コロナ は 中国 の テロ。 中国「流行終息段階」の信用度と「人工的ウイルス」の可能性 BCG接種と新型コロナ死亡率には相関関係も:イザ!

ただのバイオテロじゃねーか…中国の新型コロナウイルス肺炎にみんなの反応は

コロナ は 中国 の テロ

COVID-19については、中国の習近平政権が事態をおおやけにした1月20日すぎから囁かれている噂がある。 同研究所は人民解放軍と関係が深いともみられている。 ・・・もっとも、この説はまず事実ではないと考えていい。 たとえば世界で最も権威がある査読制の医学雑誌のひとつ『The Lanset』が2月19日に発表した「COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、および医療専門家を支援する声明」を読むだけでもそれは明らかだ。 この声明は、COVID-19が人為的に作られたとする説を、恐怖とデマと偏見を広めるだけの「陰謀論」だと強く非難し、ウイルスが野生生物に由来することを論じた学術論文のリンクを多数提示している。 この問題は高度に専門的な分野なので、(私を含めた)素人は学術的知見を尊重して判断をおこなうべきだろう。 すくなくとも2月23日現在において、COVID-19がバイオ兵器であることを示す有力な根拠は見つかっていない。 「バイオ兵器」説のソースは怪しい そもそも、COVID-19バイオ兵器説に初期に言及したのは、統一教会系のアメリカの新聞『ワシントン・タイムス』(有名な『ワシントン・ポスト』とは別)や、アメリカ亡命中の中国人大富豪・郭文貴の自前のメディア『GUO MEDIA(郭媒体)』などだった。 さらに2月上旬から熱心にこの説を伝えたのが、中国共産党と対立する新宗教・法輪功系の『大紀元』『新唐人』といった媒体である。 統一教会と法輪功はいずれも反共的な政治色の強い新宗教で、必ずしも客観的に正確な情報を出すとは限らない。 また、郭文貴は2017年にYouTubeを通じて中国共産党高官のスキャンダルを次々と暴露して話題になった人物だが、その情報が虚々実々なのは関係者の間では有名だ。 しかも2018年に入るころから「ネタ切れ」ゆえの飛ばし情報がいっそう増えている。 (なお、私は2017年12月にニューヨークで郭文貴本人に会ってインタビューをおこなったほか、2018年5月から翌年1月までは『SAPIO』誌上で郭文貴の連載を編訳していた。 詳しくは拙著『』をお読みいただきたい。

次の

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

コロナ は 中国 の テロ

「新型コロナウイルス」の死者が82人に上っています。 武漢の市長は生中継で国営テレビの取材を受け、80点と自己採点をして批判が上がっています。 武漢の周先旺市長は生中継で事実上の交通封鎖について、感染の拡大を防ぐために免職される覚悟で実施したと明かしました。 また、肺炎に関する情報公開については「速やかでなかった。 地方政府として情報があっても権限が与えられなければ公表はできない」と述べ、「国務院が新型コロナウイルスをB級伝染病と定めたことによって積極的に行えるようになった」と弁明しました。 取材終了後、今回の放送について80点と自己採点しましたが、SNS上では「緊張感が欠けている」と批判されています。 tv-asahi. html どうやら、このテレビインタビューに応えている武漢市長、実は11月の時点で新型肺炎コロナウイルスが発症している患者がいたことを知っていたようですが、中国政府から発表しないよう指示があった模様です・・・ 早い段階で処理をしていたら、今や9万人は超えていると言われている新型肺炎コロナウイルスになった患者数を抑えられたのではないでしょうか・・・? 新型肺炎コロナウイルスを中国政府が隠蔽指示した理由はなぜ? 新型肺炎コロナウイルスを中国政府が隠蔽指示した理由はなぜなのでしょうか? 一説によると 中国のバイオ軍事施設からのウィルスが流出したのではないか?と言われています。 もともと、コロナウイルスは人に感染しないものだったのに、人間が手を加えて、人への感染するになったと言われています。 もし本当だとしたら、今回の件はまちがいなく人災だと言えると思います。 李克強首相が武漢に入った事が影響しているのだろうか。 ウイルスの拡散が早いことから中国のバイオ軍事施設からの流出が原因だと見る事が出来る。 だから2ヶ月も隠蔽していたのだと思います。 ネットの声は? 武漢市長は新型肺炎コロナウイルスの対応について80点の自己採点としていますが、世間ではすごい批判の嵐となっている模様です。 まぁ当たり前ですね・・・。 もっと早く発表していれば、こんなに被害は出なかったのに・・・。 日本政府には、巨悪中共の片棒を担いだことにならぬよう、言葉に騙されず慎重に対応して欲しい。 良心の呵責? 重圧をかけてきた人からの入金が終わった? しかも近くにいないから今のうちに話して、日本に隠れようとしてますか? — D. この発言は中国共産党に反旗を翻す内容ですから、命がけでしょうね。 ただ、真実を語るにしても遅過ぎたよね。 死なば諸共となれば良いが、批判を受けて更に消されそう。 — ホトケ hotoke4989 言い逃れが酷い。 有りえるかもしれないが、言い逃れかも知れない。 この市長は、何れにせよ失脚だろうな。 むしろ、武漢市長が自己採点に80点を付けたのが悪いとか、マスクを裏表逆さまに付けているとかで抗議しています。

次の

ただのバイオテロじゃねーか…中国の新型コロナウイルス肺炎にみんなの反応は

コロナ は 中国 の テロ

中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。 「中国の生物兵器」「自作自演」的な陰謀論はなかなか消えない。 中国生物兵器説の根拠となっている情報は主にふたつある。 ひとつは、中国・武漢にきわめて高度な病原体研究施設があるということ。 それは事実だ。 もうひとつは、新型コロナウイルスが人工ウイルスだとする、インドの研究チームによる論文。 しかし、論文は「誤解されて伝わった」ことを理由に取り下げられ、その内容については世界の専門家たちにより否定されたことを、前回記事で書いた。 人工ウイルスでないのなら、誰かがつくった生物兵器でないことにもなる。 あらためて中国生物兵器説も否定されたわけだ。 関連記事 次に、冒頭でも紹介したように、短時間公開されたインドの研究チームの論文が人工ウイルス説の根拠として使われた。 具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。 この論文を「隠された真実だ」として、アメリカの陰謀論サイトが大々的に拡散。 とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した。 ここまでが前回記事で書いたことだ。 「中国人だけに作用する生物兵器」 米疾病対策センター(CDC)による新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像。 例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。 郭文貴氏がこのとき引用したのは、中国の親人民解放軍系民間軍事サイト「西陸網」だった。 西陸網は1月26日に「 新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。 ちなみにこのとき、「西陸網は人民解放軍の公式サイトなので、(生物兵器であることを)軍が公式に認めたことになる」とのフェイク情報も同時に拡散されている。 「中国人だけに作用する」などと記していることだけでもフェイクと分かりそうなものだが、こんな子どもだましの言説も、ネット上ではそれなりに広く流布した。 法輪功系メディアも「人工ウイルス」と主張 ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。 中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。 2月9日、法輪功がアメリカで運営する中国語衛星テレビ「新唐人」が、「新型コロナウイルスは人工ウイルスの可能性が高いことを証明した」という中国人科学者のインタビューを放送した。 反中国の法輪功お抱えメディアの情報というだけで一歩引いてみるべきところだが、こちらも日本国内を含む反中勢力に拡散した。 この法輪功のテレビ番組に登場したのは、バイオテクノロジー企業サンリージェン(SunRegen Healthcare AG、スイス)の最高科学責任者(CSO)兼共同創業者、董宇紅氏という感染症研究者。 中国出身で、北京大学附属第一医院に勤務した経歴があるという。 董宇紅氏は、前述したインドの研究チームによる誤った査読前論文と、中国科学院パスツール研究所の崔傑研究員の論文を参考にしてインタビューに答えているが、メインは前者だ。 健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。 出典:EBD Group YouTube Channel また、彼女は同じインタビューのなかで、アメリカの民間研究機関(The Institute for Pure and Applied Knowledge)の創設者であるジェームズ・リヨンズウェイラー氏がインターネット番組(1月30日)で主張した「遺伝子操作の痕跡が見つかった」という説も引用しているが、この主張もすでに専門家によって誤りであることが証明されている。 法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。 なお、董宇紅氏について過去の言動を検索してみたところ、法輪功のメディア「大紀元」のインタビュー記事(2016年6月10日)に登場しており、 「法輪功の気功は末期がん患者に延命効果がある」と発言している。 つまりはそういう人物だ。 ちなみに「大紀元」はその後、米イリノイ大学のフランシス・ボイル教授が「中国の生物兵器だ」と語ったことも生物兵器説の根拠としている。 これは「地政学と帝国」というサイトに投稿された(1月30日)を指す。 ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。 仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。 米軍の顧問を務めた専門家も「人工ウイルス」と FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。 証拠はないが」と発言したトム・コットン上院議員(右下)。 Screenshot of Fox Business さらに、陰謀論系の人工ウイルス説はインターネット上にとどまらず、アメリカ政界にまで波及した。 お騒がせ議員として知られる共和党のトム・コットン上院議員がFOXニュース(2月16日)に出演し、「」と発言したのだ。 議員発言の直後より、ウイルス研究者たちから異論が噴出した。 例えば、ラトガース・ニュージャージー州立大学のリチャード・エブライト教授は「人工的につくられたことを示す痕跡は皆無であり、意図的に開発された生物兵器である可能性は、強く排除できる」と断言した(ワシントン・ポスト、2月18日)。 研究者らの批判に対し、コットン議員は「自分は生物兵器だとは言っていない」と反論。 ただ「研究施設から漏れた可能性は否定できない」と主張している。 人工ウイルス説、中国生物兵器説という陰謀論は、その後も語られ続けている。 日本では3月8日頃から、いくつかのメディアに、 アメリカの生物兵器専門家の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏が登場し、中国の生物兵器説の可能性に言及した。 杜祖健(アンソニー・トゥー)氏をゲストに迎えたインターネット番組。 出典:林原チャンネル 杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。 とくにアメリカの生物兵器対策の実情に詳しい専門家で、筆者の『生物兵器テロ』(ジャーナリスト村上和巳氏との共著、2002年)でも同氏にインタビューを行っている。 杜祖健氏は、すでに世界の専門家たちに否定されている人為的な遺伝子操作という説が「存在する」と言及しているが、それを紹介する日本のメディアでは、彼が人工ウイルス説を主張しているかのように伝えられた。 それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。 複数の情報源を比較して、信頼度の判断を 新型コロナウイルスが人工ウイルスという説は、専門家によってすべて否定されている(文末文献参照)。 否定された情報を丹念に検証してみると、最初からバイアスがかかっていたり、意図的な印象操作だったり、科学レベル的に不足していたりすることが見えてくる。 今回の新型コロナウイルスについては、未知の病原体だったことや、パンデミック(世界的大流行)によりパニック状態に陥ったために、大手メディアも含めて不正確な情報がいくつも飛び交っている。 単一の情報源を鵜呑みにすることなく、さまざまな手法で情報をクロスチェックし、信頼度の低い情報をノイズとして保留または削除していく作業が、今後も重要になってくる。

次の