アルガンオイル 副作用。 アルガンオイルのニキビへの効果と使い方について!

エリクシールホワイト口コミは嘘?効果なし?副作用・危険成分は?

アルガンオイル 副作用

マルラオイルとは? マルラオイルはまだあまり日本では知られていませんが、欧米では以前から使われていたようです。 マルラとは南アフリカに生息する「マルラの木の実」から抽出されるオイルのことを言います。 このマルラの木は「神の木」とも呼ばれるくらい生命力が高い木で、木の実の直径は約2,5cmほど。 とても神聖な木で大切にされているそうです。 マルラの原産地、南アフリカでは結婚式の前に行われる身を清める儀式がこの木の下で行われていることから「結婚の木」ともいわれているとか。 マルラの実の皮は27種類もの香りがあることから、さまざまな化粧品に使用されています。 なんだかとっても気になるオイルですね~。 マルラオイルの効果や副作用の落とし穴に注意! とても大切にされているこのマルラの木の実から抽出されたマルラオイルには一体どんな効果があるのでしょうか?• ビタミンC、E、リレノン酸、オレイン酸、オメガ6、オメガ9、がバランスよく含有されている• ビタミンCはオレンジの約4倍• 抗酸化作用はオリーブオイルの約10倍 アルガンオイルはオリーブオイルの約3~4倍• 抗ヒスタミン作用がある唯一のオイル これがアルガンオイルより優秀といわれている要因ですね! 保湿はもちろん、エイジングケアや、顔だけではなく全身に使えるオイルなんですね。 私も乾燥がひどい時はオイルをよく使うのですが、このマルラオイルはまだ使ったことがないのでぜひ使ってみたいですね。 マルラオイルを使用してからアトピーなどのかゆみが緩和された、という口コミもありますので効果に期待ですね! マルラオイルの副作用の落とし穴に注意! マルラオイルの副作用についてですが、ネットで調べてみましたが特に問題になっていることはヒットしませんでした。 抗ヒスタミン作用があるとのことですので、ひょっとしたら副作用があるのかもしれないとつい考えてしまいますよね。 これはあくまでわたしの個人的な意見ですが、抗ヒスタミン作用がある以上は副作用の可能性は0ではない、と認識した上で使用した方がいいと思います。 なんて、ちょっと怖い感じになっちゃいますよね。 笑 もちろん薬を毎日飲んでるわけじゃないですので、問題ないと思います。 これは私達が普段使用しているどの化粧品にもいえると思いますが、お肌に合う合わないは必ずありますので、ご使用の際はご自身の意志でしっかり確認 パッチテスト等 してから使うことをオススメしますよ。 またマルラオイルは抗酸化作用が他のオイルに比べて高いとはいえ、一般的に1年程度使えますが、酸化はしますので開封したらなるべく早く使ってしまいましょうね。 ロクシタンのこちらのオイルはマルラオイル100%ではなく配合の商品です。 しかしロクシタンのブランドなので人気のようです。 成分:オクチルドデカノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、ヒマワリ種子油、シア脂、ヒマシ油、スクレロカリアビレア種子油、ヒポファエラムノイデス油、トコフェロール、香料 マルラオイルの使い方は? マルラオイルの使い方ですが通常のオイルと同じでいくつかあるのでご紹介します。 美容液として• ブースターとして• 全身のボディケアとして• 髪の毛のオイルとして• マッサージオイルとして• ネイルケアとして 美容液として使用する場合はスキンケアの最後に使用するのが効果的です。 ブースターとして使用する場合は顔が濡れている状態の上から2滴ほどお肌になじませるともっちりします。 全身のボディケアとして使用する場合は入浴後、バスタオルで拭き取る前に全身になじませると伸びもよくてオススメです。 髪の毛のオイルとして使用する場合はつけすぎるとベタベタしますのでお好みで調節されるのがいいと思います。 マッサージオイルとして使用する場合はやりすぎないように摩擦に注意して行ってくださいね。 ネイルケアとして使用する場合は指先に1滴なじませるとささくれや甘皮も柔らかくなってくれますよ。 おわりに いかがでしたか? 今回はマルラオイルの効果や成分について、副作用の落とし穴のこと、使い方や通販情報もお伝えしてきました。 マルライルの効果はビタミンCはオレンジの約4倍、抗酸化作用はオリーブオイルの約10倍など、とても多機能性に優れたオイルである• 副作用の事例はないが、使用には必ずパッチテスト等を行うのが良い• 成分はスクレロカリアビレア種子油で通販もある• 使い方は美容液としてはもちろん髪の毛から爪から足先まで全身に使用出来る万能オイル 気になった方はぜひ一度試してみてくださいね^^ マルラオイルのレビュー記事についてはこちらをご覧ください。 仕事と家事に追われながら、なんとなく毎日を過ごしてますが、日常生活でふと疑問に思うことや、もっと賢い時間の使い方出来ないかな、などと思うことはありませんか? このサイト<広栄プラグ>では、そんな日々の気になることやちょっとしたタメになる知識を、このサイトを通してみなさまのお役に立てれば、と思っております。 人気記事ランキング• 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー•

次の

アルガンオイルとは?欠点は何?無印の純度も調べてみた

アルガンオイル 副作用

アルガンオイルとは アルガンオイルとは、アルガンの木の実の種子(核)から採油される植物性のオイルのことを指します。 アカテツ科の低木常緑樹であるアルガンの木は、かつてはモロッコの全土に自生していましたが、炭として燃料に使用するために乱伐されたことで、 今ではモロッコの南西部にあるサハラ砂漠の一部にしか自生していません。 アルガンの木は砂漠特有の過酷な環境に耐えるため、地下に20~30mもの根を伸ばして水分を得ています。 樹齢は150~200年と言われていますが、数年雨が降らずとも生き延びるほど強い生命力を持っており、 その生命力の秘密として種子から採れるオイルに注目が集まっているのです。 なお、アルガンの木が群生するアルガンの森は、サハラ砂漠の拡張を防ぐ目的でユネスコから1998年に〝生物圏保護地域〟の指定を受けています。 さらにモロッコ政府もアルガンの木の保護のため様々な対策を行っており、アルガンの木を伐採することを禁じ、 オイルの元となる実も7~8月の2ヶ月間のみの採取が許可されています。 この地の先住民族であるベルベル族は、昔からアルガンオイルを薬用や食用として利用し、今でも生まれたばかりの赤ちゃんに絞ったアルガンオイルを一滴飲ませる風習が残っています。 その一方で、近年になりその高い美容効果が認知されてからは、ヨーロッパを中心に大変な人気となっており、 モロッコ南西部や近郊に住む女性の収入源ともなっています。 関連記事 スポンサードリンク アルガンオイルの特徴 アルガンオイルの特徴としては、 オレイン酸とビタミンEの含有量が高いことが挙げられます。 オレイン酸は一価不飽和脂肪酸の代表的な存在で、私達の顔や腕などの皮膚にも存在し、 肌を乾燥や刺激から守る重要な役割を果たしています。 脂肪酸の中で最も酸化しにくいと言われ、 コレステロールを抑制する働きを行います。 また、アルガンオイルにはリノール酸も含まれています。 リノール酸はオレイン酸と比べて15倍ほど酸化しやすい性質があるのですが、アルガンオイルには抗酸化作用を持つビタミンEが多く含まれているため、リノール酸の酸化を抑制します。 このため、 アルガンオイルはオレイン酸とリノール酸の効能を合わせ持つ類まれなオイルとして人気があります。 アルガンオイルの効果・効能 アルガンオイルには、オリーブオイルの2~4倍ものビタミンEが含まれていると言われています。 ビタミンEは別名「若返りのビタミン」と呼ばれるほど強い抗酸化作用を持っており、様々な効果や効能があります。 また、アルガンオイルには、ビタミンEだけではなくオレイン酸やリノール酸、サポニンといった成分も豊富に含まれているため、より多くの効果や効能が期待できます。 1 アンチエイジング効果 アンチエイジングを日本語に訳すと、「抗年齢」「反老化」と言った意味になります。 年齢を積み重ねたことによる肌のたるみやシワ、シミなどは、誰にでも必ず起こる現象と言えますが、これらの衰えを少しでも食いとめる働きをするものをアンチエイジングと言います。 体が老化する原因は幾つかありますが、一つに活性酸素が挙げられ、この活性酸素を除去する働きに優れているものを抗酸化作用と言いますが、 ビタミンEは抗酸化作用の代表的な存在となっています。 つまり、ビタミンEが豊富に含まれているアルガンオイルは、体が酸化(老化)することを抑えるためのアンチエイジング効果が高いと言えます。 2 美容効果 ビタミンEは体内に吸収されると、皮膚表面に留まって肌に潤いを与え、血行を促進して新陳代謝を活発にします。 さらに肌だけではなく、 頭皮に十分な酸素や栄養が送られることで髪の育毛や抜け毛の予防にも役立ちます。 3 火傷やニキビなどに効く アルガンオイルは昔から火傷や傷跡を改善させる効果があるとして重宝されていました。 それは、リノール酸を多く含むことが関係しています。 リノール酸は、肌の潤いを保つ角質間脂質であるセラミドを構成する成分の一つです。 このため、 アルガンオイルを火傷や傷跡に塗ると、セラミドの生成スピードが早まって肌の回復が早くなると考えられています。 4 生活習慣病を防ぐ ビタミンEの抗酸化作用は肌や髪に限ったことではなく、体のあらゆることに利用されます。 中でも、加齢によって衰えやすいと言われている血管は、しなやかさを失って硬くなってしまうと、血流が悪くなり血栓ができやすくなってしまいます。 この状態は動脈硬化と言われ、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病の元となります。 しかし、ビタミンEが多く含まれているアルガンオイルを摂取することによって、血管の老化を防ぎ生活習慣病を予防することができます。 また、アルガンオイルには血中のコレステロールを下げる働きのある オレイン酸を多く含んでいることから、より生活習慣病の予防や改善に役立つものとされています。 5 冷え症やむくみの改善・予防 アルガンオイルに含まれるビタミンEとサポニンには、血行を促進して代謝を活発にする働きがあるため、 冷え症やむくみを改善・予防する効果があります。 6 ダイエット効果 私達の体は食べ物を摂取すると、栄養を分解して糖に変えるインスリンというホルモンを分泌します。 栄養が糖に変わると、体内の臓器や筋肉など必要な場所へ血液を通して運ばれるわけですが、インスリンが大量に分泌されて糖が余ってしまうと、今度はその糖を脂肪として体に蓄えようとしてしまいます。 このため、インスリンの分泌を抑えることはダイエットにおいて有効な方法とされているのですが、 オレイン酸にはインスリンの増加を抑える働きがあるため、太りにくい体を作るのに役立ちます。 また、このオレイン酸と共にサポニンが脂肪の吸収を抑え、ビタミンEが代謝を促進するため、ダイエットをより効果的にサポートしてくれます。 7 便秘解消 女性は便秘になりやすいと言われていますが、その理由の一つとして 「油分を避けた食生活」があると言われています。 太ることを心配して油分を制限しすぎると、便がスムーズに排出されなくなって便秘になるのです。 とは言え、油を積極的に摂るのはやっぱり気が引ける・・という方も多いと思います。 そのような方におすすめなのがアルガンオイルです。 アルガンオイルは通常の食用油に比べてコレステロールがつきにくいため、 摂取しても脂肪になりにくいのが特徴です。 スポンサードリンク アルガンオイルの欠点や注意点 メリットしかないように思えるアルガンオイルですが、その特徴をしっかり把握しないとトラブルの元となってしまう場合もあります。 そこでここでは、アルガンオイルの欠点や使用上の注意点をご紹介したいと思います。 肌質に合っているかを確認しましょう。 アルガンオイルが合う肌質とは、いわゆる大人ニキビができやすい乾燥肌と言われています。 大人ニキビは皮脂の多さが原因で起こるのではなく、肌の乾燥が原因で起こるため、乾燥を改善するアルガンオイルは肌質に合うと考えられます。 しかし、オイリー肌の方がアルガンオイルを使用すると、元々皮脂量が多い上に油分が加わるため、 毛穴が詰まってニキビがさらにできやすくなってしまいます。 肌トラブルの原因となる場合もあります。 アルガンオイルに含まれるオレイン酸は、皮脂の元となる成分です。 過剰に摂取するとニキビの原因菌であるアクネ菌を増やすことにもなり、返って逆効果になる場合があります。 また、肌に残ったオイルが劣化することで湿疹や痒みなどのトラブルを起こす可能性もありますし、 毛穴が詰まったまま放置していると色素沈着などの恐れもあります。 匂いに敏感な方は注意しましょう。 高品質のアルガンオイルはナッツのような香ばしい香りがするのが特徴です。 顔に直接塗る分、匂いに敏感な方には不向きな面もあります。 なお、 酸っぱい香りがするのはオイルが劣化している証拠ですので、選ばないようにしましょう。 粗悪品が混じっている可能性があります。 アルガンオイルはとても希少なオイルのため、生産量がごく僅かとなっています。 それにも関わらず世界中の女性が求めていることから、粗悪品を売る悪徳業者が蔓延しているのが現状です。 品質の保証されないアルガンオイルは、色が薄く綺麗な黄金色をしていません。 高品質なアルガンオイルは輝く黄金色をしていることから、色をよく見て判断するようにしましょう。 また、テクスチャーがベタベタとしており、さらっと皮膚に馴染まないものも不純物が多く混じっていることから粗悪品とみてよいでしょう。 高価なオイルです。 アルガンオイルはその希少性と効果の高さから、価格が高いオイルとなっています。 60mlで5,000円とも言われているため、安易に手を出す前に自分の肌や好みに合うか、よく考えてみましょう。 スポンサードリンク•

次の

アルガンオイルの効果効能がすごい!オイル美容家がすすめる使い方

アルガンオイル 副作用

アルガンオイルには私たち人の皮脂と似た成分が含まれているため、お肌を柔らかくしたり、保湿力を高めたりしてくれる素晴らしいオイルです。 アルガンオイルを使う上で気を付けなけらばならない「劣化」だけでなく、副作用となるデメリットをご紹介していきます。 アルガンオイルの欠点!?【デメリット】である劣化や副作用とは? アルガンオイルに含まれる成分は、私たち人の皮脂に似ています。 そのため、肌に馴染みやすく、肌の奥までグッと浸透してくれるのです。 ブースターとしての役割も果たすため、アルガンオイルが浸透をするときに、化粧水や美容液などの美容成分も肌の奥まで届けてくれます。 アルガンオイル自体の美容成分はもちろん、一緒に使うスキンケア用品の美容成分も肌に届けることができる分、お肌には豊富な栄養素が行き届きます。 肌が柔らかくなり、ターンオーバーも促進されることでバリア機能が高まります。 すると、肌にハリが出て、きめ細かくなっていくのです。 ただし、そんな優秀なアルガンオイルでも、気をつけなければならない「デメリット」があるんです! アルガンオイルの8つのデメリット、劣化や副作用とは? 1 独特の香り アルガンオイルは天然成分100%のオイルです。 そのため、アルガンオイルがもともと持つ香りがそのまま残っています。 アーモンドのような、ごま油のような香ばしい香がします。 慣れないうちは、この香りが苦手という方もまれにいらっしゃいます。 使っていくうちに慣れたり、精油と一緒に使うことで香りが気にならなくなる場合もあります。 2 肌質に合う、合わないがある もちろん、すべての人の肌に合うスキンケア商品はありません。 アルガンオイルもその一つです。 肌質に合う、合わないがあります。 また、効果にも個人差があるので、期待していた効果が感じられない場合もあります。 あるいは、アレルギー反応を起こす場合もあります。 お肌にアレルギー反応を出さないためにも、使用前にはパッチテストを行いましょう。 3 ニキビができる可能性がある アルガンオイルに含まれている「オレイン酸」は、ニキビの原因となるアクネ菌のエサになります。 私たち人の皮脂にも「オレイン酸」は含まれています。 このオレイン酸こそが、アルガンオイルが肌に浸透しやすい状態を作ってくれる成分なのです。 しかし、お肌にオレイン酸が過剰にある状態だとニキビができやすくなってしまいます。 ニキビができやすい方や、オイリー肌の方の場合はニキビができる、悪化する可能性があります。 しかし、乾燥が原因であるニキビには改善の効果を発揮することもあります。 オレイン酸だけど「オイル」が使いたいという場合は、ホホバオイルをおススメします。 4 オイルだけのスキンケアが難しい アルガンオイルだけでなく、オイルを使ったスキンケアは基本的に「オイルだけ」のスキンケアは難しいです。 それは、お肌には「水分」と「油分」の両方がバランス良くある状態が、お肌にとってベストだからです。 アルガンオイルだけをスキンケアに使うことは、お肌の乾燥を悪化させる可能性があります。 いつものスキンケアに取り入れたり、化粧水後のクリームや乳液の代わりに使うなど、水分を与えるスキンケアと一緒に利用をする必要があります。 5 他のオイルに比べて値段が高い アルガンオイルはとても希少価値の高い美容オイルです。 他のオイルと比べると、比較的値段が高い傾向があります。 その理由は、アルガンオイルはモロッコの限られた地域でしか生産ができないからです。 アルガンの木は、モロッコの北西でしか生息できません。 しかも、その実は自然に地面に落ちるまで、人の手で摘むことができない決まりになっています。 さらに、100kgの実から、わずか1リットルしかアルガンオイルは採取できないんです。 アルガンの木や実の希少価値が高いうえに、生産できる量も限られています。 そのため、他の美容オイルに比べても高価なのです。 6 ガラス瓶、持ち出しが不便 アルガンオイルは基本的にガラス瓶に入った状態で販売されていることが多いです。 その分、落としたり、横にして倒してしまった場合はオイルを一気に失ってしまうリスクがあります。 また、外出する際にも注意を払う必要があります。 大きな容器に入っていたりすると、持ち運びには不便です。 特に、不純物などが入らないように気を遣う必要もあるので、外出中の保湿、旅行への持ち出しには向いていません。 7 保管場所や使用期限に気を遣う必要がある アルガンオイルは天然成分のオイルです。 そのため、食べ物と同じように「使用期限」があります。 使用期限や保存状態が悪いと、アルガンオイルは酸化や劣化をしてしまいます。 酸化、劣化をしたアルガンオイルをお肌に使うことは、スキンケアとは逆の効果を招く恐れがあります。 できるだけアルガンオイルを長持ちさせるためにも、正しい保管方法と使用期限を守って使用しましょう。 8 粗悪品が出回っている アルガンオイルはとても人気の高いオイルです。 その分、「天然成分」とうたっていても「粗悪品」である可能性があります。 あまりにも安いアルガンオイルは、次のようなリスクがあります。 酸化、劣化している• 使用期限をすぎている• 不純物が混ざっている• 他の種類のオイルと混ぜて販売している こういったリスクがあるため、信頼できる販売元で購入する必要があります。 お肌のトラブルを防ぎ、美容効果をゲットするためにも、粗悪品には気を付けましょう。 アルガンオイルの欠点やデメリットに気をつけて、美容効果をゲット! アルガンオイルには欠点やデメリットがあります。 しかし、他の美容オイルと比較をしても「酸化しずらい」特徴があり、お肌に優しいオイルです。 アルガンオイルを使用したお肌は、驚くほどに化粧水をぐんぐんと浸透させてくれます。 お肌の表面から水分が逃げ出すことを防ぎ、肌の内側に潤いを閉じ込めるのです。 アルガンオイルには、オリーブオイルの約2~3倍のビタミンE(トコフェロール)が含まれています。 そのため、シミやシワなど肌老化の元凶である「肌の酸化」を防ぎ、アンチエイジングに優れた効果を発揮します。 アルガンオイルには「デメリット」だけではなく、メリットもたくさんあるのです。 子供から肌の弱い人まで使える、優秀なオイルです。 正しい使い方をすることによって、嬉しい効果を発揮してくれます。 ちなみに、メルヴィータのアルガンオイル高品質のフランスブランドのオイルです。 このオイルはポンプ型で、ノズルがしっかりと容器入り口にネジ式ではまっているので、オイルをこぼす心配がありません。

次の