妊娠後期 吐き気 対処。 【医師監修】妊娠後期の吐き気|原因と対処法、頭痛やむくみなどに注意|cozre[コズレ]子育てマガジン

【医師監修】妊娠後期の吐き気|原因と対処法、頭痛やむくみなどに注意|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠後期 吐き気 対処

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 安定期に入って「つわりが終わったから、好きな物を食べられる!」と余裕が出てきたのも束の間、妊娠後期になったら、突然気持ち悪くなることがあります。 吐き気がして「つわりがぶり返したの?」と思うかもしれませんが、これは妊娠後期に見られる生理的現象です。 この時期の症状は、医学的に「つわり」とは別物だと考えられていますが、一般名称として「後期つわり」と呼ばれることが多いようです。 今回は、そんな後期つわりについて、妊娠後期に気持ち悪くなる原因や対処法、いつまで続くのかなどをご紹介します。 そもそもつわりとは?なぜ起こる? つわりとは、主に妊娠5~16週頃に、妊婦さんの体に起こる不快症状の総称です。 半数以上の妊婦さんがつわりを経験するといわれており、その種類は吐き気、嘔吐、食べ物の好みの変化、倦怠感など様々です。 つわりの症状の程度にも個人差があります。 つわりがひどすぎて、全然食事ができなくなる人もいれば、つわりの症状がほとんど出ずに、出産を迎える人もいます。 水分も取れないほど症状がひどいと妊娠悪阻と診断されて、入院が必要になる場合もあります。 つわりが起こる原因については、まだ解明されていません。 妊娠中に分泌量が増加するホルモン「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が関係しているのではという説がありますが、つわりを経験しない人もいるため、ホルモン以外の要因も働いていると考えられます。 一方、妊娠後期に入ってから吐き気を感じる「後期つわり」は、その原因がある程度わかっています。 後期つわりの原因は? 後期つわりの主な原因は、子宮が大きくなることにあると考えられています。 妊娠後期になると、胎児の成長に伴って子宮も大きくなり、子宮がどんどん胃を押し上げて、胃もたれ、胃痛、吐き気、げっぷを引き起こすのです。 胃は圧迫されるだけでなく、持ち上げられもするので、胃液が食道に逆流し、強い酸性の胃液が食道の粘膜を荒らしてしまうこともあります。 その結果、胸やけを引き起こすことがあります。 また、妊娠後期の大きな子宮は肺や横隔膜も圧迫してしまうため、ちょっとした動きでも息切れや動悸が起こり、疲労がたまりやすくなります。 子宮の増大は腸にも影響し、便秘にもなりやすくなります。 子宮が大きくなるのは胎児が順調に成長している証拠なので、本来は喜ばしいことなのですが、後期つわりが起きると、このように、妊婦さんにとってはつらい日々が続きます。 関連記事 後期つわりの症状は?気持ち悪いのは、いつまで続く? 後期つわりの主な症状は、吐き気や胸やけ、胃もたれ、胃痛です。 ただし、臓器を圧迫する具合によって症状の現れ方や程度は異なるため、個人差があります。 後期つわりは、その原因が妊娠初期のつわりとは違うため、妊娠初期に現れたつわりの症状とは変わることもよくあります。 妊娠初期は食べつわりだったのに、妊娠後期になったら急に吐き気を催すようになったという妊婦さんもいます。 後期つわりが終わる時期には個人差がありますが、子宮の中で胎児が下に降りてくる妊娠37週頃が目安です。 妊娠37週以降の出産は「正期産」と呼ばれますが、この時期に入ると出産の準備として、胎児の頭が骨盤内に下がってきます。 すると、胃への圧迫がなくなって、吐き気が自然と治まります。 ただし、胎児の頭が骨盤内に下がっても気持ち悪さが続くことはあり、長い人だと出産直前まで吐き気を感じることもあります。 関連記事 後期つわりの対処法は? 後期つわりは生理現象なので、根本的に解消することはできませんが、生活習慣の改善で症状の緩和を目指しましょう。 今までやっていたことを急に変えるのが難しい場合は、少しずつ体に優しい生活習慣に変えていってみてください。 少量の食事をこまめにとる 吐き気や胸やけがあると、一度にたくさん食べることがつらくなります。 1日3回だった食事を6回に分けるなどして、少量ずつ食べるようにしてみましょう。 消化にいいものを食べる 消化にいいものを食べると、胃への負担を減らすことができ、後期つわりの苦しみを少しでも抑えることにつながります。 消化にいい食べ物としては、うどん、にゅうめん、おかゆ、豆腐、りんご、バナナ、ヨーグルトなどがあります。 料理に使う食材は小さく切り、火を通すと、消化されやすくなりますよ。 食事の際に水分を多量にとらない 食事をするときに、水分を多量にとると胃液が薄まり、消化しにくくなることがあります。 水分補給は、食事の30分以上前に済ませておきましょう。 また、食後3時間はたくさんの水分を一度に取らず、少しずつ飲むようにすると、胃もたれ防止になります。 食後すぐは横にならない 胃液の逆流を防ぐために、食後2時間は横にならないようにしましょう。 つらくて横になる場合は、上半身を起こすようにすると、吐き気が起きにくくなります。 医師に相談して薬を処方してもらう 胸やけ・胃もたれ・吐き気などの症状がつらい場合は、医師に相談しましょう。 一般的に、妊娠初期に比べると、妊娠後期の方が薬を処方してもらえやすくなります。 特に、夏場は水分が取れないとたちまち脱水症状を起こしてしまうので、早めに相談してくださいね。

次の

妊娠後期の辛い吐き気は対策8つで改善。後期つわりは胃の負担軽減を!

妊娠後期 吐き気 対処

8時、11時、14時、17時、20時などに分けて、寝る時間に近い20時には一番量を少なくするなどする方法はいかがでしょうか。 何回かに分けて食事をすると、胃の負担がぐっと軽くなります。 しかしこれは1回の食事量を減らすという事が大前提です。 そうしないとの負担が軽減されません。 また、胃に空気をたくさん入れてしまう早食いも胃もたれになってしまうので、食事はゆっくりが原則になります。 一度にたくさんの食事量を摂ると、一気に胃が消化しようとして胃酸をたくさん分泌してしまいます。 妊娠後期は胃が圧迫されて許容量も普段よりも少なくなっているため、すぐにキャパオーバーを起こしてしまいます。 このようなことを防ぐために、食事をする時は一度の食事量を減らし、一気に食べないで少しずつよくかんで食べるようにしましょう。 ただし、食事量を減らして体力の低下や赤ちゃんの栄養不良につながってはいけないので、食事の回数を増やして調整しましょう。 胃酸が多く出るメニューを避け、消化の良い食材を! 妊娠後期のつわりの主原因のひとつが胃液の酸=胃酸です。 食事の味で直接気持ち悪くなることをはないものの、胃酸が多く出るとされる食べ物を避けることで症状の緩和が期待されます。 胃酸が多く出る食べ物は消化に時間がかかるもので、特徴は以下の通りです。 脂っこいもの(フライ、天ぷらといった揚げ物、焼き肉など)• 味つけの濃いもの(漬物など)• 香辛料が効いているものや刺激物(キムチ、カレーなど)• 噛むのに苦労するくらい固いもの(するめなど) 逆に消化が良いとされている食べ物を食べれば、消化が早く過度な胃酸の分泌もないため、症状が和らぐと考えられます。 食事回数やスピードと共に見直し、消化の良い食材を取り入れるようにしていきましょう。 だからと言って間食代わりに炭酸水を飲んで空腹を紛らわせる人もいるようですが、炭酸の飲み物は胃の中で炭酸ガスを発生させて胃の膨張を引き起こすため、胃が圧迫されている妊娠後期では逆効果となってしまいます。 もしお腹がすいて間食する場合は、サツマイモをふかしたものやヨーグルトなど、妊娠中に起こりがちな便秘対策になるもので、なおかつ食べやすくヘルシーなものを選ぶようにしましょう。 また、ガムを噛むと満腹中枢が刺激されて空腹を紛らわせるだけでなく、唾液の分泌を促して消化を助けてくれる働きがあるので、間食に上手に取り入れると良いでしょう。 食事後すぐに横にならない事!胃酸の逆流がしにくい姿勢を意識して 「食べてすぐ寝ると牛になる」という言い回しがあるように、食事をしてすぐに横になると胃の負担になります。 消化するために出てきた胃酸がそのまま食道に向かって逆流してしまうことが考えられます。 妊娠中であればなおさらです。 食後すぐには横にならないということは常に気をつけておきましょう。 食べたらすぐに寝ない、横に寝転がらないというルールをなるべく守り、胃の消化活動を自然な形にしてあげて下さい。 とはいえ「食べたら疲れるし、横になりたい」という方や、切迫早産などで入院して絶対安静の方は、横になってしまう…横になる必要がある…という場合もありますよね。 姿勢に着目してみましょう。 就寝時など横になる場合にはなるべく角度をつける 就寝時横になる時も胃酸が逆流する可能性が高くなります。 妊娠後期の赤ちゃんや羊水の重みで内臓や血管が圧迫され、体調不良を起こしたり寝苦しく感じることもあります。 横になれば胃もたれも感じる、気持ち悪さもあるとなると思いますので、そういった場合は、枕やクッションを利用したり、リクライニングベッドやリクライニングチェアーを使うなどしてみて。 「上体を少し起こしておく」と寝苦しさが緩和される場合があります。 角度をつけて横になるという事がポイント! もし上を向いて寝るのが苦しいという場合は、体の左半身を下にして寝るようにしてみてください。 左側を下にした方が血流の阻害が少なく、寝苦しさや気持ち悪さが緩和されることがあります。 炭酸水・コーヒーなどを避ける 胃の調子が悪い時には、胃に悪い物を避けるのが必須です。 炭酸水やコーヒーなどは一般的に胃の負担がかかります。 カレーやキムチなどの刺激物も同様ですね。 今までコーヒーを1日3杯飲んでいたとしたら、1日1杯にするとか、キムチなども量を少なくして食べる、などはすぐにでも始められる対策です。 カフェインが胃に悪い理由:胃酸の分泌が活性化されるので胃痛などの原因になる• 炭酸がNGの理由:炭酸に含まれる空気が胃に入る事によって、胃もたれを起こす原因を作ってしまう まずは飲む量を減らしていき、最終的にはなるべくこれらを飲まないようにしていきたいですね。 コーヒーはカフェインレスコーヒーなどで代用を試してみてください。 ツボを押して胃もたれの改善を試みる 妊婦さんは薬ではなく、胃もたれや吐き気があっても出来るだけ自分で改善しなければと思われるのではないでしょうか。 いずれの場所も力強すぎない程度に加圧してあげると、胃の消化を助ける働きがあります。 「ちょっと食べ過ぎたかも」と感じたら試してみてください。 全ての場所を押す必要はありませんので、ご自分が押しやすいツボを覚えて活用してください。 圧迫感のある服装はNG!ガードルはへそ下が目安 後期つわりの原因でも述べましたが、後期のつわりは内臓が圧迫されることで気持ち悪くなっている状態ですので、過度な圧迫は後期つわりを圧迫させます。 大きくなったお腹の負担をやわらげたり冷えの防止のために、ガードルや腹帯をしている人も多い時期ではありますが、強い力での締め付けは避けるようにしましょう。 骨盤のサポートが必要な場合は、へそより下や足の付け根あたりをしっかりと固定するように心がけましょう。 冷えの防止には強い圧迫は必要ありませんので、お腹全体を優しく包むような肌着や腹帯を選ぶようにしてください。 つわりの予防法になります。 もし気持ち悪いと感じたら、思いきってお腹に巻いている腹帯やガードルを外してしまうのも、気持ち悪さを解消させる方法としておすすめです。 重篤になる前に病院へ!自己判断での服薬は絶対NG 妊娠後期は赤ちゃんがしっかり成長をしていることで妊娠初期と比べて飲める薬の種類も増えてはいますが、安易に自己判断で薬を飲んではいけません。 どうしても症状に耐えきれない場合は、かかりつけの産婦人科へ行って診察を受け、妊娠中でも安全な薬を処方してもらいましょう。 また、自分ではまだまだ我慢できると思っていても実は重篤な症状だったということがないように、病院へ行かなければならない目安を知っておくと良いでしょう。 病院へ行かなければならない目安は以下の通りです。 固形の物が食べられず水分しか受け付けない• 何度も吐いてしまい、そのたびにお腹が張る• 明らかにお手洗いに行く回数(尿)が減った• 後期に入って体重が5キロ以上減った.

次の

放っておいたら危険かも!妊娠後期の危険な吐き気の原因と5つの対処法

妊娠後期 吐き気 対処

後期つわりとは 後期つわりとは、妊娠後期である8ヶ月以降に おこるつわりの事で、約半数の妊婦さんが 経験すると言われています。 後期つわりの主な症状は 「吐き気」「胃痛」「胸やけ」「ゲップ」 などがあります。 妊娠初期のつわりは、ホルモンバランスの 変化によって生じると言われていますが、 後期つわりはホルモンの影響ではなく、 赤ちゃんが成長する事によって子宮が 大きくなる事により、胃が圧迫されて 胃が持ち上げられて胃液が食道に逆流し、 胸やけを起こしたり、子宮が肺を圧迫して、 多少の動作でも息切れが起こり、 疲れやすくなります。 症状が重い場合や、食事が取れない場合は、点滴に よる栄養補給をせざるおえない場合もあります。 関連記事 ・ ・ 後期つわりの期間 後期つわりは個人差はありますが、妊娠8ヶ月 (32週)頃から始まる人が多いようです。 しかし、37週になると「正産期」と呼ばれる 期間に入り、赤ちゃんが産まれる準備を始め、 頭が骨盤内に下がって来ます。 そうすると胃の圧迫も消され、すっきりする ケースが多いようです。 ただし、長い人は 吐き気が分娩中まで続く事もあります。 関連記事 ・ 妊娠後期の吐き気の対策 妊娠初期のつわりと後期つわりは 原因が違うため、初期の時と同じような 対策を取っても効果がありません。 後期のつわりの症状に効果的な 方法をいくつかあげてみましょう。 1.散歩をする 勿論無理は禁物ですが、 外の空気を吸う事で気分が紛れ、 また血流が良くなるので 胃が活発に動き消化を助けます。 関連記事 ・ 2.小分けにして食べる 一気に食べてしまうと内からも 胃が圧迫され、負担が大きくなります。 少量ずつを何回かに分けて 食べる事によって、胃に隙間が ある状態を保ち、負担が軽くなります。 3.消化の良いものを食べる 胸焼けがひどい時には、おかゆやうどん、 ゼリーなどの消化の良いものを食べるように しましょう。 油の多いお肉などは避け、 魚も焼き魚よりも煮魚のような 胃に優しい食事を取りましょう。 関連記事 ・ ・ 4.水分を取り過ぎない 水分をたくさん摂ると、胃液が薄まってしまい、 消化が遅くなります。 適度な水分は勿論 必要ですが、多く摂り過ぎないようにしましょう。 5.状態を起こす 食後すぐに横になってしまうと、胃酸が食道に 逆流してしまう事があります。 食後30分は なるべく状態を起こした状態でいましょう。 眠れない時は昼間は大丈夫でも、 就寝時に横になると吐き気を 催すという人も多いようです。 これも食後と同じように、横になる事で 胃酸が逆流してしまう事で起こります。 また、大きくなった赤ちゃんの重みで 内臓が圧迫されて寝苦しく感じたり、 膀胱が押されているような感覚から、 夜中に何度もトイレに起きることで寝不足にも 陥り、余計につわりを悪化させたりします。 そんな時は、リクライニングチェアや枕を使って 状態を少し起こした状態で寝たり、「シムス」の 体位を取ると良いでしょう。 関連記事 ・ シムスの体位とは 体の左側が下になるような 形でうつぶせに近い状態になり、 右の手を曲げて軽く前へ出す姿勢です。 イギリスの産婦人科医J・マリオン・シムズ によって19世紀に考案された姿勢で、 リラックス出来る姿勢として 妊婦さんにはとても良いとされています。 また、こん睡状態の患者の 気道確保等にも用いられていました。 クッションや枕を使って 調整すると、姿勢が安定しやすくなります。 関連記事 ・ 後期つわりは赤ちゃんがきちんと育っている証 やっと落ち着いたと思っていたつわりが ぶり返して、落ち込む方もいるかと思います。 しかし、後期つわりはお腹の中の 赤ちゃんがきちんと大きくなっている証です。 赤ちゃんの存在をお腹に中に感じられるのも あと少し。 前向きに乗り越えましょう。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・.

次の