スウェイ 建築。 (株)構造ソフト 地震動応答解析のおはなし 第22話「地盤のモデル化(その1)」

地球環境

スウェイ 建築

ところが、近年は、森林労働者の高齢化や資金不足、林業の不振から、植樹や手入れが十分されない森林が多くなり、その荒廃が危惧されています。 そして今、対策として三重県は、土地所有者と企業を引き合わせ、森林再生活動のためのパートナー作りに力を入れています。 その趣旨に賛同し当社は土地所有者と森林保全協定を締結しました。 ブランド牛で有名な松阪市にある伊勢寺町で森林づくりに取り組んでいます。 当社は活動方針として以下の4項目を掲げています。 当社の工事現場で消費する木材を、少しでも多く補うため森林育成に貢献します。 森林づくりにより、CO 2削減に貢献します。 森林づくりにより、豪雨発生時の土砂崩壊を少しでも抑止します。 地域密着の活動により、地元の方との結びつきを深めます。 平成20年から活動をスタートし、現在は、春季3回、秋季3回の年6回の活動を目指しています。 具体的には、昔ながらの里山の再生を目指して、毎年1ヘクタールずつ除伐や間伐、植林を実施し、森の活性化に取り組んでいます。 加えて、遊歩道の開設など、多くの人が自然に親しんでもらえるような環境作りを行っています。 地域交流の面では、地元の小学生を対象に自然観察会の実施や、幼稚園児の親子が作成した巣箱を設置するなど、地元の方と一緒に活動に取り組んでいます。 平成30年度の実績 累計 実施日 3月25日 4月22日 5月20日 10月14日 52回 参加者数 46名 58名 48名 35名 2,524名 研究会結成当初は、どういった構造であれば動物が使いやすいか試行錯誤を繰り返しました。 そして数々の検討の結果、橋の上部を三角形にすると、リスやヤマネなど多くの小動物にとって使いやすいということがわかりました。 これまでに山梨県北杜市に2ヵ所のほか、栃木県那須町の那須平成の森1ヵ所(環境省設置)の計3ヵ所にアニマルパスウェイを設置してきました。 いずれのパスウェイも、その後のモニタリングにより、リスやヤマネなどの小動物が利用していることが確認されています。 こうした取り組みは、社会的にも徐々に認知されてきており、2008年には土木学会の環境賞を、2010年には、いきものにぎわい企業活動コンテストで環境大臣賞を受賞しました。 今後も引続きアニマルパスウェイの普及に努め、動物の交通事故が少しでも減るよう活動していきたいと思います。 ABINCは、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された、2050年までの長期目標「自然と共生する世界」と、2020年までの短期目標「生物多様性の損失を止めるために効果的かつ緊急な行動を実施する」の実現のために、当社を始め、設計事務所、デベロッパーなど民間8社により、2013年12月に設立されました。 今回認証を受けた「いきもの共生事業所」とは、企業活動において自然と人との共生を促進するため、生物多様性に配慮した土地開発や利用を行っている事業所などに与えられる認証制度です。 1)生物多様性に貢献する環境づくり、2)生物多様性に配慮した維持管理、3)ステークホルダーとのコミュニケーションの3つの取り組みについて審査されます。 当研究所は、銀座から3kmほどの都心部に位置しており、周辺は今でこそ高層マンションが立ち並ぶ住宅街ですが、かつては埋立地の工業地帯で、決して生物多様性が豊かとは言えない環境でした。 2002年の本館建て替えに伴い、2006年に人と生物の共存を目指して、旧本館跡地に「再生の杜」ビオトープを作りました。 木の種類は、周辺の大きな緑地や公園に生息している生物が利用できるような種類を選びました。 面積の約3割は小川と池で、水辺はなだらかな傾斜から、だんだんと深くなるエコトーンを形成しています。 完成直後からトンボや水鳥が多数来訪し、最近はカワセミの姿も見られるようになりました。 これまでにビオトープ全体で300種類以上の生物がやってきていることが確認されています。 都心に位置する研究所でありながら、多様な生物と共存することも可能となる取り組みを、いきもの共生事業所としての認証により、評価されたのではないかと思います。 ビオトープに来訪したいきものたち 本業の建物だけでなく、その技術を活かした身近な生活用品を製作し、イベントなどで配布するノベルティグッズや株主優待品として、さまざまなステークホルダーの皆様にお届けしています。 山林の保全には、木の成長過程で密集化する立木を間引く、間伐作業が必要です。 東京木工場の小集団活動のひとつである間伐材委員会のメンバーを中心に間伐材の有効利用活動を推進しています。 「清水建設のイメージはコンクリートだったが、精巧な木製品の製作を初めて知り、印象が変わった。 」「木のぬくもりが、大変な今の時代に心の余裕を持つきっかけになった。 」等、嬉しいお声をいただいています。 間伐実習体験 銀座歌舞伎座建替工事で、舞台床材の檜材供給などにご尽力頂いている神奈川県秦野市丹沢にある諸戸林業(株)神奈川支店に出向き、林業の現状や間伐についての勉強会を兼ねた実習体験を行いました。 実際に体験して間伐の重要性や林業が置かれている状況や抱えている問題点を再認識することができました。 建設業の中でもとりわけ木に携わる者として、今後も継続的に活動を行っていきます。 (建築事業本部 東京木工場 滝瀬智徳、外山紗江).

次の

株式会社 SWAY DESIGN スウェイデザイン

スウェイ 建築

ID非公開さん 恐縮です!トンチンカンなサブカテゴリになっていますヨ! 最近、いい加減なサブカテゴリが増えて困りますね!勘違いされているようですが、無理にサブカテゴリを選ぶ必要はないのですよ。 逆に、サブカテゴリで閲覧していると、頓珍漢な質問が出てきて目障りです! カテゴリ荒しはやめてください。 メインカテゴリだけでいいのではないでしょうか。 知恵袋のQ&Aは、日本のサイトですので、原則として質問は日本語で行い、外国語での回答を求められなければ、どのカテゴリでも、日本語で回答されます。 中分類が【言葉、語学】になっているように、【日本語】そのものの疑問について質問する場なのです。 【日本語】カテゴリの閲覧中に、関係のない場違いの質問が出てきても、希望するふさわしい回答は得られません。 質問内容と関連のないサブカテゴリを、わざわざ選ぶ必要はまったくなく、この質問は、メインカテゴリだけで十分です。 見当違いのカテゴリを選んだ質問は【日本語】カテゴリを閲覧中の者にとって、非常に目障りなのです。 直ちにサブカテゴリでの【日本語】カテゴリ指定を取り消しましょう! 投稿済みの質問のカテゴリは、変更ができる仕組みになっていますので、ただちにカテゴリを変更してください。 上記の変更の操作ができないのなら、この投稿をひとまず削除して、上記のカテゴリで投稿し直してください。 質問を投稿されるときは、から適切なカテゴリを選んでください。 知恵袋の多くの質問は各カテゴリリストをご覧になってるそのカテゴリが得意な方から回答がされております。 サブカテゴリを設定頂く事で、関係する2つのカテゴリリストに質問が表示されるため、回答を得られる機会が高まります。 ぜひご利用ください。 カテゴリ変更とは? これまで質問を投稿したのち、補足は行えても後からカテゴリの変更を行うことはできませんでした。 質問取り消しでいただく理由にもカテゴリを間違えていたためといったお客様の申告や、回答中に「この質問はカテゴリ違いです」といった内容もあり、質問後にも回答受け付け中期間についてカテゴリの変更が行えるようになりました。 この際、メインのカテゴリだけでなく、新たにサブカテゴリを設定することも、設定済みのカテゴリを変更することも出来ます。 ……………………………………….

次の

RESP

スウェイ 建築

PC版の自重による鉛直力を負担します。 金物にはルーズホールを設けて、鉄骨 躯体 付け金物(台座ピン)との水平方向の施工誤差を吸収します。 また、厚みが0. 5、1. 2、3. 2、6mmとあり、この厚さの異なるプレートの組み合わせで、PC版の上下方向の位置決めを行います。 PC版の水平反力を負担します。 また、腰壁形式でファスナーの間隔が長い場合には、コンクリートの熱伸びを考慮したルーズホールを設けます。 一方、鉄骨 躯体 付け金物 ブラケット との接合には、トルシアタイプの高力ボルトを使用した摩擦接合としています。 施工誤差吸収のため、取付けアングル側に面外方向のスロット孔、ブラケット側に面内方向のスロット孔を設けます。 一般には専用の緩み止め金具が使用されます。 そのため、締め付け部材の断面欠損の影響等を考慮して挿入するプレートを称します。 屋内仕様の場合にはトルシアタイプを使用しますので、締め付けには専用の電動工具 シャーレンチ を使用します。 連結部分には、出入り 面外 方向の位置調整機構も組み込まれており、ナットで引っ張るので引きボルトとも称します。 羽子板荷重受金物には馬蹄形のルーズホールがあいています。 鉄骨 躯体 側に先付された台座ピン金物に対しては、ルーズホールを設けて水平方向の施工誤差を吸収します。 これにより面内方向が拘束され、縦方向のルーズホールでロッキングによるアンカーボルトの挙動と、コンクリートの熱伸びを吸収します。 一般には専用の緩み止め金具が使用されます。 また、厚みが0. 5、1. 2、3. 2、6mmとあり、この厚さの異なるプレートの組み合わせで、PC版の上下方向の位置決めを行います。 PC版の水平荷重 面外力・面内力 を負担します。 建物の層間には地震時に層間変位を生じますが、面内剛性が高いPC版自体では、この変位を吸収することはできません。 このため、層間にまたがるPC版はパネルを回転や移動させることにより変位を吸収しています。 この回転や移動により、隣り合うパネル間の目地にはズレとしてせん断方向や伸縮方向の変位が加わります。 層間にまたがるパネルの変位を吸収する機構としては、変位に対しパネルを回転させる「ロッキング方式」、変位をそのまま上下階の変位として吸収する「スウェイ方式」があります。 また、横連窓形式 腰壁形式 で割付してある相関にまたがらないPC版は、鉄骨 躯体 の梁などに固定されます。 これを機構としては、「梁固定方式」といいます。 梁固定方式の隣り合うパネル間の目地には一般には変位が生じないか、生じても微小です。 この場合の層間変位は、開口部のサッシに集中して生じることとなります。 ロッキング方式.

次の