郵便局何時まで窓口。 郵便局の窓口で保険の手続きができる時間は何時まで?時間外も対応できるのは本当?

郵便局の「午後に差し出し」は何時までの持ち込みなのかを徹底解説

郵便局何時まで窓口

月~日曜日0:00~24:00で営業をしていますが 地域の場所によって違うようですので調べておくと良いですね。 少しわかりにくいので、東京を事例に見方を書いておきますね。 東京で夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」を探す場合。 まずへ 以下画面が出ます。 ここで東京(赤四角部)を選択します。 すると以下画面になります。 昭島郵便局と荒川郵便局で見比べてみましょう! まづは昭島郵便局(赤四角部)をクリック! 以下画面になります。 この画面では夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」が分からず。。。 なので、郵便局の営業時間はこち(赤四角部)をクリック! すると以下画面になります。 ここで、ゆうゆう窓口赤枠部を確認します。 これで夜間の営業時間が分かります! 昭島郵便局の場合は24時間営業してないです。。 同じ要領で、今度は荒川郵便局を見てみましょう! 以下画面が荒川郵便局です。 ゆうゆう窓口赤枠部を確認すると24時間営業しているのが分かりますね! 郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの? 夜間はゆうゆう窓口で速達と簡易書留を出すことができます。 その他、ゆうゆう窓口で出せる郵便物。 ・販売 切手、はがき、収入印紙 ・郵便物 通常郵便物、速達郵便物差出、書留郵便局の差出し、書類郵便物差出し、電子郵便、国際郵便物 ・受取 保管郵便物、不在留置郵便物、本人限定受取郵便局 ・手続き 支店への申請、届出の受付、内容証明 ゆうゆう窓口では、間違ったハガキや切手と収入印紙の交換ができません。 郵便窓口は営業時間に利用して、閉店後にゆうゆう窓口で対応するということになります。 1箇所の郵便局に1窓口しかありません。 郵便局の最近の夜間窓口 日中お仕事をされている方は、郵便局に行きたくても行けない場合がありますね。 営業内に行くのが難しい時は、夜間になってしまいますね。 いつでも不安無く窓口が空いていれば助かるのですがそうも行きませんよね。 以前ゆうゆう窓口で24時間営業していたところも、現在は見直しがされているそうです。 夜間の窓口は、利用者が沢山来るわけではありません。 少ないところでは1~2人しか訪れないそうです。 24時間営業の見直しの理由は「コスト削減」です。 コンビニやスーパー、レストランなどいつでも空いていれば安心がありますが、利用者が少ないとなると人件費の負担だけがかかりますね。 そういったこともあり、24時間営業をしている所でも今後時間短縮の見直しがあるかもしれませんね。 以前はやっていたのに、行ってみるとやってない。。 なんてこともありそうですので、事前に郵便局HPの確認してみましょう! その他、郵便窓口とゆうゆう窓口の違い 窓口は別れていますが、業務内容はどう違うのでしょうか! 郵便窓口では、切手の交換、収入印紙の交換、レターパック、書き損じハガキの交換、郵便局限定のポスタルグッズの購入ができます。 ゆうゆう窓口では保管郵便局の受取、不在留置郵便物の受取、支店への申請と届出の受付ができます。 郵便局特集 まとめ 今回は『郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの?受付営業時間は何時まで』についてお届けしました。 まとめます。

次の

当日消印有効とは!何時までにポストや窓口に投函すれば良い?

郵便局何時まで窓口

郵便局の弔電「レタックス」 郵便局の弔電は土日でも受付している? 郵便局の弔電サービス「レタックス」は、 土曜日や日曜日はもちろん祝日や年末年始でも年中無休で申し込みできるので、突然の訃報があってもいつでも電報を送ることができます。 ただし、窓口での申し込みになると郵便局によっては 土日に業務を行っていない(お休み)のところもありますので、その場合は「Webレタックス」もしくは「コールセンター」への申し込みがおすすめです。 郵便局の弔電受付時間は何時まで? 上記のとおり窓口での受付は各郵便局の営業時間に限られますが、ネットから申込みの 「Webレタックス」は24時間いつでも申し込みできます。 コールセンターは24時間とはいきませんが 、朝8:00から夜10時まで年中無休で受け付けしています。 「レタックス」は土日の当日配達も可能! 弔電は、お通夜~葬儀(告別式)までの間に送るのがマナーですので、できるだけ早く送るのがベストです。 郵便局のレタックスもNTTなどの電報と同じく、即日配達可能で 15:30(一部地域は13:30)までの申し込みで土日でも弔電を当日に届けてくれます。 ただし、離島などの一部地域は対象外となりますので配達可能な地域については郵便局の下記ホームページを確認されてください。 レタックス当日配達確認一覧表 郵便局のサービスですので「郵便番号」を使って当日配達可能な地域を確認できます。 郵便番号の最初の1桁(のボタン)を押すと一覧が表示されます。 郵便局の弔電申し込み方法 レタックスの申し込み方法は大きく3つに分かれますので、それぞれの流れを簡単にご説明しておきます。 ネットで弔電を申し込み『Webレタックス』 パソコンを使ってネットから祝電や弔電の申し込みができる便利なサービスです。 大まかな流れは以下のようになります。 Webゆうびんの利用者登録をする• 弔電の台紙を選ぶ• メッセージ(お悔やみ文)を入力する• お届け先(宛名・住所・斎場名)を入力する• 支払い・決済~申し込み完了 利用者登録をする手間が必要ですが、Web割引もありメッセージや台紙もしっかりと選べるので安心です。 電話で弔電を申し込み『コールセンター』 時間がない!忙しいから手早く送りたい!という方にはコールセンターに直接電話をする方法がおすすめです。 お届け先・申込者情報の確認• 支払い方法の確認• 台紙の選択• 差出人・受取人の確認• メッセージ(お悔やみ文)を作成• 申し込み内容確認~完了 すべて電話口で伝えることになるので、予め「差出人・受取人・住所・メッセージ」などの情報をまとめてから申し込みするのがおすすめです。 電報台紙も料金の相場を知っておくと、スムーズに選べます。 郵便局の窓口で弔電を申し込み『郵便窓口』 レタックスはお近くの郵便局窓口でも申し込みできますが、前述のように営業時間外は受付していないこともありますので行く前に確認しておくのがおすすめです。 郵便局の窓口で弔電を申し込み• レタックス専用の原稿用紙に必要事項を記入• 原稿用紙を提出し、料金の支払い~完了 申込用紙はその場で記入して、直接窓口で渡すのが一般的ですが用紙を郵送やFAXで郵便局に送る方法もあります。 弔電料金の支払い方法 弔電料金の支払い方法は、上記の申し込み方法によって使えるものと使えないものがありますので注意されてください。 『Webレタックス』申込みの料金支払い ネットから申し込むWebレタックスの場合は、 クレジットカードもしくは料金後納 (請求書払い等)のどちらかを選ぶことができます。 現金や口座振替などでの支払いはできません。 『コールセンター』申込みの料金支払い コールセンターへの電話申し込みでは、 クレジットカードもしくは電話料金合算請求 のどちらかを選ぶことができます。 ただし、電話料金合算請求はソフトバンクテレコムの「おとくライン」か「クイックライン」の加入者に限られますので、ほぼクレジット一択になります。 『郵便窓口』申込みの料金支払い 直接、窓口で申し込みする時だけ 現金での支払いが可能です。 また、 郵便切手を料金の支払いに使うことも可能で、申込用紙を郵送で送る場合に料金分の切手を貼って送れば料金支払い分として受付してもらえます。 郵便局は弔電と香典をあわせて送れる? 料金支払いとあわせて、弔電といっしょに香典も送れる「マネーレタックス」というサービスが郵便局にはありましたが、郵政民営化後に廃止され現在は弔電メッセージのみを送る「レタックス」のみとなっています。 郵便局の弔電台紙 選べる台紙(種類・料金)が少ない 郵便局の弔電台紙は種類が少なく、一番安い500円台の「弔」から、5,000円台の「うるし風」まで 全部で6種類のみとなっています。 1000円以下の電報は見た目にも安っぽいので、ビジネスや大切な方へ送る弔電としては、 2,000円前後の「刺繍」タイプが相場となっています。 郵便局以外の当日配達可能な電報サービス 郵便局以外ではやはりNTTが最大手の電報サービスになりますが、 2,000円以内の電報は郵便局と同じで種類が少なくあまり見栄えもよくありません。 同じ料金でも種類が豊富で、当日配達が可能なサービスとしては老舗の「VERYCARD」などがおすすめです。

次の

郵便局のゆうゆう窓口で収入印紙は買える!販売時間や種類も解説

郵便局何時まで窓口

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の