ぼっとん便所 水洗 費用。 自分でトイレのリフォーム!(汲み取り式便所から水洗便所)かんたんDIY

簡易水洗トイレの汲み取り料金がずっと高いです。

ぼっとん便所 水洗 費用

汲み取り式トイレを洋式にリフォームする際の種類と費用や作業期間は? 汲み取り式と水洗トイレの大きな違いは、汲み取り式は下水とつながっていないため、便槽と言われる「し尿」を貯めておく場所から、定期的に溜まった「し尿」を汲み出す必要があります。 そして、汲み取り式トイレの住宅の場合は、トイレ自体に下水が関わらない独立したものなので、雨水と同じように生活排水もそのまま側溝に流すことになります。 こうしたことから、汲み取り式は定期的な汲み取りが必要で便槽の大きさにもよりますが、1回の汲み取りで2,000円から4,000円かかっても、水道料金に下水道使用料がかかりませんよね。 一方で、水洗式は便槽の代わりに「浄化槽」というし尿をある程度きれいにするタンクのようなものを地下に埋設して、そこにトイレの排水を流し込んで、さらに下水へ流しています。 そして浄化槽を埋設する場合は、トイレの排水だけでなく生活排水も浄化槽へ流しこむ必要があるので、住宅から出る全ての生活排水が浄化槽で処理されて側溝へと流れて行くという仕組みです。 そのためトイレを水洗化した場合は、浄化槽の取り付け費用とメンテナンス費用が掛かることになり、メンテナンスは各地域で変わってきますが2~3か月に1回、費用はだいたい下水道使用料と同じくらいで、浄化槽設置費用に関しては各自治体で補助金が出るので、自己負担は少なくなります。 このように、汲み取り方式と水洗トイレでは大きく異なるため、リフォームをする場合も、状況によって色々な方法があるそうです。 リフォームの種類は? 1、 完全な水洗化 前述の通り、浄化槽と言われる中を仕切られたタンク状の大きな容器を地下に埋設し、その中に配管を通してトイレの排水と生活排水を流すので、汚水の流れは浄化され固形物は微生物が分解して泥になり浄化槽の底へと沈みます。 この場合、工事も大掛かりなものになりますし、そもそも配管を通すことができないこともあるので、条件次第では水洗化が不可能である場合もあるそうです。 2、 水洗に限りなく近くなる「簡易水洗」 完全な水洗化が無理な場合やもっと簡易的に行ないたい場合は、便槽にし尿を貯めておいて、定期的に便槽内のし尿を汲み取るという「簡易水洗」という方式があります。 そして、簡易水洗の場合は便器を洋式にする必要があるので、和式の場合はトイレをいったん解体する必要があり、やはり工事が大掛かりになります。 それから、元々洋式の場合は今の便器を交換するだけで良いのですが、交換する便器によっては和式からの簡易水洗化と同じように解体を伴うことがあるそうです。 これによって、人の目に触れる部分はほぼ完全な水洗式と同じように見えますし、トイレに水道管を通して水で流すので、水洗式と同じように衛生面で優れるほか、汲み取り式にありがちな臭いの問題もなくなります。 ただし、汚物を便槽に貯めるという汲み取り式の基本的な構造は変わらないので、手入れの手間や虫の発生など汲み取り式ならではの問題は残ってしまいますし、環境への配慮を考えてもできるだけ完全な水洗化をした方が良いでしょう。 リフォームにかかる費用は?作業期間も このように、環境によってリフォーム方法が大きく異なるので、費用も作業期間も幅があるようですが、 ・ 小便器の撤去 ・ 床の解体 ・ 給排水管の配管 ・ ウォシュレットや保温便座で必要な電気工事 ・ 器具の取り付け ・ 内装 などだけでも期間は5日間ほどかかり、簡易水洗トイレにリフォームすると、45万円から60万円ほどかかるそうです。 さらに、完全な水洗化をする場合、5人用の浄化槽を設置するために工事費用込みで100万円前後の費用がかかる事例があります。 それから、下水道が設置されていたとしても、水洗式便器への交換などトイレ内のリフォーム工事の他に、指定業者による下水道接続工事が必要になるそうです。 そして、費用としては1平米あたり7,000円前後で、総額で20万円ほどかかる事例もあります。 とはいえ、どちらの場合も自治体から補助金が出ることが多く、1割だけの負担で良いこともあるので、汲み取り式からのリフォームを検討するなら、まずは住んでいる地域の役所で確認するようにしましょう。 スポンサーリンク 汲み取り式トイレを洋式にリフォームした事例集! それでは、実際に汲み取り式トイレを洋式にリフォームした事例をチェックしていきましょう。 そして、費用は45万円(トイレの単独工事の費用)、作業期間は3日かかったそうです。 そして、費用は29万円(トイレの単独工事の費用)で、作業期間は5日かかったそうです。 汲み取り式のトイレのリフォームをする時の注意点は? 汲み取り式トイレの事例を紹介しましたが、費用はトイレの単独工事の費用のことで前述の通り、環境によっては浄化槽の設置や水道管との接続工事が必要になります。 そして、浄化槽の設置費用に対してはほとんどの自治体が補助金を交付しているので確認すれば費用面は解決することが多いのですが、家の構造や下水の都合で工事ができないこともあります。 それから、トイレというと家の一部のように感じるので工事ができないことを想像できないと思いますが、実際には家の構造は家自体だけではなく、床下や壁の中にある配管、地下に埋設されている配管やケーブル類も含まれるのです。 そのため、現在の家そのものが原因で、汲み取り式トイレから完全な水洗化ができない場合もあります。 こうしたことから、汲み取り式トイレのリフォームを検討する場合は、浄化槽の埋設場所がない、配管の変更が難しい、家の耐久度が低いなどの条件などを加味して、複数のリフォーム業者に判断してもらって相見積もりを取るようにしましょう。 そして、信頼できる業者で適切な価格でリフォームを実施するよう注意してください。 スポンサーリンク 洋式トイレへリフォームをするなら、リノコで賢く見積りを取ろう! 汲み取り式トイレから洋式トイレへリフォームする場合について、費用の相場や作業時間、実際のリフォームの事例、汲み取り式トイレのリフォームの注意点についてご説明しました。 そして、汲み取り式トイレの場合は、浄化槽の設置や、排水管の接続など、環境によってはトイレの単独工事以外の検討事項や、多額の費用がかかってくるのでしたね。 そのため、費用に関しては自治体の補助金の交付について確認する必要があるのでしたが、浄化槽の設置は場合によってはできない場合もあるとのことでした。 こうしたことから、 汲み取り式トイレをリフォームする場合は、 複数の業者から相見積もりを出してもらって適切な価格で信頼のできる 業者に依頼する必要があるという注意点がありました。 とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。 また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。 その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。 そのため、 「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」 「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」 「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」 といった方をたくさん見てきました。 また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。 だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、 確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる がオススメです。 というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。 さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。 また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。 さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。 また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。 「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。 さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。 しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、 リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。 そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。 なので、汲み取り式トイレをリフォームするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

次の

汲み取り式トイレ(ぼっとん便所)戸建は投資してよいか?直せる?

ぼっとん便所 水洗 費用

<内訳参考> ・浄化槽 本体費用:約15~50万円 ・浄化槽 設置費用:約40~70万円 ・浄化槽 申請補助費:約5~6万円 ・既存の便槽取壊し・撤去:約5~10万円 ・配管工事費: 約10~20万円 ・排水枡工事: 約5~6万円 ・廃棄物処理費:約3万円 ・諸経費:約7~10万円 トイレ浄化槽の補助金 浄化槽設置は、自治体から費用補助を活用する。 汲み取り式トイレから水洗トイレにする時、浄化槽設置に費用補助がある自治体が多く、 特に水洗化が進んでいない自治体はおおよそ補助金制度があります。 生活用水と合わせて処理する「 合併処理浄化槽」を利用し設置申請した場合が対象です。 依頼先のリフォーム業者にあらかじめ相談を行い、 工事前に申請をする必要があります。 介護リフォームの場合は、助成金、補助金の申請を活用。 また、介護のための工事なら、 減税となったり 助成金・補助金が出ることもあります。 リフォーム業者に見積もりを依頼する際に、合わせて、バリアフリーや省エネリフォームなどの行政支援を相談・確認しましょう。 浄化槽の種類や大きさ: 浄化槽は、5人槽より7人槽などと、大きくなるほど高くなってきます。 ただし「合併処理浄化槽」で、自治体に申請すれば補助金対象になります。 土地の状況: 浄化槽埋め立てや配管に手間がかかる場合などに、費用が高くなってきます。 住宅や私有地の状況によってきます。 汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用・工事価格を抑える3ポイント いつか水洗トイレにすることが必要になるならば、費用を抑えて1日でも早く便利なトイレにした方が得です。 を安くする数々の方法の中から、 必ず抑えたい重要度が高い3つの方法をご紹介します。 【第3位】トイレ便座の価格を抑える トイレの商品は、ウォシュレットの有無など 機能やグレードに応じて約5~20万円と費用に幅があります。 リフォーム業者から商品提案を受けた後に、 必要以上に機能がある高い商品ではないかしっかり確認しましょう。 【第2位】汲み取り式トイレから水洗トイレにする工事・内装など「必要な範囲」の改修改装リフォームにする。 できる限り理想のトイレ環境を目指しながらも、 予算に見合った落としどころを見つけていく必要があります。 トイレのオプション機能や備品、内装など 必要な範囲や内容は何かをしっかりと考えていきましょう。 【 第1位】汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用見積りとプランの 「複数業者比較」は最重要 を目指して価格を下げるには、 トイレ施工業者のは一番重要、かつ基本となる大前提です。 業者により、 提案される材料のグレードや 仕入れ値などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。 【1】 業者 候補リストアップ 【2】 安心な業者か 評判口コミ調査 【3】 トイレ水洗化工事を行っているか 候補各社への電話確認 などです。 でも、大丈夫! 汲み取り式トイレの水洗トイレ化工事で、地域の専門 業者を30秒ですぐに知る方法! ここで、あなたがお住まいの地域で、トイレリフォーム専門業者の最有力候補を( 登録なし・無料で) 約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。 『 』という 3冠に輝く住宅サービスを利用します。 全国約 1万の施工店の中から 「 厳格な国家基準をクリア」した「 信頼ある専門業者」のみ「約300社が厳選登録 」しているのです。 タウンライフリフォームでは、 どの業者も 工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます。 汲み取り式トイレの水洗トイレ化リフォーム費用が 最大40%オフの無料見積もり 『タウンライフリフォーム』では 「トイレのリフォーム無料見積もり依頼」をすぐできます。 簡単・気軽に無料依頼できるので、 専門業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。 『 』 では 複数の専門業者のプランを無料で一度に比較できるので、 今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。 住宅・リフォーム会社の宣伝費でサービス提供されているため、 ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。 あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。 しかし、 希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。 まず、 情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。 もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。 業者が厳選されていて、 紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。 また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。 『 』は、 サイト利用者安心度 1位を獲得しています。 「まずは気軽な感じで工事の無料見積もりをとってみたい!」という方にとって、 今すぐ利用する価値があります。 \完全無料!時間を大幅節約/ 汲み取り式トイレから水洗トイレへの改修改装リフォーム工事(浄化槽利用) 汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム工事の作業プロセス 水洗トイレ化へのリフォーム工事は、以下のような作業プロセスとなります。 (1) 汲み取り式トイレの 便器の撤去 (2) トイレスペース内の 床の解体 (3) 新しい 配管(電気・給水)の設置 (4) 水洗式トイレの 便器の設置 こちらの動画で、汲取り式トイレを水洗化する工事プロセスを見ることができます。 汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム工事期間 約1週間程度です。 ただし、3~4日程度の場合もあれば、2週間かかることもあります。 手続きなども含めると全体では約2カ月間程度かかります。 水洗トイレ化へのリフォーム工事は、日数もかかるので、早めに業者に相談を始めましょう。 まだ迷っている場合でも、とりあえず話を聞き、見積りをとるだけでも前進します。 汲み取り式トイレの水洗化リフォーム無料見積もりは、利用実績も多くて安心 トイレ工事の無料見積もりができる『 』は シリーズ累計 112万人が利用し評判や口コミも良いです。 たしかに、 じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。 もし、週末の土日をかけてリフォームサービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。 しかし、 「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。 まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ 効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。 『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門で、 「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。 「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く 「トイレ水洗化に少しでも興味がある方」ならば、 『 』は 今すぐ利用しないと損なサービスです。 \満足度1位!リフォーム3冠!/ 汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォームするメリット 汲み取り式トイレと比較した時、浄化槽を利用した水洗トイレには「衛生的で臭いも減る」「見た目の良さや利用のしやすさ」といったメリットがあります。 見た目良く利用しやすい 汲み取り式トイレでボットン便所タイプの場合、昔からある古い感じであることが多いでしょう。 しかし水洗トイレにすることで新しいトイレに生まれ変わります。 親戚など 来客が来た時にも気かねせず気軽に使ってもらえます。 ウォシュレットや温かい便座をつけるなど トイレ商品の機能にもこだわれます。 また、和式タイプから様式タイプに変えることで、用をたす時の体勢の違いから、足腰などへの負担も減るでしょう。 衛生的で臭いも減る 浄化槽の中には微生物が入っていて、ある程度汚水の汚れは浄化されます。 固形ぶちは微生物が分割して泥になって浄化槽の底にしずみます。 汲み取り式と異なり 衛生的で、嫌な臭いも減ります。 また、洋式にすればしゃがむ必要がないために、 膝や腰の負担も減ります。 私の父の実家のボットン便所も、(簡易)水洗トイレにリフォームしました。 もう昔の話ですが、ボットン便所だった私の父の実家は、祖母が高齢になったために簡易水洗トイレにリフォームしました。 (費用面の都合で、水洗化は行わずに簡易水洗トイレにしました) 昔ながらの古いトイレで狭くはありましたが、キレイに 見違えるように変身しました。 それまで父の実家のトイレが嫌いだった私も、 何も気にせずに普通に使えるようになりました。 そして今考えてみると、 祖母は高齢になるまで毎日、膝や足に負担をかけながら和式トイレを利用していたわけです。 もっと早く洋式トイレにしていれば、どれだけ負担が減ったことだろうと思います。 農家で祖父母ともに体力があったとは言え、 つらい思いをさせてしまっていたなと悔いもあります。 あなたと、あなたのご家族には 大変な思いをして欲しくありません。 汲み取り式トイレ水洗化の無料比較ができる「タウンライフリフォーム」の口コミ 口コミ(例) 「 アイデアがいただけ、想像以上に満足のいくリフォームができました。 リフォームを考えた時に、 まずどこを選んだいいのか分かりませんでした。 半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいたリフォーム会社さんが 希望通りのリフォーム提案をしてくれたのでそこに決めました。 最初は不安もありましたが、今では タウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。 」 トイレ水洗化のリフォーム無料見積もりは、 今すぐ始めないともったいないです。 \口コミでも評判!/ 汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォームするデメリットは? 浄化槽を利用してのトイレ水洗化にデメリットはないのか、確認をしていきましょう。 費用の高さと設置条件 先ほどご紹介の通り、トイレの水洗化(浄化槽利用)の費用目安は約90万円~です。 中には、200万円前後かかる場合もあるので、決して安いものではないことが、1つのデメリットです。 下水道使用料がかかる トイレを水洗化すると、下水を使用することになるので、それまでかからなかった 下水道料金がかかってきます。 また、2~3ヶ月に1度程度、下水道使用料と同じくらいのメンテナンス費用も必要になってきます。 震災など停電時に、電源が必要で利用しずらい。 また、大震災時などは「 活躍したのは、ボットン型の汲み取り式トイレや簡易水洗のトイレ、電源を必要としないからである」 ()といったこともみられます。 設置できない場合も 住宅の構造や私有地の広さ、電気や水道などの設備の場所によっては浄化槽を埋設出来ない場合もあることもがもう1つのデメリットです。 設置できない原因の例としてよくあることは 「配管の変更が難しい」「浄化槽の埋設場所がない」「家の耐久度が低くてトイレの解体に耐えられない」などです。 配管については、もともと地中に埋設されている電気や上水道の管、電話ケーブルにぶつかってしまうため工事ができないことがあります。 まずは、リフォーム業者に現地調査をしてもらい、水洗化を行えるか確認をする必要があります。 リフォーム業者によって設置可否の判断が異なることもあるために、複数社に現地調査を依頼した方がいいでしょう。 汲み取り式トイレ水洗化の無料見積もりで「タウンライフ」が選ばれる理由 トイレ工事の無料見積もり比較で、 が選ばれる理由は3つあります。 汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォーム工事しよう! 汲み取り式は悩みが多い 汲み取り式トイレとは 汲み取り式トイレは、用をたした時に便槽に落下するタイプのトイレのことです。 汲み取り式トイレは、下水につながっていないために、「し尿」を定期的に便槽から汲み出す必要があります。 ボットン便所などとよばれています。 平成29年3月現在、日本の下水道普及率は78. まだ下水道が十分に整備されていない、山間地域や市街化調整区域、過疎地域などを中心に、古い家やアパートでは、トイレが汲み取り式であることが今でも多くあります。 汲み取り式トイレ・ボットン便所には「衛生面や臭いの問題」といった課題があります。 汲み取り式トイレの課題「衛生面や臭いの問題」 汲み取り式トイレは、ハエやウジの繁殖場所になってしまったり、菌の繁殖や臭いなど、水洗トイレと比べると衛生面も問題があります。 「鋭い糞便臭に得も言われぬ恐怖を感じる」 ()人もいるほどです。 汲み取り式トイレの課題2「汲み取りが必要」 汲み取り式は定期的な汲み取りが必要で、1回あたり、便槽の大きさにもあわせて、約2,000~4,000円程度の費用がかかってきてしまいます。 ボットン便所は「来客者や親戚にとっても嫌」 私は子供の頃、父の実家がボットン便所でとても嫌でした。 私の自宅は洋式トイレだったために、たまに父の実家でボットン便所を使うとそのたびに ショックに近い衝撃を受け、帰省時に用を足すのは嫌なものでした。 恐かったのでなるべく 利用を避けていました。 祖父母は好きでしたが、ボットン便所が嫌で 泊まりたくはありませんでした。 実際、「 和式汲み取り式トイレは子どもにとって汚いだけでなく危険で恐い場所」 ( )とも認識されています。 (参考) 汲み取り式トイレの水洗トイレリフォーム、介護での設置は、助成金・補助金を活用。 トイレ水洗化し、洋式トイレにすればしゃがまなくてよく、膝や腰も楽です。 介護でのトイレ水洗化の設置なら、 減税となったり 助成金・補助金が出ることもあります。 バリアフリーや省エネリフォームなど行政支援を、 施工業者やケアワーカーにに相談・確認しましょう。 40代以降は、膝(ひざ)に注意! ひざが痛む 「変形性ひざ関節症」は 40代から増え始め、日本には潜在患者が 約3,000万人いるそうです。 (出典:) 和式トイレでひざに負担をかけ続けて悪化すると、 歩行困難・寝たきりになることも。 介護者の負担も増えます。 25歳からももの筋肉は衰えます。 トイレでしゃがむ時に使うももの筋肉(大腿四頭筋)は、 身体の中で最も衰えの早い筋肉です。 (出典: 65歳で25歳の約60%まで落ちます。 その後も筋肉は更に落ち続けます。 ひざ痛の発症や悪化にもつながります。 ひざの痛みや負担が気になる場合は、早く和式トイレの対策として、トイレ水洗化などを検討しましょう。 一人で悩みを抱えず、早く誰かに相談する。 トイレ水洗化を検討している方には 「悩みを一人で抱えこんでいる方」も多いです。 ・ ご自身の足腰、臭いの我慢の苦労 ・ 高齢のご家族のご心配 ・ 小さなお子様の安全面の心配 ・ 古くなってきた 住まいへの心配 ・ トイレ改修の 費用の心配 ・ (アパート大家の方) 入居率の心配 あなたも悩みをかかえていませんか? 早くその不安を、周囲の人や専門家など相談できる相手と共有することで、悩みにあった適切な対策や、費用面の工夫が生まれます。 あなたの苦労や心配を取り除きましょう。 汲み取り式トイレ水洗化リフォームの無料見積もりでプレゼントがもらえます。 で、トイレ工事の「無料見積もり依頼」をすると、先着で 「成功するリフォーム「7つの法則」冊子が 無料プレゼントされます。 特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、お早めに今すぐの見積もりをおすすめします。 その場合は、リフォーム業者が、ポータブルトイレや、仮設トイレを準備することが多いので、あらかじめ確認しましょう。 汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォーム で見積もりをとったら、商品価格がネットより高かったです。 その場合、商品をネット購入して、現物支給にしてもいかなど、業者に率直に相談してみましょう。 以前は単独処理浄化槽も利用されていましたが、法改正によって現在では単独処理浄化槽の新たな設置はできなくなりました。 汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォームの 替わりになる商品はある? 置くだけの簡易洋式トイレ 和式トイレにただ置いてかぶせるだけの「簡易洋式トイレ」「簡易洋式便座」という商品もあります。 簡易水洗トイレに比べると臭いもして、見た目もとても簡易的なものです。 ただし、費用が安く 5000円前後で購入できる商品が多いです。 ネットショッピングでも簡単に購入できるために、一時的に使うなどの場合によいでしょう。 水洗トイレはどんな構造? 水洗トイレの中でも「タンク式トイレ」が利用されることは多いです。 タンク式トイレでは、ボールタップと呼ばれる部分が、フロートバブル(浮球)の浮き沈みに合わせ、水を出したり止める構造となります。 汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用。 改修改装リフォーム工事(おわりに) ボットン便所とも言われる汲み取り式トイレは、臭いや見た目が嫌なものです。 下水道が整備されていなくても浄化槽を利用すれば、汲み取り式トイレを「水洗トイレ」にできます。 水洗トイレなら、 見た目もよく、臭いも軽減します。 たしかに、浄化槽を利用した水洗トイレは費用もそれなりにかかり、土地条件的に設置できない場合もあります。 その時は「 」なら安く設置できます。 また、水洗トイレには色々なメリットがあります。 ・汲み取り式より 衛生的 ・汲み取り式より、 臭いも少ない ・見た目が 水洗の洋式トイレと同じ ・ウォシュレットや自動開閉など 高機能タイプもある ・洋式にすれば用を足す時に しゃがまなくていい ・ 落ちる心配、携帯などを 落とす心配もない ・ お客さんが来た時に、トイレに案内しやすい。 ・(浄化槽の種類によっては)自治体から約30~60万円程度の費用補助がある。 汲み取り式トイレ水洗化リフォームの業者探しを、無料・簡単3分の手間で行うことができます! タウンライフリフォーム 「あなたのお住まいの地域」で、「玄関網戸」リフォームを、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに 無料で一括でプラン・見積依頼できます。 ・ 相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ、 料金が最大40%オフになる場合もあります。 ・押し売り営業も一切ありません。

次の

汲み取り式トイレ(ボットン便所)から洋式水洗トイレにリフォーム

ぼっとん便所 水洗 費用

村上悠です。 経営する複数の賃貸物件について空室時の各部屋のリフォーム、さらに大規模修繕を行ったことがあり、リフォーム経験はかなりあります。 その経験をベースに記事を書こうと思います。 今回は、簡易水洗トイレについて解説します。 都市部では、下水整備に伴い、ほとんどが水洗トイレで、汲み取り式トイレ、ぼっとん便所は、ほとんど見られません。 しかし・・まだ下水管の整備が整っていない地方の田舎では、この汲取り式トイレ、ぼっとん便所が、結構、あります。 そんな汲み取り式トイレやぼっとん便所を、何とかリフォームしたい、状況を改善したいと悩みを抱えている方が多くいます。 しかし・・完全な水洗トイレにリフォームをするには、かなりの費用がかかり、無理。。 そんな方に、おすすめなのが、今回ご紹介する簡易水洗トイレです。 リフォームにかかる費用は3分の1以下で、見た目と機能面では、通常の水洗トイレとほぼ同じです。 ぜひ、この簡易水洗トイレのリフォームを検討されては、いかがでしょうか。 そもそも、簡易水洗トイレと水洗トイレの違い、さらには、汲み取り式トイレ・ぼっとん便所との違いをご存知でしょうか? ここで、汲み取り式トイレ・ぼっとん便所、簡易水洗トイレ、水洗トイレの違いを整理したいと思います。 比較項目 汲み取り式トイレ・ぼっとん便所 簡易水洗トイレ 通常の水洗トレイ 汲み取りは? 必要 必要 不要 下水代は? 不要 不要 必要 見た目・実用的機能 悪い 良い 良い この比較表から、2つのことがわかります。 つまり、汲み取り式トイレ、ぼっとん便所と同じ仕組みだということです。 トイレの構造としては、排泄物を便槽に貯めておき、定期的にバキュームカーで汲み取るなどの対応が必要です。 少量の水を使用して、排泄物を便槽に流し込むという点では、水洗式トイレと同じ構造です。 簡易水洗トイレは、下水道も浄化槽も不要なため、初期投資や維持コストがかかりません。 従来の汲み取り式の仕組み(用を成した時に、排泄物が便槽に落ちていくタイプ)をそのまま使いますが、簡易水洗トイレは、実用面、衛生面では、限りなく水洗トイレと同じということです。 ここで、簡易水洗トイレのメリットを確認しておきます。 簡易水洗トイレは、汲み取り式トイレ、ぼっとんトイレより、 はるかに衛生的で、臭いもありません。 使用後の流水による洗浄ができるため衛生面で優れており、便器と便槽を密閉して分離しているため臭いはなく清潔なわけです。 見た感じ、使用した感じは、水洗トイレと同じで、中には、温水洗浄便座(ウォシュレット等)、自動開閉の機能のついたものもあります。 当然、汲み取り式トイレ、ぼっとんトイレのように、 しゃがみこむ必要もなく、足腰への負担もなく、快適に使えます。 このように、簡易水洗トイレにはメリットが多く、 汲み取り式トイレ、ぼっとんトイレの悩み、問題点を、ほぼ全て解決してくれます。 さらに、この簡易水洗トイレは、水洗トイレに比べると水洗のための水の量が少なく済むので、水道代金が安いというメリットがあります。 なお、簡易水洗トイレのデメリットですが・・ 簡易水洗トイレは、水洗のための水を使うので、その分、汲み取るべきものが増えます。 結果、汲み取りの回数が、これまでよりも増えるというデメリットがあります。 簡易水洗トイレのリフォーム工事の費用は?できる限り安くするには? 汲み取り式トイレ、ぼっとん便所を、簡易水洗トイレにリフォームする費用は、 安くて約15〜20万円、平均的な相場は、約40〜60万円になります。 この費用も決して安くはないのですが、 水洗トイレにする場合の80〜200万円に比べると、やはり、かなり安い金額です。 ちなみに、なぜ、水洗トイレにリフォームする場合、ここまで費用が高額になるのか、その理由を簡単に説明しておきます。 まず、便槽を撤去して浄化槽を設置、浄化槽や下水への配管、それに伴う電気工事・・水洗に変えるために工事を行います。 さらに、新しい便器への交換、トイレの内装を工事する必要もあり、結構な大規模なリフォーム工事になります。 汲み取り式を水洗トイレにリフォームするには、全ての設備を交換することになるので、費用も80〜200万円とかなり高額になるわけです。 次に・・簡易水洗トイレの設置を、できるだけ安い費用で、そして、信頼できる業者に依頼をし、リフォームを成功させるには、どうしたらいいのでしょうか? そのためには、まず、見積もりをとる必要があります。 リフォームの施工にかかる費用、価格、値段、相場・・を知るには・・ まず、 リフォーム会社に見積もりを依頼する必要があります。 しかし・・このリフォームの見積もりについて、どう取るのか、どう比べるのか・・全くわからないという方がほとんです。 汲み取り式トイレ、ぼっとん便所を、簡易水洗トイレに、DIY、自作でリフォームすることが可能かを、解説します。 まず、簡易水洗トイレにするための工事の手順ですが、大きく4つになります。 (1)汲み取り式トイレ、ぼっとん便所の便器を撤去します。 トイレの床が木造の場合は、便器が上からはめ込んであるだけなので、撤去は簡単です。 便器を固定しているネジを外すことで、便器を上に引き上げ取り外せます。 しかし、床がコンクリートの場合は、撤去は面倒です。 便器とコンクリート材が接着しているので、電動ドリルでゴリゴリと穴を開けて、便器が外れるようにコンクリートを一部除去する必要があり、作業も大変です。 (2)トイレ内の床の解体・改修をします。 (3)簡易水洗を設置するための、新しい配管(電気・給水)の設計と設置をします。 簡易水洗トイレで、温水洗浄便座を使う場合、便座付近にコンセントを設置するための電気工事が必要です。 また、水洗の水を、上水道の水を使用することになるので、水道の配管を設計して、適切な場所まで配管をする必要があります。 (4)水洗式トイレの便器の設置をします。 最後に、簡易水洗トイレの便器を設置する作業になります。 基本的に、各メーカー取扱説明書とマニュアル通りに設置すれば、プロのリフォーム業者でなくても、作業が出来るはずです。 設置した後は、水量等の調整が必要な場合もあります。 以上、簡易水洗トイレのリフォームには、大きく4つのステップの作業がありますが・・正直、どの作業も難しいと思います。 これらの作業を、素人がDIYで、自作で行うことは、現実的ではありません。 プロのリフォーム会社に依頼をすべきです。 まずは、 リフォーム比較サイトを活用し複数のリフォーム会社に見積もりを依頼するのがいいです。 清潔な機能が満載のトイレです。 洋式便器の簡易水洗トイレでトイレーナR。 セキスイ、アサヒ衛陶、ダイワ化成、ジャニス工業、ネポンといったメーカの簡易水洗トイレ商品があります。 安い費用負担で、実質的に、ほぼ全ての悩み、問題を解決することができます。 ぜひ、簡易水洗トイレのリフォームを検討されてみては、いかがでしょうか。 今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。 著者情報: 村上悠 レリッシュプラン株式会社:代表 経営するRCマンション、平屋ガレージハウス等、複数の賃貸物件について、空室対策として何度もリフォームを行ったことがあります。 リフォームは、室内のクロス、床、天井といった小規模なものから、屋根や外壁をリフォームする大規模修繕の経験もあります。 また、自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋ガレージハウスを建てる等、新築の家づくり経験もあります。 そういったリフォームや家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。 リフォームや家づくり等に役立つであろうと、資格も取得しました。 賃貸業など不動産ビジネスに役立つであろうと、宅地建物取引士に2008年に合格。 また、家づくり、リフォームに色彩は重要ということで、2級カラーコーディネーター(商工会議所)の資格を2019年に取得。 さらに、以前サラリーマン時代に、国内旅行業務取扱管理者の資格も2016年に取得。

次の