伊藤 誠 家 系図。 西郷隆盛・糸子の子孫を家系図付きで解説!女優など現在でも活躍している方が多数!

伊藤博文の家族と子孫について|伊藤家の家系図を見てみよう

伊藤 誠 家 系図

家系図 加藤清正の子孫は続いている? 加藤清正の死後 清正の死後、跡を継いだのは 三男の 加藤忠広でした。 清正には3人の男の子がいましたが2人は幼い時に亡くなっています。 ですから三男の忠広が継ぐことになったのですが、当時彼は11歳でした。 それ故に家臣をまとめることがなかなかできなかったと言われています。 その上、 気性も荒い人で、父親の清正とは随分違ったようです。 加藤家改易へ その加藤忠広には2人の男の子がいました。 長男の 加藤光広は、大名たちの名前と花押を押した謀反の書状を作って遊んでいました。 もちろん子供のいたずらで、全くの作り物です。 それが幕府の知るところになり、お家取り潰しとなったのです。 忠広が清正の跡を継いで21年後の1632年のことです。 この子供の戯れが改易にまで発展してしまうとはかなり厳しい処置だと思われます。 では なぜそこまで厳しくされたのでしょう。 幕府はもともと豊臣秀吉の家臣であった加藤家が疎ましかった上に、 忠広が徳川家光の弟 忠長と親しかったことが気に食わなかったのです。 その上まともに家臣を統率できない忠広に、大名たる資格がないと考えたのでしょう。 改易後の加藤家 加藤忠広は出羽国(現在の山形県鶴岡市)に1万石の所領を与えられました。 改易となっても、そこで文学や和歌を親しみ悠々自適な毎日を送っていたそうです。 忠広の長男で改易の原因を作った光広は、蟄居させられていましたが、改易となった翌年病気で亡くなっています。 蟄居: 武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、閉門の上、自宅の一室に謹慎させるもの 次男の 正良は真田家に預けられていましたが、父の忠広が1653年に亡くなると、後を追うように自刃してしまいました。 正良には後継者がいなかったようです。 加藤清正には娘がいましたが、子供を授かることはなかったそうです。 ただ、山形に移ってから忠広は男女の子供を設けています。 男の子は 加藤光秋というそうですが、彼のその後はわかっていないようです。 女の子の方は婿を取り、 山形でも有名な庄屋である 加藤与治左衛門として江戸時代に続いて行きました。 この与治左衛門家は明治天皇を自宅に迎えるほどの名家となっていたそうですが、 やがて没落してしまいます。 この与治左衛門家の最後の人が女性科学者の 加藤セチさんでした。 彼女は息子がいたのですが戦争で亡くなっています。 ここで加藤与治左衛門の家も途絶えてしまうのです。 ということは、加藤清正の 直系の子孫は今はいないことになります。 しかし、分家の方々が大勢おられるそうで清正の血は現在も受け継がれていると言えます。 きょうのまとめ 加藤清正があまりにも堂々とした生き様を見せたので、 ちょっと頼りない子供たちだったように見えますがその血は確実に続いているのですね。 山形では大名ではなく、大庄屋として加藤家を盛り立てていった子孫の皆さんが頼もしく感じます。 やはりあの加藤清正の血を引いてるだけありますね。 加藤清正の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> その他の人物はこちら 安土桃山時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 関連記事 >>>>.

次の

田崎史郎氏の経歴は?坂戸市に自宅?伊藤惇夫に似てる?妻は?

伊藤 誠 家 系図

名字全国世帯数5位を誇る「伊藤」 名字全国世帯数5位を誇る「伊藤」姓で、藤原氏由来の名字で佐藤の次に多いとされています。 明治維新で活躍した伊藤博文の他、沢山の商人や財界人を輩出しているともいわれる伊藤姓のルーツとはなんでしょうか。 スポンサードリンク 伊藤の名字の由来とは 藤という字が使われているのでわかるように、伊藤姓は藤原氏の子孫が名乗ったとされる名字であり、佐藤の次に多いとされています。 佐藤の佐は、様々な起源をもち「佐渡」「佐野」「左衛門尉」などがあります。 しかし、 伊藤の伊は「伊勢の藤原氏」という由来となっています。 伊勢国 三重県 の藤原氏が、伊勢国の「伊」と藤原氏の「藤」を組み合わせて名乗ったとされています。 藤原秀郷の子孫である 尾藤基景(びとうもとかげ) 平安時代に伊勢に移り住み、伊勢の守となり、伊勢国に土着したことからはじまり、伊藤姓が生まれたとされています。 この家は、桓武平氏に使えて、平治の乱や源平争乱の中で勢力を拡大していったとされています。 日本全国伊藤さん分布ランキング 伊藤は、伊勢国の藤原氏の末裔ということであり、現在の三重県にも伊藤姓は圧倒的に多い名字で三重県内で最も多い名字となっています。 愛知県西部および岐阜県南部にかけての地域に伊藤姓が集中しています。 日本全国伊藤さん分布ランキング 1位 秋田県 2位 三重県 3位 山形県 4位 愛知県 5位 宮城県 伊藤の家紋である下がり藤 藤原氏の末裔である証 「」は、佐藤・近藤・武藤など、藤原秀郷の藤原氏の子孫に多く使われている代表的な家紋です。 藤の絵をモチーフとしていて、藤原家が京で栄えた公家の末裔であることを誇りにそうしたともいわれています。 スポンサードリンク 伊藤姓は、とても商才に優れている人物を多数輩出しています。 例えば、新潟屈指の豪農として知られる伊藤文吉。 広大な邸宅のため、北方文化博物館として現在も残っています。 松坂屋の創業者である伊藤祐道 また老舗百貨店の松坂屋の創業者も伊藤姓の人物といいます。 江戸初期の商人の伊藤祐道です。 万治2年(1659)に名古屋に開いた太物屋が松坂の起源となっているそうです。 伊藤忠の創業者である伊藤忠平衛 世界的にも有名な伊藤忠商事も、伊藤忠平衛が麻布類の卸売業としえ開業したのが始まりとされています。 まとめ 藤という文字に誇りと威厳を感じさせられる伊藤姓。 の家紋からも誇り高き一族だと感じます。 その名は世界にも轟かせる商才豊かな名字を引き継いでいます。 他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ.

次の

沢越止とは (サワゴエトマルとは) [単語記事]

伊藤 誠 家 系図

平安時代末期から鎌倉時代初期 [ ] の一族である(すけたか、工藤家次(いえつぐ)とも)は、の大見・宇佐見・伊東からなるを所領としていた。 し法名を寂心、久須美入道()と号した祐隆は、早世した嫡男・祐家(すけいえ)の代わりに、後妻の連れ子であった継娘が産んだ子を養子としてとし伊東荘を与えて祐継(すけつぐ)と名乗らせた。 一方、早世した祐家の子・も養子とし、次男としてを譲り、を名乗らせた。 『』によれば、祐親は祐継を「異姓他人の継娘の子」と呼び、真名本『曽我物語』では祐継は祐隆が継娘に産ませた子で、祐親にとって叔父であるとしている。 伊東荘を継いだ祐継は病により43歳で死去し、9歳の嫡男・金石(のちの)の後見を義弟・河津祐親に託した。 祐親は河津荘から伊東荘に移住し、河津荘を嫡男・に譲って河津祐泰と名乗らせる。 祐親の次男・は伊東を名乗っている。 金石は元服すると工藤祐経と名乗り、約束通り祐親の娘・万劫御前を妻とした。 その後祐経は14歳で祐親に伴われて上洛し、の家人としてに仕える。 祐経を都へ追い払った祐親は所領を独占し、伊東荘をされた事に気付いた祐経は都で訴訟を繰り返すが、祐親の根回しにより失敗に終わる。 祐親は娘・万劫を取り戻してのへ嫁がせる。 所領の他に妻をも奪われた祐経は憤り、祐親親子の殺害を計画、2年()10月、祐経が送った刺客により、伊豆の狩り場でが射殺され、のちのの原因となる。 源頼朝と伊東祐親 [ ] は元年()ので父・が敗死した事により、14歳で伊豆へ流罪となり、伊東祐親は在地豪族としてその監視の任にあたっていた。 祐親がとして上洛している間に、頼朝と祐親の三女が通じ、千鶴という男子をもうける。 元年()9月、千鶴が3歳になった時に祐親が帰郷して事を知り激怒、への聞こえを恐れ、千鶴を川底へ投げ捨てて殺害し、さらに頼朝を討とうとした所を、次男のが頼朝に知らせての邸に逃がした。 のちに頼朝は時政の長女と結ばれ、が頼朝の後見として頼朝の挙兵に加わる事になる。 この事件の5年後、4年()8月、頼朝は打倒平氏の兵を挙げて坂東を制圧し、平家方として敵対した祐親は頼朝方に捕らえられ、一旦は娘婿であるの奔走によって助命されるが、それを由とせず自害した。 次男・祐清は頼朝から命の恩人として賞を与えられるが、これを拒んで平家方として西国へ下り、北陸道の戦いで討ち死にした。 工藤祐経は頼朝に仕えて側近として重用され、祐親父子亡き後の伊東荘を安堵される。 祐経は頼朝の挙兵から13年後に河津祐泰の遺児・によって父の仇として討たれた。 鎌倉時代から室町時代 [ ] 祐経の子・は伊東を称し、その後子孫は全国に広まった。 主だったものでは、祐時の子・祐光の子孫がへ下向してのちの日向伊東氏となり、大名として現地で勢力を誇った。 の子孫の一派(の子の祐光(すけみつ)の子孫)が岩倉に移り住んだとされ、その子孫がや・に仕え、にはで大名となった。 この系統を尾張伊東氏(または岡田伊東家)と呼称する。 後述の尾張伊東氏の項目及びの当該項目参照。 日向伊東氏は、まではであるに対してと共に 国衆(くにしゅう)または 国方(くにかた)と呼ばれた。 しかし、その島津家がとに分かれ、その両家が庶流を巻き込んで内紛状態になり、以後はと共にその関係性は消滅する。 安土桃山時代から江戸時代 [ ] 日向伊東氏の・親子らはのに侵略されてを追われた。 流浪となった伊東氏主従は近隣の、のちにのを頼るが、一族家臣らの生活は困窮を極めた。 祐兵主従は当時の家臣としてにて行動していた羽柴秀吉(のちの)の与力であった尾張伊東氏の伊東掃部助(か)を同族の縁で頼り、掃部助の紹介で信長家臣となった祐兵主従はそのまま秀吉に配属されることとなった。 その後、を経て秀吉の家臣団に組み込まれ、などで活躍した後、秀吉によるにおいても先導役を務め上げた戦功・功績を認められた。 九州平定により島津氏は日向国の伊東氏旧領を全て明け渡し、秀吉の奇跡的とも言える天下取りの過程にて、日向伊東氏もまた奇跡的に、10年越しに日向国へ大名として復帰することに成功した。 その際に祐兵は、かつて日向伊東氏の本城があったやではなく、がより勝ち取り、義祐から祐兵自身に委ねられていたを本拠とした。 その後、日向伊東氏は5万1千石余の大名として江戸時代を通して一貫してまで存続した。 一方の伊東長実の子孫は豊臣家の家臣としてその滅亡まで仕えた後、備中にて1万石余の大名としてこれもまた江戸時代を通して一貫してまで存続した。 また、日向伊東氏の祖の祐光の孫の代に分かれた家は、伊豆に勢力を残し、のちにのに仕えた。 は北条氏当主のからを受け、やと戦い、北条氏の滅亡後は一旦蟄居するものの、関東に入府したに仕え、・などを戦い、子孫は江戸幕府となった。 伊東氏系図 [ ] 日向伊東氏 [ ] 伊東氏との関係は、「」で知られる工藤祐経の子が、から日向の地頭職を与えられてを下向させたことが始まりである。 これらはやがて田島伊東氏、門川伊東氏、木脇伊東氏として土着し、など在地との関係を深めながら日向にの勢力を扶植していった。 伊東氏の本家が実際に日向を支配するようになったのは、2年()、から命じられて日向に下向した伊東祐持(すけもち)からである。 祐持はの妻・の所領であった穆佐院を守る為、日向300町を賜ったと言われている。 祐持は国大将として下向したに属して日向国内の南朝方と戦った。 征西府の拡大、など情勢が変わるたびに国内は混乱したが、伊東氏は基本的に方(及び時における尊氏派)の立場を守り、に忠節を尽くした。 息子の祐重(すけしげ)も・尊氏から偏諱を受けて伊東氏祐(うじすけ)と改名した。 〜を通じて、伊東氏はのと抗争を繰り返しながら次第に版図を広げていった。 その後7代当主、10代当主の父子には、前述の氏祐以来となるが(将軍・)より偏諱を受けている。 後者の義祐は、兄・や弟・の死去により家督を相続し、のと抗争、これを圧倒して、を本拠に四十八の支城()を国内に擁し、は歴代最高位たるに昇るなど最盛期を築き上げた。 しかし、義祐は晩年から、奢侈と中央から取り入れた京風文化に溺れて次第に政務に関心を示さなくなり、3年()、でに退けられたことを契機に、伊東氏は衰退し始めた。 5年()、の侵略に耐えられなくなった義祐は日向を追われて、その後は瀬戸内などを流浪した末に堺にて死去したという。 こうして伊東氏は一時的に没落したが、義祐の三男・は中央に逃れての家臣となり、天正15年()ので先導役を務め上げた功績を認められ、日向にとして復帰を成し遂げた。 5年()のでは、祐兵は病の身であったため、家臣を代理として東軍に送っている。 その功績により所領をされ、以後、伊東氏はを通じてまでとして存続することとなった。 なお、この伊東氏の一族からは、祐持の従兄弟・伊東祐熙(すけひろ、祐持と氏祐の間に当主であったとされる)の末裔とされ、に仕えた、・・らが送り出した有名なの主席正使としてに赴き、()に拝謁した伊東祐益こと、伊東祐審(すけあき)のと伝えられ、時に初代を務めた・などを輩出している。 日向伊東氏系譜 [ ] 祐昭 34 一族 [ ]• 佐土原氏• 佐土原祐秀• 木脇氏• 長倉氏• 戦国期主要家臣団 [ ]• 落合兼呑• 福永氏本• 米良重次• 米良重直• 米良弘泰• 米良喜内• 安積伊東氏 [ ] 工藤祐経の子の一人、がのとしてを賜り、その子孫が安積郡に移住したのが始まり。 以後、やなどの城を築き、などの有力大名に従いながら戦国時代頃まで周辺を治めた。 また、一部は戦国時代からに仕え、(16年)のでは伊東肥前重信がらの身代わりとなって戦死した他、のではが中心人物の一人として活躍している [ ]。 としてがいる。 今現在は仙台市に安積伊東氏伊東肥前重信の子孫が在住している。 新庄藩士 伊東氏 [ ] にも 伊東氏がある。 新庄藩士の家臣のの系図では、伊東氏の女が安島庄右衛門清英に嫁ぎ、ら三人の子を生むとある。 また、清英の三男 平蔵直休(伊東尚休)、母の生家を継ぎ伊東姓となるとある。 尾張伊東氏(河津氏) [ ]• 異説として、祐親は頼朝と八重姫が結ばれたのを怒ったのではなく、八重姫と北条政子の両方と結ばれていた事実に怒ったとする説もある(保立道久「院政期東国と流人・源頼朝の位置」『中世の国土高権と天皇・武家』校倉書房、2015年 )• 祐親が自害を遂げた際、祐清が自らも頼朝に死を願い、頼朝は心ならずも祐清を誅殺したとする異説もある。 都城市史編さん委員会編『都城市史 通史編 中世・近世』(、)。 早川光義の二男。 仙台藩士・の子。 ・の三男。 一門・伊東祐峯の三男。 交代寄合・松平(久松)康真の六男。 交代寄合・最上義溥の三男。 安藤智重『安積歴史入門』歴史春秋社、2014年、18頁。 は中期のである。 『郷土資料叢書第十輯』「戸沢家中分限帳(二)」135頁参照。 参考文献 [ ]• 『曾我物語の史実と虚構』 〈歴史文化ライブラリー〉、( - 初期の節に関してのみ)。 編『郷土資料叢書第十輯』「戸沢家中分限帳(二)」 関連項目 [ ]•

次の