレイを実現している。 だが、このマウントならDUALSHOCK4をそのまま使って違和感のないプレイが可能だ。 PS4の高精細なゲーム画面をより楽しめるというわけだ。 より大きな画面や解像度で楽しめる。 なお、振動機能については、「ゲームタイトル側のリモートプレイ用の対応次第」というところがあるようで、例えば当日に試したものだと「DRIVE CLUB」のみ振動していた。 一部初期のタイトル等に例外はあるが、振動にも対応している。 ちなみに、実際の使用手順をまとめておくと、まずタブレットをPS4に登録しておき、タブレット側はDUALSHOCK4とペアリングさせる(「SHAREボタン」と「PSボタン」でペアリングできる)。 これで準備は完了で、最初にそれらを済ませておけば、それからはAndroidアプリ「PS4 Remote Play」からPS4へ接続させると、すぐに画面が切り替わってくれるようになる。 利用シチュエーションとしては家庭内を推奨しており(特にビデオ品質「高」では)、XperiaはPS4とWi-Fi接続(周波数帯や速度の面で11acが推奨)で、XperiaとDUALSHOCK4とはBluetoothで接続される。 当日は、「The Last of Us Remastered」、「KNACK」、「DRIVE CLUB」といったタイトルを試したが、いずれも不満なくプレイが楽しめた。 Androidアプリの「PS4 Remote Play」でビデオ設定を高にしてもそこは変わらずスムーズ。 マウントは昨年の東京ゲームショウに参考出展されていたのだが、そこからさらに改良・改善を重ね、満を持して発売できるものに仕上がったという。 それだけに、不満点のないクオリティに仕上がっていると感じた。 なお、「GCM10」の重量は67. 「DUALSHOCK4」約210gに、「Xperia Z3 Compact」約129g、「Xperia Z3」約152g、「Xperia Z3 Tablet Compact」約270gのいずれかを組み合わせることになるので、大体総重量は400g~540gほど。 さすがに数値上はちょっと重いのだが、DUALSHOCK4のグリップでしっかりとホールドできるので、重心的にも持ちづらさや重さをそれほど感じさせなかった。 そこよりも気になるのは、Androidアプリ「PS4 Remote Play」の対応端末がXperiaの最新機種のみという点だ。 アプリがより幅広い端末に対応してくれると、PS4リモートプレイとマウントの存在も相対的に魅力が高まっていくと思えるので、そのあたりに期待していきたい。 既に対応端末をお持ちのゲームファンの方は、ぜひこのマウントをチェックし、自由なPS4ライフを満喫してもらいたい。

次の