コンデナスト。 コンデナスト、アナ・ウィンター編集長辞任の噂を否定

田端信太郎さんがBtoBマーケティングをガチで語り尽くす<前編>リクルート『R25』、ライブドア、コンデナスト、LINE…独自キャリアで学んだ法人営業のリアル

コンデナスト

山口 義宏 やまぐち・よしひろ [インサイトフォース代表取締役] インサイトフォース代表取締役。 東証一部上場メーカー子会社で戦略コンサルティング事業の事業部長、東証一部上場コンサルティング会社でブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年にブランド・マーケティング領域支援に特化した戦略コンサルティングファームのインサイトフォース設立。 大手企業を中心にこれまで100社以上の戦略コンサルティングに従事している。 著書に『デジタル時代の基礎知識「ブランディング」 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』(翔泳社)など。 東京都生まれ。 マーケティングの仕事と年収のリアル 「マーケティング職」といっても、その仕事はさまざま。 どんな会社でどんな職種があるのか、また収入の傾向やキャリアアップのポイントなどについて、書籍『マーケティングの仕事と年収のリアル』の内容をもとに具体的に解説します。 そのほか、業界で注目されるマーケターとの対談なども実施。 マーケターとして悩んでいる人、めざしている人の、就職やキャリアアップ、転職、独立に役立つ内容をお送りしていきます。 『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』(NewsPicks Book)などの著書やウェブ上の歯に衣着せぬ発言で知られる田端信太郎さん。 実はBtoBマーケティングのプロ中のプロでありながら、その切り口で語られる機会は少なく、貴重にもBtoBマーケティングについてガチでリアルに語っていただいた内容がテキストに! 営業成約までのゲートキーパーを特定したり、社内政治を突破して、成果を上げるためには? (本記事は、書籍『マーケティングの仕事と年収のリアル』の著者・山口義宏さんがファシリテーターを務める「マーケサロン」で2019年9月に開催したトークイベントのダイジェストです) 営業の現場を知らずしてBtoBマーケは語れない 山口義宏さん(以下、山口) 田端さんといえば、非常にSNSでのキャラクターが立っていらっしゃる。 実はキャリアとしてはBtoBマーケティングのプロ中のプロなんですが、今までその切り口での露出は少ない。 今日はガチでそこを語っていただきます。 まず、これまでのお仕事の変遷もかねて、自己紹介もお願いしてしまってよいでしょうか。 田端信太郎(たばた・しんたろう)さん 人気オンラインサロン学長。 1975年石川県生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒業。 NTTデータを経てリクルートへ。 フリーマガジン「R25」を立ち上げる。 2005年、ライブドア入社、livedoorニュースを統括。 2010年からコンデナスト・デジタルでVOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。 2012年NHN Japan(現LINE)執行役員に就任、上級執行役員として法人ビジネスを担当し、2018年2月末に退社。 同年3月にスタートトゥデイ(現ZOZO)コミュニケーションデザイン室長、19年4月に執行役員、同年末に退社。 現在、レバレッジのマーケティング戦略顧問。 著書多数。 田端信太郎さん(以下、田端) はい。 では最初に自分の専門性みたいなところを含めてお話しします。 まず新卒で2年ほどNTTデータにいました。 これも今風にいうと、「BtoBマーケティング」の端くれみたいなところもありました。 クライアント候補を集めたカンファレンスの企画や、その出欠確認のような地味なことを最初はやっていたわけです。 今日集まっている皆さんの中で法人営業の経験者ってどのぐらいいらっしゃるのかな……あ、結構いらっしゃいますね。 今日一番言いたいのは、「実際に法人営業マンをやったことなしに、BtoBマーケティングは語れない」ということです。 「マーケティング」というのは、広い意味でいえば「商売」を指すわけですから、じゃあ「BtoBマーケティング」は何かというと「法人商売」ですよね。 その地上戦のリアルな営業経験なしにはマーケティングなんて全然モノにならない、ということを強調したい。 僕はもう社会人になって20年ほどたちますが、「BtoBマーケティング」の専門家になろうなんて、これっぽっちも思ったことはありません。 山口 営業のリアルを知らずして、マーケティングは語れないということですね。 NTTデータのあと、リクルートでフリーマガジン『R25』を立ち上げられたんですよね。 田端 そうです。 当時、一般に無料のフリーマガジンというとローカルな広告しか入っていないものでしたが、『R25』ではブルーチップの(超一線の優良な)ナショナルクライアントの広告しか出さずに、フリーマガジンのイメージを一新したと思います。 次にライブドアに入って、ブログを立ち上げて、コンテンツとともに広告営業をしました。 最近言わなくなりましたが 「CGM(コンシューマー・ジェネレーティッド・メディア)」というのは当時、便所の落書きみたいなもので、一流企業のブランディングや広告宣伝の場にふさわしくないと言われていたものを、変えていきました。 その点では、さっきのフリーマガジンも同じようなものです。 徐々にネットが広告の主戦場になってきているわけですけど。 山口 そのあと、『VOGUE』や『GQ』といったラグジュアリーなメディアを擁するコンデナスト・ジャパンに転じられました。 田端 コンデナストでは、当時出てきたばかりのデバイスだったiPhoneやiPad向けに展開していきました。 シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンのようなラグジュアリーブランドを、それにどう乗せるか、ですよね。 つまり、 一貫して新たなメディアやデバイスが出てきたときの企業のマーケティングやブランディングを手掛けてきたことになります。 新たなメディアが出てきたとき、それを法人営業のチャネルの中でいかに決裁を取って、アーリーアダプターやイノベーターのあたりからテイクオフさせるか、というところですよね。 先日(対談実施は2019年9月11日)、「iPhone 11 Pro」にカメラが3つも付いたのを見て、それぐらいデバイスとして成熟してきたんだなと感慨深かったです。 最初にスマホが出てきたときは、「画面がパソコンより小さいから、それだけブランディング効果が弱い」「インプレッション当たりの広告料は低いんじゃないか」って真顔で言うクライアントがいっぱいいました。 「リッチネスが劣ってますよね」と。 LINEも同様です。 本当は最初から広告バナーをバーンと出すモデルのほうがはるかに最初から儲かったと思いますが、そこは歯を食いしばってこらえて、スタンプを地道に育ててきた。

次の

コンデナスト・ヴィデオ ジャパン |CONDÉ NAST JAPAN VIDEO

コンデナスト

概要 [ ] 4 タイムズ・スクエアの住所は1472号で、と43丁目の間の沿いに位置する。 42丁目の再開発の一環として2000年1月に完成した。 このビルは48階建ての247 m 810 ft で、アンテナを含めると最頂部は338 m 1,109 ft となる。 主なテナントは、雑誌社のと法律事務所のである。 小売店鋪は、 と(以前が入っていた場所)が出店している。 このビルの所有者はである。 設計は、同じくタイムズスクエア再開発プロジェクトによる も手がけたである。 NASDAQマーケットサイト [ ] 4 タイムズ・スクエアの北西の角には7階建ての円柱型の建物ののがある。 その側面に設置された大型ディスプレイには相場や金融ニュースや広告が表示されている。 一階にはテレビスタジオがあり壁はたくさんのモニターと弧状の窓が設置されている。 グリーン・デザイン [ ] 4 タイムズ・スクエアは超高層ビルにおける 建築の最も重要な例の一つである。 環境フレンドリーなガス燃焼式と高性能絶縁・遮光のおかげで、このビルは一年のほとんどの期間は冷房や暖房を使う必要がないようになっている。 またこのビルは太陽電池システムと を用いている。 この規模での環境フレンドリーなビルの建設プロジェクトは前例がなく、このビルは AIA とAIAニューヨークから表彰を受けた。 コンデナスト・ビルディングの下層部にある アンテナ・マスト [ ] 2002年から2003年の間に、元あったアンテナ(の4つのFM放送局の予備用無線アンテナ)が除去され新しい300 ft 91 m のテレビ・ラジオ放送の予備用アンテナが設置された。 このアンテナ機能の強化は2001年に破壊されたの電波塔機能のへの引き継いを円滑にするために行われた。 このマストは三層構造でそれぞれ、そして用となっている。 現在、8つのFM局がこのアンテナを予備用として使用しており、、そしての3局はメインの電波送信用アンテナとして使用している。 また3つのTV局はこのマストを補助用に用いており、1局はメインで用いている。 このアンテナシステム用マストは、 のDielectric Communications、 のShively Labs、そして のElectronics Research Inc. , によって製造された。 ポピュラーカルチャーにおけるコンデナスト・ビルディング [ ]• 「」では、このビルと同じデザインが作中の首都のスカイラインの中で使われている。 「」では、の中にこのビルが描かれている。 「」でも、メインの場所として登場する。 「」や「」にも、このビルが描かれている。 「」では、架空の雑誌社 Runwayの所在地はこのビルとなっている。 これは原作者のが実際にコンデナストビルでのチーフ・エディター、の下でアシスタントをした経験に基づいている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

コンデナスト・ジャパンのプレスリリース(最新配信日:2020年7月16日 18時00分)|プレスリリース配信・掲載のPR TIMES

コンデナスト

コンデナスト・クリエイティブスタジオは、コンデナストが持つ11の国際市場において本格的なクリエイティブサービスを提供する代理店として連結しました。 1つのブランドアイデンティティーで11のクリエイティブ部門を統一し、世界各地のビジネスパートナーのニーズに対応していきます。 より多くの洞察、より多くの集合的経験、さらに国際的な人材へのユニークなアクセスにより、コンデナストの広告主は新しく結合されたネットワークの恩恵を受けるでしょう。 コンデナスト・クリエイティブスタジオは、最近ニューヨークで設立されたCNXに並び、プロジェクトに共同で取り組み、広告制作におけるベストプラクティスを共有していきます。 『Journeys in Taste』は、究極の美食を追求して世界中を巡る一連の短編動画です。 コンデナスト・インターナショナルの最高売上責任者であるジェイミー・ジュウニング(Jamie Jouning)のコメントは以下の通りです。 「コンデナスト・インターナショナルの活動地域を通して、商業的クリエイティブ部門をコンデナスト・クリエイティブスタジオという名称で統一するのは重要な決断です。 このクリエイティブスタジオにより、広告制作における卓越性を構築、共有し、クライアントに対し容易なエンゲージメントを提供できます。 当社はクリエイティブな人材の比類のない国際ネットワークを確立し、複数のブランドと複数のプラットフォームにわたり、広告制作における最高クラスのソリューションをクライアントに提供してきました。 究極的に、当社の中核的な商用サービスを合理化、簡素化し、当社の広告パートナーに一貫性と明快さを提供します」。 コンデナスト・クリエイティブスタジオにより、クライアントは新らたに興味深い手法で当社とコラボレーションができるようになります。 コンデナストは市場で活動する11のスタジオに加えて、ロンドンを拠点とするインターナショナルスタジオも運営しています。 このチームを率いるのはクリエイティブディレクターのレベッカ・メイソン(Rebecca Mason)です。 レベッカは業界で広く知られており、The Face、VOGUE Brazil、British VOGUE、Porterなどの雑誌で、注目度の高いクリエイティブな役職を歴任しました。 コンデナスト・インターナショナル・クリエイティブスタジオは、複数の地域にわたり単一のキャンペーンを実施したいと考えるクライアントに対し、広告制作に関するソリューションを概念化し、制作したものをお届けします。 また、ローカルなスタジオネットワークをまたがる重要なキャンペーンについてもコンサルティングサービスとガイダンスを提供します。 ヨーロッパ、中東、アジア、中南米で2億7000万人以上のオーディエンスを獲得しており、インスピレーションを求める人々に美しく影響力のあるコンテンツとブランド体験を提供することに全力を注いでいます。 CNIはロンドンに本社を置き、中国、日本、台湾、インド、ロシア、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、英国、メキシコで展開しています。 17の市場の現地パートナーと30以上のブランドを出版するほか、コンデナスト・インターナショナル・ラグジュアリー・カンファレンス、教育におけるいくつかのベンチャーとのライセンスおよびレストラン部門を運営しています。 世界をリードするファッション、ラグジュアリー、ライフスタイルの分野でリーダーシップを発揮するために、国やブランドを超えてどのように活動をしていくのか、製品をどのように開発しているのかを先導しています。 condenastinternational. Ginni Arnold — ginni. arnold condenastint. garland condenastint.

次の