うまかっ ちゃん 濃い 味。 美味しい!「うまかっちゃん」を使った人気アレンジレシピ5選

うまかっちゃんとは

うまかっ ちゃん 濃い 味

うまかっちゃんの販売地域は、「西日本ローカル」です。 製造しているハウス食品のホームページに発売地域が記載されています。 これによると、うまかっちゃんの 販売地域は近畿、中四国、九州、沖縄県とあります。 関連: この記事の目次• うまかっちゃんの販売地域 うまかっちゃんの販売地域は、九州・沖縄・山口で全種類が販売されています。 とは言え、流通が発達した現代では、全国に展開している大手のスーパーやアンテナショップもあるので、江戸時代の鎖国のような完全に地域限定での販売は難しいと思います。 他の地域でうまかっちゃんを買えるところを調べました。 関東・東京での販売は? 関東・東京では『ドン・キホーテに行ったら置いてあった』という声を見かけます。 但し、秋葉のドンキでは『一蘭は置いてあったけど、うまかっちゃんはなかった』という声もあったので、店舗にもよります。 また、新橋にある福岡のアンテナショップ「ザ・博多」にも置いてあるようです。 楽天市場はこちら Amazonはこちら ネット以外だと、近くにドンキや福岡のアンテナショップがあれば探してみてください。 マルタイの棒ラーメンなんかもあったりします。 関連: 名古屋・愛知での販売は? 私の知人で、愛知に住んでいる友人が一人はうまかっちゃんを知っていて、もう一人は知りませんでしたw Twitterなどで調べると、やはり愛知や名古屋で『うまかっちゃんが置いてない!』という声を見かけます。 ただ、やはりドン・キホーテや福岡のアンテナショップ、そして一部のイオンで置いてあるという声も見かけました。 印象としては、愛知まで行くと、置いてあるスーパーはかなり少ないようです。 九州・福岡からみて東に行くほどうまかっちゃんの勢力が弱まるのは間違いないですねw 関連: 沖縄での販売は? この記事を書くまで知らなかったのですが、 沖縄でもうまかっちゃんは普通に買えるみたいです。 うまかっちゃんは「九州・山口・沖縄限定」で販売・流通しているのは間違いないようです。 うまかっちゃんの九州限定・西日本限定の味まとめ 現在、うまかっちゃんは以下の7種類の味が発売中となっています。 うまかっちゃんの種類• オリジナル• 濃厚新味• 博多 からし高菜風味• 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味• 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味• 久留米風とんこつ• 鶏だしとんこつ 詳しくはでも紹介しています。 このうち、販売地域が「九州・沖縄・山口」でしか買えないものと、もう少しエリアを拡大した「西日本限定」の2種類のエリアに分かれています。 九州・沖縄・山口限定で発売されている味• 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味• 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味• 久留米風とんこつ• 鶏だしとんこつ 西日本限定で発売されている味• うまかっちゃん オリジナル• うまかっちゃん 濃厚新味• 博多 からし高菜風味 この3つの定番とも言える味は、西日本 近畿、中四国、九州、沖縄 で販売されています。 うまかっちゃん 濃厚新味の違い は2018年8月6日に新発売された新商品です^^ 現在発売されているうまかっちゃんの中で、濃厚新味だけは麺の細さや茹で時間など うまかっちゃんの発売以来、初めて刷新されました。 東京・関東の人はご存知の人がひょっとしたら少ないかもしれませんが、味だけでなく、麺やスープ、パッケージまで刷新されています。 主な違いは以下の通りです。 項目 従来 濃厚新味 茹で時間 3分間 90秒 麺の細さ 1. 4mm 1. 2mm 麺が細くなり、茹で時間も短めの固め、スープは濃厚と近年博多で人気の味に近づけたようです。 福岡県内ではわりと簡単に手に入りますが、通常のうまかっちゃんと比べると、取り扱いがやや少ないです・・。 おそらく、 販売地域であっても 他県ではもっとお目にかかる機会は少ないと思います。 通販だと、Amazonのほか、楽天市場とYahooショッピングに「うまかっちゃん濃厚新味」の取扱いがあるショップがありました。 うまかっちゃんの全国的な知名度 九州民『うまかっちゃんが全国発売されていないなんて信じられない!』 関東民『うまかっちゃん・・何それ??』 九州などの地域では絶大な知名度を誇るのに、関東ではほとんど知られていない。 この両者の真逆の感覚を味わうのに、ちょうど良いテストがあります。 うまかっちゃん• うまいっしょ あなたはどちらをご存知ですか? 『うまいっしょ?何それ?!』 と思ったあなたは九州の方ですね。 逆に、東京や関東では「うまいっしょ」の方が馴染みがあります。 「うまかっちゃん」の関東・東京での知名度は、九州における「うまいっしょ」の知名度とほぼ同等です。 ちなみに、うまいっしょも、うまかっちゃんと同じく「ハウス食品」の即席インスタント麺です。 『うまいっしょ?!聞いたことない!』 と思うその感覚こそが、東京や関東の人にとっての「うまかっちゃん?何それ?」の状態なのです。 名前が似てて紛らわしいですがw 私は関東出身なので、うまいっしょをよく食べていました。 推しの強めな商品名のとおり、美味しかった記憶があります。 懐かしい。 とは言え、東京の10代、20代の若い方はどちらも知らないかな・・。 うまいっしょを知りたい方はこちら。 まとめ うまかっちゃんは関東・東京では見つけるのが難しく、ネット通販以外ではうまかっちゃんは幻の存在と言ってもいいです。 九州だと置いてあるのが当たり前のように思えますが、他の地域だと手軽にこの美味しさを味わう事ができません。 その有難みを感じながら美味しく頂きましょう^^ 楽天市場はこちら Amazonはこちら Yahoo! ショッピングはこちら.

次の

九州のインスタント麺「うまかっちゃん」を食べてみた|tabiメモ

うまかっ ちゃん 濃い 味

僕は長崎出身で現在北海道にいるんですが、北海道には同じハウス食品の即席麺で、 「うまいっしょ」というのが存在します。 名前を見てもわかるとおり、「うまかっちゃん」の東北・北海道バージョンだと思います。 味ははっきり言って(自分にとって)まずいです。 北海道民向けの味付けです。 北海道という場所は、札幌味噌ラーメンや、旭川しょうゆラーメンといった 「お店で食べるラーメン」が当たり前の土地であり、 まともなラーメンは最低一杯で700円程度します。 最初は、この価格に軽くカルチャーショックを受けたものでした。 よって乾麺の袋物は大苦戦しています。 だからお店での販売コーナーも狭いですね。 多分「うまかっちゃん」の勢力図では、関東(おそらく東京周辺)が北限だと思います。 また、先々月に、あるいきつけのスーパーでリクエストコーナーに 「うまかちゃん入れてください」とでっかく書いたら、横に違う字で 「そーだ!そーだ!」と書かれてあり、次週に5個入り袋で試験的に30個ほど入りました。 それを僕が20個買ったのですが(超貴重品ですので・・) 「もうちっと(長崎弁)かっときゃ良かったか?」と次の日買いに行ったら完売でした・。 おそらく「そーだ!そーだ!」の人物が大人買いしたんだと思います。 しかし、そういう「一部マニア受け」商品は、マーケティングの中ではダメ部類に入るらしく (マニア2名による買占め。 そのマニアがいなくなったら売れない。 広く浅く売れるほうが店にはありがたい。 ) その後、実験コーナーはなくなりました。 うまかっちゃんLOVEが裏目に出た瞬間でした。 空が青かったのを覚えています。 問い合わせてみました。 yahoo. 平素は、ハウス製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。 このたびは、「うまかっちゃん」へのお問い合せをいただき、 ありがとうございます。 同製品につきましては、東日本、西日本での味覚変更は行って おらず、全国同一品にて販売を行っております。 これからも、皆様に喜んでいただける企業活動、製品作りに取り組んでまいります。 引き続きハウス製品のご愛用をお願い申し上げます。 ということで、おとなしく近所のスーパーで買う事にします。

次の

うまかっちゃんとは

うまかっ ちゃん 濃い 味

概要 [編集 ] やの製造・販売が中心だったハウス食品はにインスタントラーメン事業に参入し、「ハウスシャンメン しょうゆ味」や「ハウスたまごめん」、「ハウスつけ麺」などのヒット商品を発売していたが、九州ではシェアが低かった。 ハウス食品のインスタントラーメンは同社福岡工場()にも製造ラインが設けられていたが、、当時の福岡工場長が「社員が食堂でハウスのラーメンを食べない。 九州人に醤油味は合わない。 九州人は豚骨味が好みだ」と当時のハウス食品福岡支店長に直談判した。 その結果、「うちでも九州で売れる製品を作ろう」と支店長の提案でハウス食品も九州風豚骨ラーメンの開発に着手した。 そして、ハウス食品の営業・開発担当者が九州内のラーメン店を食べ歩いたり、九州のにスープの試食を行ったりして、「うまかっちゃん」は誕生した。 開発チームは全員九州出身者だったという。 「うまかっちゃん」はで「おいしいんだよ」の意で、出身の・がネーミングした。 をテーマにしたパッケージデザインも西島が手掛けた。 なおネーミングの第一候補として「こらうまか」も上がっていた。 発売開始から半年後、九州・山口地区では後述するテレビCMを大量に流した効果からか、即席麺最大手のや福岡市に本社を置く九州・山口でシェアの高いを抑えて「うまかっちゃん」が袋麺でトップシェアとなった。 以降現在も九州・山口地区における即席袋めんのトップシェアを誇っている。 また、「うまかっちゃん」が発売した当初、「あれはマルタイさんの新商品なのか」と間違える消費者もいた。 「うまかっちゃん」は福岡工場のみで生産されている。 また2016年8月のリニューアルまでは商品にハウス食品のロゴマークが付いていなかったが、これは発売当初「ハウスと言えばカレー」のイメージが強かったことと、基本的にハウス食品の名前を出さないというコンセプトのもとで製造・販売していること、「九州のラーメンはうまかっちゃん」と位置付けて市場に定着させたかったという意味であえてロゴを外したという。 2016年8月8日から順次販売されているリニューアル後のパッケージには、ハウス食品のロゴ(の「 House」ロゴ)が初めて挿入されている。 「ご当地袋麺」のパイオニア [編集 ] 「うまかっちゃん」は現在における「ご当地袋麺」の草分け的存在であり、「うまかっちゃん」のヒットでインスタントラーメンの同業他社も九州限定の豚骨ラーメンを次々に発売した(日清食品の「くおーか」「はかたんもんらーめん」、の「九州っ子」「うまかめん」、の「博多めん美人」、の「よかとん」「」など)。 その後、ハウス食品は「うまかっちゃん」の成功をきっかけに、(・)限定(のちに関東地方にも拡大)の「」(既に終売)、限定の「」および(後ににも拡大)限定の「わっしょい」(同じく既に終売。 ただし、はをはじめとして、・において現在でも発売中)といったご当地袋麺を発売した。 うまかっちゃんは更に九州の各地域向けに細分化したご当地袋麺を発売()。 現在、うまかっちゃんシリーズは九州(含む)とのみで全種類が販売されているが、オリジナルと博多からし高菜風味のみを含めた全域で販売されている。 過去(1980年代末~90年代後半)には関東地方や、東北地方などでもオリジナルが一部のスーパーマーケットなどで流通していたが、現在見かけることは極めて稀である。 うまかっちゃん オリジナル スープはあっさりとしたクセのないとんこつ味。 うまかっちゃん 博多からし高菜風味 の風味をきかせたとんこつ味。 うまかっちゃん 久留米風とんこつ 濃厚な旨みがきいた仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 熊本火の国流とんこつ香ばしにんにく風味 仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 鹿児島黒豚とんこつ 仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 担担とんこつ ごまの風味と唐辛子の辛みがきいた仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 濃厚新味 2018年8月6日西日本限定発売。 「通常のうまかっちゃんとは異なる味わい」を求め、近年の博多ラーメンのトレンドである「濃厚」・「細めの硬めん」に倣ったとんこつ味。 新開発の茹で時間90秒の硬めんは通常製品より細めの1. 2mmで作られているが、通常よりも湯戻りしくにい配合によって、硬めんの味わいを再現している。 このめんはブランド発売39年目で初開発という。 うまかっちゃん 鶏だしとんこつ(入り) とんこつに鶏だしを合わせ、塩味を控えたやさしい味わい。 乳酸菌「L-137」入り。 2015年3月より期間限定発売。 こくのあるとんこつスープをベースに、・節の2種類のの香りと旨みをきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。 麺は「うまかっちゃん」とは異なる専用である。 こくのあるとんこつスープに、の香りと旨みとピリッとした辛味をきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。 麺は「うまかっちゃん」とは異なるつけ麺専用である。 発売を終了した製品 [編集 ] みそとことん 味噌豚骨味ラーメン。 ハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。 たまらんちゃん 細麺の豚骨ラーメン。 こちらもハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。 うまかチャンポン の袋麺。 CMにはが出演していた。 うまかっちゃん 濃い味 ~発売。 通常の「うまかっちゃん」のスープを濃い目にした濃厚な味わいの豚骨ラーメン。 2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2014年12月1日 および2017年8月7日 より期間限定販売された。 うまかっちゃん 辛口 辛口ブームに伴い、~発売。 目盛りが印刷されたビニール袋入りの練り唐辛子が付属しており、好みの辛さにすることが出来た。 2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2015年2月2日より期間限定販売 された。 これが九州のラーメンうまかっちゃん まろやかとんこつ 限定発売。 うまかっちゃん うまか九州みそラーメン 「みそとことん」の後継商品。 うまかっちゃん ぴり辛とんこつ この節の加筆が望まれています。 うまかっちゃん ごまとんこつ 2006年8月7日発売。 うまかっちゃん 博多焼きラーメン ブームに伴い、2007年4月16日発売。 うまかっちゃんシリーズで唯一の。 うまかっちゃん 宮崎名物鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味 2008年8月4日発売。 名物「鶏の炭火焼」風味のしょうゆとんこつ味。 うまかっちゃん 魚介とんこつ 2012年8月6日発売。 産鰹だしの旨みと香りをきかせた魚介風味のとんこつ味。 うまかっちゃん うま辛かとんこつ 2013年5月13日発売。 特製の辛味オイルとあらびき唐辛子がきいた辛めのとんこつ味。 うまかっちゃん復刻版 発売35周年を記念して2015年2月より期間限定発売。 1986~1991年に発売された当時のパッケージデザインと現在の原料を使用してできるだけ当時の味を再現。 麺は現在の「うまかっちゃん」と同じ。 5個パックのみの販売。 うまかっちゃん 海老みそとんこつ 2016年8月より発売開始。 豚骨スープにの持つの旨みと味噌の持つ香ばしさを程よくバランスさせた味噌とんこつ味。 うまかっちゃん めんたいとんこつ 2017年2月より発売開始。 豚骨スープにの旨みを効かせ、の旨味と辛さを引き出したとんこつ味。 との共同開発商品で、らの提案が採用された。 うまかっちゃん 焦がし醤油とんこつ 2017年5月より発売開始。 「うまかっちゃん」を製造するハウス食品福岡工場があるとのコラボレーション商品。 「うまかっちゃん」が古賀市で生産されていることから、地元ブランドであることをアピールするために開発され、「古賀市」と「焦がし」を語呂合わせしたもの。 古賀市から「焦がし商品」の認定ブランドの指定を受けている。 うまかっちゃん めんたいとんこつ 濃厚仕立て 2018年2月より発売開始。 2017年2月より発売開始された「うまかっちゃん めんたいとんこつ」の改良版。 うまかっちゃん 赤辛 2018年5月より発売開始。 特製うま辛かペーストを全量使用した場合、シリーズ最高の辛さを誇るという。 関連製品 [編集 ] オーザック うまかっちゃん味 九州・沖縄地区限定発売。 2009年12月7日より数量限定販売したところ好評だったため、2010年8月2日より再度限定販売が行なわれている。 また、2011年11月28日より再々度限定販売している。 うまかっちゃんの素(オリジナル),うまかっちゃん炒飯の素 からし風味 2014年2月24日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売。 うまかっちゃんとんこつつゆ,うまかっちゃんとんこつ鍋つゆ<ピリ辛仕立て> 2014年9月22日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売。 広報活動 [編集 ]• 発売当初から数年間、福岡市出身の・の代表作『』のキャラクター(郷六平・小柳類子)をイメージした実写を九州地区ので放送し、CMの「知っとうや?」(博多弁で「知ってるか?」の意)はになった。 CMには長谷川法世本人も「ラグビー編」で出演した。 1999年には、ので時の人となったもCMに出演している。 しかし、なすび本人にオファーしたのではなく、日本編が終了した時点でゴールのご褒美としてプレゼントされたラーメンが偶然にもうまかっちゃんであり、その映像を偶然見た広報担当者がオファーし、なすび本人が知らないまま、食事シーンを編集した映像が、同企画のナレーターを務めたのナレーションと共に、全国放送された。 CMには、、、、、、、、()など九州・にゆかりのあるが出演した。 新発売時以来一貫して学園が舞台となっており上記の出演者は主に教師、生徒役で出演している。 2014年8月より放映のCMではが教師役、HKT48メンバーの「なこみくコンビ」こととが生徒役で出演している。 2015年より放映のCMでは、HKT48のメンバーが生徒役で全員登場。 メンバー兼支配人のが教師役で出演。 メンバーは商品開発にもかかわっていた。 PRキャラクターは「うまか坊や」。 2017年9月より放映のCMには、九州を拠点に活動するお笑い芸人のが「うまか先生」に扮して出演している。 脚注 [編集 ]• 過去の例であるが、1985年頃に大阪工場で生産された「オリジナル」が福岡県内で流通していたことが確認されている。 - ハウス食品ニュースリリース 2010年7月14日• - ハウス食品ニュースリリース 2014年2月21日• - ハウス食品ニュースリリース 2014年9月16日• - 毎日新聞(2014年9月16日) 関連商品 [編集 ]• うまいっしょ• 本中華• 好きやねん 関連項目 [編集 ]• - (昭和56年)から長年にわたりスポンサーを務めている。 外部リンク [編集 ]• この項目は、・に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(Portal:食)。

次の