中川家。 中川家(地図/大東・四條畷/お好み焼き)

中川家・剛 今年のABCお笑いグランプリ「緊張感なかった」 昔はピリピリ「演者同士しゃべらへん」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

中川家

中川家・剛の病気(パニック障害)の原因は?弟・礼二と再度の入院を乗り越えた兄弟秘話 中川家・剛のパニック障害の原因は? 中川家は、小柄な兄剛、ガタイの大きい弟礼二の兄弟漫才コンビです。 東のナイツ、西の中川家と言われるように、正統派漫才として、漫才団塊世代の中では他のコンビより頭一つ抜けた存在といえます。 兄なのに、頼りない印象がある中川家剛ですが、漫才師になろうと決意したのはむしろ剛のほう。 どうせコンビを組むのならばと、すでに就職していた弟の礼二を誘ったそうです。 そんな中川家剛が、デビュー後しばらくして、パニック障害に見舞われました。 中川家はデビュー当時からその実力が認められ、仕事も順調かに見えましたが、そのプレッシャーは並々ならないものがあったようです。 すい炎による入院騒動はあるものの、パニック障害の兆候などまるでなかった中川家剛。 しかし、電車に乗れない、過呼吸で倒れそうになるなどの症状に悩まされるように。 その後、中川家は、多くのレギュラー番組を次々と失うはめになります。 中川家・剛に弟・礼二が献身的サポート!アホの坂田や明石屋さんまの荒っぽい励ましとは? パニック障害に見舞われていても、礼二の才能を一番理解していた中川家剛は、礼二に、自分はもうアカンから辞めようと思うが、礼二は仕事を続けるように、と言ったそうです。 しかし礼二は、もう1年がんばって、アカンかったら辞めたらええと、その後も献身的なサポートを続けます。 また先輩芸人たちも、中川家剛に救いの手を差し出します。 坂田利夫師匠は、「いっそ開き直って、アホなまんまでやったらええねん」と励まし、明石屋さんまはさらに荒療治に出ます。 フジテレビ「明石屋マンション物語」のレギュラーに中川家を自らが起用し、番組打合せの初端、スタッフ全員の前で中川家剛を、「おお、パニックマン!」と呼びかけます。 動転する剛にもかまわず、「なったもんは仕方がない。 額にPの字貼って、パニックマンのコントでもやったらええねん」と言い放ったのです。 しかし、これは明石家さんまの中川家剛にたいする深い優しさでした。 明石家さんまが、中川家剛がパニック障害であることを承知した上で起用したことをスタッフに納得させ、剛の気遣いを少しでも和らげるためでした。 剛の闘病は1997年から2001年まで続きますが、礼二のサポートや先輩たちの励ましによって、症状をありのままに受け止めた剛は、パニック障害を少しずつ克服していきます。 そして2001年、中川家は復活を賭けて第一回M-1グランプリに出演し、見事優勝を果たしたのです。 その後の活躍はいうまでもありません。 中川家・剛 嫁、双子の子供は?身長、体重、性格は? 中川家・剛は意外に早くに結婚、双子の男の子のパパ 中川家の剛は、パニック障害を克服したものの、その後幾度か膵炎で倒れて入院を繰り返しています。 膵炎は暴飲暴食が主な原因ですが、過労やストレスなどが影響するともいわれています。 中学時代は弟とともにラクビーをしていた剛ですが、身長は161cmと小柄で、体重も50kgを切っているような華奢な体。 中川家剛にとって芸能界の仕事は、意外にハードなのかもしれません。 そんな中川家剛の結婚は2003年。 M-1グランプリ王者となって、パニック障害も克服し少し落ち着いた頃でしょうか。 剛の嫁は一般女性で、子供は、すでに中学生になる、碧(あお)君、天(てん)君という双子の男の子がいます。 中川家・剛の性格は以外に沈着冷静、腹が据わっている 漫才ではボケ役であり、パニック障害や度重なる体調不良の入院などで、公私ともに頼りなさそうな兄の中川家剛ですが、プライベートでは剛が威厳を保っています。 剛の性格も意外に落ち着いていて、腹も据わっているとか。 弟の礼二が常に「お兄ちゃん」と慕って呼ぶことから、剛は、芸人仲間からもお兄ちゃんと呼ばれています。 またネタ作りも礼二が全て作っているようにみえますが、ネタの基本構成は中川家剛が作り、幾度も舞台にかけながら、お互いがネタを練り込んでいくようです。 モノマネもまた、礼二のものが目につきますが、剛は、「途中で鳴くのをやめる犬」、「エサを食べたがらないヤギ」「ラジオのチューニング」「iPodの音漏れ」など、細かな形態模写に、独特のシュールな面白さがあります。 中川家・剛は中川家の長男として弟・礼二とともに正統派漫才を貫く! あまり知られていませんが、中川家剛は本も出しています。 タイトルは、「クリスマスには焼き魚にローソクを」。 中川兄弟の小さい頃の思い出、そして、粗野でどこか変な大阪のオッサンの一典型ともいえる、彼らの父親について語っています。 この小説は、とんでもないエピソードが淡々と綴られていることに格別の面白みがあります。 また、かつてビートたけしが書いた自伝「たけしくん、はい!」にもあるように、時代が変わっても、下町に生きる庶民の超リアルで切実な貧乏は不変であることがわかります。 いずれにせよ剛は、まわりだけでなく家族や自分自身までを観察対象として、鋭く観察し克明に記憶してきたのでしょう。 これが、その後の漫才ネタに大きく貢献しているのは他でもありません。 順風満帆にみえた中川家ですら、芸能界での道のりはそう楽ではありませんでした。 剛が見舞われたパニック障害や、礼二の離婚、剛の度重なる体調不良など、それらを乗り越えてこられたのは、やはり兄弟で漫才をやりたいという二人の強い気持ちがあったからでしょう。 中川家にはこれからも、既に亡くなられた兄弟漫才の大看板、夢路いとし喜味こいし師匠のように、末永く正統派漫才を続けてほしいものです。

次の

【悲報】中川家さん、渡部が出演してたヒルナンデスのグルメロケをバカにする::ぱぴぷ速報

中川家

お笑いコンビ、中川家の剛(49)が14日、火曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「DAYS」(月~水曜後1・00)に出演。 12日に開催された「第41回ABCお笑いグランプリ」の決勝戦についてコメントした。 ダウンタウン、ナインティナインら人気者を多数輩出してきた若手お笑い芸人の登竜門「ABCお笑いグランプリ」。 今年で41回目を迎え、コウテイが480組の頂点に立った。 相方・礼二(48)が「ABEMAで見ました」と画面越しに鑑賞したことを告白すると、剛もうなずきながら「緊張感がなかったよね」「審査員もヘラヘラして。 緊張感があったほうがいいんやけどな、ほんとうは」と指摘した。 かつて、中川家も同大会に出場し、チャンピオンに輝いた経験がある。 「ぼくらのとき、すごい権威やったけどね」と話す礼二に、剛も同調。 「もっとピリピリしてた。 演者同士もしゃべらへんし」と緊張感が漂っていた現場の雰囲気を伝え「負けたらロッカー蹴ったり、コンビで『お前のせい』って言い合いに。 そのまま帰るのが嫌やから飲んだくれて、次の日朝起きたら外やったみたいな。 それぐらい悔しかった」と回顧。 当時、桂三枝(現・文枝)が司会を担当していたことにも触れ「神様みたいな。 話かけられないような人が司会者やったからね」と話した。 同大会とM-1グランプリを比較する場面も。 それぞれ優勝賞金が100万円と1000万円であるが「野球に似てるなと思って。 大リーグ行くと、そっちの方が金額が全然違うから。 海外で勝負しますみたいなことなんかな、M-1も。 とりあえず足かけとして、ABCを…」と例えた剛。 「M-1に焦点あててるから、ABCはええ練習になるんではないかと思うけどね。 やっぱそっち(M-1)に照準を絞るわね」と続けていた。

次の

中川家(北海道)

中川家

中川家の父親はどんな人? 中川家の家族構成は父親・母親・剛・礼二の4人家族です。 父親は 運送会社に勤めていたようです。 そして中川家の2人が幼少期に住んでいたのが会社の社宅。 6畳と4畳半の風呂なし文化住宅だったそうです。 父親がとにかく節約家でありお金を使わない生活を中川家の2人は経験しています。 例えば、• 銭湯が休みだと所の湯沸かし器の蛇口にホースを突っ込んでシャワー• おもちゃのミニカーの代わりに手をミニカーに見立てる• ようやく買ってもらえたものがグローブ。 しかし他人のお下がりだった• 自転車をもっていなかったため、自転車の友達と同じ速度になるように全速力で走った• やっと手に入れた自転車は氷屋のレヤカーのおさがり。 などなど今では笑えますが、当時にしては厳しい環境だったのでしょう! しかし漫才師としては最高のネタになるのかな。 と感じますね。 父親の面白エピソード! 中川家の幼少期に 遊園地へ行きたいと父親に訴えた時に、「連れて行ってやる」と行った場所が・・ ジェットコースターと観覧車が見える駐車場 でその場でお弁当を広げて食べたそうです! そして、父親になぜここかと問いただすと、ジェットコースターに乗りたいとは行ってないだろう」と言われたそうです! 笑ってしまいますが、自分が子供の頃にされたらと思うと複雑な気持ちになりますね〜笑 また、 「野球、ナイターを見に行きたい」と伝えると、「デーゲーム」でもいいかとの父親の答え。 そして昼のゲームへ行くとまさかの 社会人 野球だったそうです!笑 節約の話から父親の面白エピソード! 最高ですよね! 決して裕福な家庭で育ったわけではない中川家。 現在兄弟で漫才師として大成功を治めています。 きっと幼少期の家庭は笑いの絶えない素敵な家庭だったのではないでしょうか? 足りてないのはお金だけ・・ しかしそれも現在は手に入れている! 素敵すぎますね〜 父親の現在の趣味が素敵! 仕事を定年まで勤め上げ、現在は趣味で絵を書いているそうです! その絵が凄い! トランプ米国大統領が弟の礼二と握手 しているものだそうです。 礼二さんは一生そんなことはない!と釘をさしているそうですがどうなるかわかりませんよね! 今後の作品が楽しみです!.

次の