日本 アクセス 三重。 株式会社日本アクセス

株式会社日本アクセス

日本 アクセス 三重

株 日本アクセス(東京都品川区、佐々木淳一社長)は4月20日 月 、三重営業所(三重県四日市市)に勤務する従業員複数名が新型コロナウイルスに感染していると発表した。 同営業所の従業員1名が4月7日に発熱し、通院、自宅療養を続けていたが、容態が急変し、亡くなった。 その後、4月16日にこの亡くなった従業員が新型コロナウイルスの「陽性」であることが確認された。 同営業所は保健所の指導のもと、4月16日に消毒によって除菌を行ったが、職場を共有していた社員12名は濃厚接触者に特定され、自宅待機となっていた。 また4月17日に従業員1名がPCR検査を受検した結果、4月18日(土)に「陽性」と確認された。 この従業員1名は4月10日(金)から勤務を行っていない。 これらの結果を受けて、4月19日(日)に従業員7名が受検した結果、4月20日に3名の「陽性」が確認された。 従業員3名は4月17日から勤務していない。 社員12名のうち8名がPCR検査を受け、半数の4名が感染していたことがわかったわけだ。 陽性が確認された4名については、濃厚接触者の特定を急いでいる。 さらに残りの従業員4名については4月20日にPCR検査を受けている。 同社ではその検査結果はわかり次第広報するとしている。 新型コロナウイルスの感染力の強さとクラスター発生の怖さがわかる事例だ。 亡くなられた従業員の方のご冥福を祈りたい。

次の

会社概要|(ご挨拶)会社情報|株式会社日本アクセス

日本 アクセス 三重

株 日本アクセス(東京都品川区、佐々木淳一社長)は4月20日 月 、三重営業所(三重県四日市市)に勤務する従業員複数名が新型コロナウイルスに感染していると発表した。 同営業所の従業員1名が4月7日に発熱し、通院、自宅療養を続けていたが、容態が急変し、亡くなった。 その後、4月16日にこの亡くなった従業員が新型コロナウイルスの「陽性」であることが確認された。 同営業所は保健所の指導のもと、4月16日に消毒によって除菌を行ったが、職場を共有していた社員12名は濃厚接触者に特定され、自宅待機となっていた。 また4月17日に従業員1名がPCR検査を受検した結果、4月18日(土)に「陽性」と確認された。 この従業員1名は4月10日(金)から勤務を行っていない。 これらの結果を受けて、4月19日(日)に従業員7名が受検した結果、4月20日に3名の「陽性」が確認された。 従業員3名は4月17日から勤務していない。 社員12名のうち8名がPCR検査を受け、半数の4名が感染していたことがわかったわけだ。 陽性が確認された4名については、濃厚接触者の特定を急いでいる。 さらに残りの従業員4名については4月20日にPCR検査を受けている。 同社ではその検査結果はわかり次第広報するとしている。 新型コロナウイルスの感染力の強さとクラスター発生の怖さがわかる事例だ。 亡くなられた従業員の方のご冥福を祈りたい。

次の

会社情報|株式会社日本アクセス

日本 アクセス 三重

「日本アクセス名古屋支店三重営業所で新型コロナウイルス感染者」に関するツイート 三重県四日市市は20日、新たに市内の30~50代のいずれも男性会社員の3人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。 16、18日に相次いで感染が判明した市内の50代と60代の男性2人と同じ事業所に勤めていた。 県内での感染確認は、クルーズ船乗客1人を含め39人。 ご覧の通り、三重県四日市市で新型コロナウイルス感染が確認されたことが報告されています。 感染者は、日本アクセス名古屋支店三重営業所の従業員3人と公表されています(詳細はあるいはをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「日本アクセス名古屋支店三重営業所で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「また四日市市にコロナ出たんか…」 「四日市にまたコロナ出てるとかやばい…」 「四日市にもコロナクラスター出てしまった…」 「四日市クラスター出てるじゃん!!」 などの声があがりました。 やはり世間では、日本アクセス名古屋支店三重営業所で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、三重県四日市市の日本アクセス名古屋支店三重営業所で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 三重県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の