木村 拓哉 ツイッター 陽炎。 Audience Rating TV > 視聴率 > 2020年04〜06月

Audience Rating TV > 視聴率 > 2020年04〜06月

木村 拓哉 ツイッター 陽炎

木村拓哉が、フジテレビ開局60周年スペシャルドラマとして来春に2夜連続で放送されるドラマ「教場」に主演することが決定した。 原作は、作家・長岡弘樹氏による同名の小説。 だが、普段は温厚で、生徒を恫喝するようなことはなく、校内の花壇の花を世話する、物腰の柔らかい教官だ。 今作を木村主演で放送することに原作ファンからは「主人公は、かなり複雑なキャラクターです。 ただ冷たく演じればいいのではなく、闇を匂わさなければならない。 これは木村拓哉さんには無理」「原作がいいだけに、もったいない。 師であったり戦友であったり親のような存在だったり、そんな変幻自在の教官を演じる力が果たして彼にはあるのだろうか」など、不満の声が上がっている。 また、スポーツ紙が「見たことのない冷酷なキムタク」と題名を付けたことに対し「冷酷なキムタクなら、見た事ある。 SMAP解散前にほかの4人従えて、センターに仁王立ち」「長年一緒にやってきた仲間を裏切る冷酷さを見せつけられましたけど」など辛辣な意見。 「SPドラマでジャニーズ主演にお腹いっぱい」という意見も散見された。 「原作は、それぞれの生徒との関わりにフォーカスしているので、スペシャルというよりは連ドラのほうが適していると思います。 人間というものの深層を描いている作品なので、じっくりと描いてほしいですね」(テレビ誌ライター) 何をやってもキムタクという殻を打ち破ることができるかが勝負のようだ。

次の

徹子の部屋のマツコデラックス・木村拓哉・キムタクが話題

木村 拓哉 ツイッター 陽炎

忘れてた訳じゃなかったんだけど、ライブ映像本編が良すぎて、中々他の映像を観る気にならなかった。 ので、やっと今日応募して、弱い僕だからとOne chance! の映像を観て来た。 アコースティックライブ、良いね~ 正直、このイベント自体が、唄以外の部分がちょっと…ってのが多くて、自分は愉しみきれなかった。 でも、時間が経ってから改めて観ると、唄がとっても素晴らしい。 拓哉くんの声って、本来はこんな風にジックリと唄うのに合ってる気がする。 拓哉くんの柔らかい声に気持ちが乗って、本当に心を揺さぶられた。 あの狭い空間でアコースティックな楽器で拓哉くんの唄を聴くと、最高に気持ち良い 拓哉くんももしかしたら、あれくらいの人数であれくらいの規模のライブをやるのがベストなのカモなんて思っちゃった。 でも、残念ながら拓哉くんファンは沢山いるから、絶対に無理よ~~ 勿論、ダンスも観たいしね 最低でアリーナだよ。 拓哉くんはもうドームは嫌だって言ってたけど、今現在も若いファンも男性も増え続けてる状況はドームだって不可能じゃないよね。 自分は余り広くない方が見やすいから、やらなくて良いと思ってるけど (自分がライブに参加出来る事が前提 ) 「弱い僕だから」も、このバージョンの方が自分は好み。 ノリノリも大好きだけど、このバージョンは唄自体をじっくりと楽しめた。 ワンチャンも、ライブの一体感とは別物の心地よさ 何よりも、バックのバンドの方達とコーラスのユッキー がもう自分的にはお馴染み過ぎて、他人じゃ無い感覚 正直、以前に配信された2曲も「今」観たかった きっと前の時よりも、もっともっといい感じで観られたと思う。 そこが、凄く残念。 そういえば、Your Songのプロモも、凄く良いと思った。 君のために唄う、透明な身体の「僕」の具現化。 あのプロモの中の拓哉くんはどなたかが言ってた様に、まさにShitao あの歌の世界観が、あのプロモに凝縮されてた。 来週のゲストは、爆問のP どんな話をしてくれるのか、凄く楽しみ 今の状況になってから、様々な人から拓哉くんの話が聴けるけど、何となく信用ならない人も多い。 もしまた状況が変わったら、きっと違う事を言い出すんじゃないか って人もいる。 でも、何がどうなっても本当の拓哉くんを知ってるから、絶対に変わらないって確信できる人も何人かいる。 Pも間違いなくその1人。 自分的には、ビリヤードの先生に是非もう一度お願いしたいなぁ。 決して「イイジマ」って言葉を発しなかった当時の拓哉くんには、自分は勝手に心中を察してしまった。

次の

木村拓哉、番組Tシャツ作り始動「誰かとつながっている流れ」

木村 拓哉 ツイッター 陽炎

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 6月18日から始まった木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が、初回、第2回の平均視聴率で15. 9%を記録。 2018年1月期放送のファーストシリーズを、わずか0. 5ポイントながら上回る好スタートを切った。 「コロナ禍で新ドラマの制作がままならない中、比較的早くスタートを切ることができました。 視聴者の期待も大きかったのでしょう。 やはりキムタクは、そういう星のもとに生まれているのかもしれません」(テレビ雑誌編集者) 今回は設定も変わっている。 島崎章(木村)が勤務していた『日ノ出警備保障』はIT系総合企業『KICKS CORP. (キックスコーポレーション)』に買収され、『KICKS(キックス)ガード』となる。 木村は身辺警護課で働くものの、利益優先でVIPしか警護しない会社方針に疑問を抱き、退職。 その後、フリーのBG(ボディーガード)となって『島崎警備』を作り、そこにキックスガードの高梨雅也(斉藤工)も合流するという内容だ。 第1話では、島崎がフリーになり、高梨が参加。 島崎は刑務所に入っている受刑者のボディーガードを引き受ける。 受刑者は大学の研究者。 ボディーガードを引き受けるにあたり受刑者が刑に服した経緯を聞き出し、身代わりの服役だと知ると、真犯人を捕まえるべく、高梨とともに真犯人を追い込むというものだ。 警察の仕事も頑張るガードマン 「ドラマの内容そのものは、とても褒められたもんじゃありません。 BGが犯罪解決のために動くなんて話は実際にはないわけだし、犯人が他にいるとしたら、それは警察の仕事です。 とはいえ、警備の域を逸脱しないとドラマになりませんからね」(同・編集者) ここで、また出てきたのが木村の身長問題だ。 一般的に警護者は身長175センチ以上、柔剣道などの覚えがあることが大方の条件とされる。 「斉藤が184センチと大柄なだけに、余計に木村が小さく見えます。 木村は公称176センチ。 日本人としては大きい方ですが、なぜかドラマではそうは見えません。 木村が中肉中背と思われる170センチ前後の男性と格闘するシーンもありますが、木村はどう見ても小さい。 176センチは誤報なのかと思うほどです」(週刊誌記者) 政府の統計調査によると、日本人男子40歳~49歳の平均身長は約171センチ。 「木村にはかねて、ズバリ〝169センチ説〟がありました。 最近は以前よりヤセた感じで、マイナス1センチの168センチといったところかもしれません。 頬骨あたりのシワがすごいですし、50代といわれても…の感じがしますね」(女性誌記者) 確かに職業としてのBGは、考えてみればキツイ年齢だろうに…。

次の