コ の 字 とじ。 返し口のとじ方。コの字とじ。 : ハンドメイドリュック K

返し口のとじ方。コの字とじ。 : ハンドメイドリュック K

コ の 字 とじ

指だけだと簡単ですが、針を使う方法の方が、失敗なく一定の大きさを作ることができます。 人差指の先に糸を1周巻きます。 (右手でも左手でもOK!) 親指を押さえて、糸をねじるように人差し指を抜きます。 できた輪の上側を中指で押さえながら、糸を引きます。 玉結びのできあがり。 ・針で作る玉結び 針に糸を通し、人差し指に糸端を乗せて、針で押さえるように固定します。 針に糸を2〜3回巻きつけます。 巻いた部分を押さえながら針を引き抜きます。 最後までしっかり押さえて糸を引き締めます。 玉結びのできあがり。 縫い終わりのところに針を当てて、糸を2〜3回巻きつけます。 糸を引いて、縫い終わりのすぐきわで固定します。 巻いた糸がずれないように、親指のつめをたてて固定した状態で、針を引き抜きます。 糸を完全に引き終わるまで、しっかり結び目を固定しておきます。 糸をカットして、玉止めのできあがり。 縫い終わりも同様ですが、場合によっては隠れる部分がないこともあるので、結び玉を「隠す」「目立たなくする」コツを覚えておきましょう。 ・ボタンをつけるとき 表側から針を入れてボタンをつけます。 ボタンをつけた後、ボタンの付け根で1回結びます。 布の裏側で玉止めをして、表に針を出して糸を切ります。 ・まつり縫いするとき(裾上げなどの場合) 玉結びが隠れるように、縫い代の中から針を出し、まつり始めます。 まつり終わりは玉止めが見えないように、縫い代の裏側で玉結びをします。 そのまま1〜2cmほど縫い代の中をくぐらせて針を出し、糸を切ります。 ・ぬいぐるみの顔のパーツをつけるとき ぬいぐるみの目を付ける場合、頭の後ろから針を入れます。 そのまま強く糸を引き、玉結びを頭の中に隠します。 縫い終わりは頭の後ろで玉止めした後、同じ針穴に針を戻して、すこし離れたところから出し、糸を強く引いて玉結びを中に引き入れます。 糸を切ってできあがりです。 ・キルティングをするとき ぬいぐるみと同様、玉結びは糸を強く引いてキルトの中に引き込み、玉止めは同じ針穴に針を入れて引き込みます。 糸を切ってできあがりです。 ・コの字とじ 返し口などをコの字とじする場合も同じ方法が使えます。 最後のひと針は、小さな針目で縫って玉止めします。 針穴に結び玉を引き込みます。 糸を布のきわでカットすればすっきり仕上がります。 もっと簡単に… 玉止めのすぐきわに針を入れて少し離れたところに針を出します。 針穴に結び玉を引き込まなくても、このようにして糸をカットすれば、糸端が目立ちませんよ。 また、縫い終わりに返し縫いすることで、玉止めが上手にできなくても、糸はしっかり固定されているので安心です。 ・縫い始め 1針縫い、針を最初に戻して同じところをもう1針縫う。 もう一度同じところを縫う。 (2針返したことになる) ・縫い終わり 縫い終わりも縫い始めと同様に糸を2針返し縫いをする。 ・糸止め 縫い終わりの糸始末の方法のひとつです。 ぬいぐるみ作りで、わた入れ口をぎゅっと引きしぼるときなど、玉止めだけでは不安な場合に糸止めをします。 布を少しだけ針ですくいます。 糸を引き、できた輪に針を通します。 糸を引き締めれば、縫い終わりがしっかりと固定されます。 さらに玉止めをしておくとよいでしょう。 縫い始めと縫い終わりは始末が肝心! 糸のほつれを防ぐためにも、縫い始め、縫い終わりの始末はとても大切です。 しっかりマスターすることで、プロの技術に一歩近づけますよ! クチュリエブログでは、他にも基本的な裁縫の手順や少し凝った刺しゅうなど、たくさんのお役立ち情報を掲載しています。 ぜひ、のぞいてみてくださいね。 手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!.

次の

テディベアの作り方(バックナンバー・連載第4回 )【ミューズ・テディベア・ネット】

コ の 字 とじ

・ ゴム 長さ約22cm(ヘアゴムや平ゴム、どちらでも大丈夫です) 【道具】 ・ 針と糸 ・ ゴムとおし(なければヘアピン、安全ピン、ゼムクリップなどで代用可) ・ ミシン(手縫いでもOK!) 作り方(1) まず、布をカットします。 布のボリューム感は好みなので、長さを60cmや70cmなどにして好みのサイズを見つけてください。 作り方(2) 布を中表に折り、上の1cmくらいのところをミシンがけします。 作り方(3) このように縫います。 作り方(4) すると、こんな感じで輪になっていると思います。 作り方(5) 縫いしろを左右にしっかり割ります。 作り方(6) まず、左側から1cmぐらいの幅で折っていきます。 作り方(7) だいたい3つ折りか4つ折りで真ん中あたりにきますので、そこまで折ります。 (ただ、内側でまとめたいだけなので、きれいに折らなくても丸めていってもいいです) 作り方(8) そして、反対側もまた1cmぐらいの幅で真ん中まで折っていきます。 作り方(9) 両方とも折ると、このような感じになります。 作り方(10) 両側の一枚になっている布をあわせます。 左側の布を持って半分に折ります。 作り方(11) 半分に折りました。 これで縫う準備ができました。 左の折山の中には、先ほど折りたたんだ部分がありますので、ミシンがけする時に一緒に縫ってしまわないように気をつけてください。 作り方(12) 端から1cmぐらいのところをミシンで縫っていきます。 作り方(13) しばらく縫って、縫うところがなくなったら、内側から先ほど折りたたんだ部分を手前に引き出します。 作り方(14) こんな感じでスルスルと出てきます。 後ろの布を持ちながらやるとうまくいきます。 作り方(15) このぐらい布を引き出せたら、中に折りたたんである部分をしっかりと左の中に寄せて、縫わないように気をつけながら布を整えます。 作り方(16) また縫うところができますので、引き続きミシンで縫っていきます。 作り方(17) 縫いしろもしっかり割って縫います。 作り方(18) 縫い始めにもどってきたら、返し口を2~3cm程度残して縫い終わりです。 作り方(19) 返し口の中に表地の布がありますので、これを引き出していきます。 作り方(20) 少しずつひっぱれば簡単にでてきます。 作り方(21) 表地にかえった状態になりました。 返し口からゴムとおしでゴムを入れていきます。 作り方(22) ゴムをひっぱっても取れない程度に結び、ゴムの端をクリップなどではさんで抜けないようにしておくと入れやすいです。 作り方(23) ゴムを通したら、しっかりかた結びします。 作り方(24) 返し口は「コの字とじ」か「まつり縫い」でとじます。 端ギリギリのところをミシンがけしてもいいです。 作り方はから、 うさ耳の型紙はです。 作例(2) 共布のリボンをつけたシュシュです。 作り方はから、 リボンの型紙はです。

次の

返し口の閉じ方はコの字縫いがベスト!(写真付き解説)

コ の 字 とじ

【すくいとじ】 表側同士を付け合わせて、最初に手前側の作り目に針を入れて引き抜きます 1 つぎに向こう側の作り目の2目を救います 2 もう一度手前側にもどり、引き抜いたところに針を入れ、編み地の端の半目を拾います。 端の目を2本すくって、交互にとじていきます。 向こう側と手前側がずれないように、注意しながらとじていきます。 かぎ針模様は、こんなふうにわかり易い編み地ばかりじゃありません。 ややこしい模様の場合、半割り糸ととじ針(シャープポイント)を使って、適当なところを拾ってとじます。 ほとんど目立ちません。 (細い糸の場合は割らない) ハマナカさんの動画をご紹介します 【鎖とじ】 1目の丈が長い編み目の場合に使います(長編みなど) 伸縮があるので、着るもののまとめなどに適しています。 さらに詳しい記事はにあります。 編み地は中表に合わせます。 鎖と引き抜きを交互に繰り返します。 長編みの場合、段の頭どうしを拾って引き抜き、鎖は2目~3目とします。 【返し縫いとじ】 半返しと全返しがあります。 (画像は全返し) 編み地は中表に合わせます。 2段目に針を入れたら一段戻ります。 段がくずれないように、段の頭の目は必ずすくいます。 【コの字とじ】 左右を「コの字」のように、交互にすくってとじます。 編み地は裏側どうしを合わせます。 作り目の端から始めて、向こう側からこちら側へ、こちら側から向こう側へと交互にすくってとします。 薄手に仕上がる技法です カテゴリー: タグ:.

次の