蓄膿症 手術。 蓄膿症の手術方法とは?

蓄膿症の手術、費用と入院期間(日数)はどのくらい?日帰りもある?

蓄膿症 手術

蓄膿症の手術が決定される過程について 蓄膿症には• 基礎疾患がはっきりとしていてその随伴症状若しくは二次的な症状として発症している場合• 先天的に自然口が閉塞している場合• 原因不明の状態で自然口が閉塞している場合• 生活習慣の乱れによるものの場合 の4つのパターンが考えられます。 一般的に知られている蓄膿症はとにかく「自然口が閉塞しているため」に起こるものを指しているため、手術の適用となる場合、先ずは自然口を開通させる副鼻腔自然口開窓術(ふくびくうしぜんこうかいそうじゅつ)という手術が選択される事になります。 ただし、事前に基礎疾患が明らかになっている場合は基礎疾患の治療が、生活習慣の乱れが原因の場合は生活習慣の改善が最優先となります。 蓄膿症の一般的な手術方法 ではここでは「とにかく自然口を開通させるための手術」について説明していきましょう。 自然口はちょうど上あごの裏側の奥の方に位置するため、かつての蓄膿症手術は唇をめくりあげ、上の歯茎の付け根から切開して顔の皮膚を頭蓋骨から剥離させながら行なうという非常に大掛かりなものでしたが、最新の手術方法は内視鏡を鼻腔から挿入してモニターしながら行なう内視鏡的手術が主流となりつつあります。 内視鏡的手術では麻酔は局所麻酔で行なわれるのが普通で侵襲も軽微なため、日帰り若しくは数日間の入院で済みます。 安全性や患者さんへの身体的な負担の軽減という見地から現在では内視鏡を用いた手術が多くの医療機関で実施されています。 しかし、前章でも示したように副鼻腔に関する手術は非常に多岐に渡り、内視鏡を用いた手術だけでも5つの手技があります。 ポリープや腫瘍は他の部位にも出来ている可能性があるので、一旦切除した細胞を精密検査(細胞診)に提出して悪性腫瘍か転移性のものかなどが詳細に判断され、必要があれば再手術になる可能性もあります。 その場合は、同じ内視鏡手術であってもコスト的には高い、鼻副鼻腔腫瘍摘出術や鼻副鼻腔悪性腫瘍手術などの手技が適用されることになります。 したがって、ぱっと見は同じような内視鏡手術でも、手術する目的が単に蓄膿症を改善させるためのものなのか、ポリープや腫瘍などの腫瘍性組織を摘出するものなのかによって、負担する金額に差が出てくることになるので、その点は覚えておく必要性があるでしょう。 なお、腫瘍性手術に内視鏡を用いた場合も「内視鏡的~」という術式では無く、主たる目的である腫瘍性細胞摘出の術式を優先させるのが一般的な解釈となります。

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と治療法について|岩野耳鼻咽喉科

蓄膿症 手術

副鼻腔炎が起こる原因としては、まず風邪などのウィルスや 細菌の感染によって鼻腔に炎症が起ります。 副鼻腔は鼻腔とつながっていますから、副鼻腔にも炎症が及びます。 この状態が急性の副鼻腔炎ですが、急性の場合には自然に治ったり、短期間細菌を叩く抗生物質などの薬物療法で、比較的簡単に治ります。 ただ、ここで問題となるのは、副鼻腔粘膜の炎症が長引いた場合で、そうなると本来うみを排出する能力を持った粘膜の働きが悪くなり、粘膜そのものが腫れ上がって鼻腔との交通路をふさいでしまい、さらに炎症が治りにくくなるという悪循環におちいります。 この状態が慢性副鼻腔炎、俗に言う蓄膿症です。 ひどいときには腫れた粘膜が鼻腔まで広がって、ポリープ(いわゆる鼻たけ)になったりします。 この他にも、ハウスダストや花粉によるアレルギーや、喘息などが副鼻腔炎を治りにくくする場合もありますし、鼻中隔弯曲症や中甲介蜂巣などの骨構造の異常も悪化因子となり得ます。 1鼻水 急性副鼻腔炎の場合は青っぱなのようなうみの混じった鼻汁がよく見られ、慢性期には白い粘調な鼻水が多く認められます。 これはアレルギー性鼻炎に特徴的な透明でさらさらした鼻水との鑑別点にもなります。 2後鼻漏 副鼻腔炎の場合には鼻水が前に出るだけではなく、のどの方に流れて咽頭炎や気管支炎の原因になることもあります。 これもアレルギー性鼻炎の鼻水がほとんど前へ流れるのと対照的です。 3鼻づまり 鼻腔や副鼻腔の粘膜が腫れたり、ポリープになったりすると、空気の通る隙間が狭くなり鼻づまりが起こります。 また、慢性的な鼻水が鼻腔に貯留したり、鼻中隔の弯曲や中甲介蜂巣などの骨構造の異常も鼻づまりの原因となります。 勿論、アレルギー性鼻炎の合併によって下甲介粘膜が腫脹することも原因の一つとなります。 4痛み 急性の副鼻腔炎によく認められる症状ですが、ほっぺたや両眼の間の痛み、額などの頭痛などが起こることがあります。 慢性の場合にも額を中心とした頭重感などはしばしば認められ、風邪をひいた時に額の痛みを反復するような事があれば副鼻腔炎の可能性も少なくありません。 また、眼の近くの副鼻腔に高度の炎症が起こると眼痛や視力障害をきたすこともあります。 5嗅覚障害 匂いを感じる嗅裂部の粘膜が腫れたり、炎症が長引いたりすると嗅覚障害が起こることがあります。 鼻中隔の弯曲や中甲介蜂巣などの鼻腔形態異常も増悪因子となります。 治療が遅れると改善しにくい事もしばしばあります。 1小児の副鼻腔炎 近年、小児の副鼻腔炎は程度が軽くなってきており自然に治る傾向もあるため、減少傾向にあります。 しかし、一方ではアレルギー性鼻炎の合併が60%弱に認められ、滲出性中耳炎などの耳の病気や頑固な咳の原因にもなるために放置できない副鼻腔炎が多いことも事実です。 治療は成人の副鼻腔炎とほぼ同様でマクロライド系抗生物質の長期少量投与や抗ヒスタミン剤などの薬物療法が中心となります。 ただ、保存的治療で良くならない場合やポリープがある場合、耳や咳などの合併症が良くならない場合は手術が必要となります。 一般的には小児の副鼻腔炎は7~8歳をピークとしてそれ以後は治癒傾向にあるために10歳を過ぎても良くなってこないときに手術を考えます。 現在では内視鏡下手術により、骨の発育に悪影響を与えない手術もできるようになってきましたが、小児の場合は必要最小限の手術がふさわしいと考えられています。 また、術後の治療も重要で、成人以上に完全治癒までの時間がかかるために術後数年間は経過観察が必要です。 2好酸球性副鼻腔炎 最近、学会などでも治りにくい副鼻腔炎としてしばしば取り上げられているのが好酸球性副鼻腔炎です。 これは鼻内に増加している好酸球(自身の血球の一種)が主体となって炎症を起こしているものであり、通常の副鼻腔炎に比べて治療抵抗性であることが知られています。 この病気の特徴として 1:多発性のポリープ 2:嗅覚障害の合併が多い 3:マクロライド系抗生物質の抵抗例が多い 4:ステロイド有効例が多い 5:しばしば喘息の合併が認められる。 6:1型アレルギーは認めるもの、認めないもの様々である 7:手術しても再発例が多い などがあります。 この病気の本質はまだまだ未解明の部分が多く、したがって根本的な治療法も確立されていませんが、感染による好中球炎症を主体とした副鼻腔炎と異なり、マクロライド系の抗生物質はあまり効かないため薬物療法に多くは期待できません。 喘息や嗅覚障害を合併した重症例も多いために現時点では内視鏡下手術を施行し、術後ステロイドの内服や局所投与、局所の洗浄を行いながら、ポリープが再発したときにはあまり大きくならないうちにもう一度摘出するといったところが一般的です。 再発率が高いといっても鼻閉や後鼻漏が少なくなり、喘息症状が著明に改善する場合も少なくありません。 むしろマクロライド療法に多くを期待できない分、手術療法が果たす役割は大きいと考えています。 また、好酸球性副鼻腔炎は再発傾向が強く、長期の治療が必要なことが多いことより、平成27年7月1日から厚労省により難病指定され、難病医療費助成制度の対象疾患となりました。 難病指定医(当院は難病指定医となっています)による診断が必要であり、診断書、申請書、被保険者証のコピー、市町村民税課税状況の確認書類、世帯全員の住人表の写しを都道府県の窓口に提出、審査を経て認可が決定されます。 制度の概要としては、 1. 医療費の自己負担割合が3割から2割に引き下げられます。 外来・入院の区別を設定しないで、世帯の所得におおじた医療費の自己負担上限が設定されます。 詳しくは、当院に問い合わせください。 3アスピリン喘息 アスピリン喘息はアスピリン様の薬理作用を有する非ステロイド性解熱鎮痛薬(NSAIDs により発作が誘発されるという特徴を持ち、喘息発作、アスピリン過敏症、鼻茸を3主徴とする疾患です。 小児には少ないが、30~50歳に発症することが多く、頻度としては成人喘息の4~30%、中等症以上では10%以上に認められると言われています。 この病気の他の特徴として 1:多発性のポリープ(鼻茸) 2:嗅覚障害の合併が多い 3:マクロライド系抗生物質の抵抗例が多い 4:ステロイド有効例が多い 5:女性にやや多い 6:1型アレルギーは認めるもの、認めないもの様々である(合併率20~30%) 7:手術しても再発例が多い など、前述の好酸球性副鼻腔炎と非常によく似た特徴を有しており、類縁疾患と考えられています。 したがって、治療や経過もよく似ており、手術療法のみで完全に治すことは困難かもしれませんが、手術によって鼻閉や喘息症状が劇的に改善し、喘息薬の使用量が極端に少なくなる方も多く経験しています。 解熱剤や鎮痛剤など手術後に使えないお薬もあり、手術後の経過観察が重要ですので経験の豊富な医療機関への受診をお勧めします。 副鼻腔炎の診断は視診と画像診断が基本となります。 鼻腔内の観察には電子ファイバースコープなどを用いて鼻腔形態、ポリープの有無、鼻水の流れる部位などを詳細に観察します。 しかし、副鼻腔炎には鼻腔内にあまり異常所見の見られない事もあり、多くの場合は画像診断が必要になります。 画像診断には単純レントゲンやCTスキャンなどを用いますが、病変の部位、程度、骨構造を的確に診断するにはCTスキャンが最適と思われます。 CTにて副鼻腔や固有鼻腔に高度の粘膜肥厚が認められた時には副鼻腔炎の可能性が高くなります。 当センターでは3次元撮影も可能なCTを備えており受診当日にCTの撮影、診断ができます。 さらに、鼻づまりの程度を客観的に診断するためには鼻腔通気度検査なども有用です。

次の

慢性副鼻腔炎・蓄膿症の名医・専門医37名

蓄膿症 手術

蓄膿症の手術が決定される過程について 蓄膿症には• 基礎疾患がはっきりとしていてその随伴症状若しくは二次的な症状として発症している場合• 先天的に自然口が閉塞している場合• 原因不明の状態で自然口が閉塞している場合• 生活習慣の乱れによるものの場合 の4つのパターンが考えられます。 一般的に知られている蓄膿症はとにかく「自然口が閉塞しているため」に起こるものを指しているため、手術の適用となる場合、先ずは自然口を開通させる副鼻腔自然口開窓術(ふくびくうしぜんこうかいそうじゅつ)という手術が選択される事になります。 ただし、事前に基礎疾患が明らかになっている場合は基礎疾患の治療が、生活習慣の乱れが原因の場合は生活習慣の改善が最優先となります。 蓄膿症の一般的な手術方法 ではここでは「とにかく自然口を開通させるための手術」について説明していきましょう。 自然口はちょうど上あごの裏側の奥の方に位置するため、かつての蓄膿症手術は唇をめくりあげ、上の歯茎の付け根から切開して顔の皮膚を頭蓋骨から剥離させながら行なうという非常に大掛かりなものでしたが、最新の手術方法は内視鏡を鼻腔から挿入してモニターしながら行なう内視鏡的手術が主流となりつつあります。 内視鏡的手術では麻酔は局所麻酔で行なわれるのが普通で侵襲も軽微なため、日帰り若しくは数日間の入院で済みます。 安全性や患者さんへの身体的な負担の軽減という見地から現在では内視鏡を用いた手術が多くの医療機関で実施されています。 しかし、前章でも示したように副鼻腔に関する手術は非常に多岐に渡り、内視鏡を用いた手術だけでも5つの手技があります。 ポリープや腫瘍は他の部位にも出来ている可能性があるので、一旦切除した細胞を精密検査(細胞診)に提出して悪性腫瘍か転移性のものかなどが詳細に判断され、必要があれば再手術になる可能性もあります。 その場合は、同じ内視鏡手術であってもコスト的には高い、鼻副鼻腔腫瘍摘出術や鼻副鼻腔悪性腫瘍手術などの手技が適用されることになります。 したがって、ぱっと見は同じような内視鏡手術でも、手術する目的が単に蓄膿症を改善させるためのものなのか、ポリープや腫瘍などの腫瘍性組織を摘出するものなのかによって、負担する金額に差が出てくることになるので、その点は覚えておく必要性があるでしょう。 なお、腫瘍性手術に内視鏡を用いた場合も「内視鏡的~」という術式では無く、主たる目的である腫瘍性細胞摘出の術式を優先させるのが一般的な解釈となります。

次の