極道 の 妻たち 順番。 極道の妻たちII

極道の妻たち(ごくつま)の無料動画!YOUTUBE・Dailymotionにない?

極道 の 妻たち 順番

見る順番は特にないのですが、映像の変化や時代の変化が感じられる公開順がオススメの見方になります。 Sponsored Link 【極道の妻たちシリーズが見れる動画配信サービス】 「極道の妻たちシリーズ」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「FOD・U-NEXT」です! なぜ、 「FOD・U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 1ヶ月を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。 「初回1カ月間無料お試し」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 お試し期間中でも「8日・18日・28日」に各400Pが貰えるので、有効活用してください。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 ストーリーは、本家堂本組若頭補佐であり栗津組長の妻である栗津環が夫の服役中に本家組長が急死し跡目争いが起き、環が争いに終止符を打つというストーリーになります。 作品の見どころは、極妻の代名詞ともいえる岩下志麻の迫力ある演技になります。 シリーズ通して様々な女優が演技をしていますが極妻=岩下志麻というイメージを作り出すほど迫力があります。 また若き日のかたせ梨乃がお色気担当ということもあり、小さい子供には刺激が強すぎるほどのお色気シーンもあります。 今作は、前作ほどの迫力や岩下志麻ほどの人気とは言えず批評も少なからずある作品となってしまいましたが、極道の妻という責任と苦しみや見栄などがリアルに表現された作品になっています。 また迫力が少ないと言っても遊紀が盤城組に乗り込み啖呵を切るシーンは好評で極妻らしいシーンになっています。 ストーリーは、関西1巨大な組織中松組の跡目争いを機に分裂した5年後が舞台となり、跡目争いのときに夫を殺された夏見は瀬上組の芙有と共に中松組に復讐するストーリーになります。 今作で岩下志麻の主演が復活し再び極妻ブームが起きました。 またシリーズも4作目となり、今では大御所の哀川翔や中尾彬、平泉成など豪華なキャストで撮影されています。 今作の見どころは、やはり岩下志麻の迫力ある演技になるでしょう。 日本刀を自ら足に刺すシーンはまさに狂気であり極道というイメージにぴったりの迫力があります。 今作は、時代の背景でヤクザ稼業も腕っぷしの強さよりもお金の時代を描いておりヤクザの厳しさや跡目争いでの内輪争いや巨大組織との対立など人間関係がドロドロの作品となっています。 また高嶋政宏の演技は素晴らしく好評の声が高い作品です。 刑期を終え出所した保穂は変わり果てた千之崎組に愛想をつかし香港へ旅に出ます。 そして香港で殺し屋の花社との出会いを機に千之崎組と淡野組そして保穂の妹千尋との戦いを描いた作品になります。 この作品の見どころは、保穂(岩下志麻)の香港での一夜の過ちを犯しながらも愛想をつかした夫の死を機に夫のために命を懸けるシーンでしょう。 女性らしい一面を出しながらもやはり極道の妻という貫禄を見せつけられる作品です。 組長は病弱のため妻である芙由が組を切り盛りし土地開発の利権で組を安泰させようとしていました。 しかし、キタの侠和会が御蔵組が狙っている土地の利権を求め御蔵組に揉め事を吹っかけてきました。 両組のいざこざはエスカレートし、とうとう組同士の抗争に発展するというストーリーになります。 アットホームな組から一転、血生臭いドロドロの憎悪と裏切りに満ちた抗争はまさに極道というイメージにぴったりの作品となっており、最後に芙由が敵対組織に乗り込むシーンの演技の迫力はすごいです。 そんな中きわの父である組長が病のため引退を宣言し跡目をきわの夫、久村が継ぐことになります。 組長となった久村は様々な事業に手を出すが失敗し借金を敵対組織の三東会に騙して渡すなどを行い姿をくらまし、この事件を機に堂本組と三東会との抗争が始まるというストーリーになります。 この作品の見どころは、義理人情を大事にしているヤクザらしいきわが愛する元夫を極道の信念のもとけじめをつけるシーンで、とても感情移入いてしますシーンです。 また鈴木砂羽のセクシーな入れ墨と濡れ場も必見です。 また当時大人気の工藤静香が出演し人気が出た作品でもあります。 この作品の見どころは、佐渡の激励会で佐渡が敵対している人物からの刺客により命を落としてしまい一緒にいた香矢に銃口を向けられたとき香織の夫となった新が身を挺して守ろうとしたシーンになります。 まさに人間味あふれるシーンで心にグッときます。 作品の内容は、大阪を拠点とする井出組の傘下の秋葉組組長が何者かに殺害され濡れ衣を着せられ犯人に仕立て上げられた井出組長が逮捕されてしまう事件が発生。 井出組長の妻の春日は夫の汚名を晴らすために彩子と番水組の協力を得て真犯人探すストーリーとなっています。 今作の見どころは、最後の裏切りものに対する春日や彩子たちの報復のシーンになります。 極妻らしい義理人情を訴えかけるシーンになりますので必見です。 また今作は出演者も豪華で、任侠映画で有名な竹内力や大杉漣、いまや政治家の山本太郎などが出演し岩下志麻の極妻シリーズ最後の作品を華やかにしたキャスティングです。 amazon. 今作の内容は、高須組の組長が何者かに殺害され息子の俊之が後を継ぐことになりますが、後を継いだ後に俊之も何者かに殺害されてしまいます。 悲しみと怒りに燃えた俊之の妻の由紀が自らの体を張り夫を殺害した犯人へ復讐するストーリーになります。 今作の見どころは、愛する夫の無念を晴らすために自らの体を張る強い女性を描いており、極道が嫌いだった夫が親の死をきっかけに大切なものを守るため極道になりそして愛する夫のために自らの背中に彫りを入れるという一人の女性の思いを描いており感極まる作品です。 amazon. 今作の見どころは、今までウマが合わなかった半沢の妻しのぶとの共闘するシーンになると思います。 夫のために苦手な人と共闘する姿はまさにヒーローがピンチの時にライバルが手助けするようなヒーロー漫画のようなシーンです。 また高島礼子が極妻の主演をしてから2作目の作品ということで、極妻の世界観にも慣れ様になってきたと思える作品です。 amazon. しかし、政治が会長の座にいることが気に入らない川合組が侠心会の会長の座を求めて反旗を起こし政治と昇を死に追いやりその妻沙知子と敦子が川合組に復讐をするというストーリーになります。 今作の見どころは、組の頭である夫と元恋人との間で揺れ動く乙女心と極道としての誇りを描いており、強い女性でありながら恋には弱い女性という姿がとても印象に残ります。 男性だけではなく女性ですら憧れるような女性像をうまく演技している高島礼子が素敵です。 そんな中、組内で連合に賛成の千田が組を裏切り柴山達に付くが、使い捨ての駒としいいように使われ殺されてしまい千田の妻の慎子と律子が柴山組と坂岩組に夫の仇をとりに行くというストーリーになります。 今作は、極道の妻同士の嫉妬から始まり内部でのいざこざが起きますが、夫のため争っていた2人が仇の組織へ立ち向かうというすべて夫のために動く妻のけなげな姿に感動すら覚える作品です。 西郷組の組長の妻の波美子は組を切り盛りしながら夫を殺した犯人を捜し続けついに坂下組の長嶺が犯人であることを知り、次期跡目候補の河本を裏で動かしていました。 そして復讐に燃える波美子は河本の元妻の白英玉と出会い共に戦いに身を投じるというストーリーになります。 本作は高島礼子が主演を務める極妻は最後となる作品となります。 また、杉本彩や松重豊など出演陣も豪華で高島礼子出演の最後の極妻に花を持たせてくれました。 高島礼子と杉本彩が作中で敵陣に殴り込みしに行くシーンは迫力満点となっており必見です。 内容は西京連合鬼場組組長の満の妻琴音は極道の妻でありながら堅気の仕事をしていました。 そんな鬼場組に対し同じ西京連合加藤組とウマが合わず対立していましたがある日中国マフィアとの抗争により鬼場組は満を含め幹部連中が殺害されてしまいます。 悲しみに暮れた琴音はすべては加藤組組長の妻アザミの仕業だと知り復讐に燃えるというストーリーになります。 極妻シリーズの久しぶりの作品となりますが、時代が変わり現在の風景で親しみやすい作品となっており極妻らしい一人の男を愛する一途な女性を描いており今の世代にも共感がもてる作品となっています。 またバラエティーで活躍する長嶋一茂の役もハマっており全体的に面白い作品になっています。 いかがでしたでしょうか。 女性の強さや弱さ、そして極道の男たちを支える女性を描き、様々なヤクザ映画がある中で今でも人気の高い極妻シリーズですが、見たことない若い世代が多いのも事実です。 極道に憧れては困りますが、作品で描かれているような強くても弱いところもあり、一途な思いと気丈な女性にはあこがれを持つ方も多いのではないでしょうか。 極妻シリーズは1話完結のストーリーでどの作品から見ても楽しめる作品ばかりなのでこの機会にご覧になってみてください。

次の

東映作品を代表する大ヒットシリーズ“極道の妻たち”全10作を東映チャンネルにて特集放送!【5か月連続放送!極妻スペシャル】

極道 の 妻たち 順番

概要 [ ] のを原作にそれまでのヤクザ映画では脇役が多かった女性側の視点から描いた異色のやくざ映画シリーズ。 原作本は「極道の妻たち」( ごくどうのつまたち)であり、読み方が異なる。 愛する夫を組同士の抗争や内部の謀略で失った『極妻』が自らの手で仇を取るという復讐劇。 製作経緯 [ ] 企画 [ ] 企画は。 東京に行くで『』に連載された家田荘子の原作を読み、家田に直接会って映画化の交渉を行う。 日下部が引かれたのはまず、さらにリアリティーが持つ非日常的な迫力に圧倒された。 日下部もそれまで多くのを手掛け、ヤクザの世界にはかなり通じているつもりでいたが、それ以上に知らない生態を体当たりで取材している。 聞けば、既にと話が進み、からも声がかかっていた。 日下部はやや強引に「おこがましいようだが、こういうものを作らせたら、東映にかなう会社はありませんよ。 しかもこの手の企画なら、わたしが一番だという自信がある。 誰にでも聞いてみて下さい」などと説得、家田を口説き落とすことに成功した。 東映社長(当時)には事後承諾の形となったが、幸い岡田社長からすんなり了承を得た。 キャスティング [ ] 1960年代のヤクザ映画全盛のには、体制に不満を持つ学生を中心に、底辺で働く若者や水商売の女性、あるいは都会の片隅で孤独に生きる人たちが多かった。 直前の1980年代半ばの日本には、代わってごく普通のOL、あるいは女子学生にも広く受け入れられる映画が要求された。 ヤクザ映画はといわれたが、方法論を変えれば打破できるはずだと日下部は考えていた。 一般の主婦やOLは、ヤクザ映画には抵抗を持ちながら、一方で見てみたいという気持ちを強く持っている。 それには、主婦やOLに違和感なく、ヤクザ映画には縁のない、テレビなどで好感度の高い大物女優を主人公に起用して安心感を与える 、ヤクザ映画とは全然関係のないスターを起用することで、ヤクザ映画に市民権を持たせたかった。 日下部は当初、「"極妻"は東映の監督陣と日本を代表する女優たちとで回していきたい」と、一作目の主演女優を、二作目を、三作目を、四作目を、五作目をという構想を練っていた。 ところが、四作目の製作が決定した際に、岡田社長が「やっぱり岩下に戻そうや」と"鶴の一声"を発して以降は長く岩下が主演を務め、"極妻は岩下"の代名詞となるほどの岩下の当たり役シリーズとなり 、シリーズ終了後も岩下が出演するCMは"極妻"ので制作されたものが多かった。 岩下は同じ監督の1982年、『』で、既に"姐御"役を経験していたが、本作では凄みの効いた低い声で「あんたら、覚悟しいや! 」とをぶっ放し"姐御"イメージを決定的にした。 岩下自身「"極妻"は自分の財産になる作品になったと思うんです。 こんなに長いシリーズ物をやらせていただいたのは、女優生活で初めてなんですね。 年代的にもう中年になってから、こういう主演作に巡り逢えるとは思いもよらなかった」と述べている。 忘れられない3本として『』(1969年)、『』(1977年)とともに『極妻』を挙げている。 岩下とともに"極妻"に欠かせない女優が。 かたせは当時テレビを中心に活動していたが、官能的で毒の部分を表現できる女優が、ヤクザの男たちの好みのタイプと判断しキャスティングされた。 映画の大役は初めてで極度に緊張して、岩下がかたせに宝石店でをはめてあげるシーンでは、かたせの手が震えて指輪がなかなかはまらなかった。 第1作ではかたせとのシーンが大きな話題を呼んだ。 最初はお色気担当のような役割だったが、次第に姐さんとともに闘う女に変身していった。 かたせは芸能生活10年目で初めて手にした大役をやりとげ、出演者の中で最多の8作品に出演し、女優として大きな成長をとげた。 かたせ以降も、若手女優のヌードや濡れ場シーンが必ず入る。 シリーズ4作目『極道の妻たち 最後の戦い』(1990年)で岩下が復帰した際に、岩下が日下部に監督にを希望した。 脚本 [ ] 家田の原作は亭主が浮気するとか、家に金を入れないなどの苦労話で、日下部の下に付いていた奈村協プロデューサーや監督の五社、脚本のも「『鬼龍院花子の生涯』のようなパワーのある、燃焼できた物の後、いまさらヤクザの嫁さんの話でもないだろう」という意見で一致。 このため東映上層部の意向は無視して原作にこだわることなく、もう一回アクションの原点に戻し、女に借りたヤクザの実録というコンセプトで脚本が書かれた。 脚本の高田は家田の原作に、当時のや高田が脚本を手掛けた三国事件(『』)を素材に物語を構成した、そういった時代を入れたから迫力のあるスケールの大きな話が出来た、と述べている。 岩下の役作り [ ] セリフ ホテルの部屋でセリフの練習をしている時に友人から電話がかかってきた際、役に入り込み過ぎて、電話を取った第一声が 「わてや」になってしまったという。 刺青 京都撮影所の俳優センターに「刺青部屋」が当時あり、専属の刺青師が朝の5時から3時間かけて岩下の背中のを描いた。 勿論実際の彫り物ではなく後で落とせるものであるが、を伸ばす際に使うがチクチクするのと、絵の具を乾かすときに塗るに刺激があり、少し痛みがあったという。 ファッション 衣装は五社監督と相談したものだが、着こなしは岩下自身が工夫したもの。 にやをすると下品になるが、岩下はあえて小さなとプチネックレスをつけた。 着物は襟首の下で合わせるのが普通だが、岩下は胸のところにがあり、ほくろを目安に襟を開けた。 また着物を着たときは内股が常識だが、歩き方も外股にし、あごを上げて上から見下すような感じで、声のトーンをなるべく下げてものを喋ってみた。 一作目はそんなに低くないが『新極道の妻たち 覚悟しいや』(1993年)あたりがかなり低い。 くわえたばこ 岩下はもともと非喫煙者だったが、役作りのために周りの同世代が禁煙を始める頃からを吸い始めた。 以来チェーンスモーカーになったが、"極妻"が終わって5年くらいでたばこをやめた。 イメージ 岩下は『』(1980年、監督)が大好きで 、"極妻"をやってるときにはいつものイメージがあったという。 『グロリア』をベースにした脚本やを自身で作り、企画を出していたが実現できずに結局諦めたが、「実現できててたら『』よりずっと早かったのに」と話している。 興行 [ ] 一作目の大ヒット以降、少しずつは落ち 、7作目あたりで1作目の半分程度の成績だった。 しかしそれとしてテレビ放映時のが高く 、も東映の劇場公開映画では当時一番のヒット商品で、二次使用でも大きな力を持つシリーズだった。 評価 [ ] 初公開時には観客は主演の岩下志麻を見て、あっと驚いた。 くわえたばこで足を組み、をあおり、「あほんだら、撃てるもんなら撃ってみい!」と啖呵を切る。 背中に刺青、懐には。 どこから見ても筋金入りの極道一家の姐さんだった。 ヤクザ映画のファンはそれまでコアな男性層だけだったが、本作は女性層にも支持された。 保身と駆け引きに明け暮れる男たちとは対照的に、意地を貫き通す"極妻"たちのかっこよさに、普通の女たちが快哉を叫んだ。 本シリーズが大ヒットした背景には、男が弱く、女が強くなっていく時代の流れがあったと評される。 公開された1986年は、職場での男女平等を確保する「」が施行された年で、闘う女を主人公にした"極妻"はそうした時代の流れと深部で共鳴していたのである。 外部からはスター監督のを起用する一方で、内部ではやといった冷や飯を食わされていた男たちを起用するなど「やる気があるのかないのか見えない点」も東映フリークからは好評だった。 五社が二作目以降に監督を降ろされた理由について、高田が日下部に聞いたら「すべて五社の手柄にするから」と言っていたという。 高田は「もし五社さんの続投に踏み切っていたら『極妻』シリーズは日本の映画史に燦然と残るの金字塔になってかもしれない。 日下部がいみじくも家田さんに力説したように、この手の危ない素材を自分の血と肉にして、大衆を興奮させるだけのに仕上げる手腕において、五社さんに勝る監督が日下部の手持ちの中にはいなかったんです」などと述べている。 逸話 [ ] は「の原作が出る以前に『山口組の姐さんたち』というタイトルの映画の企画を東映に出した。 がそれをとの対談で喋ったことがある。 しかし企画は通らず、それからしばらくして『極妻』が作られることになったので、「おかしいやないかと言うたら、わしのとこへ了解を取りにきた」と話している。 シリーズ10作目で、岡田社長が突然「これで10作になるのでやめます」と宣言し『極妻』シリーズは終了した。 岩下もイメージを引きずって、他の役がやれない恐怖があったので「よかった」と思ったという。 しかし岩下="極妻"イメージはしばらく続き、も「〇〇させていただきます」と"極妻"風に言う依頼が続いた。 しかし振り返るとやっぱり「これだけの作品をやれた、娯楽作品でこれだけのシリーズを持たせていただいたというのは、私の大きな素晴らしい財産です」と話している。 高島礼子版極妻 [ ] 劇場シリーズの完結後もで好評のため、の企画として主演で新シリーズが製作された。 しかし、レンタルビデオ主導の企画であることから予算規模は大幅に縮小され、劇場用の35ミリフィルム撮影ではなくスーパー16ミリでの撮影となり、短期間に小規模上映された。 東映ビデオと共同でが制作に関与しており、TBS系の枠などで放送されることもある。 また系でも放送歴がある。 高島抜擢の経緯 [ ] はにのCMを見たの目に留まり、に招かれ、25歳のとき『』の""役で女優デビューした。 その後、「」のCMを見た東映首脳が高島の着物姿に惚れ込み、極妻の四代目ヒロインに抜擢されることになった。 しかし歴代の主演女優に比べて、高島は当時30代半ばと若く不安視されたが、が『彼女に合わせて極妻の誕生編を撮ったらいい』と提案し、これが採用されピタッとハマった。 高島は高校時代からのファンで、『』の藤純子()や、に心酔し『』も研究していた。 高島の起用は東映社内でも大きな賭けであったが大ヒットし、岡田社長も「この子はスターになる」と手放しで喜び、高島主演でシリーズ化が決定 、高島は本シリーズを出世作とした。 逸話 [ ] 高島版シリーズ二作目の『極道の妻たち 死んで貰います!』は、高島の他、、の三人の女優が共演し、役柄的にはもらい役の東にどうしても目が行ってしまうところであったが、高島は「絶対負けるもんか」という女のライバル意識が強烈で、二人は舞台挨拶で一言も口を利かなかったといわれる。 黒谷友香版極妻 [ ] 高島礼子版は2005年の「情炎」で完結となったが、、主演で新シリーズが製作された。 配給収入7. テレビ放送は、他の東映制作シリーズが系で放送されるのに対し、本作のみ系「」枠で放送される(最近の放送は2007年12月21日)。 和田アキ子は主題歌「」で、同年の(和田が紅組司会も担当)にて紅組のトリを飾った。 川島なお美、、、中尾彬、、• 出演:、、、、、、、、、、、• 東映チャンネル. 2020年6月13日閲覧。 やのカップ麺「ごんぶと」など。 、171-172頁• 、185頁• 、179頁• ・『任侠映画伝』、1999年、274頁。。 1997年3月31日. の1997年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 zakzak. 2013年7月11日. の2013年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 2016年7月2日. の1997年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 2016年7月9日. 2016年9月10日閲覧。 「1986年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『』(62年)下旬号、、1987年、 130頁。 「1990年邦画3社<封切配収ベスト作品>」『』(3年)下旬号、、1991年、 144頁。 「日本映画業界決算」『』(9年)下旬号、、1997年、 157頁。 参考文献・ウェブサイト [ ]• 『クロニクル東映:1947-1991』1、東映、1992年。 『クロニクル東映:1947-1991』2、東映、1992年。 五社巴『さよならだけが人生さ ー五社英雄という生き方』、1995年。。 西谷拓哉・『高田宏治東映のアルチザン』、1997年。。 『悔いなきわが映画人生:東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年。。 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年。。 伊良子序『昭和の女優 今も愛され続ける美神たち』、2012年。。 立花珠樹『岩下志麻という人生 いつまでも輝く、妥協はしない』、2012年。。 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』、2013年。。 関連項目 [ ]• …ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスによってスマートフォン用GREEにてゲーム化。 この項目は、に関連した です。

次の

極道の妻たち(ごくつま)の無料動画!YOUTUBE・Dailymotionにない?

極道 の 妻たち 順番

概要 [ ] のを原作にそれまでのヤクザ映画では脇役が多かった女性側の視点から描いた異色のやくざ映画シリーズ。 原作本は「極道の妻たち」( ごくどうのつまたち)であり、読み方が異なる。 愛する夫を組同士の抗争や内部の謀略で失った『極妻』が自らの手で仇を取るという復讐劇。 製作経緯 [ ] 企画 [ ] 企画は。 東京に行くで『』に連載された家田荘子の原作を読み、家田に直接会って映画化の交渉を行う。 日下部が引かれたのはまず、さらにリアリティーが持つ非日常的な迫力に圧倒された。 日下部もそれまで多くのを手掛け、ヤクザの世界にはかなり通じているつもりでいたが、それ以上に知らない生態を体当たりで取材している。 聞けば、既にと話が進み、からも声がかかっていた。 日下部はやや強引に「おこがましいようだが、こういうものを作らせたら、東映にかなう会社はありませんよ。 しかもこの手の企画なら、わたしが一番だという自信がある。 誰にでも聞いてみて下さい」などと説得、家田を口説き落とすことに成功した。 東映社長(当時)には事後承諾の形となったが、幸い岡田社長からすんなり了承を得た。 キャスティング [ ] 1960年代のヤクザ映画全盛のには、体制に不満を持つ学生を中心に、底辺で働く若者や水商売の女性、あるいは都会の片隅で孤独に生きる人たちが多かった。 直前の1980年代半ばの日本には、代わってごく普通のOL、あるいは女子学生にも広く受け入れられる映画が要求された。 ヤクザ映画はといわれたが、方法論を変えれば打破できるはずだと日下部は考えていた。 一般の主婦やOLは、ヤクザ映画には抵抗を持ちながら、一方で見てみたいという気持ちを強く持っている。 それには、主婦やOLに違和感なく、ヤクザ映画には縁のない、テレビなどで好感度の高い大物女優を主人公に起用して安心感を与える 、ヤクザ映画とは全然関係のないスターを起用することで、ヤクザ映画に市民権を持たせたかった。 日下部は当初、「"極妻"は東映の監督陣と日本を代表する女優たちとで回していきたい」と、一作目の主演女優を、二作目を、三作目を、四作目を、五作目をという構想を練っていた。 ところが、四作目の製作が決定した際に、岡田社長が「やっぱり岩下に戻そうや」と"鶴の一声"を発して以降は長く岩下が主演を務め、"極妻は岩下"の代名詞となるほどの岩下の当たり役シリーズとなり 、シリーズ終了後も岩下が出演するCMは"極妻"ので制作されたものが多かった。 岩下は同じ監督の1982年、『』で、既に"姐御"役を経験していたが、本作では凄みの効いた低い声で「あんたら、覚悟しいや! 」とをぶっ放し"姐御"イメージを決定的にした。 岩下自身「"極妻"は自分の財産になる作品になったと思うんです。 こんなに長いシリーズ物をやらせていただいたのは、女優生活で初めてなんですね。 年代的にもう中年になってから、こういう主演作に巡り逢えるとは思いもよらなかった」と述べている。 忘れられない3本として『』(1969年)、『』(1977年)とともに『極妻』を挙げている。 岩下とともに"極妻"に欠かせない女優が。 かたせは当時テレビを中心に活動していたが、官能的で毒の部分を表現できる女優が、ヤクザの男たちの好みのタイプと判断しキャスティングされた。 映画の大役は初めてで極度に緊張して、岩下がかたせに宝石店でをはめてあげるシーンでは、かたせの手が震えて指輪がなかなかはまらなかった。 第1作ではかたせとのシーンが大きな話題を呼んだ。 最初はお色気担当のような役割だったが、次第に姐さんとともに闘う女に変身していった。 かたせは芸能生活10年目で初めて手にした大役をやりとげ、出演者の中で最多の8作品に出演し、女優として大きな成長をとげた。 かたせ以降も、若手女優のヌードや濡れ場シーンが必ず入る。 シリーズ4作目『極道の妻たち 最後の戦い』(1990年)で岩下が復帰した際に、岩下が日下部に監督にを希望した。 脚本 [ ] 家田の原作は亭主が浮気するとか、家に金を入れないなどの苦労話で、日下部の下に付いていた奈村協プロデューサーや監督の五社、脚本のも「『鬼龍院花子の生涯』のようなパワーのある、燃焼できた物の後、いまさらヤクザの嫁さんの話でもないだろう」という意見で一致。 このため東映上層部の意向は無視して原作にこだわることなく、もう一回アクションの原点に戻し、女に借りたヤクザの実録というコンセプトで脚本が書かれた。 脚本の高田は家田の原作に、当時のや高田が脚本を手掛けた三国事件(『』)を素材に物語を構成した、そういった時代を入れたから迫力のあるスケールの大きな話が出来た、と述べている。 岩下の役作り [ ] セリフ ホテルの部屋でセリフの練習をしている時に友人から電話がかかってきた際、役に入り込み過ぎて、電話を取った第一声が 「わてや」になってしまったという。 刺青 京都撮影所の俳優センターに「刺青部屋」が当時あり、専属の刺青師が朝の5時から3時間かけて岩下の背中のを描いた。 勿論実際の彫り物ではなく後で落とせるものであるが、を伸ばす際に使うがチクチクするのと、絵の具を乾かすときに塗るに刺激があり、少し痛みがあったという。 ファッション 衣装は五社監督と相談したものだが、着こなしは岩下自身が工夫したもの。 にやをすると下品になるが、岩下はあえて小さなとプチネックレスをつけた。 着物は襟首の下で合わせるのが普通だが、岩下は胸のところにがあり、ほくろを目安に襟を開けた。 また着物を着たときは内股が常識だが、歩き方も外股にし、あごを上げて上から見下すような感じで、声のトーンをなるべく下げてものを喋ってみた。 一作目はそんなに低くないが『新極道の妻たち 覚悟しいや』(1993年)あたりがかなり低い。 くわえたばこ 岩下はもともと非喫煙者だったが、役作りのために周りの同世代が禁煙を始める頃からを吸い始めた。 以来チェーンスモーカーになったが、"極妻"が終わって5年くらいでたばこをやめた。 イメージ 岩下は『』(1980年、監督)が大好きで 、"極妻"をやってるときにはいつものイメージがあったという。 『グロリア』をベースにした脚本やを自身で作り、企画を出していたが実現できずに結局諦めたが、「実現できててたら『』よりずっと早かったのに」と話している。 興行 [ ] 一作目の大ヒット以降、少しずつは落ち 、7作目あたりで1作目の半分程度の成績だった。 しかしそれとしてテレビ放映時のが高く 、も東映の劇場公開映画では当時一番のヒット商品で、二次使用でも大きな力を持つシリーズだった。 評価 [ ] 初公開時には観客は主演の岩下志麻を見て、あっと驚いた。 くわえたばこで足を組み、をあおり、「あほんだら、撃てるもんなら撃ってみい!」と啖呵を切る。 背中に刺青、懐には。 どこから見ても筋金入りの極道一家の姐さんだった。 ヤクザ映画のファンはそれまでコアな男性層だけだったが、本作は女性層にも支持された。 保身と駆け引きに明け暮れる男たちとは対照的に、意地を貫き通す"極妻"たちのかっこよさに、普通の女たちが快哉を叫んだ。 本シリーズが大ヒットした背景には、男が弱く、女が強くなっていく時代の流れがあったと評される。 公開された1986年は、職場での男女平等を確保する「」が施行された年で、闘う女を主人公にした"極妻"はそうした時代の流れと深部で共鳴していたのである。 外部からはスター監督のを起用する一方で、内部ではやといった冷や飯を食わされていた男たちを起用するなど「やる気があるのかないのか見えない点」も東映フリークからは好評だった。 五社が二作目以降に監督を降ろされた理由について、高田が日下部に聞いたら「すべて五社の手柄にするから」と言っていたという。 高田は「もし五社さんの続投に踏み切っていたら『極妻』シリーズは日本の映画史に燦然と残るの金字塔になってかもしれない。 日下部がいみじくも家田さんに力説したように、この手の危ない素材を自分の血と肉にして、大衆を興奮させるだけのに仕上げる手腕において、五社さんに勝る監督が日下部の手持ちの中にはいなかったんです」などと述べている。 逸話 [ ] は「の原作が出る以前に『山口組の姐さんたち』というタイトルの映画の企画を東映に出した。 がそれをとの対談で喋ったことがある。 しかし企画は通らず、それからしばらくして『極妻』が作られることになったので、「おかしいやないかと言うたら、わしのとこへ了解を取りにきた」と話している。 シリーズ10作目で、岡田社長が突然「これで10作になるのでやめます」と宣言し『極妻』シリーズは終了した。 岩下もイメージを引きずって、他の役がやれない恐怖があったので「よかった」と思ったという。 しかし岩下="極妻"イメージはしばらく続き、も「〇〇させていただきます」と"極妻"風に言う依頼が続いた。 しかし振り返るとやっぱり「これだけの作品をやれた、娯楽作品でこれだけのシリーズを持たせていただいたというのは、私の大きな素晴らしい財産です」と話している。 高島礼子版極妻 [ ] 劇場シリーズの完結後もで好評のため、の企画として主演で新シリーズが製作された。 しかし、レンタルビデオ主導の企画であることから予算規模は大幅に縮小され、劇場用の35ミリフィルム撮影ではなくスーパー16ミリでの撮影となり、短期間に小規模上映された。 東映ビデオと共同でが制作に関与しており、TBS系の枠などで放送されることもある。 また系でも放送歴がある。 高島抜擢の経緯 [ ] はにのCMを見たの目に留まり、に招かれ、25歳のとき『』の""役で女優デビューした。 その後、「」のCMを見た東映首脳が高島の着物姿に惚れ込み、極妻の四代目ヒロインに抜擢されることになった。 しかし歴代の主演女優に比べて、高島は当時30代半ばと若く不安視されたが、が『彼女に合わせて極妻の誕生編を撮ったらいい』と提案し、これが採用されピタッとハマった。 高島は高校時代からのファンで、『』の藤純子()や、に心酔し『』も研究していた。 高島の起用は東映社内でも大きな賭けであったが大ヒットし、岡田社長も「この子はスターになる」と手放しで喜び、高島主演でシリーズ化が決定 、高島は本シリーズを出世作とした。 逸話 [ ] 高島版シリーズ二作目の『極道の妻たち 死んで貰います!』は、高島の他、、の三人の女優が共演し、役柄的にはもらい役の東にどうしても目が行ってしまうところであったが、高島は「絶対負けるもんか」という女のライバル意識が強烈で、二人は舞台挨拶で一言も口を利かなかったといわれる。 黒谷友香版極妻 [ ] 高島礼子版は2005年の「情炎」で完結となったが、、主演で新シリーズが製作された。 配給収入7. テレビ放送は、他の東映制作シリーズが系で放送されるのに対し、本作のみ系「」枠で放送される(最近の放送は2007年12月21日)。 和田アキ子は主題歌「」で、同年の(和田が紅組司会も担当)にて紅組のトリを飾った。 川島なお美、、、中尾彬、、• 出演:、、、、、、、、、、、• 東映チャンネル. 2020年6月13日閲覧。 やのカップ麺「ごんぶと」など。 、171-172頁• 、185頁• 、179頁• ・『任侠映画伝』、1999年、274頁。。 1997年3月31日. の1997年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 zakzak. 2013年7月11日. の2013年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 2016年7月2日. の1997年7月14日時点におけるアーカイブ。 2016年9月10日閲覧。 2016年7月9日. 2016年9月10日閲覧。 「1986年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『』(62年)下旬号、、1987年、 130頁。 「1990年邦画3社<封切配収ベスト作品>」『』(3年)下旬号、、1991年、 144頁。 「日本映画業界決算」『』(9年)下旬号、、1997年、 157頁。 参考文献・ウェブサイト [ ]• 『クロニクル東映:1947-1991』1、東映、1992年。 『クロニクル東映:1947-1991』2、東映、1992年。 五社巴『さよならだけが人生さ ー五社英雄という生き方』、1995年。。 西谷拓哉・『高田宏治東映のアルチザン』、1997年。。 『悔いなきわが映画人生:東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年。。 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年。。 伊良子序『昭和の女優 今も愛され続ける美神たち』、2012年。。 立花珠樹『岩下志麻という人生 いつまでも輝く、妥協はしない』、2012年。。 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』、2013年。。 関連項目 [ ]• …ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスによってスマートフォン用GREEにてゲーム化。 この項目は、に関連した です。

次の