マスタード 使い道。 納豆に付いているカラシ、他の使い道を教えて!

粒マスタードの使い道を教えてください。ウインナーにつけて食...

マスタード 使い道

最近お気に入りのレシピです。 豚肉だけでなくハムステーキにも良く合います。 材料: 豚肩ロース肉 2枚 粒マスタード 大さじ2杯 オレンジジュース(100%)大さじ2杯 はちみつ 大さじ2杯 レモンジュース 小さじ1杯 1. 豚肩ロース肉は叩いて繊維を切り、 元の大きさにきゅっとまとめたらしっかりと塩コショウし、 フライパンでソテーして取りだす。 1のフライパンに残りの材料を全部入れて半量になるまで煮詰める。 ソテーした豚肉をフライパンに戻して煮絡める。 (出来上がり) スペインのバレンシア地方のレシピとか。 スペイン風酢豚と言うか、豚の甘酸っぱい照り焼き風と言うか。 やみつき系の味です。 お試しください。 ユーザーID: 2471492025• 粒マスタード オランダの家庭料理です。 材料 1、チキンか野菜のブイヨンスープ4カップ 2、小さめのネギ1本(白い所を小口切り) 3、粒マスタード大さじ4 4、バター大さじ2 5、小麦粉大さじ2 作り方 1、バターを溶かして、ネギを炒めてしんなりしたら小麦粉も加えて混ぜ続ける。 2、色がついて来たら、ブイヨンスープを少しづつ、ダマができないように注意しながら加える。 3、5分間煮立たせてとろみがついたら、火から下ろしてマスタードを加えゆっくりまぜる。 4、味見しても少しマスタードを足したり、必要なら塩を加える。 食べる時に細かくしたカリカリベーコンを加えるとさらに美味しいです。 ユーザーID: 3142641315•

次の

フレンチマスタードとは?簡単な作り方から代用品、レシピまで

マスタード 使い道

一歳の子供がいるダルマ母と申します。 子供は離乳食をよく食べてくれ、納豆も大好き。 毎日必ず納豆を食べています。 納豆には大抵、だし醤油とカラシが付いていますよね? 子供にあげる場合は両方ともまだ使わないので、私は取っておいて別で使うようにしているのですが・・・ だし醤油の方は、煮物に使ったり温泉卵にかけたりして大体消費できるのですが、どうしてもカラシが余ってしまいます。 特に苦手という訳ではないものの、カラシを使う料理が思いつかなくて。 何か良い使い方・レシピをご存知の方、教えて頂けませんか? 捨てるのはもったいないと思いつつも、たまる一方のカラシの小袋が、冷蔵庫を開ける度に目に入って胸が痛いです(汗)。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 3182789352 私は納豆についているカラシは冷凍庫にためておきます。 結構色々なものにカラシをつけて食べるのが好きなので・・ ギョーザにつけたり肉まんにつけたり・・とんかつやカキフライにもつけます。 サンドイッチにもちょっとぴりっとさせたい時はカラシを塗るので使います。 春巻きにもカラシ・・なのでいくらあっても大丈夫、チューブいりカラシを買わなくてすむので助かっています。 料理と言えばからしあえはいかがでしょう、水菜などの菜っ葉をしゃきっとゆでて適当に切り、さっとあぶって細切りにした油揚げも用意します。 お醤油にカラシを溶いたものでそれらをさっと和えれば出来上がりです。 あとはからし酢味噌にして色々なものと和えたら美味しいですよ。 それから薄切り豚肉をソテーしてきのこなどを入れたトマトソースでちょっと煮込んだりする料理の時隠し味にからしをいれると味がしまります。 いずれも量はお好み次第で ユーザーID: 2526040994• からしマヨネーズ.

次の

粒マスタードの使い道を教えてください。ウインナーにつけて食...

マスタード 使い道

フレンチマスタードとは? マスタードの主な種類 もともとマスタードは、紀元前から人類に使われてきた調味料だと言われています。 当時の人間は、マスタード種子と肉を一緒に食べて風味を楽しんでいたとのことです。 非常に興味深い歴史ですよね。 そんなマスタードには、いくつか種類があります。 まずはその主なマスタードについてみていきましょう。 日本人の感覚でいうと「からし」のようなものなのでしょう。 有名なメーカーに「コールマン」があります。 海外の調味料事情に詳しい方なら、このメーカー名を知っているかもしれません。 いわゆる「イギリスマスタード」と言われるこのマスタードは、ペースト状が基本です。 茶色と黄色のマスタード粒をかけあわせ、それをさらにウコンと小麦粉をミックスして作られます。 この混合物を10時間以上冷やすことで辛味が醸成され、イギリスマスタードの完成です。 肉料理にバッチリ相性がいいので、ローストビーフやソーセージや鶏肉を使った料理には、ほぼ必ずイギリスマスタードが付け合わせられています。 魚料理のソースにも使用されるほどポピュラーなので、イギリス旅行で料理を食べたことがあるなら、味に覚えがあるかもしれません。 そんなドイツが肉料理と抜群の相性のいいマスタードを使わないはずがないでしょう。 「ドイツマスタード」は、茶色のマスタード種をすり潰して出来ており、そこに「ビネガー(酢)」を加えてアクセントを加えます。 じつは日本人に馴染みのある「マスタード」って、けっこう「ドイツマスタード系」が多かったりします。 みなさんも、マスタードに「ほどよい酸味がある」イメージがありませんか? どういう経緯で日本がそうなったのかはわかりませんが、日本人も親しんでいる「酸味のあるマスタード」の源流は「ドイツマスタード」に求められるのです。 ビネガー(酢)を加えているだけあって、「ドイツマスタード」はイギリスマスタードよりも辛味は抑えめ。 鉄板のソーセージ料理だけでなく、冷えた肉料理にも自然に合う口触りなので、応用の幅が広いのが特徴です。 ちなみに「ドイツマスタード」には、ペースト状のものと、マスタード粒の入った「あらびき」系があります。 イタリア系、アイルランド系、アフリカ系、ドイツ系など、多様な民族がアメリカンドリームを求めて大陸に渡ってきたのです。 アメリカのマスタードは、ドイツ系移民者の影響が色濃く反映されています。 ビネガー(酢)を加える「アメリカマスタード」の流儀は、まさにドイツマスタードそのものです。 ドイツマスタードと少し違うのは、黄色のマスタードにビネガー(酢)だけでなく白ワインと砂糖を加えているところです。 ドイツマスタードよりもまろやかさがあるのが特徴です。 ハンバーガーやホットドッグ、ポークチョップなどによく使われています。 ドイツマスタードをアメリカ流に発展させたのが「アメリカマスタード」なのです。 「フレンチマスタード」は、「ディジョンマスタード」と呼ばれる世界的に有名なマスタード。 ワインの産地でもあるブルターニュ地方で作られ、ドイツマスタードと同様にビネガー(酢)を使用しています。 さらにそこから白ワインで仕上げれば、立派な「フレンチマスタード」の完成です。 白ワインを加えるところなんかは、さすがワイン大国フランスですよね。 「フレンチマスタード」の辛味は控えめで、とてもなめらかでまろやかな舌触り。 サンドイッチなど、パン料理によく使われています。 他のマスタードとの違い 「フレンチマスタード」が他のマスタードと違う特徴はどこに見出されるのでしょう? このマスタードに使用されるワインは、「ワインビネガー」などのよく知られたものではなく、「ヴェルジュ」よ呼ばれる未熟ブドウを使っているのが特筆すべき点だと言えるでしょう。 なので、同じくワインを使っている「アメリカマスタード」と比べてみても、風味にはかなり違いがあります。 フレンチマスタードの使い道 フレンチマスタードの用途はいろいろあります。 ドレッシング、ソース、サンドイッチ、肉料理。 西洋料理全般にバッチリ合うので、お好みでフレンチマスタードを使うことができます。 エネルギー:31kca• たんぱく質:0. 86g(3. 44kcal)• 脂質:1. 91g(17. 19kcal)• 炭水化物:2. 36g(9. 44kcal) フレンチマスタードの簡単な作り方 フレンチマスタードはポピュラーな調味料ですので、スーパーの市販や通信販売などでカンタンに入手可能です。 しかし、あえて自家製に挑戦するのもいいでしょう。 市販のものよりも新鮮で美味しいのでオススメです。 用意するもの• 砂糖:小さじ1杯程度• 白ワインビネガー:大さじ2(米酢で代用可。 超本格派で作るならヴェルジュでもOK)• マスタード(粉末):大さじ1 手順 作り方はとってもシンプル。 上記に書いた材料をすべて混ぜるだけ!びっくりするほど簡単ですよね。 あまりにアッサリ作れてしまうものだから、自分なりにアレンジする人も多いです。 なお、作りたてのフレンチマスタードは、まだマスタードの辛味が強く残っているので、マイルド仕立てにしたい場合は数日保管しておくことをオススメします。 時間経過とともに味が馴染んでまろやかになっていきます。 ちなみにマスタードやからしはカロリーゼロではありませんので、食事制限を気にしている方は気をつけましょう。 フレンチマスタードの代用食材 フレンチマスタードに変わる食材として、やはり「からし」が候補に挙げられるでしょう。 というか、これしか他に考えられません。 なぜなら「からし」は、「和製マスタード」だからです。 もともと「マスタード」、「からし」はともに、それぞれがアブラナ科「からしの種子」が原料になっています。 源流はどちらも同じなのです。 ではどこから違いが生まれるのでしょうか? マスタードは先ほどから登場している「イエローマスタード」や「ブラウンマスタード」と呼ばれるアブラナの種子が原料になっており、一方のからしは、海外で「オリエンタルマスタード」と呼ばれる種子からつくられているという点に違いが見出されます。 本質的にはどちらも同じ原料から出来ているマスタードとからし。 フレンチマスタードを使ったレシピ フレンチマスタードを使ったドレッシング• オリーブオイル:60cc• お酢:30cc• 粗挽き粒マスタード:小さじ2杯程度か適量• ニンニク(チューブ):適量• コショウ:適量• お砂糖:小さじ1杯程度• ポッカレモン• ボウルにマスタード、酢、にんにく(すりおろし)、塩、砂糖、コショウ、レモン汁をいれてよく混ぜ合わせます。 混ぜ合わせている最中に、オイルを3回くらいに分けて入れます。 そして「乳化」させていきます。 その行程が終われば完成です。 フレンチマスタードを使った生姜ソース• 白ワインビネガー:70ccが適量• オリーブオイル:150cc程度• 生姜:160グラム(必ずすりおろしたてのもの)• フレンチマスタード:140グラム• オイスターソース: 230グラム• 上記の材料をボウルで混ぜ合わせます。 一晩おいて完成です。 フレンチマスタードを使ったローストビーフカツ• オリーブオイル:大さじ一杯程度• パセリ みじん切り :適量• ローストビーフ用の肉:350グラム程度• ローストビーフの塩コショウ• ニンニク みじん切り :適量(少なめのほうがいい)• パン粉:1カップ分• フレンチマスタード• レモン:適量• ニンニクのみじん切り&パセリのみじん切りとパン粉を混ぜ合わせます。 オリーブオイルも加え入れておきましょう。 常温状態の肉に塩コショウをして20分ほど馴染ませます。 その肉をオリーブオイルとバターの入れたフライパンで焼きます。 強火でOKです。 両面に火を通しておきます。

次の