業務スーパー ヤングコーン 冷凍。 ヤングコーンとは?皮付きの保存方法と美味しい食べ方は?

とうもろこしとヤングコーンの違いとは?カロリーや栄養は?

業務スーパー ヤングコーン 冷凍

スポンサードリンク とうもろこしとヤングコーンの違いは? 夏に旬を迎える『 とうもろこし』。 甘くておいしいことから人気の夏野菜です。 茹でたり蒸したり焼いたり、 ほぐして料理に使ったりと とうもろこしはアレンジがきくので 子どもから大人まで、 幅広い世代に好まれています。 とうもろこしによく似た野菜に 『 ヤングコーン』があります。 八宝菜などの中華料理に入っていたり、 サラダバーでもよく見かけます。 最近は八百屋さんやスーパーなどでも 生の皮つきヤングコーンを見かけることも多くなりました。 とうもろこしとヤングコーンは 大きさこそ違いますが、 見た目はそっくり。 それもそのはず、 実は とうもろこしとヤングコーンは同じ種類で 同じ株からできたものです。 味も食感も違うので、 別の野菜だと思っている人も多いのですが、 ヤングコーンはその名の通り、 とうもろこしの実が大きくなる前の 若い(ヤング)のうちに収穫したものです。 とうもろこしを栽培すると通常、 1株から2本~3本の実が出来ます。 そのまま育てれば 沢山のとうもろこしが収穫できますが、 実の数が多ければその分、 土からの栄養が分散されてしまうので、 中途半端な大きさになってしまうのです。 なので、 とうもろこしを十分成長させておいしくするため、 1番上にある実だけを残して、 他の実は取り除いてやります。 この取り除いた(間引きした)実が ヤングコーンです。 株に残した実が大きく成長したものがとうもろこし 未熟なうちに収穫したのがヤングコーン というわけです。 ベビーコーンとは 『 ベビーコーン』と呼ばれるものもありますが、 呼び方が違うだけで ヤングコーンとベビーコーンは同じものです。 とうもろこしの赤ちゃんなのでベビーコーン。 英語でヤングコーンを「baby corn」と言います。 とうもろこしとは? とうもろこしの主な生産地は、 北海道・千葉県・茨城県で 国内生産の4割を北海道が占めています。 とうもろこしの旬は6月~9月頃。 とうもろこしはわたし達人間の食料となるほか、 家畜の重要な飼料でもあり、 加工され 工業用にも使われています。 この記事ではとうもろこしを 『野菜』と書いていますが、 とうもろこしはイネ科の一年生植物で、 分類上は『穀物』です。 とうもろこしは、 米や麦と並ぶ世界三大穀物のひとつで、 青果用や加工用など、 いくつかの種類に分類されます。 わたし達に一番なじみ深いものは 「スイートコーン(甘味種)」 という品種のとうもろこしです。 スイートコーンは粒に含まれる糖分が多いので その名の通り甘みがあります。 スイートコーン以外のとうもろこしには、 ポップコーン用の「ポップコーン(爆裂種)」、 デンプンや飼料になる「デントコーン(馬歯種)」 などがあります。 スポンサードリンク とうもろこしのカロリーと栄養 とうもろこしは100g当たり 92kcal(生)、 茹でると 99kcalと 穀物の中では低カロリーですが、 とうもろこしの主成分はでんぷんです。 糖質が100gあたり 13. 8gと 炭水化物(糖質)が多く、 エネルギーの補給源となります。 とうもろこしはビタミンB1、B2、E、 ナイアシンなどのビタミン類のほか、 リンや鉄、 カリウムなどのミネラル成分、 セルロースなどの食物繊維を バランスよく含んでいます。 ヤングコーンとは? ヤングコーンは成長前の、 未熟なうちに収穫されたとうもろこしの実。 ヤングコーンはとうもろこしと違って、 丸ごと芯まで食べられます。 普通のとうもろこしよりも、 収穫の時期が早いため、 ヤングコーンは5月~6月頃が旬です。 ヤングコーンのコリコリした独特の食感は、 とうもろこしとはまた違った味わいです。 ヤングコーンは新鮮であれば 生食ができます。 生でそのまま食べても良し、 茹でても良し、 炒めても天ぷらにしてもおいしいです。 我が家ではヤングコーンで作るピクルスも人気です。 ヤングコーンはとうもろこしに比べてると 小さくて柔らかいので、 料理に使われるというより、 そのままを食べることが多い素材です。 缶詰や瓶詰のヤングコーンもおいしいですが、 旬の時期は皮つきのものも流通しています。 スーパーなどの店頭で 皮付きヤングコーンを見かけたら ぜひゲットしてください。 サラダバーにある缶詰のヤングコーンとは 全くの別物、 ひげ&皮も味わえて感動すること間違いなし! おすすめの調理方法はバター炒め。 笹みたいな硬い葉っぱを取って、 ひげと皮ごと縦半分に切ったものを フライパンでバターしょうゆで炒めると そのおいしさに頬が緩みます。 3gです。 ヤングコーンはいうなれば とうもろこしの赤ちゃんなので、 栄養素はほぼ同じですが、 とうもろこしに比べると、 貧血予防となる葉酸や、 タンパク質の代謝に関わるビタミンB6が 若干多くなっています。 とうもろこしとヤングコーンの違いとは?カロリーや栄養は? まとめ とうもろこしとヤングコーンは同じ種類で 同じ株からできたものです。 株に残した実が大きく成長したものがとうもろこし。 未熟なうちに収穫したのがヤングコーンです。 ヤングコーンとベビーコーンは同じものです。 とうもろこしの旬は6月~9月頃。 ヤングコーンは5月~6月頃が旬です。 とうもろこしはイネ科の一年生植物で、 分類上は『穀物』です。 とうもろこしは100g当たり92kcal(生)、 茹でると99kcalで、 糖質は100gあたり13. ヤングコーンは100g当たり29kcal、 糖質は3. 3gです。 とうもろこしやヤングコーンには、 エネルギー源となる炭水化物の他にも、 ビタミンB1やB2、B6といった、 エネルギーの代謝に関わる栄養素が含まれています。

次の

マルハニチロ 2020業務用商品カタログ 総合 PRODUCT CATALOG For Professional Use

業務スーパー ヤングコーン 冷凍

ヤングコーンとは? ヤングコーンは、普通のトウモロコシの実が育つ前に摘み取ったもので、いわば「トウモロコシの赤ちゃん」です。 通常、1株のトウモロコシに雌花が数個咲くのですが、全てを実にしようとすると中身がスカスカになってしまいます。 そこで、大きな実にするためには1つを残して摘み取るのですが、その摘み取ったものがヤングコーンまたはベビーコーンと言います。 (木の勢いが良い場合は2つ残すケースもあります。 ) このヤングコーン、皮のない状態ならスーパーで年中見かけるという方も多いでしょう。 これは水煮パックや缶詰になったもので、中華料理の食材やサラダの食材として使われることが多いのですが、タイからの輸入品が多いです。 今回お話ししている皮付きのヤングコーンは産地に近い八百屋さん等で5~6月に並んでいます。 そう、ヤングコーンはトウモロコシの赤ちゃんなので、トウモロコシの収穫時期よりも前である5~6月頃が旬なのです。 (どちらかというと、都会のスーパーでは見かけないかもしれません。 ) ちなみに、ヤングコーンはトウモロコシの赤ちゃん、つまり成熟していないため、栄養価がとても高いとはいえませんが、トウモロコシと違ってヒゲや皮なども食べられるのが特徴です。 そして、皮にはカリウムが多く利尿効果があり、高血圧の方におすすめです。 また、ひげの部分にはブドウ糖やクエン酸、脂肪酸、ビタミンK等の栄養がたっぷり含まれているので、むくみや急性腎炎等に良いとされています。 ですから、通常は「おまけ」「単なる飾り」の食材になりがちなヤングコーンですが、これらの症状が気になる方にとっては、皮付きヤングコーンはおすすめの食材でしょう。 ヤングコーン皮付きの保存方法は? ヤングコーンは皮を剥いてあるものよりも付いている方が日持しますが、収穫して1日過ぎてしまうと甘みがどんどん落ちてしまいます。 大量にヤングコーンがあって一度に食べきれない場合は、買った日に皮を剥いて塩茹でして、ジップロックに入れて冷凍保存するのが一番鮮度を保てるでしょう。 (食べる時には自然解凍します。 ) とはいえ、ヤングコーンは中の薄い皮やヒゲも美味しく食べられるので、買ったら数日間でいろんな食べ方をしたいものです。 ですから短期間なら冷蔵庫で保存して使いましょう。 この場合は、 皮付のまま新聞紙に包み、新聞紙ごと濡らして冷蔵庫の野菜室で保存します。 この時、立てて保存するのがポイントです。 (横にすると折角の甘みが抜けやすくなってしまうので、くれぐれも横にしないようご注意ください。 ) ヤングコーンの美味しい食べ方皮付きの場合は? 最初に、ヤングコーンの食べられる部分について確認しましょう。 ヤングコーンは普通のトウモロコシと違って次の部分も食べられるのが特徴です。 ・ヒゲ(茶色い部分を切る) ・皮(中の方の薄く柔らかい部分) ・芯 また、もぎたて新鮮なヤングコーンは生で食べても甘くておいしいです。 1~2日経過した場合は加熱調理した方が良いでしょう。 では次に、美味しい食べ方についてお話しします。 茹でる 1 調理方法 皮を全て剥いてから茹でても良いのですが、中の柔らかい皮2~3枚残した状態で茹でて食べても美味しいです。 2 食べ方 そのまま食べるのも、サラダに入れるのもおすすめです。 また、ごま油を少し入れたマヨネーズにつけても美味しいです。 グリルで焼く 1 調理方法 外皮が付いた状態で、魚焼きグリルで約10分焼きます。 (片面焼きの場合は5分でひっくり返しましょう。 ) 2 食べ方 焼いた後は焦げた外皮を剥き、中側の柔らかい皮を残した状態でヒゲごと食べます。 その他、ホイル焼きや炭焼きにして、バターと醤油をかけて食べるのも美味しいです。 炒める 野菜炒めなどの野菜の1つとして様々な料理に使うことができます。 この場合、生の状態から炒めるのも問題ありませんが、固さのバランスを考えると下茹でしてから使う方が使いやすいでしょう。 炒め物系では、ヤングコーンをメイン野菜にした、ベーコン巻き、肉巻き等も美味しいですよ。 揚げる 素揚げ、天ぷら、フライ等はどれも美味しいのでおすすめです。 食べる際は、塩コショウ、天つゆのどちらも美味しいです。 ところで、揚げる場合は是非ヒゲを活かしましょう。 ヒゲを揚げるとパリッとした食感でとても美味しいですよ。 ヒゲ付きのままヤングコーンを揚げるのも良いし、ヒゲだけのかき揚げもおすすめです。 炊き込みご飯 意外かもしれませんが、ヤングコーンの炊き込みご飯はとても美味しいです。 【材料】 米 2合 水 (いつもの水加減で。 ) 塩 小さじ1 酒 大さじ1 ヤングコーン 5~6本(ヒゲごと約1cmの長さに切る) バター 10g(大さじ1弱) 【作り方】 1 米を洗って炊飯器に入れて水を入れて約30分吸水させます。 この時水の量は、炊飯器のいつもの水加減にします。 2 吸水後、塩と酒を入れて混ぜ、ヤングコーンとバターを乗せて炊飯器で炊きます。 3 炊きあがったら全体を混ぜ合わせます。 最後に、ヤングコーンのヒゲの食べ方についてお話ししておきますね。 ヤングコーンのヒゲの食べ方 ヤングコーンのヒゲは生でサラダにしても美味しいし、茹でても美味しいです。 生の場合は黄色ですが、茹でると緑色になります。 どちらもきれいですよ。 (ヒゲの先端の茶色い部分は食べませんので、調理する前に切り落とします。 ) 1 生で食べる場合 先端の茶色い部分を切り落としてから2~3cmの長さに切り、お好みのサラダに入れて使いましょう。 (鮮度が良いのは皮の中の部分です。 ) 2 茹でる場合 ヒゲの部分だけ茹でる場合はヤングコーンの下茹で方法と異なり、 塩を入れずに沸騰したお湯で約1分間茹でます(塩を入れない方がきれいな緑色になります)。 ちなみに、茹でた場合もシャキシャキ感は損なわれません。 茹でた後冷蔵庫で冷まして、シンプルにドレッシングをかけて食べる方法や、冷奴に乗せたり、スープに入れるのも美味しいです。 皮付きのヤングコーンは5~6月の旬の時期だけの食べ物です。 様々な食べ方があってどれも美味しいので、見かけたら是非一度買って食べてみて下さいね。

次の

業務用ネットスーパー【業務用・食材】ヤングコーン 500g: 業務用食材・資材

業務スーパー ヤングコーン 冷凍

2020. 15 2020. 01 2020. 22 2020. 15 2020. 10 2020. 01 2020. 15 2020. 01 2020. 16 2020. 15 2020. 01 2020. 16 2020. 02 2020. 14 2020. 03 2020. 21 2020. 17 2020. 08 2019. 20 2019. 02 2019. 15 2019. 01 2019. 15 2019. 1 2019. 01 2019. 18 2019. 02 2019. 15 2019. 01 2019. 16 2019. 01 2019. 17 2019. 03 2019. 15 2019. 15 2019. 03 2019. 01 2019. 18 2019. 27 2019. 15 2019. 01 2019. 15 2018. 14 2018. 30 2018. 15 2018. 05 2018. 01 2018. 15 2018. 01 2018. 18 2018. 06 2018. 03 2018. 03 2018. 17 2018. 01 2018. 06 2018. 02 2018. 19 2018. 09 2018. 02 2018. 01 2018. 01 2018. 26 2018. 26 2018. 18 2017. 22 2017. 06 納品書が新しくなりました。 2017. 22 2017. 01 2017. 02 2017. 17 2017. 24 2017. 14 2017. 23 2017. 15 業務用食材専門店 フーヅフリッジ オープン! カテゴリーから探す• 野菜関連 食卓に彩りをもたらす野菜の数々。 ブロッコリーの緑、コーンの黄、にんじんやトマトの赤、きのこの茶、玉ねぎや山芋の白など、目に鮮やかな野菜があるだけで食欲が増すこと間違いなし。 生野菜は傷みやすいのが難点ですが、業務用の冷凍野菜なら使いたいときに使いたい分だけ解凍できて便利です。 野菜を主役にサラダとして使ったり、メインディッシュに添えたり、使い方は自由自在。 ご家庭でのお弁当にも重宝します。 フーヅフリッジの冷凍野菜は、人気の高いにんじんやスライスピーマン、枝豆、アボカドなどの調理に便利な茹で野菜に加え、解凍すればすぐ食べられる揚げ物やとろろ、ムニエルやパスタにも合うバジルペーストなども揃います。

次の