御 し て ぎょしゃ 座。 ぎょしゃ座イプシロン星

御札座 / OFUDAZA |【cdn.gifpop.io】公式通販 家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ

御 し て ぎょしゃ 座

[ぎょしゃ座の神話] 大神ゼウスの子供ヘファイストスは、片足が不自由でしたが、金属を細工するのがとても上手く、熱心に仕事をする鍛冶の神でした。 そのヘファイストスと女神アテネの間に生まれたのが、ぎょしゃ座になっているエリクトニウスでした。 ローマ神話では鍛冶の神ウルカヌスとミネルヴァの間に生まれます 彼は大地から生まれたとされ、父親に似て生まれつき片足が不自由だったため、女神アテナは生まれたばかりのエリクトニウスを箱 の中に入れ、アテネ初代の王ケクロプスの三人の王女に、 「どんなことがあ っても、決してはこのふたを開けてはなりませんよ・・・」 といって渡しました。 しかし、そう言われると余計に覗いてみたくなるのが人情です・・・。 三人の王女達は好奇心に駆られ、ある時そっと箱のふたを開け、中を覗き込みました。 三人は驚きました。 中には、かわいらしい男の子が、女神アテナの使いの蛇にまきつかれたまま無邪気に笑っています。 この赤ん坊が蛇身という説もあ るそうです その驚きのあまり、気がおかしくなり、アクロポリスの山の上の岩に頭をぶつけ、身を投げて死んでしまいました。 その後、エリクトニウスはアテナ女神の神殿で育てられ、成長して三代目のアテナ王となりました。 彼は善政を行ったので、民衆からしたわれ、その一方で武勇にも優れ不自由な片足をものともせず、馬の背に体を縛り、戦にも出かけ、敵を驚かせていました。 また、発明好きでもあ り、車椅子代わりの馬車を作り出し、それを自ら操って戦場を駆け巡ったそうです。 大神ゼウスは、そんな活躍ぶりを見て、彼の姿をぎょしゃ座として夜空に上げ、その功績を讃えたと言われています。 [ぎょしゃ座の神話その2] 大神ゼウスの父クロノスは、妻レアとの間に子供が生まれるとすぐにその子供を飲み込んでいました。 その理由は、いずれ自分の子供に王位を奪われるという予言を恐れてのことでした。 妻のレアは、せめて一人だけでも子供を助けたいと思い、末の子供ゼウスの代わりに石ころを産着に来るんでクロノスに渡しました。 騙されたとも知らないで、クロノスはいつものように、それを丸呑みにしてしまいました。 こうして助かった赤子のゼウスは、乳母のアマルテアに抱かれて、クレタ島に逃れます。 山奥の洞穴に隠れ住み、そして、牡山羊の乳で育てられました。 また、乳母として出てくるアマルテアが、その牡山羊の名前だという文献もあります。 ある時、ゼウスが遊びに夢中で、うっかりその牡山羊の角の一本を折ってしまいました。 ゼウスは謝り、折れたその角に日本の昔話「一寸法師」にでできたり、七福神の大黒様の持つ「打ち出の小槌」 のような力 持ち主が望むものを何でも出してくれる を与えたといわれています。 その力を与えたことで、その角を、「豊穣の角」と呼ばれるようになりました。 やがて成長したゼウスは父クロノスに吐き薬を飲ませて、兄や姉達を助け出し、力を合わせてクロノスを地下に閉じ込めたそうです。 [かたち] 中国では五車、日本では五つ星・五角星などと呼ばれていました。 また、ギリシャの天文詩人アラトスはこの星座のあ たりを厳しい冬のシーズンの星と表現して「雨ふりの山羊の星」と呼んでいたそうです。 ラテン語で山羊を表すCapraの小さいもの、かわいらしいものを指すときの変形語。 日本名としては、一部地域で「すまるの相手星 ええてぼし 」と呼んでいて、漁に出てプレアデス星団 すばる が見えない時、この星で方向を調べていたようです。 また、兵庫・京都の日本海岸ではこの星が昇る方向で能登の方向を知ることができたらしく、「能登 のと 星」という名前で呼ばれていたそうです。

次の

ぎょしゃ座

御 し て ぎょしゃ 座

冬の空高くに目立つ星「カペラ」 冬だけで考えるとナンバー2の明るさをもつ星です。 【基本情報】 距離:42光年 星の色:黄白色 明るさ:0. 08等級 「カペラ」は 「小さな雌ヤギ」っていう意味だそう。 しかもこのヤギが赤ん坊時代のゼウス(全知全能の神様)に乳を与えてたという神話があります。 木星(ゼウス)の育ての親・・・偉大すぎるヤギw そんなカペラは太陽とほぼ同じ色をしているそうです。 調べると黄白色だけど見上げた時に黄色とオレンジの中間色っぽいイメージなので、太陽と同じ色っていうのは納得。 太陽を遠くから見たらカペラみたいに見えるってことだと思うと不思議な感覚になります。 ぎょしゃ座の1等星カペラの探し方 は少し低い位置にいるので、高い建物に遮られやすいです。 でもカペラはとっても高いところにのぼってくれるので見つけやすいし目立つのです。 との色の違いが明確なので見比べて欲しいです。 12~2月の冬の時期、夜半に天頂付近を通ります。 空高くに首をぐいーーーんと上げた時に一番明るい星がカペラです。 ぎょしゃ座の情報もおさえてみる ぎょしゃ座のカタチは五角形。 1~3等星で構成されているので、比較的むすびやすい星座のひとつ。 星座イラストは小ヤギを抱いたおじいちゃんです。 明確な神話が存在しないし、所説ありすぎてどれを話すべきか謎な星座。 神話・星の並びとモチーフ・御者という名前が一致しない不思議な星座なのです。 まとめ 冬といえばオリオン座だったりシリウスだったりするんだけど、それらの星からちょっと首を左上に向けると見えるカペラ。 明るくて目立って、あたたかみのある色をした星です。 キンッキンに冷えた寒空にはシリウスのような白くギラギラした星が似合うのだけど、晩秋の冬の訪れに似合うのはカペラだと思ってる。 星座的にはちぐはぐ、ひそかにゼウスの育て親っていう不思議な光をぜひ探してみてくださいね。

次の

御札座 / OFUDAZA |【cdn.gifpop.io】公式通販 家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ

御 し て ぎょしゃ 座

ぎょしゃ座の神話・伝説 ヒッポリュトスの死 ローレンス・アルマ=タデマ は、アテネ王・エリクトニウスや馬車の名手・ヒッポリュトスがモデルだと言われています。 この絵では、暴走した馬車にヒッポリュトスが引きずられている様子が描かれています。 アテネ王・エリクトニウス 冬の夜空に一番早く上ってくるのが、ぎょしゃ座です。 ぎょしゃ座は五角形に見える大きな星座で、星座の中を天の川が横切っているので、ぎょしゃ座はたいへん美しい星座です。 また、一等星のカペラがあるので、見つけやすい星座でもあります。 ギリシャ神話に伝えられているぎょしゃ座の神話は、アテネ第三代の王・エリクトニウスのものです。 エリクトニウスは聡明な王様で、善政を布き、人々からも広く慕われていました。 しかし、エリクトニウスは生まれつき足が不自由で、全く歩くことさえ出来ませんでした。 それでも馬に体を縛り付けて、数々の戦闘に参加して、武勇にも優れた王様でした。 また、エリクトニウスは広い知識や発明の才能ももっていて、やがて工夫を凝らした車椅子のようなものを作り上げました。 普段の生活ではもちろん、戦場においても自由にそれを操り、多くの戦功をあげて兵士達を驚かせました。 その英知と勇気を称えられ、ぎょしゃ座となって夜空に上ったと伝えられています。 何故仔やぎを抱いているのかは伝わっていませんが、ギリシャ神話では、大神・ゼウスがまだ赤ん坊のとき、父であるクロノスが子どもたちを呑み込んでしまいました。 しかし、ゼウスはアマルテアという乳母に助けられ、イダ山の奥に逃れてヤギの乳で育てられたと言われています。 このことから、ヤギは幸運をもたらしてくれるシンボルとされていて、カペラはラテン語で「牝の仔やぎ」を意味しています。 ところで、ぎょしゃ座のモデルは、太陽神・アポロンの息子・ミュルティロスであるとも、馬車の名手・ヒッポリュトスとも言われています。 ヒッポリュトスは、アテナイ王・テセウスの息子で、アマゾン族のヒッポリュテ メラニッペーともアンティオペーとも言われています との間に生まれました。 成人した彼は、森の中で狩猟などをしながら生活していましたが、ある日、継母であるパイドラに求愛されます。 その頃、パイドラはテセウス王の后になっていたこともあり、ヒッポリュトスはこれを拒みます。 パイドラはこれを恨み、テセウス王に讒訴したのち、自殺してしまいますが、テセウス王はパイドラの言ったことを真に受け、息子であるヒッポリュトスを恨みます。 そして、訳あって、海神・ポセイドンから与えられていた三つの願いが叶えられることを利用し、テセウス王はヒッポリュトスに死の呪いをかけてしまいます。 その願いは聞き入れられ、ヒッポリュトスが海岸沿いを馬車で走っていたとき、ポセイドンが遣わした怪物が海から現れます。 馬たちは大いに驚き、暴れだし、ヒッポリュトスは馬車から投げ出されてしまいます。 ヒッポリュトスは無残にも亡くなってしまいますが、このヒッポリュトスが、ぎょしゃ座のモデルになっているとも言われています。

次の