キンシバイ 挿し木。 【キンシバイのまとめ!】剪定方法や花言葉など10個のポイント!

キンシバイ

キンシバイ 挿し木

深い緑色の葉の中に黄色い花を咲かせ、梅雨を彩るキンシバイ。 枝は枝垂れており、うつむくように花を咲かせます。 中国が原産のオトギリソウ科・オトギリソウ属の半常緑低木です。 まずは キンシバイの育て方からお伝えします! キンシバイの剪定時期と剪定方法は? キンシバイの剪定は3月に行いましょう。 花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。 さらに大きく育てたい場合には形を整える程度に浅く切り、小さくまとめたい場合、地の際から30cmほどの高さで切るとよいでしょう。 次は、 キンシバイの植え付けについてお伝えします! キンシバイの植え付けのポイントは? キンシバイの植え付けは3~4月と9~10月に行いましょう。 鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。 地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。 苗を植え付けた後に水を与えたら棒などでつつき、土と根をなじませます。 次は、 キンシバイの植え替えについてお伝えします! キンシバイの植え替え時期とポイントは? キンシバイの植え替えは3~4月、もしくは、9~10月に行いましょう。 根鉢よりも1回りほど大きい穴を掘り、底部分に腐葉土を混合したものを入れた後に植え付けましょう。 その後、根鉢まわりに水を注いだら 棒などでつつき、根と土をなじませます。 次は、 キンシバイの増やし方についてお伝えします! キンシバイの増やし方は? キンシバイを増やす方法には・・・ 挿し木や株分けなどがあります! 株分けの場合、3~4月、もしくは、9~10月に植え替えと同時に行うとよいでしょう。 土から株を掘り上げ、適当な大きさに分けてから、育てたい場所へと植え付ければ完了です。 では、挿し木は一体どうやればいいのでしょうか? 詳しくは次で紹介したいと思います。 次は、そんな キンシバイの挿し木についてお伝えします! キンシバイの挿し木のやり方は? キンシバイの挿し木は5月~6月に行いましょう。 枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。 このとき、葉は先端部分に5枚ほど残し、他の葉や蕾は切ってしまいましょう。 キンシバイに似た花は何がある? キンシバイに似た花には、ビョウヤナギがあります。 判別するときには、 雄しべをチェックしましょう。 ビヨウヤナギはキンシバイに比べて、雄しべが長いです。 また、雄しべの数が非常に多いです。 次は、 キンシバイの花言葉についてお伝えします! キンシバイの花言葉はなに? キンシバイの花言葉には「きらめき」「太陽の輝き」などがあります。 それらは、花が太陽のように輝いて見えることからつけられたといわれています。 次は、 キンシバイの種類や品種についてお伝えします! キンシバイの種類や品種は何がある? キンシバイはオトギリソウ属ですが、 日本が原産の種類は20種ほど確認されています。 オススメ記事 キンシバイのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。 土は、水はけ、保水性がよく、腐植質のものが適しています。 肥料は、3月と9~10月に緩効性化成肥料を与えましょう。 水は、庭植えの場合はほとんど必要ありません。 鉢植えの場合は土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。 花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。 鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。 地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。 枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

良く似た 黄色い花 ビヨウヤナギとキンシバイ: 楽しいガーデニング

キンシバイ 挿し木

中国大陸南部原産の半常緑性の低木。 幹は株立ち状となり枝は垂れ下がる。 高さ0. 5〜1mになる。 中国大陸原産の半常緑低木。 幹は株立ち状となり枝は垂れ下がる。 高さ1mほどになる。 葉脈はあまり見えない。 葉には透明な腺点が点在し、光に透かして見ると確認できる。 葉脈の網目が見える。 葉には多数の透明な腺点り、光に透かして見ると確認できる。 雄しべは約60本づつ、5つの束をなす。 花弁はカップ状に開き、 雄蕊は花弁より短い。 雄蕊は30〜40本が5つの束になり、長さは、 花弁より長く、雌蕊と同じかやや長くなる。 花弁は大きく開く。 見分け方のポイント どちらもオトギリソウ科オトギリソウ属で、葉の形、黄色の花など共通点が多いが、下記により見分けることができる。 なお、園芸品種も多く紛らわしい。 1 葉の付き方で見ると一番わかりやすい。 キンシバイは平面的な通常の 対生につき、ビヨウヤナギは 十字対生で立体的に付く。 2 葉の形でみると、キンシバイは卵状長楕円形で、 葉の幅は基部近くが最も広いのに対し、ビヨウヤナギは長楕円形で 葉の幅は中央部近くが最も広い。 3 葉の大きさは、ビヨウヤナギが キンシバイの倍ほど大きく、これも見分け方のポイントになる。 4 花が咲いている時は明瞭な違いがある。 ビヨウヤナギの花は 花弁が大きく開き、雌蕊より長い雄蕊が目立つのに対し、キンシバイは 花弁がカップ状に咲き、雄蕊は雌蕊より短い。

次の

キンシバイ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

キンシバイ 挿し木

挿し木とは、増やす目的の植物の葉、茎、根など植物体の一部を採取し、差し床で不定根、不定芽を発生させ、独立した一個体に養成する繁殖方法です。 一般に挿し木は、種子の出来ない植物や、出来ても発芽の悪いもの、品種の固定されていないものの繁殖手段として用いられます。 挿し木繁殖の利点と欠点 利点• 母木と同一の形質を持つ個体が得られる。 技術的に簡便で、一度に多数の苗が得られる。 実生苗に比べて生育、開花、結実が早い。 実生、接ぎ木苗に比べて、浅根の性質があり、寿命の短いものがある。 挿し木困難な植物がある(斑入り植物は、新芽が斑を持たない層から分化するため、例えばサンスベリアなどは挿し木により発生した新芽は斑が抜ける)。 挿し木の用土 挿し木には、赤玉土、鹿沼土、川砂、水苔、パーライト、バーミキュライトなどの用土が用いられます。 これらの用土は、挿し木をする植物によって使い分けられますが、水はけが良く、清潔で肥料分がないことが条件です。 用土に肥料分や腐食分が含まれていると、発根する前に切り口から腐ってしまう場合がありますので、用土は単用で使用します。 接ぎ木について• 接ぎ木とは、植物の一部である枝、芽などを切り取って、他の植物に接ぎ合わせて独立した新しい個体に養成することです。 接ぎ木は栄養繁殖の一方法です。 園芸植物は長い年月の間に品種改良が行われ、遺伝的に固定されていないものが多いため、植物体の一部から再生させて独立した個体を得る方法、すなわち、親の形質を確実に伝える栄養繁殖が主要な繁殖方法となります。 栄養繁殖法には、接ぎ木、挿し木、取り木、株分け、球根類の分茎繁殖など多くの方法があるので、植物を繁殖する場合、樹種や繁殖の目的などによって適した方法を選択することが重要です。 接ぎ木繁殖の利点と欠点 品種の特性が維持される 他の栄養繁殖と同様、遺伝的特性に変りなく、その特性が受け継がれる。 他の方法で繁殖が難しい植物の増殖が可能 種子の出来ない植物や他の栄養繁殖では難しい植物、例えば、挿し木の困難なもの、発根しても後の生育が悪く、実用的でないもの。 モモ、クリ、カキなど経済栽培する主要果樹のほとんどは、種子繁殖では品種の特性が失われる。 また、挿し木も困難なものが多い。 台木の選択により、特別な栽培目的を達成できる 樹勢の調整ができる 樹を矮化させたい場合など、台木の選択により樹勢を調整する。 環境適応性の増進 風土に適した台木を用いて養成し、栽培を有利にする。 病害虫による被害の回避 免耐力のある台木を用いる。 結実率、果実の品質向上を図る 台木の選択により、果実の結実量を増加させることができる。 増殖率をあげる 台木さえ準備すれば、一度に多数の増殖が可能。 品種の更新ができる 枝幹を切断して高接ぎ更新ができる。 樹勢の回復ができる 樹齢が進み老化した樹木に強勢台木の根を接ぐことにより、樹勢を回復させ、経済年齢の延長を図る。 咲き分け、樹形の調整ができる 盆栽接ぎ木と称して、樹齢の進んだ枝幹を利用して上部に枝接ぎ、基部に根接ぎをした速成に仕立てる技術。 接ぎ木の短所• 台木となる植物の養成や、接ぎ木作業に手数がかかる。 接ぎ木技術に多少の熟練を要する。 実生苗に比べて寿命が短いものがある。 盆栽の種木養成では、接ぎ木部が肥大し、自然形が失われる。 接ぎ木活着の難易 接ぎ木活着は、まず台木の穂削傷面に形成されるカルス(癒傷組織)の癒合にはじまります。 したがって、接ぎ木後、台穂削傷面にカルス形成が速やかに、しかも多量に形成される植物は活着容易ということになり、逆にカルス形成が遅く、量的にも少ない植物は活着困難ということになります。 接ぎ木の種別 枝接ぎ 1〜数芽つけた枝を接ぎ穂とする接ぎ木方法。 接ぎ穂、台木接着面の削り方や合わせ方によって、切り接ぎ・割り接ぎなどがある。 をご覧下さい。 緑枝接ぎ 当年生の新梢を穂木として、同じく切り戻して出された新梢を台木として接ぎ木する方法。 新梢どうしの接ぎ木であるので活着が良い。 芽接ぎ 芽と少量の木質部をつけた樹皮を削りとり、これを台木の削傷部あるいは樹皮を剥がし露出した木質部に接着して接ぐ方法。 をご覧下さい。 根接ぎ 根接ぎには、茎に接ぐ「より根」の部分に接ぐと活着の良いものや、適当な台木の得られないときに根に枝接ぎを行う方法。 樹木の樹勢回復のために、強勢な樹種の根を樹幹の基部に接ぎ木する場合もある。 実生接ぎ クリ、ツバキのような比較的大きな種子の発根したばかりの実生を台木に用いて枝接ぎする方法。 茎項接ぎ 無菌の実生台木にして、ウィルス病濃度の薄い茎項を解剖顕微鏡下で取り出し、これを台木切断面の形成層上にのせて活着を図る方法。 呼び接ぎ 他の接ぎ木方法のように穂木を母樹から切り離さないで、根のある穂台それぞれの茎の一部を削り、その削傷面を密着させ癒合を図る方法。 枝接ぎの作業方法 断面がまっすぐに切られているので、台木削傷面との密着度が高く活着しやすい。 切り口断面がえぐれていたり、でこぼこしていると活着しにくい。 台木削傷面と穂木の削傷面が密着するので、カルスの形成が素早く行われ、活着率が高い。 台木削傷面と穂木の削傷面が平ではなく、空間ができてしまっているので、活着が困難である。 芽接ぎの作業方法 穂木は充実した枝を選ぶ。 接ぎ芽となる部分は、葉柄を残して葉を切り取り、芽接ぎナイフで芽を中心に2cmくらい楯形にそぎとる。 その際、わずかに木質部にかかるようにそぎとります。 台木は平らな部分を選び、T字形の形成層に達する傷を入れ、芽接ぎナイフの爪で接ぎ芽が入れられる程度に樹皮を傷つけないように剥がす。 T字形に切り込んだ部分に、調整した接ぎ芽をしっかり挿入する。 この作業におていは、接ぎ芽が木質部に密着することが大切であり、接ぎ木部分は接ぎ木テープなどで接ぎ芽が動かないようにして芽だけを出して結束する。

次の