引越し おすすめ。 高崎市(群馬県)の引越し業者おすすめ一覧&ランキング|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し作業でやること、準備・手続きのチェックリスト

引越し おすすめ

新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。 引越し会社を選ぶなら一括見積もりサイトが便利です。 安い会社を比較できる• 引越し条件の入力が1回で済む 下の一括見積もりサイトが使いやすいと評判です。 運輸大手のクロネコヤマトが引越し業務から撤退• 働き方改革による引越作業員の労働時間の減少• 慢性的な人手不足 下のツイートのように予約が取りづらいことを痛感している人も多いです。 これは2~4月の引越しシーズンだけではなく年間を通じて影響を受けています。 自分の希望日に引越しをしたいなら、早めに予約を取りましょう。 【おすすめ】下の引越し一括見積もりサイトも使いやすいです。 Googleスプレッドシートはネットで使える表計算ソフトです。 マイクロソフトのExcelと同じ機能を持っています。 コピーすれば自分だけのチェックリストになる このファイルをコピーすれば自分用に好きなように編集できるようになります。 PDFも便利ですが、カスタマイズできるスプレッドシートの方がさらに便利です。 コピーする自分用にメモを書き込めるようになります。 引越し日や連絡先をメモすると便利です。 また、自分用の項目を追加することもできます。 Googleスプレッドシートをスマホで使う場合は下のアプリをインストールしてください。 引越しが決まったら~1ヶ月前にやること 新居の契約やネット回線の手配など、一部の手続きは時間がかかるので早めに行う必要があります。 引越しの1ヶ月前までにやることをまとめました。 引越し日を決める• 引越しでやることを確認• 新居の契約• 現住居の退去連絡• 不用品の処分• 引越し会社の予約• 固定電話の移転の手配• ネット回線の手配• 引越し時の移動・宿泊の手配• 転校届の提出 1ヶ月前までと書きましたが早めに取りかかるほど余裕が出てきます。 ギリギリまで放っておくのではなく引っ越しすることが決まった時点ですぐに取りかかりましょう。 引越し日を決める 最初にするのが引越し日を決めることです。 次の理由から引越し日は、現時点より1ヶ月以上先に設定しましょう。 新居の審査、契約に時間がかかる• 一般的に現住居の退去通知は1ヶ月より前にする必要がある(賃貸契約書で確認。 もっと前にするケースもあり)• 引越し業者の手配が間に合わない• 荷物の梱包や転出届などの手続きがたくさんあるので忙しい これらに加えて、勤務先、学校、家族の都合を考慮して決めましょう。 また、土日祝日は引越しが集中して引越し料金が高くなる傾向にあります。 可能であれば平日を引越し日にしましょう。 そうすれば、少しは費用を抑えることができます。 遠距離の引っ越しは3つの日にちを把握しておく 市内の引越しなら午前中に今の家から荷物を運び出して、午後に新居に荷物を運び入れるという感じで1日で引越しが終わります。 しかし、県外への引っ越しは荷物や人の移動に2~3日かかることがあります。 あとで慌てないために次の3つの日にちを把握しておきましょう。 引越し業者が荷物を運び出し、現住居を大家に引き渡す日• 現住所から新しい住所に荷物が移動する日数• 新しい住居の家の鍵を受け取り、荷物を運び入れる日 この3つの日にちを元に引越しのスケジュールを決めましょう。 新居の契約 引越し先が賃貸のマンション・アパートの場合は、新居の探して賃貸契約を行いましょう。 社宅や実家の場合は会社や家族への連絡が必要です。 新しく家を購入した場合はすでに契約を済ませているのでこの段階で契約はありません。 賃貸契約の手順 1. 賃貸物件の検索サイトで引越し先の物件の目星(家賃、間取り、住む地域、住宅タイプなど)をつける。 引越し先の不動産屋に行き、物件を決める 3. 入居申込書に記入し、手付金を預ける 4. 物件の管理会社が入居審査を行う 5. 審査に合格したら契約書が郵送される 6. 契約書の必要項目に記入し、必要書類を添えて返送する 7. 詳しくは不動産屋に確認して下さい。 どういう手続が必要なのかは契約書に書いてあるのでちゃんと目を通しておきましょう。 民間の賃貸物件だと「1ヶ月前まで」に解約予告するケースが多いです。 なかには「2ヶ月前まで」に予告するように求めているケースもあるので要注意です。 期限より遅れて解約の連絡をすると追加で家賃を請求されることもあるので注意しましょう。 解約の連絡は、大家さんや管理会社に電話で連絡した上で解約届を提出します。 解約届は契約書の最終ページについていることが多いです。 この時、物件の引き渡しと鍵の返却日時も決めておきます。 【退去の連絡ですること】• 賃貸契約書で退去手続きを確認する• 物件の引き渡し(立ち会い)と鍵の返却日時を決める• 大家さんや管理会社に電話で連絡する• 解約届を提出する 普通の生活で生じる壁紙の変色など経年変化による修繕は大家が負担します。 しかし、入居者が原因の破損や汚れの修繕は敷金から差し引かれます。 敷金はどのくらい戻ってくるのか、壁紙を汚してしまったがこちらが負担する必要があるのかといった疑問には下のページのガイドラインが参考になります。 引越し会社を決めるときは「 引越し一括見積もりサイト」を利用するのが便利です。 一括見積もりサイトのメリット• 引越し会社同士で 競争するので安くなる• どの会社が安いのかすぐに分かる• 見積もり条件を一回で全業者に伝わるので楽チン 下の引越し侍という見積もりサイトが使いやすくておすすめです。 見積もりするときのポイントや引越しプランの選び方、もっと料金を節約する方法などをこちらで説明しています。 【引越し会社の予約ですること】• 自分の引っ越しにあったサービスを見つけましょう。 しかし、固定電話は移転工事が必要なのでなるべく早く工事の予約をしておきましょう。 NTT電話の引越しはNTT東日本、西日本ともに局番なしの「116」で受け付けています。 その他に下のウェブサイトでも手続きをすることができます。 引越しの機会に電話線ではなくネット回線を利用したお得なひかり電話(IP電話)にしても良いでしょう。 また、下のインターネット回線と組み合わせてパッケージ契約すると料金を安く抑えることができます。 【固定電話の移設手配ですること】• 116(局番なし)に電話して移設の手配をお願いする• または、ウェブサイトで移設の手配をする• 早めに予約して新居の入居日の翌日くらいに来てもらうようにしておくのがおすすめです。 3~5月の引越しシーズンは工事の予約が一杯で、だいぶ後じゃないと工事してもらえないこともあります。 最近はネットがない生活なんてありえない!と考える人も多いでしょうから忘れずに予約しておきましょう。 ネット回線の品質(通信速度や料金)は年々向上しています。 引越しの機会に、もっと良い条件のネット回線がないかにチェックしてみると良いでしょう。 現在、契約しているネット会社(回線事業者とプロバイダ)を引越し先でも利用する場合は、ホームページで住所変更の手続を行って下さい。 【インターネット回線の手配ですること】• 引越し先で利用する回線事業者とプロバイダを決める• 新居のレイアウト(家具の配置)を決めて、持っていく家財道具と処分するものを決めたら不要な家具・家電の処分に取りかかりましょう。 不用品の処分方法は大きく次の2つがあります。 ゴミとして処分する(粗大ごみ、資源ごみ、リサイクルなど)• 買取サービスを利用する それぞれの家具の具体的な処分方法についてはこちらで説明します。 新居の家具のレイアウトを決める• 不要な家具・家電を処分する 引越し時の移動・宿泊の手配 市内の引越しだと1日で引越しが終わるので宿泊を考える必要はありません。 しかし、県をまたぐ引っ越しだと荷物の移動に1日以上かかります。 例えば、トラック輸送のスケジュールは距離によってだいたい1~2日かかります。 実際のスケジュールは予約した引越し会社に確認する必要があります。 しかし、これ以上早く荷物が着くことはないので、宿泊手段は考えておく必要があります。 旅行会社のサイトを利用するとスケジュールに合わせた個人向けのパック旅行を組み立てることができるので便利です。 荷物が到着する前日に現地に到着して鍵を受け取っておくと余裕を持って荷物を受け入れることができます。 【移動・宿泊の手配ですること】• 荷物のスケジュールを引越し会社に確認する• 荷物のスケジュールに合わせて移動手段と宿泊方法を決める 移動手段としては、電車、飛行機、バス、フェリー、車があります。 料金や運行スケジュールを検討して決めましょう。 宿泊方法には、ホテルや友人知人の家、実家などがあります。 途中の観光地に泊まっても良いですし、引っ越し先に前乗りするのも良いでしょう。 いずれにしても移動手段や宿泊先は早めに予約しておきましょう。 早めに予約すると飛行機やホテルは割引になるケースがありますし、旅行シーズンだと予約が埋まってしまうこともあります。 子供の転校の手続き 小・中学校の一般的な転校手続きは次のとおりです。 【引越し前の手続き】• 担任の先生に引越しすることを伝える• 引越し先の市町村区役所(教育委員会)に電話連絡して転校することを伝える• 今の学校から在学証明書と教科書給与証明書をもらう 【引越し後の手続き】• 引越し先の市町村区役所(教育委員会)から転入学通知書をもらう• 引越し先の学校に転入学通知書と在学証明書と教科書給与証明書を提出する ただ、地域によって手順や必要な書類は違います。 どのような手続きが必要なのかは役所のホームページで確認して下さい。 GoogleやYahoo! 例えば、「転校 多摩市」で検索すると、東京都の多摩市役所の転校手続きを案内するページが見つかります。 また、「転校 大阪市」で検索すると、大阪市役所の転校手続きを案内するページが見つかります。 引っ越し前後の地域でそれぞれどんな手続が必要なのかを調べて下さい。 【転校手続きですること】• 担任の先生にはやめに相談する• 引越し屋さんの予約は早めに!.

次の

【2020年】おすすめの引越しはがき印刷比較|安くて簡単ネット通販!

引越し おすすめ

「いい引越し業者見つけたいな…」 「どこかおすすめの業者教えてくれないかな…」 全国には地域密着型から大手までおよそ300ほどの引越し業者が存在しています。 単身や家族のプランなどで相場もかなり変わってくるので、引越し業者を探す作業が意外と大変なのではないでしょうか。 今回は、実際に引越しを行った方たちの300件もの口コミをもとにしたおすすめ引越し業者ランキングと失敗しない業者選びのコツをご紹介します。 おすすめ引越し業者を選ぶ4つのポイント!• 引越し業者選びのコツは、「費用・サービス・時間帯」に注目すべき!• 料金を優先するなら地域限定業者を、サービス質を優先するなら大手業者を!• 地域限定業者でも評判の高い業者は多く存在する!• 引越し前に「」を利用して業者ごとに比較してみよう• 費用で引越し業者を選ぶ• サービスが充実している引越し業者を選ぶ• 自分が希望する時間帯に引越しできる引越し業者を選ぶ ここでは、それぞれの選び方の特徴や注意点についてみていきます。 費用で引越し業者を選ぶ 引越し費用は、実際の移動距離、荷物量、オプション・サービスの数などによって、非常に振れ幅が大きいです。 できるだけ費用を抑えるためには、地域密着型や中小規模の引越会社に依頼するのがおすすめです。 というのも大手業者の場合は、プラン数やサービスは充実しているものの、費用は高めに設定されていることが多いからです。 また業者側のスケジュールが空きがちな「閑散期」や「平日」に依頼すると、さらに費用を抑えられます。 しかし、 「安さ」ばかりを求めすぎてしまうと、当日の作業スタッフが少なかったり、配送トラックが小さかったりする場合があるので事前にしっかり確認するようにしましょう。 サービスが充実している引越し業者を選ぶ 引越しといえば単に荷物を運ぶだけではなく、梱包や荷ほどき、家具・家電のセッティング、掃除などとても手間のかかるもの。 しかし、 多くの引越し業者には、めんどくさい引越しの荷造りや荷解きを一手に引き受けてくれるさまざまなプランやサービスが用意されています。 また、どの業者にもそれぞれ特徴があり、自社の強みを活かした独自のプランやサービスがたくさん用意されています。 自分が希望する時間帯に引越しできる引越し業者を選ぶ 引越し作業を午前にするか午後にするかでも、引越し費用は大きく違ってきます。 基本的には午前中の方が人気も高く費用も割高になり、繁忙期はなかなか午前中に予約することが難しい場合もあります。 一方で、開始時間を午後に設定すると、片付けが翌日までずれ込むことにはなりますが、費用は抑えられます。 午前と午後で費用が数万円違ったという例もあるほどです。 ただし、午後に設定すると予定開始時間がずれてしまうことも。 これは午前中に業者の作業が長引くためで、繁忙期などは荷物の到着が深夜になってしまう場合もあります。 【単身引越し】おすすめ業者総合満足度ランキングTOP5 【単身引越し】おすすめ引越し業者TOP5 業者名 口コミ点数 1位 チトセ引越センター 4. 44点 2位 クロネコヤマト 4. 41点 3位 ハート引越センター 4. 4点 4位 ケーエー引越センター 4. 25点 5位 アート引越センター 4. チトセ引越センターの単身引越しサービスでは、梱包や開梱はもちろん、車両搬送やハウスクリーニング、クレーン高所作業などにも対応しています。 また、「夜の引越便」というオプションプランもあり、日中は仕事や学校でなかなか時間がつくれない方のために、仕事終わりや当日依頼でも対応できる引越しプランがあります。 チトセ引越センターの口コミ チトセ引越センター凄い!今までで一番最安最速。 10年のベテラン2人。 近場といえど、一通りの家電家具の他に段ボール25箱もあったのに1時間半かからず終わった。 後は片付けだ~ クロネコヤマト (顧客満足度: 大手ならではの全国ネットワークと専門性の高い配送技術で「安心」「快適」 宅配業者としておなじみのクロネコヤマトですが、実は引越し業者としても人気があります。 長年の宅配便サービスで培った「安心感」と「品質」で快適な引越しが可能です。 クロネコヤマトの単身引越しでは、荷物の輸送量に応じて「単身引越サービス」と「単身サービス mini」の2種類からお選びいただけます。 他にも、単身引越サービスと家具家電レンタルを併用できたり、スピーディーな配送で時間指定を可能にする「ジャストサービス」などユニークなプランもご用意しております。 ハート引越センター (顧客満足度: ハートをハートで運びたい!迅速・丁寧な対応が高評価 ハート引越センターは 「スピーディーな対応」が評判の中堅引越し業者です。 また、「いっしょにサービス」というオプションも特徴の1つで、引越しの準備~当日までであれば、不用品回収やブランド品の買取、電気工事などサポートしてくれます。 ハート引越センターの口コミ 引越し終わりました…。 ハート引越センターさん、急な入院で十分に片付けられなかったのに、すごく爽やかに丁寧に作業してくれて本当にありがとう!! この先、引越しされる方、ハート引越センターさんすごくおススメです ケーエー引越センター (顧客満足度: 単身引越し見積もりNo. 1!リピーター続出の引越し業者 「毎日低価格・高品質」を掲げるケーエー引越センターは、関東を中心とした引越し業者です。 ケーエー引越センターのおすすめポイントは「価格の安さ」です。 特に、 単身サービスでは首都圏最安値の価格を誇っています。 お客様の要望に合わせて適切なプランを組んでくれるのが特徴で、中でも「爆安75プラン」は宅配便よりも激安・爆速な衝撃プランです。 ケーエー引越センターの口コミ 引越し完了。 前回に続き、2回目の依頼だったが、非常に素晴らしい仕事ぶりだった。 アート引越センターでは、インターネット限定特別割り引きや引越待ち割キャンペーンなども行っています。 他にも、選べるオプションや 無料サービスも種類豊富なのが魅力で、各種電気工事や高齢者・働く女性のためのお手伝いサービス、ハウスリフォーム、航空便なども承っています。 アート引越センターの口コミ 今日が引越しだっから雨の中 大変だったに違いない。 昨日、2人の叔母と姪の引越しを 終え、今日もまた荷物の整理をしに、 叔母宅へ。 アート引越センターに頼んだが、 接遇も含め完璧だった! 流石、アートさん!ブラボー 【家族引越し】おすすめ業者総合満足度ランキングTOP5 【家族引越し】おすすめ引越し業者TOP5 業者名 口コミ点数 1位 ファミリー引越センター 4. 8点 2位 ハート引越センター 4. 33点 3位 赤帽 4. 25点 4位 日本通運 4. 12点 5位 ケーエー引越センター 4. 07点 ファミリー引越センター (顧客満足度: 20代~30代のイメージ調査第1位の引越し業者! 関東を中心に展開しいてるファミリー引越センターは、 料金の安さに定評のある中堅引越業者です。 作業時間や移動時間をできるだけ短くし、さまざまなお客様のニーズに合わせて、指定された家具家電のみを運ぶなどの低価格な引越しプランが多く用意されています。 家具家電のほかにも大物だけ運んでもらうプランもあります。 大手にも負けないサービス力と優秀なスタッフを誇る中堅引越業者です。 ファミリー引越センターの口コミ ファミリー引越しセンターの訪問見積もり終了!!浦和サポということでかなり良くしてもらいました!!浦和人にはオススメ!! ハート引越センター (顧客満足度: スピーディーな対応ときめ細かいサービスが評判 ハート引越センターは、 きめ細かやかなサービスとスピーディーな対応が評判の中堅引越業者です。 お手頃価格のプランや梱包から収納まで手伝ってくれる「パーフェクトプラン」など細かいニーズに合わせた引越しプランが特徴の1つです。 また、引越し作業はもちろん、本来なら時間のかかる長距離引越しも、中堅業者でありながら全国に広がるネットワークを利用して、迅速に対応してくれます。 ハート引越センターの口コミ 事務所の荷物移動が完了!ネットで評判の格安業者を選んだが、手際の良さと丁寧な作業には驚かされた。 東京近郊がエリアのようだが、小規模な引越なら断然お薦めしたい。 【窓口対応・現場作業・費用別】引越し業者口コミランキングTOP3 窓口対応満足度 窓口対応満足度TOP3 業者名 口コミ点数 1位 引越しのプロロ 4. 35点 2位 クロネコヤマト 4. 21点 3位 アリさんマークの引越社 4. 21点 3位 4. 14点 窓口対応満足度で1位に輝いた「引越しのプロロ」は、スピーディーな対応が評判の業者です。 実際に引越しのプロロを利用した人の口コミを見てみると、「見積もり依頼から訪問見積もりまで素早く対応してくれた」「連絡のやり取りが早くて助かった」などの意見が多いです。 現場での対応満足度 現場での満足度TOP3 業者名 口コミ点数 1位 ケーエー引越センター 4. 53点 2位 引越しのプロロ 4. 45点 3位 アリさんマークの引越社 4. 31点 1位に輝いた「ケーエー引越センター」は、関東を中心に展開する引越し業者です。 「作業の手際がいい」、「挨拶もしっかりしてくれてスタッフの印象がよかった」、「引越し当日にも関わらず、いろいろな要望に応えてくれて助かった」などの口コミ評価が多く見られました。 引越しのプランの安さに目が行きがちですが、実は 作業スタッフの評価も高く、コスパ最高の引越し業者といえるでしょう。 費用満足度 費用満足度TOP3 業者名 口コミ点数 1位 赤帽 4. 34点 2位 ハート引越センター 4. 33点 3位 ケーエー引越センター 4. 21点 費用満足度で1位に輝いた「赤帽」は、オリコン調査でも5年連続コストパフォーマンス第1位を獲得しており、文句なしの低コスト・高品質の引越し業者です。 ランキングを見てみると、大手引越し業者は見られず、中堅引越業者のほうが費用満足度は高いことが分かります。 というのも大手業者の場合は、プラン数やサービスは充実しているものの、費用は高めに設定されていることが多いからです。 しかし、「安さ」ばかりを求めすぎてしまうと、当日の作業スタッフが少なかったり、配送トラックが小さかったりする場合があるので事前にしっかり確認するようにしましょう。 引越し業者選びは一括見積もりサイトをおすすめ!激安見積もり革命! ここまで、さまざまな引越し業者を紹介してきました。 見積もりを行うことで、どのくらいの費用が必要かどんなオプションをつけるべきかなど、またどの業者が安いかなど引越しの情報収集が可能です。 引越しの見積もり方法には、訪問見積もりや電話・メール、公式サイトから問い合わせなどいくつか種類があります。 一括見積もりサイトを使えば、自分から1つ1つ業者に依頼しなくても、業者の比較も簡単で、絞り込みもスムーズに行うことができます。 そのため、効率よく引越しを行うことができるでしょう。 【おすすめ引越し業者を選ぶ4つのポイント!】• 引越し業者選びのコツは、「費用・サービス・時間帯」に注目すべき!• 料金を優先するなら地域限定業者を、サービス質を優先するなら大手業者を!• 地域限定業者でも評判の高い業者は多く存在する!• 引越し前に「」を利用して業者ごとに比較してみよう.

次の

【2020年】おすすめの引越しはがき印刷比較|安くて簡単ネット通販!

引越し おすすめ

引越し費用を安くしたいなら絶対にはずせない「一括見積もりサイト」。 引越しの一括見積もりサイトを探すとたくさんのサイトが出てきますが、どれも同じだと思っていませんか? どれも住所と荷物の量を入力して・・・と似たような構成になっていますが、実は細かいところがそれぞれ違っています。 そして、その細かい違いこそが各一括見積もりサイトの特徴であり、ひとつ間違えると「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔することにも繋がります。 無料で利用できる便利なサービスですので、上手に使ってしっかりメリットを享受しましょう! 引越し一括見積サイト比較のまとめ一覧 まずは引越しの一括見積もりを依頼できるサイトをまとめました。 大小すべてをまとめると収拾がつかないので、有名どころを集めています。 一括見積サイト比較表 サイト名 提携業者数 所要時間 業者自由度 特典 信頼性 LIFULL引越し 130社 引越し侍 260社 1社 ズバット引越し比較 220社 引越し達人セレクト 非公開 引越しラクっとNAVI 非公開 要登録 比較. com引越し 非公開 引越し価格ガイド 200社 引越しネット 非公開 評価基準としたもの• 提携業者数:記載されている提携業者数• 所要時間 :入力の手軽さ• 業者自由度:依頼する業者の選択可否• 特典 :独自特典の有無と有用性• ランキングでないのは、 使い方によっておすすめできる見積もりサイトに違いがあるためです。 タイプ別おすすめ一括見積サイト 引越しをすると決まったとき、何を重視するかで一括見積もりサイトを選ぶ基準も変わってきます。 あなたが何を重要視するか一度考えてみて、目的に合った使い方で無駄なく一括見積もりサイトを活用しましょう! こんな方におすすめ!• 初めて引越しをする方• 引越しはしたことがあるものの、一括見積もりサイトは初めてという方• 一括見積もりってなんだか不安・・・使おうか迷っている方• やっぱり大手・実績のある引越し業者に頼みたいと考えている方 今ではメジャーな存在になってきた引越しの一括見積もりサービスですが、まだまだ使うのは不安という方もいらっしゃると思います。 まして初めて使うのであれば、電話が鳴りやまないといった噂があったりして不安になりますよね。 引越し業者を安心できるところで選びたいのと同様に、 一括見積もりサイトも安心できるところを選ぶことが大切です。 必要情報を入力して依頼する、というシンプルな構成なのでどのサイトも同じように見えますが、実はサイトごとに特徴があって面白いです。 一例を出すと、ページを切り替えるたびに「これは要りませんか?あれもやりませんか?」と、引越しに関係あるようでないものを紹介してくるサイトがあったりします。 利用者としては余計な手間(ポップアップを閉じるなど)が発生しますし、こういうところは勧誘電話もかかってくるので安心はできません。 引越し業者への依頼に慣れていない方が安心して使うなら、『LIFULL引越し』さんがおすすめです。 (これによってネームバリュー(認知度)が低くなった感は否めませんが、サービスの質は変わらず高いです。 ) 名前の馴染みは薄くなりましたが、とても使いやすい作りになっているのでおすすめです。 おすすめポイント1.実績が豊富&大手企業で安心! 『LIFULL引越し』は引越し一括見積もり業界でも老舗にあたります。 引越しのノウハウや実績も豊富にあるため、その点でも安心できます。 サイトの印象も利用者目線ができていて使いやすいです。 迷うことなく入力が進められますし、口コミやランキングで引越し社が評価されていて判断しやすくなっています。 また、引越しに関するお役立ち情報もたくさん記載されていますので、見積もり以外のところでも活用しやすいところもGoodです。 おすすめポイント2.見積もりのやりとりだけで疲弊しない! 『LIFULL引越し』さんの一番のウリは、 見積もりを依頼する引越し業者を自分で選べることです。 他の一括見積もりサイトでは、実は引越し業者は勝手に選ばれて連絡がいきます。 ですので、知らない業者から急にたくさん電話がかかってきて不満が大きくなるのです。 ですが、『LIFULL引越し』では 見積もり依頼をする画面で、どの引越し業者に連絡するかを自分で選択できるようになっています。 5社も10社も連絡がいき、電話が鳴りやまないというのは迷惑ですし電話対応だけで疲弊してしまいます。 特に初めての方は、想像以上に疲れると思います。 自分で選択できれば、3社くらいにしておくということもできますし、電話がきても選んだ引越し業者だったら安心ですよね。 こういう利用者目線ができているサイトは少ないです。 使うならこういったサイトを選びましょう。 おすすめポイント3.大手から地域密着まで、幅広い引越し業者が揃っている! 『LIFULL引越し』では提携業者が大手から地域密着まで、バランスよく揃っています。 大手といわれる相見積もりをとるのに十分な有名業者が揃っていますし、費用をできるだけ安く済ませたい場合には中小業者や地域密着業者を選択することもできます。 先ほど書いたように、『LIFULL引越し』では業者を自分で選ぶことができますので、• 有名な引越し業者• 本命の引越し業者(あるいは口コミがよい引越し業者)• 地元の引越し業者 というように バランスよく見積依頼をかけることができるのが嬉しいです。 初めての場合、見積依頼する業者は3社までにしておくことをおすすめします。 こんな方におすすめ!• 今日にでも引越し業者を決めたい!• どこでもいいから引越し業者からすぐに連絡がほしい• 忙しくて気付いたら期日が迫っていた• ゆっくり見積もりを待っているヒマはない! 一括見積もりサイトのデメリットでよく挙げられるのが 「夜中でもすぐに電話がかかってきてウザい!」というものです。 見積もり依頼ボタンを押した途端、1分も経たずして電話がくるという声もよく聞こえてきます。 でも、これは 見方を変えるとスピード重視で急ぎの方、引越し業者選びに時間をかけたくない方にとってはメリットにもなります。 「すぐに業者から電話がかかってくる」ことをうまく利用することで、時間短縮になるのです。 何度も時間を空けて連絡がくるよりも、集中して1時間以内に終わらせる!ということができた方がスケジュールも立てやすいです。 価格を気にしないのであれば最寄の引越し業者でもよいのですが、急いでいる中でも安くはしたいと考えているなら『ズバット引越し比較』がおすすめです。 おすすめPoint! 提携業者数がトップレベル!• 入力項目が断トツに少なくて楽! 一括見積もりサービスの便利さは、スピードが早くなるということに直結します。 自分で「口コミを見て、電話をして、値引き交渉をして・・・」ということを行おうとすると、急いでいるときには1~2社だけで時間を浪費してしまいます。 急に引越しをしなければならなくなるケースも少なくありませんが、そんなときにサクッと見積もり依頼が出せるメリットを最大限に活用しましょう。 おすすめポイント1.提携業者数がトップレベル! 急ぎの引越しで問題になるのは、即日対応ができない業者が多いことです。 「明日には引越ししたい!」というような場合では、提携業者数が多いことで対応できる業者が見つかる確率が上がります。 その点、『ズバット引越し比較』が提携している引越し業者数は、業界でもトップレベルです。 200社を超えており、ほとんどの業者を網羅しています。 引越し日を入力しておくことで、 余計な手間をかけずに対応可能業者を選定してくれるのが助かります。 自分では調べられないような地元密着の隠れた業者を見つけられることもあるのがメリットです。 おすすめポイント2.入力項目が断トツに少なくて楽! 『ズバット引越し比較』をおすすめするのは、なんといっても 入力項目が少ないことです。 現住所や氏名は決まっているので迷うことはないですが、入力に迷う項目があると意外と時間がかかってしまいます。 ダンボールがいくつ分になるか?• ソファのサイズは?ベッドのサイズは?• 階段の幅、スペースはどれくらい? こういったことは、見積もりには必要なことですが1つ1つ画面で入力すると非常に時間がかかります。 早く見積もりがほしいときには電話で話した方がスムーズです。 『ズバット引越し比較』では、 ほとんど最低限の情報だけで見積もり依頼ができるような構成になっています。 こういった配慮があるとありがたいですよね。 実際に入力してみても、1分くらいで完了できます。 他のサイトと比べて本当に楽なので、手間なく進めたいなら『ズバット引越し比較』を選びましょう。 こんな方におすすめ!• 一括見積もりを使うと電話がくるらしいので怖い• 以前に電話が鳴りやまなくてうんざりした経験がある• 何度も同じやりとりを繰り返すのが面倒• 見積もりの比較はネットだけで済ませたい 一括見積もりでよく耳にする「電話がひっきりなしにかかってきて鬱陶しい」という言葉。 カンタンに見積もりが出せるのがメリットだったはずの一括見積もりが、逆に電話地獄という形で手を煩わせることになっています。 一括見積もりサービスのコンセプトは「利用者(引越しする人)の利便性向上」であったはずなのに、 引越し業者の過激な営業活動によって形がかわってきてしまったのですね。 事実、一括見積もりサイトの裏にいる引越し業者のモラルまでは管理しきれないのが実情でもあります。 そんな現状を打破するために、一括見積もり業者も検討を重ねています。 電話攻撃がなくなるような対策をしている一括見積もりサイトがようやく出てきました。 それが『引越し侍』です。 おすすめPoint! Webで見積比較&申し込みまですべて完結!• 荷物がアイコンでわかりやすく細かい CMでもお馴染みの『引越し侍』さんは、通常の一括見積もり以外に新しい仕組みを取り入れてきました。 それが、 Web画面で見積額を比較してピンポイントで引越し業者に依頼できる機能です。 これがとても便利で、おそらく一括見積もりとして皆さんが最初に想像した(求めていた)内容ではないかと思います。 おすすめポイント1.Webで見積比較&申し込みまですべて完結! 『引越し侍』のサービスでありがたいのが、 電話をしなくても申し込みまで終わらせることができることです。 もちろん、見積額を比較したうえで業者を選ぶことができるので安心してください。 必要項目を入力していくと、最後に見積金額の一覧が表示されます。 引越し業者ごとにどれくらいの金額差があるのか一目でわかるので使いやすいです。 しかも、 口コミで高評価の業者を自動的に選んでくれるのもありがたいです。 『引越し侍』はこの業界では老舗にあたり、実績も豊富です。 寄せられた数多くの口コミをもとにしているので信頼性も高いです。 おすすめポイント2.荷物がアイコンでわかりやすく細かい 『引越し侍』の場合、見積もりを詳細まで出すために、荷物の量はきっちりと入力する必要はあります。 これは少し大変なのですが、 荷物がアイコン(画像)になっているので見やすくてわかりやすいです。 ひとつずつ、個数を増やしていくだけなので想定漏れが起きにくいというメリットもあります。 ただ注意点として、見積もり依頼方法が2つあります。 新しく電話対策するために作られたのは、 「今すぐネットで料金比較」という新しいサービスです。 これを間違えると、従来の電話が鳴りっぱなしの見積もり依頼になってしまいますので気を付けてください。 とにかく電話をしたくないならWebで完結するタイプのサービスで依頼しましょう。 こんな方におすすめ!• とにかく安く引越しがしたい!• 値引き交渉に自信がある• 手間はかかっても1円でも費用を抑えたい• 引越し以外のことにお金を使いたい 引越し後は新生活が始まるので、お金が必要になる場面が多いです。 一人暮らしは家具・家電の準備(凝りだすと止まりません)• 新社会人はビジネススーツや鞄、クツなどの準備• 結婚はサイズが大きくなった家具・家電や、挙式・披露宴・新婚旅行 もちろんこれだけが引越しの理由ではないですが、代表的なものだけでも様々なモノにお金がかかります。 「引越し自体にあまりお金をかけているわけにもいかない!」という方は、トコトン価格を安くする方法を追求しましょう。 安さを求めるなら、 たくさんの引越し業者から見積もりをもらった方が可能性は格段に上がります。 最初に提示される見積もり額はふっかけてきていることが多いので、他社の価格をぶつけて安くさせないと大幅な減額は望めません。 便利な世の中になっても、この仕組みは変わりません。 業者同士に価格競争させましょう! 複数社の業者を比較して、とことん最安値を追及したいという方におすすめなのが『引越し達人セレクト』です。 提示見積額の最安値保証• 新生活応援5大特典• 引越し交渉術ガイドプレゼント この中で使える特典は 「最安値保証」と 「引越し交渉ガイド」です。 5大特典の13万円とかオプションは、すべての恩恵を受けるのは難しいのでうまくマッチしたら活用するくらいで考えてください。 「使えるものはしっかり使う、使わないものは無駄に使わない」これも安さを追求するためには必要なスキルです。 特典を利用するために余計なサービスに登録すると本末転倒ですので気を付けましょう。 1つめの「最安値保証」は意外と大きいです。 各社に対する価格交渉の1回目を省くことができるので、最終見積もりの最安値への道が短くなります。 安さ重視の引越し一括見積サイトとしては外せないのがこの点です。 おすすめポイント2.特典の「引越し交渉術ガイド」が便利! もう一つの使える特典 「引越し交渉術ガイド」も役立ちます。 安くするためには比較業者数を8社~10社くらいで一気に値引き交渉していく必要があります。 2~3社程度だと、すべての業者が高額でふっかけてきていた場合には安くなりにくいのです。 もちろん電話などでやりとりする回数も増えるので、ここで諦めてしまう人がほとんどです。 乗り越えることができる人だけが最安値を掴み取れるのですが、その手助けとして「引越し交渉術ガイド」が有用です。 見積もり依頼をしたらすぐにダウンロードできるので、価格交渉に備えましょう。 『引越し達人セレクト』の特典を活用するのが安さ追求に最適です。 おすすめPoint! 依頼する業者を自分で選択できる!• 自分に合った業者数なので負担が軽い! よくある一括見積もりサイトでは、5社も10社もやりとりはしたくないと思っても「勝手に」「可能な限り」の引越し業者に連絡がいくような仕組みになっています。 「私は3社くらいが丁度良い」という人でも、自分では制御できない欠点があります。 そして、この「勝手に」業者が選ばれるというのが電話対応を面倒くさくしている大きな要因なのです。 自分で選んだ業者からの電話は、心構えができているので対応しやすいです。 でも知らない業者で、しかもこの先どれくらいの業者から電話が来るのかわからないという不安が精神的に蝕んでいきます。 おすすめポイント1.依頼する業者を自分で選択できる! 『LIFULL引越し』で一番のおすすめポイントは、 見積もり依頼する業者を自分で選べることです。 こんな当たり前だと思うような機能が、ほとんどの一括見積にはついていません。 とにかくたくさんの業者に通知がいき、我先にと私たちに電話がかかってくるのです。 でも、これ自体が悪いのではありません。 一括見積サイトのもともとのコンセプトは、ひとつひとつの引越し業者を探して連絡を取る手間を省いてくれることだからです。 ただそれが、引越し業者のモラルの無さからデメリットにもなっているのが現状です。 よく一括見積もりのデメリットとして挙げられる「電話が夜中でもすぐにかかってきて、鳴りやまない」というアレ。 引越し業者も契約をとるために必死なのかもしれませんが、不要なのにこれを受ける立場からすると迷惑以外の何者でもありませんね。 その点、『LIFULL引越し』は自分で依頼する業者を選べるので、「電話対応が大変そうだから2社だけにしておこう」ということもできます。 自分で選択した業者なので、電話がかかってきても安心できます。 おすすめポイント2.自分に合った業者数なので負担が軽い! 引越し費用を安くしようと思ったら、複数社での相見積もりは必須といえます。 それは他社の見積もりを引き合いに出さないと、価格交渉の材料としては強くないため大幅な減額が期待できないからです。 とはいえ、価格交渉することの負担が大きいのは事実です。 5社も10社も対応していると、それだけで疲弊しまうのも当然です。 だからこそ、自分の希望した数だけに見積もり依頼を出せるのはありがたいです。 「電話が面倒だけど価格交渉で安くもしたい」という方は、3社くらいへの見積もり依頼がおすすめです。 しっかりと自分の目的に合った活用方法をすれば、各見積もりサイトのメリットも活きてきます。 同じに見える「一括見積もり」ですが、サイトごとに特徴があります。 それぞれの特徴を上手に活用していくのが引越し見積もりのコツです。 迷うなら『LIFULL引越し』がおすすめ 目的別におすすめのサイトを紹介しましたが、逆に悩ませてしまった方もいるかもしれませんね。 そうだったら、ごめんなさい。 もし、迷ったり、結局どれをつかったら良いの?と思われたら、『LIFULL引越し』を使ってください。 バランスが良いですし、利用者目線ができている良サイトです。 (目的別でも2つのパターンでおすすめしています) 見積もり依頼業者を自分で選べるので、多くの電話に悩まされることもありません。 選択する業者は、わからないなら聞いたことがある業者で良いと思います。 見積もりサイト選びは手段なので、ここで悩みすぎて疲れてしまっては意味がありません。 迷って進まないのであれば、 『LIFULL引越し』で依頼しておけば損するという要素はないので使ってみてください。

次の