ケータイ 補償 サービス。 ドコモでiPhone使う時「AppleCare+」とケータイ補償サービスどっちがいいか?

ドコモのケータイ補償サービスは必要か?解約してしまったらどうするか?

ケータイ 補償 サービス

「 ドコモのケータイ補償サービスはやっぱり必要ないから解約してしまったほうがいいよね…?」 と考えている人は注意です。 ケータイ補償サービスは機種変更したタイミングのわずかな日数でしか申し込みができません。 申込日から31日間は無料で利用できるので期間内で結論を出すことができるのが特徴です。 それ以降は月額料金が発生するので、解約を考える人も多いはず。 ドコモケータイ補償サービスはあくまでも保険なので解約するかどうかは自由です。 ですが、 一言「解約してしまった」ではすまされないというのも事実。 この記事ではケータイ補償サービスを解約する前にしっかりと必要性を考えておくべき理由をお伝えしています。 ドコモケータイ補償サービスを「解約してしまった・・」では遅い理由 ドコモケータイ補償サービスに加入している人が 「解約してしまった…」 と、後からでは手遅れになってしまう気をつけるべき点があります。 解約すると再加入できない 参考: ドコモスマホの破損したり故障してしまった場合に備えるためのケータイ補償サービス。 画面割れ、水漏れした端末を修理費用の負担を補償してくれます。 もちろん安心という面では全ての人がケータイ補償サービスに加入するべきではありますが、月額料金が330円~1,000円必要。 毎月携帯代を少しでも安くしたいという気持ちから、ドコモケータイ補償サービスを解約してしまった…という人は少なくありません。 ケータイ補償サービスは解約してしまうと再加入できません ケータイ補償サービスは一度解約してしまうと、同じ機種では補償を再度つけることができません。 次回の機種変更までドコモのケータイ補償サービスの再加入ができないのは必ず知っておくべきことです。 ドコモケータイ補償サービスの月額料金は機種によって異なる ドコモケータイ補償サービスの月額料金は購入した機種によって違います。 万が一に備えてと考えれば妥当な料金だとも考えられるんじゃないでしょうか。 ですが、ドコモケータイ補償サービスに加入していても修理費用の自己負担があります。 ケータイ補償サービスは修理代金の一部を補償するだけで自己負担あり 破損、故障、全損 水濡れ 盗難、紛失 バッテリー交換 これらがドコモケータイ補償サービスの補償内容になり、 故障や破損をした場合は修理を依頼するかリフレッシュ品 新品ではありません と交換してもらうかを選択できます。 しかし、ドコモのケータイ補償サービスに加入していても破損状況によって自己負担額が発生します。 「修理」で解決するのか「交換」するべきなのかよく考える必要があるでしょう。 破損して修理にだす場合の自己負担額 保証対象内の故障 無料 保証対象外の故障 上限3,000円 修理のケースであればどの月額料金で加入しているかに関わらず上記で全て共通です。 なお、故障の内容が補償対象かどうかは実際に確認してみないとわからないためドコモショップで調べてもらうのが得策です。 交換にだす場合の自己負担額 契約中の月額料金 自己負担額 500円 7,500円 750円 11,000円 1,000円 11,000円 330円 5,000円 上記の自己負担額は発生しますが、全損から紛失まで幅広いトラブルに対応しリフレッシュ品と交換してくれます。 ただ、サービスを受けられるのは 1年に2回までです。 また端末の交換の場合であれば、 ドコモショップに持ち込むことでその場で即日交換対応をしてくれます。 ドコモケータイ補償サービスは必要なのか? ドコモのケータイ補償サービスが必要かどうかは人それぞれの考え方次第でしょう。 当たり前ですが、機種変更するまでのスマホを壊さずに大事に扱えるのであれば必要ないです。 でも、ほとんどの人がそうではないですよね。 例えば、ドコモのXperia1で考えてみましょう。 ですが、補償があれば上限は3,000円にまで負担額をおさえれますね。 ここに魅力を感じるのか?そうでないのか?で必要性を判断してみてはどうでしょう。 無料期間中に解約することも可能 ドコモケータイ補償サービスの申し込みは機種変更から14日以内と決まってます。 ですが、無料期間 31日間 がケータイ補償サービスにはあるのがポイント。 なので月額料金が発生しない期間内で解約するのか?継続して加入するのか?を見極める必要があります。 申し込みから31日間に解約すれば料金が発生しないタイミングであるということ。 ただ、お伝えしたように解約してしまうともう同じ端末ではケータイ補償サービスに加入ができません。 無料期間内にしっかりと必要性を考えておく これが非常に大事になってくるのが分かるのではないでしょうか。 ドコモケータイ補償サービスのまとめ.

次の

ドコモのケータイ補償サービスは必要か?iPhoneの保証「Apple Care+」との比較も

ケータイ 補償 サービス

クリックで読みたいところにジャンプ• 今回利用したサービスはケータイ補償サービス ドコモの補償サービスは2つあります。 それは• ケータイ補償サービス• ケータイ補償 お届けサービス の2つ。 僕が利用したのは1の ケータイ補償サービスです。 この2つは、補償を申し込んだ機種がいつ発売されたのかによって加入できるかどうかが分けられていて• ケータイ補償サービス(新)…補償対象機種は 2013年冬春モデル以降• ケータイ補償お届けサービス…対象は 2013年夏モデル以前の機種 となっており、月額料金もサービスの内容も若干違うものとなっています。 ただ、「故障した電話機のリフレッシュ品を届けてくれる」という点は同じ。 利用する場合は、両者を区別しておきましょう。 バッテリーのヘタりはバッテリーのみの交換が通常ですが、今回はリフレッシュ品との交換を行うことにしました。 理由は、僕のスマホがバッテリーパックを取り外しが出来ない仕様になっているからです。 バッテリー単体で購入できない機種は、ショップにしばらく預けなくてはならず• 二週間ほど端末が帰ってこない(=スマホが使えない)• 交換されるのはバッテリーだけ などのデメリットがあります。 しかし、補償サービスを利用すると1,2日のうちにリフレッシュ品(外装は新品、中身は中古)が来ることが判明しました。 中身は中古といっても、2年半使い倒したバッテリーよりは新しいし、新しい筐体になって帰ってくるなら悪くないため、このサービスを利用してみることに決定しました。 バッテリーのへたりでリフレッシュ品に交換して良いのか 結論から言うと大丈夫です!規約的にはグレーのようですが…。 スマホ本体は壊れていないので、本来ならば4000円ほど払ってバッテリー交換するべきでしょう。 しかし、実際に僕は問題なくリフレッシュ品と交換できました。 ドコモも黙認しているのでしょう。 僕も心配だったので、サービス利用前に目を皿のようにして情報を探しました。 しかし、 僕の探した範囲ではペナルティを受けている人はいませんでした。 よっぽど悪質なウソをつかない限り、この点でペナルティを受けることはないと思います。 むしろ、交換したい端末を送り忘れることがないように注意することの方が重要です。 手続き 申し込む方法としては• ドコモのサイトからMy docomoにログインして手続きをする方法• 補償サービス受付に電話をする方法 の二通りがあり、僕はMy docomoにログインして手続きをする方法を使いました。 繊維先のページで• リフレッシュ品送り先の住所• 壊れた日、時刻• 故障状況の詳細• 支払金額の確認• 補償利用にの際の同意 などを行います。 これは10分ほどで終了しました。 ここで注意しなくてはいけないのは、 故障の日から補償申込日まで一ヶ月以上期間があいてはいけないということです。 これが守れないと、記載事項に不備があるとされ、ドコモから電話が来て、確認が取れるまでリフレッシュ品が送られて来なくなってしまうようです。 僕は故障の詳細の欄には(ほんとはいけないですが)水没と書きました。 僕の端末は水没してはいないのですが、確実にバッテリーとCPUが疲弊して使い勝手が悪くなっているので交換に出そうと思っています。 他の方のレビュー等でも確認しましたが、 故障の詳細と端末の故障状態が異なっていても、端末がしっかりと期間以内に返送されれば問題なく交換されるようです。 僕の場合申し込んでから34時間後に到着という流れでした。 ドコモさんとても迅速な対応ありがとうございます。 到着 このような簡素な箱が送られてきました。 中には 段ボールがはいっており、そのなかには 新品もどきのスマートフォン(リフレッシュ品)がはいっていました!ひゃっほう! バックアップ ここから、旧端末を送り返すまでにバックアップをとらなければいけません。 しかしこれが大変な作業です。 iPhoneならば旧端末の内容を復元するのは比較的簡単 同期するだけ なのですが、 Androidは一括ですべてのデータをバックアップすることができないので大変です。 それぞれ個別のいくつかのアプリをバックアップする方法はあっても、全部まとめてバックアップできないのです。 例えば、ドコモのアプリでは電話帳、メディア、メールのデータしかバックアップできないし、アプリのデータに関しても どのアプリをインストールしたかをバックアップするのは簡単ですが、アプリの中身のデータ(メモの保存内容とか)までバックアップするのはアプリやPCを使わないとできません。 Androidのデータ移行については別の記事で詳しく書こうと思います。 送り返さないと 数万円単位のペナルティがあるので必ず余裕を持って期限までに送り返すようにしましょう! 僕の場合は7日後くらいには送り返しました。 同封されている写真の黄色い封筒に、 初期化し、SIMカードをぬいた旧端末を入れて投函しました! これでオッケーです! リフレッシュ品の状態は? 僕が使っているのはF-01Fという機種です。 詳しく知りたい場合はをお読みください。 送られてきた新しいF-01Fは、ピッカピカです。 今ではなんども落としてガリガリになってしまった角もツルツルで触り心地が良くなりました。 外装は間違いなく新品になっています。 また、今では少し動きの鈍くなったCPUも快調です。 引っかかる感じがなくなりさくさくになりました。 これは嬉しい! 1番肝心なバッテリーについてはまだあまり本格的に使っていないのでわかりませんが、ちょこちょこ設定している間は特に減りが早いとも遅いとも思いませんでした。 体感的には 万充電で電源オンにしておくと、待機時間が3日くらいです。 新品のときは2年くらい経って今くらいの感じだったので、 リフレッシュ品は新品に比べると少し消耗しているのかもしれませんね。 サービスを利用してみて このサービスについて今まで全然知りませんでしたが、ここまで迅速な対応だとは思いませんでした。 端末が変わっただけで機種は全く同じものなので、外側だけ見ても何も代わり映えしませんが、驚いたのはデフォルト はじめから付いている のUI 画面表示とか です。 デフォルトに飽きて、壁紙とか設定とかいろいろ変えて使っていたのに、いざ戻ってみるとすごく新鮮で洗練されたUIに見えてくるのだから不思議です。 また交換の手順、準備すること、こちらのやるべきこともはっきりしていて非常に分かりやすく簡単です! 動作もサクサクだし、これは交換してよかったなと思えるサービスでした。 また何かあったら記事にしたいと思います。 ドコモから格安SIMに買えてスマホ代が月々5000円以上安くなりました。

次の

外してはいけないケータイ補償サービス・修理代金上限額が3,000円に値下げ

ケータイ 補償 サービス

ドコモに限った話ではありませんが、大手携帯キャリアでスマホを購入すると、必ずといっていいほど 「補償サービス」の加入を勧められます。 勧められるというよりは、もはや 「当たり前」のような感じで言われることもあるので、深く考えることもなく 「じゃぁ加入しておこうかな」と加入することを了承する人もいらっしゃることでしょう。 たしかに、 補償サービスというのは大切です。 万が一の紛失・破損などでスマホが使えなくなってしまった時 ましてそれが購入直後だったりすると かなり大きな損害となってしまいます。 しかしこの記事のタイトルは 「ドコモのケータイ補償サービスって本当に必要なの?いますぐ見直した方が良い理由とは」 となっていますね。 なぜ筆者がそんなことを言っているのか、今回はその理由を語っていきたいと思います。 ケータイ補償サービスの概要 まずは 「ケータイ補償サービス」ってどんなんだっけ?という方のために概要を説明しておきます。 実はこのケータイ補償サービスというのは、2014年あたりから大きくサービス内容が変わっていますので、それ以前の知識しかないよという方はざっと目を通しておいていただけるとこの先のお話もわかりやすくなるかと思います。 月額料金やサービス内容に違いがありますので、わかりやすいように区別して記載していますが、混同されないようご注意ください。 月額料金 ケータイ補償サービスの月額料金は利用している端末によって適用される月額料金が異なります。 少し複雑なので、簡単な表にまとめました。 トラブル時にスマホの交換ができる」のみが適用となっています。 もちろん、通常の破損などでも利用可能です。 このサービスの利用は 「1年間に2回まで」と決まっており、サービス利用時は月額料金と別に利用料金がかかります。 「保証対象にあたる故障時の無償修理期間延長」 キズや破損などがなく、いわゆる自然故障・初期不良のような状態の場合、無償修理を行ってくれますが、その保証期間を延長しますというもの。 「保証対象外にあたる故障時の修理代金上限5,000円まで」 故障個所や破損の具合にもよりますが、スマホの修理代金というのは数万円単位の高額になることもあります。 そのような場合でも「ケータイ補償サービス」に加入していると、修理代金の上限は5,000円までとなるので、安心して修理依頼をすることができます。 さらに万が一修理不可能な「水濡れ」「全損」状態であっても上記の「交換サービス」がありますので、ほとんどのトラブルは「7500円」以内で解決できるということになります。 このサービス利用料は「ケータイ補償サービス」に加入することで割引される仕組みになっており、2014年冬モデル以降のスマホ・タブレットをお使いの場合は 「1,000円」、それ以外の端末ならば 「2 ,000円」で利用可能になっています。 ちなみにこれらの利用料金は、データがひとつも復旧されなかった場合無料となります。 補償は大切、でも「ずっと」は必要ない 筆者が 「補償サービスをいますぐ見直した方が良い」と言っているのは 「加入しなくても良い」という意味ではありません。 この章のタイトルにもなっていますが、 「ずっと加入し続ける必要はない」という意味です。 補償というのは概要を見て頂いてわかるとおり、 「修理が安くなる」「修理不可でも交換できる」というものであり、あくまでも 「今使っているスマホ」に対してつけるものです。 今使っているスマホを 「どうしても使い続けたい」というのであればつけておいた方がメリットが大きくなりますが、反対に 「もう機種変更してもいいかな」と思う時期になれば補償をつけておくメリットはあまり感じられなくなります。 なぜなら 「修理が安くなる」「修理不可でも交換できる」というメリットは機種変更するのであれば、不要になるからです。 しかし多くの方が補償はずっとつけておくものだという認識があったり、単純に忘れていたりして、加入しっぱなしになっているかと思います。 それが悪いことだとは言いませんが、冷静に考えると結構な金額を支払っていることになるので、 「このタイミングで故障したら機種変更だな」と思った時には、もう不要になった補償を解約されることをおすすめします。 ずっと加入していると、修理代金はそんなに安くない ちなみに3年間補償に加入している人で、一度だけスマホの画面を割ってしまい修理に出したことがある人は合計でいくら支払ったことになるのかご存知でしょうか? その答えは 23,000円です。 画面の破損程度なら場合によっては保障未加入でもそれ以下の修理代金で済むこともあるため、やはり長期間の加入にはデメリットが大きくなる気がしますね。 では 「破損」ではなく 「紛失」した場合はどうでしょう? こちらはなんと3年間で 25,500円となります。 それに交換費用7500円を足すと19500円となります。 つまり、 「19,500円支払って購入から2年経過している機種と同じものを買う」ということですが、皆さんは本当にそんな選択をしますか? 私ならしません。 19,500円支払うくらいなら、これはいい機会だと機種変更をします。 じゃぁ補償サービスは初めからいらない? ここまでを読んだだけだと、 「じゃぁ、補償サービスなんていらないじゃん」 と感じた方もいらっしゃると思いますが、そういうわけでもありません。 なぜなら、 「まだそのスマホを使いたい時」にトラブルに遭ってしまった場合には 機種変更という奥の手が使えないからです。 「まだそのスマホを使いたい時」というは飽きた・飽きてないだけの話ではありません。 機種購入時のサポートの兼ね合いで、短期間での機種変更は大損することがあり、変えたくても変えられないということもあります。 というのも、ドコモのスマホというのは、ほとんどの機種で機種購入時に 「月々サポート」もしくは 「端末購入サポート」というサポートが適用されています。 これらのサポートは、数万円単位の割引となるため非常に大きな金額が絡むサポートなのですが、機種変更後に短期間でまた機種変更をしてしまうと、サポートが打ち切りになったり、違約金が発生したりします。 補償未加入の状態では、 「水濡れ」「全損」「紛失」の場合、基本的に機種変更するしかありません。 購入から2年経過しているのであればサポートも終わっているので問題ありませんが、仮に購入から3か月程度でこのような状態に陥った場合には、数万円単位の損失を生み出すことになります。 つまり、 「購入後しばらくは補償に加入していた方が良い」 というのが、筆者の結論です。 「しばらく」というのは、受けているサポートやどれくらいの期間で機種変更をしようと考えているかにもよります。 筆者はだいたい半年ほどで補償は解約し、その後は不要なトラブルを避けるため細心の注意を払うようにしています。 (私はあまり家から出ないので、壊したり失くしたりするリスクが普通の人より低いです) 2年毎に機種変更をするような一般的なユーザーの方に目安を提示しておくとすれば、月々サポート対象機種なら18ヶ月程度、端末購入サポート対象機種なら12ヶ月程度の期間で良いのではないでしょうか? いずれにしても、冷静に計算してある程度のところで 「見直し」することは重要です。 ちなみに、キャリアの補償サービスにこだわらないなら、外部の企業が提供しているモバイル保険もあります。 数百円で複数台の登録ができるものや、ゲーム機なども一緒に対象に入れられるサービスもありますので、使う人によってはお得になる可能性もあります。 「そういやスマホに変える以前から、補償を解約したことは一度もないな」なんていう方は、この機会に見直しをしてみてはいかがでしょうか?.

次の