千葉 県 台風 被害。 令和元年台風第15号等の被災者に対する住宅被害相談窓口について/千葉県

「なんで千葉県」といいたくなるほど相次いだ千葉県の災害(饒村曜)

千葉 県 台風 被害

2階建て建物の屋上にあった物置が崩れ落ち、電柱も折れた。 強風の影響とみられ、周囲は通行止めとなった=9日午前9時15分ごろ、千葉市稲毛区作草部 激しい風雨を伴った台風15号は9日午前5時ごろ、強い勢力を保ったまま千葉市付近に上陸し、千葉県内の広範囲を暴風域に巻き込みながら北東方面へと縦断した。 銚子地方気象台によると、千葉市中央区で同日午前4時28分に最大瞬間風速57・5メートルを観測。 県内での最大瞬間風速の観測史上最大を更新した。 木更津市での49・0メートル(同日午前2時48分)と館山市での48・8メートル(同2時31分)も、両地点として観測史上1位。 記録的な暴風となり、県内各地で倒壊や吹き飛ばされる被害が続出した。 農業用ハウスや収穫前の梨などにも被害が出ているもようだ。 これまでの県内1位の最大瞬間風速は、2002年10月の台風21号の際に銚子市で観測した52・2メートル。 今回、千葉市で観測した57・5メートルは時速換算だと新幹線並みの207キロとなる。 降雨量も、君津市坂畑で8日午前10時~9日午前11時に237・5ミリ、市原市牛久でも同時間帯に221・5ミリとなり、県中央部を中心に猛烈な雨となった。 台風15号通過後の9日の県内は気温が急上昇。 横芝光町で午後1時すぎに35・4度の猛暑日に達した。 県内への台風上陸は、16年8月22日に台風9号が館山市付近に上陸して以来。 昨年9月30日~10月1日の台風24号は県内付近を通過していた。

次の

台風15号、なぜ千葉県睦沢町は大規模停電を免れたのか?「電力の地産地消」が重要

千葉 県 台風 被害

令和元年(2019年)秋の千葉県 令和元年(2019年)秋の千葉県は、台風15号、台風19号、そして、低気圧による1時間100ミリの雨と、「なんで千葉県」と思われほど災害が相次いでいます。 令和元年(2019年)秋の太平洋高気圧の張り出しが、東日本を中心とした張り出しであることが多く、この縁辺部をまわるように台風や低気圧が関東地方にきたと考えられます。 太平洋高気圧の張り出しが、もう少し強ければ、あるいは、もう少し弱ければ千葉県ではなく、他の地方が災害にあった可能性があります。 気象条件によっては、どこでも大災害発生の可能性があります。 台風15号と台風19号、そして低気圧 台風15号は、9月9日5時前に強い勢力で千葉市付近に上陸し、関東を縦断しました。 上陸時の中心気圧960ヘクトパスカルです。 関東に上陸した台風のうち、昭和26年(1951年)以降で中心気圧が一番低かったのが、平成14年(2002年)に神奈川県川崎市付近に上陸した台風21号と、昭和33年(1958年)に神奈川県三浦半島に上陸した台風21号の960ヘクトパスカルです。 関東地方上陸の台風で、中心気圧の低い記録を出している台風のほとんどは、神奈川県上陸か、千葉県でも房総半島上陸ですので、東京湾で一番奥に位置する千葉市への上陸は初めてといえそうです。 このため、千葉市中央区で最大瞬間風速57. 5メートル、最大風速35. 9メートルを観測するなど、千葉県を中心に大きな被害が発生しました。 台風15号の約1ヶ月後、台風19号が大型で強い勢力で、10月12日19時前に静岡県の伊豆半島に上陸しました。 台風15号は、進行方向前面に分厚い雨雲を伴っており、この雨雲が東寄りの風によって伊豆半島から関東西部の山地に吹き付け、昭和33年(1958年)の狩野川台風のように、伊豆半島から関東の西部の山地で記録的な大雨が降っています。 台風19号による雨は、神奈川県箱根で1000ミリを超えるなど、伊豆半島から関東西部の山地では600ミリを超え、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡、茨城、栃木、新潟、福島、宮城、岩手の13都県で大雨特別警報が発表となりました。 千葉県では、特別警報が発表するほどの記録的な大雨ではなかったのですが、台風15号の被害から復旧が終わっていないところでの大雨ですので、雨量の数値以上に大きな被害が発生しました。 そして、非常に強い台風21号が関東の東海上を北上していた10月25日、東シナ海で発生した低気圧が、関東地方を通過しました(図1)。 図1 台風21号の雲(右)と低気圧の雲(左) この低気圧は、です。 熱帯低気圧のように多量の水蒸気を持っており、大雨を降らせる可能があります。 加えて、関東の東海上を北上中の台風21号からの強い東風が雨を強化させました(図2)。 図2 雨と風の分布(10月25日13時) 災害につながるような稀にしか観測しない雨量を観測・解析したとき、気象庁では「記録的短時間大雨情報」を発表しています。 この数年に一度しか発生しない「記録的短時間大雨情報」が、千葉県の千葉市付近と八街市付近で発表されています。 千葉市付近と八街市付近では、10月25日の13時30分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったと解析されています。 この記録的な大雨により、千葉県の養老川が氾濫するなど、千葉県を中心に河川の氾濫やがけ崩れなどが相次いでいます(タイトル画像参照)。 千葉県では道路の冠水や交通網の寸断で帰れなくなる児童や生徒が相次ぎ、学校で一夜をあかした生徒が数多くでています。 千葉県の天気予報 10月27日(日)の千葉県の天気予報は「くもり所により雨」です。 大気が不安定になる夕方からは雨の可能性が高まりますが、雨量はそれほど多くない見込みです。 ただ、これまでの雨によって、千葉県では土の中の水分量が多い状態が続いており、少しの雨でも土砂災害が発生する可能性がありますので、雨の降り方には注意して下さい(図3)。 図3 土の中の水分量(土壌雨量指数) 28日(月)は、移動性高気圧に覆われ晴れますが、東シナ海には低気圧が発生する予報で、晴れは長続きしません(図4)。 図4 予想天気図(10月28日21時の予想) 29日(火)は、東シナ海で発生した低気圧が本州の南岸を通過するため、南部ほどまとまった雨になりそうです(図5)。 図5 雨と風の分布予報(10月29日15時の予想) 台風15号、台風19号、および、低気圧の被災地では、一刻も早い災害復旧のためにも、 二次災害防止が不可欠です。 千葉市の16日間予報では、10月30日(水)以降の6日間は、晴れの日が続く予報です(図6)。 図6 千葉市の16日先までの天気予報 降水の有無の信頼度は、5段階表示で一番高い「A」が多く含まれていますので、信頼度が高い晴れ予報です。 その後は、3~4日に1日が雨という周期変化の予報ですが、降水の有無の信頼度は、5段階表示で一番低い「E」や、二番目に低い「D」が含まれていますので、信頼度が低い周期変化の予報です。 「なんで千葉県」といいたくなるほど気象災害が相次いだ千葉県ですが、「千葉県が危ない県」というわけではありません。 条件があえば、どこでも起こりうる災害が、たまたま千葉県で重なっただけです。 どの地域でも、常日頃から災害への備えが必要です。 タイトル画像:片平敦氏提供。 図1、図2、図3、図5、図6の出典:ウェザーマップ提供。 図4の出典:気象庁ホームページ。

次の

【台風15号】千葉市で57・5メートル暴風 県内観測史上最大

千葉 県 台風 被害

なぜ2019千葉県で台風や雨の被害・災害が多いのか? 2019年10月25日(金曜日)の大雨で、今までにない規模で甚大な被害が出ている千葉県ですが、 なぜ千葉県ばかり狙われるのでしょうか。 千葉県は大丈夫なのかと各地から心配する声が上がっています。 今日はお天気回復傾向。 昨日の雨はすごかった、皆さんご無事でしょうか……。 千葉県、なぜここまで集中的に攻められるのか……。 今日は気圧上昇傾向へと転じています。 これ以上雨が降りませんように。 湿気入ってます、腰痛膝痛胃腸症状注意。 — 若林理砂 asilliza なぜ千葉県ばかり狙われるのかは、神のみぞ知ることなので分かりませんが、立て続けに被害・災害が続くと参ってしまいます。 去年の2018年は西日本が台風や大雨の被害の中心でしたが、今年の2019年は東日本の特に千葉県に被害が集中しています。 災害が多すぎて被害状況の全容を把握する前に、次から次へと災害を襲ってきています。 今年の被害状況についてまとめてみました。 千葉県2019の被害状況 特に大きかった災害の被害状況について見ていきます。 台風15号 屋根の補修中、転落事故相次ぐ 台風被害の千葉で死者も 台風15号で被害に見舞われた千葉県で、屋根の補修や雨に備えてブルーシートを張る作業中の転落事故が相次いでいる。 16日午前までで少なくとも15市町で計35件に上る。 君津市では屋根を補修中の男性(当時61)が — 弁 士 Bu61XlYnkCNPiOp 特に被害が大きかったのは、台風15号が記憶にあたらしいのですが、2019年9月9日に台風15号が千葉県千葉市付近に上陸しました。 停電による熱中症で死者が出ており、特に、住宅被害が多く県内で損壊した住宅は2万棟を越えていると言われています。 停電・断水・インフラ・ライフラインの復興が遅れ長期に渡り市民の生活に傷跡を残しました。 死者は群馬県で1人、千葉県で1人、神奈川県で1人の計3人、行方不明者は宮城県で2人、福島県で3人、栃木県で3人、長野県で4人、静岡県で1人の計13人。 この台風で死者88名、行方不明者は7名を出しており、豪雨台風で雨が激しく降り続き、各地で河川の氾濫が発生しました。 台風通過前に、千葉県市原市で10月12日午前8時頃に竜巻が発生し、横転した軽トラックの中から男性1名が発見され、その後死亡が確認されています。 また、千葉県を流れる利根川が氾濫しており、各地で洪水や土砂災害、河川の越水、決壊が起きており、インフラや交通にも大きな影響を与えました。 関連記事:利根川氾濫被害状況の記事はこちら 10月25日の大雨 千葉 豪雨での死者8人に : 地元消防などによると、千葉県市原市の住宅土砂崩れで重傷だった女性(57)が26日、死亡した。 同県長南町でも同日未明、水に漬かった車の中から男性(91)の遺体が見つかった。 県内の豪雨による死者は計8人となった。 — ミント🍃 相互フォロー 1122Kra 今回の大雨では、千葉県内の15河川が氾濫、道路や駅構内の冠水など、大雨の被害が発生しており、未だに被害の全容を知ることが出来ていません。 一時、孤立した学校や住民がおり、児童が学校で宿泊を余儀なくされ、帰宅困難者も多く出ています。 関連記事:千葉県の河川氾濫冠水の被害状況の記事はこちら この2ヶ月弱の間に立て続けに豪雨が続いているので、なぜ千葉県ばかり狙われているのかと、疑問に思ってしまうのも無理ないです。 過去の千葉県での台風や雨の風水害について 千葉県は台風が上陸するイメージはあまりありませんが、過去にどのような災害が起きていたのか見ていきたいと思います。 明治43年の大水害 100年以上前の1910年に、関東各地に集中豪雨をもたらした台風は、利根川、荒川、多摩川などの広範囲にわたって河川が氾濫し各地で堤防が決壊しています。 この時の関東地方の被害者は、死者769名、行方不明78名と甚大な被害を出しています。 千葉県内では79名の犠牲者を出しており、この水害で多くの治水事業の計画・実施され利根川、印旛沼、手賀沼の洪水被害は激減したようです。 大正6年の高潮災害 大正6年(1917年)9月30日に台風より発生した高潮水害は大正六年の大津波の名で伝えられています。 東京の佃、月島、築地、品川、深川地区が浸水した他、千葉県の浦安市、市川市、船橋市など千葉県の東京湾岸一帯に被害を及ぼしました。 高潮、満潮の影響で、海面が一気に上昇し、気象災害史上に残る高潮被害になりました。 死者・行方不明者1301名出しており、この時も甚大な被害を出しています。 千葉県茂原市の竜巻 1990年(平成2年)12月11日の午後5時~8時の間にヒョウや落雷などが発生し、千葉県内の6か所で竜巻が発生しました。 被害が大きかった茂原市で発生した竜巻では、死者1人、負傷者70人以上、損壊した建物は1600棟以上と被害が大きかったようです。 過去に甚大な被害をもたらした災害はありましたが、今年はやはり災害が多すぎます。 行政の対応が遅れて被害が増えた 東京新聞:千葉の指定率、全国ワースト 警戒区域外で土砂崩れ:社会 TOKYO Web 危険なところには土石防止の擁壁を積まなくてはならない、土砂災害危険区域指定が千葉県はワーストだという、森田健作何をしてきたのだ — いたにのりお je3gnu 今回の大雨では、土砂災害などの被害が大きかったことも特徴です。 千葉県内の土砂崩れ現場(3ヶ所中2ヵ所)では、市町村が避難体制を整備する土砂災害警戒区域に指定されていませんでした。 また、今回の大雨では、千葉県が危険箇所として認識していない所でも土砂災害が起きています。 千葉県は、 日本全国でも警戒区域の指定が33.07%(全国平均83.96%)と突出して低く、 住民への危険に対する周知が遅れたことも被害が増えた原因と考えられています。 土砂災害が起きた付近の住人の方は 「土砂崩れが起きるとは想像していなかった」と話しています。 自然災害には勝てないと言われていますが、少しでも災害が減るように行政・国には対応をしてもらいたいですね。 まとめ 今年は、なぜか千葉県に台風や雨の被害が集中しているので、今年の被害状況と過去の災害について見てきました。 今年は、過去に例を見ることがないほどの被害が集中して続いているので、今後も防災意識を高めて生活していかなければなりません。 行政・国レベルで対策をして災害が減るように頑張っていただきたい。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 合わせ読みたい!千葉県の台風による災害で知事の疑惑が気になる記事はこちら.

次の