メリークリスマス英語 ロゴ。 「Merry Christmas」アメリカではNGワード。“A” Happy New Yearは英語として間違い?!

Merry XmasをMERRY XMAS と、すべて大文字表記にしたいのです...

メリークリスマス英語 ロゴ

こんにちは!liang です。 もうすぐクリスマスですね。 中国では、クリスマスは地域によってはそれほど一般的でないようですが、この時期は若い人を中心に盛り上がるようです。 クリスマスに関連する中国語をいくつか紹介します。 「 圣诞」は「イエス・キリストの誕生日」という意味があり(かつては孔子の誕生日を指していた)、「 节」は記念日を表します。 なお、「イエス・キリスト」は「 耶稣基督」と書きます。 【2】 圣诞夜 「クリスマスイブ」です。 「 平安夜」という言い方もあり、これは 有名なクリスマス・キャロル『平安夜』(きよしこの夜)から来ています。 【3】 圣诞老人 「サンタクロース」です。 すぐわかりますね! 「 圣诞礼物」(クリスマスプレゼント)を持ってやってきます。 プレゼントを詰めるクリスマスの靴下は「 圣诞袜」です(「 袜」は靴下の意味)。 クリスマスのデコレーションは「 圣诞节的装饰」。 「 蛋糕」はケーキやカステラの総称です。 日本と中国のクリスマスケーキをそれぞれインターネットで画像検索してみると、違いがあって面白いですよ。 「 ション ダン クヮイ ルー」のように発音します。 「 快乐」は「幸せを感じる、楽しい」といった意味ですが、 日本語の「おめでとう」のようにも使います。 クリスマスを祝う言葉はいくつかありますが、これが一番シンプルで、「 圣诞贺卡」(クリスマスカード)にもよく使われます。 ちなみに、定番のクリスマス・キャロル『おめでとうクリスマス』( We Wish You a Merry Christmas)は『 我们祝你圣诞快乐』と訳されています。 すれば、中国語の曲を聞くことができますよ。 クリスマスに 中国人とやりとりする機会がありましたら、「聖誕快楽!」(ション ダン クヮイ ルー!)を使ってみてはいかがでしょうか。 また、お世話になった中国人の知り合いがいるなら、 クリスマスのお祝いと新年の挨拶をいっしょにした中国語のカードを送ってあげると喜ばれるでしょう(少々時期が遅めなので、急ぎましょう)。 年賀状を送っても、正月に受け取ってもらえるとはかぎりません。 宗教色が出るのが心配であれば、Happy holidays に相当する「 节日快乐」という言葉を使ってもいいかもしれません。 中国語ができなくても大丈夫です。 ウェブ上で手軽に依頼できる翻訳サービスがありますよ。 Categories• Recent Entries• Monthly Archives• Facebook.

次の

ChristmasをXmas(X’mas)と表記するわけはなんですか??

メリークリスマス英語 ロゴ

外国の友人や同僚にクリスマスメッセージを贈りたい時、あなたはどんな言葉を使いますか? 実は海外には、「メリークリスマス」というシンプルな言葉だけではなく、様々なクリスマスの挨拶表現があります。 そこで今回は、クリスマスにぜひ使ってみたい英語フレーズをシチュエーションごとにまとめてみました。 *編集部追記 2016年12月の記事に新たに5フレーズを追加しました。 11月ごろからクリスマスの飾り付けを始める場所が増え、クリスマス前には街中がきれいに装飾されてキラキラと輝きます。 クリスマスは基本的に家族で過ごす行事であり、豪華なディナーを食べたり、プレゼントを交換し合います。 またプレゼントだけでなく、メッセージカードも添える場合が多いです。 メッセージカードには「Merry Christmas! (メリークリスマス!)」、「With best wishes for Merry Christmas. (クリスマスの幸運をお祈りします。 )」などクリスマスをお祝いする言葉を書いたり、相手への感謝と愛の気持ちを書く場合もあります。 クリスマスに会えない場合には、メールやチャットアプリでメッセージを送る人も多いです。 しかしながら、親しい間柄なら(特に家族の場合)メッセージカードを送る方が温かみがあるでしょう。 クリスマス時期にはかわいいクリスマスカードがたくさん販売されているので、日本にいる家族や友達へのお土産にもおすすめです。 クリスマスメッセージを書く時の注意点 早速記事を見る前に、ちょっと注意点があります。 もしあなたがクリスマス用にメッセージカードを送りたいなら、1週間前から当日までに相手の元へ届くようにしておきましょう。 早すぎても遅すぎてもダメなので、注意が必要です。 また、クリスマスは元々キリスト教の行事。 相手の宗教が分からない。 またはちょっとキリスト教の雰囲気を押さえた表現にしたいという方は、「Merry Christmas」というメッセージは避けるようにしましょう。 さて、それではバラエティーに富んだクリスマスの挨拶を見ていきましょう。 定番のフレーズ photo by shutterstock Merry Christmas! メリークリスマス!(クリスマスおめでとう!) Happy Holidays! 良い休日を! May your Christmas wishes come true! あなたのクリスマスの願い事が叶いますように。 With best wishes for Merry Christmas. クリスマスの幸運をお祈りします。 May you have a warm,joyful Christmas this year. あたたかく、喜びに満ちたクリスマスでありますように。 I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart. 楽しいクリスマスをお過ごしになられるよう心から祈っています。 May you enjoy the special moments of the Christmas Season! クリスマスの季節の特別な時を楽しんでください! 8. Thinking of you with love at Christmas. クリスマスにあなたのことを想っています。 Wishing your family peace and love at Christmas and always. あなたの家族に平和と愛に満ちたクリスマスが訪れますように。

次の

「Merry Christmas」アメリカではNGワード。“A” Happy New Yearは英語として間違い?!

メリークリスマス英語 ロゴ

いよいよクリスマス。 最近の日本では、気の早いお店はハロウィンが終わり次第、クリスマスモードに模様替えのところも多いようですが、クリスマス当日が近づくにつれ「Merry Christmas」の文字を見かけることが多いのではないでしょうか。 一方、近年のアメリカでは「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」を言うことが少なくなっています。 デパートやショップでのプレゼント用の表示は「Holiday Gift(ホリデーギフト)」。 街中のディスプレーは、「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」と「Happy Hanukkah(ハッピーハヌカ)」をあわせて飾るお店や「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」だけにしているお店があります。 なぜ、こういった変化が起きたのでしょうか? 12月にはユダヤ教の祝日ハヌカもあり、また、仏教徒やヒンズー、イスラム教の人々にクリスマス・ハヌカは関係ないため、おおやけの場で「メリー・クリスマスを使うのはどうなのか?」という動きが広がったためです。 そのため、多くの学校では、さまざまなバックグラウンドの生徒に合わせて「メリークリスマス」とは言わない指導をしているようです。 グリーティングカードのメッセージはなんて書けば良い? 日本から海外の知人友人にこの時期、グリーティングカードを送るという人もいるかもしれませんね。 十分に気心の知れた友達で、クリスマスを単純にイベントとして楽しむタイプだとわかっていれば、シンプルに「Happy Christmas, Best friend!(ハッピークリスマス、親友!)」で大丈夫です。 もちろん、相手が熱心なキリスト教徒なら「May God bless your Christmas(クリスマスに神のご加護がありますように)」でも喜ばれるでしょう。 相手の気を悪くしないか不安ならば、事前に「Do you celebrate Christmas?(クリスマスを祝いますか)」をたずねておくと良いかもしれませんね。 ところが、「Merry Christmas and A Happy New year」という冠詞のAをつけて、文法的に間違った英語表現を書いてしまうの見かけます。 正しくは「Merry Christmas and Happy New year」です。 Aが前につくのは「Wish you a Happy New Year」「Have a Happy New Year」というように文中で使われる場合だけなのが現在では基本です。 新年の挨拶フレーズは他に、 「Cheers to Great New Year!

次の