ライン 浮気調査 パソコン。 パソコンの履歴を調べて浮気をチェックする方法/元探偵が解説

LINE(ライン)で相手の浮気度をチェックする方法!トーク履歴や非表示から見破る浮気調査

ライン 浮気調査 パソコン

LINEというスマートフォン用のアプリが、最近大人気なのをご存知でしょうか? LINEとは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで利用できるコミュニケーションアプリで、無料でメッセージを送ったり、通話が行えます。 また友達募集掲示板など、出会い系のような機能も備えています。 無料で通話が出来て、電話会社にも通話履歴が残らないので、浮気相手との連絡手段にLINEを使うケースも増えてきています。 特定の条件が必要になりますが、ここではLINE上で浮気相手と思われる相手とのトーク内容をリモートで確認する方法を紹介しています。 LINEから浮気の証拠を掴むのに必要なものと条件 LINEで浮気の証拠を探すには、パソコンからログインする必要があります。 ここでは、Windowsを使った方法を解説しています。 LINEをインストールするWindowsパソコン 特定のLINEのトーク内容を確認するには、WIndowsパソコンを使用します。 特に高性能である必要はありませんが、私はWindows7で動作確認を行いました。 LINEのWindows用アプリ LINEにログインするには、Windows用アプリをパソコンにインストールする必要があります。 COMPUTERSの中から「WINDOWS」または「WINDOWS8」をクリック。 「保存」をクリックして、インストールファイルを保存します。 LINEにメールアドレスとパスワードが設定されている WindowsパソコンからLINEにログインするには、あらかじめLINE側でメールアドレスやパスワード、他端末からのログインを許可する設定が行われている必要があります。 スマートフォンLINEアプリの「設定」>「アカウント」で設定状況が確認できます。 「メールアドレス変更 登録完了」とあれば、既にアドレスとパスワードが設定されています。 また、他端末ログイン許可が「オン」になっている必要があります。 LINEのメールアドレスとパスワードを知っている LINEにログインするには、LINEに設定されているメールアドレスとパスワードを知っている必要があります。 LINEで浮気の証拠を掴むまでの手順 パソコンでの設定、確認方法を解説していきます。 Windows用LINEをインストール 先ほどダウンロードした「LineInst. exe」をダブルクリックして、インストーラーを起動します。 「次へ」をクリック。 「同意する」をクリック。 「インストール」をクリック。 インストールが完了するまで待ちます。 「閉じる」をクリックしてインストールを完了します。 WindowsパソコンからLINEにログイン インストールが完了すると、デスクトップにLINEのアイコンが作成されますので、アイコンをクリックしてLINEを起動し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。 トークの相手を選択してダブルクリックします。 トークの内容が確認できます。 LINEで浮気の証拠を探すときの注意点 LINEの痕跡について LINEの「設定」>「アカウント」>「ログイン中の端末」で、現在ログインしている端末が分かりますので、ここを見られると他からLINEにログインしている事がばれてしまいます。 相手に見つかってしまうので、ばれずに調査したい場合は、使用できない方法となります。 LINEのパスワードについて 他人のIDやパスワードを使って、WEBサービスにログインする事は、不正アクセスです。 夫婦の場合は、共有財産であったり、そもそも自分名義の回線だったりする場合もあり、事情が複雑ですが、くれぐれも自己責任でお願いします。 LINEに法的な証拠能力はある? 不正に入手したものは、裁判などでの浮気の証拠には使えない可能性が高いです。 裁判で有利なる証拠が必要な場合は、興信所に依頼した方が良いと思います。 LINEで浮気を見破ることはできますが、証拠能力は低いです。 一番良いのは、ラブホテルや浮気相手の家に出入りする写真です。 そのため、費用がかかっても探偵事務所に調査を依頼する人がいるわけです。 LINEで浮気の事実を確認、行動を把握して探偵に依頼することで、調査が短期間で終わらせるという方法は効果的だと思います。 いずれにしても、調停や裁判にまで持ち込みたいかどうかで、とるべき行動も変わります。 まずは、自分の気持ちを再確認してみましょう。 彼のLINEから浮気の証拠を掴んだ体験談 昔の話です。 私が、当時付き合っていた彼氏が完全に怪しい動きをしたことがありました。 その頃よく喧嘩をしてしまってたのですが、LINEでも返事が全く帰ってこなくなったり、電話も出なくなったり。 喧嘩の最中にはそんなこと今までは一切なかったのですが、その頃は頻繁にありました。 喧嘩してるから、頭を冷やそうとしてると、はじめは思ったのですが、普段喧嘩をしてない時もよそよそしい感じが何かおかしいと思いました。 そんな時、携帯を見てしまったら、元カノと連絡をとり、会っていたのです。 会いに行った理由は元カノが出産をしたからお祝いに、というものでした。 ですが、その以降、私と喧嘩する度にあっていたようで、その度に身体の関係もあったようなのです。 LINEから彼氏の浮気の証拠を出てくる出てくる たまたま、彼氏の携帯を新しくする時に私の方が機械に強いのもあり、いろんなIDとパスワードを知っていたので、LINEをPCで起動したりメールもすべて受信できるように設定をしました。 そうするとLINEから出てくる出てくる、「愛してる」の言葉です。 彼はわたしがLINEを見てるとは知らずに、送り続けていたのです。 ほぼ、乗っ取りに近い形ができてしまったので、打ち返すこともできたのですが、そこは写真だけを証拠として残し、それをネタに次の喧嘩の際にそれを暴露しました。 LINEで浮気の証拠を集めた自白させた 証拠が上がってるにもか関わらず、携帯の乗っ取りをしたこと、探偵のように、調査してたことに対して、またキレてきた彼だったのですが、それがなお私の中でヒートアップさせてしまい、謝らせたい一心で位置情報まで把握して証拠を集め、彼氏に言い逃れできない状態を作り、LINEを見せて自白をさせる、ということをしたことがあります。 いまかんがえると、もったいない時間の使い方をしてしまったなともおもうのですが、執着してしまったことでここまでやってしまったんやなーといまでも苦い思い出です。 旦那の浮気の証拠をLINEトーク履歴で掴んだ体験談 今から3年前のことですが、旦那の浮気調査をしました。 調査をした理由は、特に目立った怪しい行動があったから、という訳ではありません。 テレビ番組で、たまたま浮気の調査番組が放送しており、それを観ていたからです。 旦那がお風呂に入っている間に、携帯電話を見てみました。 暗証番号は知りませんでしたので、間違っていたらやめよう、と思っていました。 が、なんと1発で解除できてしまいました。 暗証番号は誕生日だったので、いとも簡単に解除できました。 LINEトーク履歴から旦那の浮気の証拠が見つかった! 最初に画像フォルダを見てみましたが、特に浮気ととれるような画像はありませんでした。 画像がなかった時点で、もうやめようと思いましたが、どうしても好奇心が勝ってしまい、LINEを開きました。 ドキドキしながら上から順番に見ていくと、真ん中辺りに女性の名前がありました。 LINEのトーク画面を開くと、なんと1ヶ月前に男友達と旅行に行くと言ってでかけていたものが、この女性と行っていたことがわかりました。 何かこの女性の名前を聞いたことがあった気がしたので、必死に思い出してみると、旦那の通っているスポーツジムのスタッフであることが分かりました。 先ほどのLINEのトーク画面を自分の携帯で撮影していたので、その画像を見せると、顔が青ざめて絶句していました。 特に浮気を否定することは無く、すんなり認めました。 浮気をした理由は、私が旦那の夜の相手をしなかったからだそうです。 反省している。 もう二度としない。 そう約束しました。 私も、確かに旦那の相手をしていなかった弱みがあったので、もう二度としないという言葉を信じ、今回限りは許すことにしました。 それ以来、逆に夫婦仲が良くなり、今でもいい関係のまま過ごしています。

次の

LINEでの浮気調査を自分で行う!夫の浮気を見破る方法|旦那の浮気調査 研究所

ライン 浮気調査 パソコン

利用者が非常に多く、コミュニケーションツールとして欠かせない存在となってきているLINE。 それゆえに、恋人はもちろん 浮気相手との会話に使う人も多いといわれます。 現に、ベッキー・ゲス川谷の不倫報道でLINEのトークが度々登場したのは、記憶に新しいのではないでしょうか。 では、 どうすればLINEから浮気を見破ることができるのか、その方法や注意点をご紹介します。 よくあるLINEでの浮気の隠し方 LINEが浮気に使われることが多いのは、さまざまな機能が充実しているためです。 では、どのように隠しているのでしょうか。 通知をオフにする LINEの通知オフには以下の3種類があります。 特定の相手の通知をオフ 友だちとのトーク画面でVマークを押すと、「通知オフ」を選択できます。 こうしておけば、特定の友だちからメッセージが届いてもポップアップが表示されません(数字アイコンは数が増えます)。 しかし、逆に言えばLINEをのぞき見したとき、通知がオフになっている相手がいたら、その人物があやしいというわけです。 通知オフは、メガホンの絵に斜線が入っているのですぐ分かります。 暗号化をオンにする LINEではセキュリティ性向上のため、暗号化機能「Letter Sealing」が追加されました。 オンにすると通知がきても「新規メッセージがあります。 」としか表示されないため、通知でメッセージ内容が見えません。 しかし、この暗号化は双方が設定していないと利用できません。 また、利用している相手はカギのアイコンがつきます。 つまり、特定の相手だけカギのアイコンがついていたら、その人物があやしいでしょう。 LINEの通知自体をオフにする スマホ本体の設定で、LINEの通知自体をオフにする方法です。 こうすれば通知ポップアップも数字のアイコンも出なくなります。 普通に使っていれば通知がこないと不便ですから、オフにしていたらあやしいです。 表示名を変更する LINEは友だち一覧で表示する名前を変更できます。 表示名を「鈴木太郎」にすれば、友だち一覧で鈴木太郎と表示できるのです。 ただ、プロフィールをタップすると小さく本来の名前も表示されるので、すみずみまでチェックすると分かります。 友だちを非表示にする 友だち一覧の画面で左にスワイプすると、友だちを「ブロック」「非表示」にするメニューが表示されます。 非表示にすれば友だち一覧から消しながら、メッセージを受け取ることが可能です。 ただし、この方法だと友だち管理画面の非表示リストに名前がある状態になるので、それを見てしまえばあやしいと分かります。 人によっては、浮気相手を友だちに追加しないという場合も。 トークを非表示・削除する トーク一覧画面で該当する相手を左にスワイプすると、トークを「非表示」「削除」するメニューが表示されます。 非表示にすればトーク一覧から見えなくでき、削除を選べばメッセージを一括で消せます。 このため浮気がバレそうになったときなどに、この機能を使って証拠を隠蔽し、携帯を見せるよう迫ると「やましいことはない」と言って見せつけてくるかもしれません。 パスコードロックをかける LINEはスマホ起動時とは別に、LINEの起動にロック解除を求める機能があります。 iPhoneはアプリごとにロックをかけるアプリがないので、ヒミツを隠せる貴重なアプリというわけです。 のぞき見しようとして、LINEにもロックがかかっていたらあやしいでしょう。 ただ、「友だちが勝手に見るからロックしてる」と言い訳する可能性もあります。 のぞき見防止アプリの使用 「のぞき見防止アプリ」とは文字どおり、スマホをのぞこうとするのを阻止しようとするアプリ。 たとえば、以下のようなものがあります。 ロック解除動作を記録 ロックを解除した時刻、試行回数を履歴として記録するタイプ。 このアプリは、ロックを解除した際にもとくに画面上で表示などないので、インストールの有無が分からず厄介といえるでしょう。 操作できないように見せる LINEそっくりの画面でつけっぱなしと見せかけて、操作はできない・・・という偽装アプリもあります。 操作できず、この種のアプリと思われるときは、ホームボタンを押せばホーム画面に戻るはずです。 ただ、アプリによってはその操作履歴を記録するものもあります。 また、のぞき見たあとは証拠隠滅のため、再度起動しておくとよいでしょう。 エラーが表示される 画面にタッチすると、その瞬間に「データを初期化します」などと警告文を表示するタイプです。 表示だけでなく一部操作が効かなくなるため、知らなければ相当焦ってしまうことでしょう。 アプリによっては電源ボタンを押して解除するともとに戻りますが、その解除履歴を記録するものもあるので、のぞき見の言い逃れがむずかしいかもしれません。 撮影する このアプリが入っていた場合、ほぼ確実にのぞき見の言い逃れができないでしょう。 メールやLINEなどを起動しようとすると、その様子をインカメラで撮影してしまうというものです。 以上のようなアプリが入っていた場合、うまく言い訳できそうになければ、素直に携帯を見たと告白したほうがよいかもしれません。 しかし、そもそもこのようなアプリを入れている時点であやしいですが・・・。 LINEで浮気を見破る方法7つ では実際に、浮気を見破る方法を解説していきます。 のぞき見防止アプリがインストールされていない、という想定です。 しばらく相手のスマホを操作しなくてはならないので、くれぐれも注意してください。 通知からメッセージを確認 浮気慣れしていると、通知でメッセージの一部が見えないようにしたり、通知自体オフにしたりしがちです。 しかし、そのように設定しない人もいるので、まずはココからチェックしてみましょう。 通知オフ・非表示の友だちを探す 前項でも少し触れましたが、浮気相手を「非表示」にしたり、通知オフにしたりすることがあります。 このような友だちを探せば、あやしい相手が分かるかもしれません。 非表示になっている友だちを特定する方法 1. 同性の名前もチェック 証拠を探すとき、まずパートナーの異性のユーザーを探しますよね。 しかし、浮気相手を同性の偽名や苗字だけで登録しているケースもあります。 一見、あやしく見えないユーザーもチェックしましょう。 上級者となると浮気相手に性別を偽ってもらい(写真すら変える場合も)、遠回しな合言葉などで話して、あやしく見えないように偽装することもあるようです。 また、同性の友人に隠しごとをポロッと話していることもあります。 なかなか浮気相手らしい人物が見当たらなかったら、親しそうな同性の友だちのトークを見てみてもよいかもしれません。 スタンプのプレゼント履歴も確認 浮気相手にスタンプをプレゼントしているということもあります。 一応、確認しておいてもよいでしょう。 履歴に名前があったら、その人物とのトークを見てみるとよいでしょう。 スタンプのプレゼント履歴を確認する方法 1. その場合、特定の相手のトーク画面がまっさらになっていたり、不自然に会話がはじまったりしているでしょう。 一度削除されると過去のトークは確認できませんが、その相手が非常にあやしいということが分かります。 再度のぞき見る予定があれば、その相手のトークを見てみると分かるかもしれません。 トークを自分宛てに一括送信 LINEでは過去のトークをすべて、メールで一括送信する機能があります。 パートナーの携帯をずっと操作して見なくても、自分の携帯やパソコンからじっくりチェック可能です。 トークを一括送信する方法• トーク履歴を入手したい人物のトーク画面でVマークをタップ• 「メールで送信」で、指定のアドレスにデータを送信できます。 クローンiPhoneで受信(旧バージョン限定) 「LINE iPhone版 ver5. 0」以前のバージョンで、更新していないiPhoneのみ有効な裏技です。 新しいバージョンだと実行できないので、注意してください。 クローンiPhoneのつくり方• のぞき見たいiPhoneをパソコンに接続、iTunesでバックアップをとる• 別のiPhoneを接続して、バックアップと同期させる (ただし、この「別のiPhone」はデータが消されるため注意) これにより、LINEが同時に2台のiPhoneで受信できるようになり、リアルタイムでやり取りをチェックできます。 のぞき見をするときに注意したいこと 浮気している人は、大なり小なり警戒心を持っています。 のぞき見したとバレれば、より警戒して証拠探しが困難になるでしょう。 とにかくバレないようにすることがポイントです。 パスコードは2回間違えたら諦める 浮気しているとなると、スマホにパスコードでロックをかけている可能性もあるでしょう。 しかし、パスコード入力は3回間違えるとしばらく入力を受けつけなくなります。 3回間違えたら相手にもバレてしまうので、2回間違えた時点で一旦諦めるのが賢明です。 しっかり相手のパスコードが分かった状態でおこなうのが確実でしょう。 ロック解除のコツは以下で紹介しています。 LINEを終了させていないか確認 スマホでは一度アプリを起動させると、バックグラウンド(すぐ起動できる状態)で常駐します。 そこで、のぞき見をする前にまずバックグラウンドで起動していないか確認してください。 人によっては、アプリを使ったあとにバックグラウンドアプリを終了する場合があります。 終了させていた場合、起動してバックグラウンドに残していると、のぞき見がバレるかもしれません。 元の状態に戻しておきましょう。 バックグラウンドアプリの確認方法 【iPhoneの場合】 ホーム画面でホームボタンを2連打 終了するならLINEの画面を上にスワイプ(iOS7以前ならアイコン上の赤丸をタップ) 【Androidの場合】機種で異なる場合があります。 そうなれば、のぞき見がバレる可能性が高いです。 これを防ぐため、未読メッセージがあるトークは見ないようにしましょう。 機内モードにして既読をつけないという裏技が有名ですが、これはLINEの起動と同時に既読がついてしまうので、あまりオススメできません。 まとめ LINEで浮気を隠す方法と、それを見抜く方法などを解説しました。 このほか、LINE以外のメッセージアプリやメールを利用したり、スマホを2台使い分けたりする人もいます。 注意点として、勝手にスマホを見て得た証拠の場合、 「プライバシーの侵害」で訴えられる恐れがあります。 「確実に浮気相手と別れさせたい」「旦那と浮気相手から慰謝料を取りたい」「離婚したい」と考えている場合は探偵に依頼することオススメします。

次の

lineで浮気を見破る!旦那のラインをバレずに見たりトーク履歴の転送方法

ライン 浮気調査 パソコン

浮気をしている疑いがある人が、パソコンをよく使う人の場合、浮気の痕跡がパソコンに残されていることもあります。 パソコンの履歴を調べて浮気をしていないかチェックしてみましょう。 浮気を調べるというと、スマホから浮気の証拠を探そうとする人も多いですが、スマホは常に手元に置く人が多いため、なかなかスマホから浮気の証拠を探すのは難しいです。 パソコンなら、自宅にパートナーが居ないときを見計らって調べることができ、ポイントを押さえれば、 パソコンの操作に慣れていない人でも、浮気の痕跡をパソコンから発見できる可能性があります。 パソコンの履歴から浮気をチェックする方法で、浮気の痕跡が見つかる可能性の高い方法をご紹介したいと思います。 インターネットブラウザの履歴をチェック• Chrome• Firefox• Opera など このブラウザの種類によって、細かな操作は若干違いますが、浮気をチェックする方法は共通します。 閲覧履歴をチェック インターネットブラウザには、閲覧履歴という過去に閲覧したサイトの情報を一時的に保存する機能があります。 基本的に 各ブラウザの設定画面から「閲覧履歴」や「履歴」という項目から、過去に閲覧したサイトの情報を見ることが出来ます。 この過去に閲覧したサイトの情報から、 「有料出会い系サイト」や「出会い系掲示板」などのサイトがないかチェックします。 また、ブラウザには「ブックマーク機能」が付いているので、 ブックマークされているサイトも一緒にチェックしてください。 検索履歴をチェック パソコンにメーラーソフトを使ってメールを受信している場合、そのメーラーソフトから過去のメール内容をチェックすることが出来ます。 メールから浮気につながる重要な情報を手に入れるチャンスですが、2つ注意点があります。 1.新規のメールを開いてはいけない(受信しない) メーラーソフトからメールをチェックする場合、 新着メールや新しいメールの受信を行わないようにしてください。 新しいメールを開くと、 パートナーがメーラーを開いたときに浮気チェックしたことを気付かれる可能性があります。 2.WEBメールサービスにはログインしない メーラーではなくWEBメールサービスを使ってメールの管理を行っている人もいます。 このWEBメールサービスはスマホのメールアプリと連動している可能性があるため、 メールを見たことが、スマホを持っている人に気付かれる危険があります。 メールの履歴をチェックしたい場合、この2つに注意して、過去のメールだけをチェックするようにしてください。 パソコン内のデータ履歴をチェック インターネットブラウザやメールよりも可能性は低くなりますが、他にもパソコンから浮気の痕跡を見つけることができる場所をいくつかご紹介します。 最近使ったファイルをチェック パソコンで最近使ったファイルの履歴が残っているはずです。 最近使ったファイルには、WEBサービスなどにログインするためのIDやパスワードから、浮気相手の連絡先を残したテキストが見つかるかもしれません。 削除されたファイルをチェック ここ最近で削除されたファイルを、パソコンのゴミ箱からチェックしましょう。 メールの書き損じテキストや写真や動画ファイルが見つけるかもしれません。 入力履歴をチェック パソコンにはユーザーの入力を補助してくれる予測変換機能というのがあります。 よく使う単語をパソコンが学習して記憶することで、入力スピードを早くする機能ですが、この機能を使い 浮気に関連するキーワードをテキストに入力して、変換候補をチェックします。 ソフトウェアをチェック パソコンにインストールされているソフトをチェックします。 チャットやSNS、ゲームのソフトなどから、浮気相手と連絡を取り合っていることもあるので、 どんなソフトがパソコンにインストールされているかチェックしてください。 このように、パソコンから浮気をチェックする方法はいくつかあります。 自宅のパソコンを操作することができるのなら、一度パソコンから浮気チェックを試してみてはいかがでしょうか。

次の