きめつの刃 192。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』192話【感想】

鬼滅の刃が大ヒットした理由を徹底的に考察!人気の秘密は暗いストーリー?

きめつの刃 192

検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 135• 2,476• 1,875• 601• 1,457• 1,457• 1,285• 300• 911• 741• 741• 3,039• 2,364• 115• 181• 314• 249• 249• 587• 587• 3,720• 106• 218• 3,396 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

【鬼滅の刃】192話考察①|心を燃やせ!炭治郎が危険!【きめつのやいば】

きめつの刃 192

2020年2月3日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では無惨との戦い、炭治郎の治療の話がメインでした。 柱たちが全員赫刀にすることができ、無惨を追い詰めることができるかと思われましたが、無惨の攻撃により全員が行動不能に。 カナヲも無惨に殺されそうになりましたが、間一髪のところで炭治郎が助けます。 炭治郎と無惨が再び相まみえることになりました。 192話では2人の戦いとなることと思われます。 無惨との戦いに決着をつけることができるのでしょうか? 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は縁壱の過去からヒントをもらい無惨を倒すことができる?」と題し紹介していきます。 鬼滅の刃192話ネタバレ ネタバレ注意 鬼滅の刃191話 炭治郎覚醒してるし 柱と同期組はボコボコのボコ 岩柱は足ねーし、水柱は腕切られてて、風柱は壁に、蛇柱は足切られてんの?伊之助は、ぶっ倒れてて善逸は足切られてそう…唯一カナヲちゃんだけ生きてんだけど… みんな生きてるよね?そう願いたい。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 炭吉の過去から学ぶ 炭治郎は無惨と対峙しながら夢のことを思い出します。 炭吉の過去の体験を住吉の目を通して炭治郎も体験できていました。 説明を聞くより、実際にやってみてもらった方が、より正確に理解ができます。 それを実際に縁壱がやっているところを見せてもらうことで、炭治郎も型を学ぶことができました。 そこで縁壱の型を見ることで自分に落とし込もうとします。 縁壱の型は自分のものに比べてまったく無駄がない動きでした。 縁壱の型 炭治郎は縁壱はおとなしく、控えめな優しい性格だと思っていました。 すやこが縁壱に型を見せて欲しいと頼むと快く見せてくれていました。 その様子を見逃さないように、炭治郎は住吉の目から縁壱の型を見ます。 このチャンスに日の呼吸をモノにしようと、わずかな動作も察知し目に焼き付けます。 縁壱の日の呼吸はとてもきれいで、息をすることすらも忘れてしまうほどでした。 きれい過ぎて、それは妖精が舞っているようにも見えます。 それを見るとすやこと子供はとても喜びます。 また縁壱はその喜ぶ姿を見て、自分のやることで喜んでくれることをうれしく思いました。 炭吉と縁壱の別れ そして縁壱が炭吉の家を去ることとなります。 その別れ際に縁壱は自分の耳飾りを、炭吉に渡します。 そのことでもう縁壱はここには来てくれないのだと炭吉は感じます。 そのことに気が付き住吉は泣き、縁壱の想いは後世に継ぐと叫びます。 また縁壱は価値のある人だと言い、耳飾りと日の呼吸を伝えていくと約束します。 縁壱はお礼を言って去っていきます。 その言葉を受けて炭治郎も自分の祖先を助けてくれたこと、珠世を逃してくれて今無惨を追い詰めることができていることに対してお礼を言います。 炭治郎の日の呼吸が進化した 炭治郎は縁壱の型から学んだことにより、日の呼吸は以前に比べ無駄がなくなり、ひとつひとつが正確になり、どの型も進化していました。 しかし炭治郎は13個目の型の事について気になっていました。 1から12個目までの型の名前についてです。 始めの円舞と最後の炎舞は漢字は違いますが、読み方は一緒です。 そして炭治郎の父が夜が明けるまで神楽を踊っていたことも思い出します。 無惨の心臓が7個・脳が5個あるという体を、透き通った世界で見ることで、ある考えが思い浮かびます。 日の呼吸13個目の型 それは日の呼吸は神楽や名前から12個の型を繰り返し行うことで、連なり13個目の型になっているのではということです。 日の呼吸を繰り出し続けるということで脳と心臓を斬り続けなければならないということでした。 それを夜明けまで続けていれば無惨に勝ことができるのではと炭治郎は考えます。 しかし縁壱も結局は無惨を取り逃してしまいます。 あの縁壱さえもできなかったことが、自分に果たしてできるのだろうかと不安に思います。 しかし柱たちが戦えない今自分が無惨と戦うしかありません。 炭治郎は自分のできることを精一杯やるしかないと思い、気を引き締めてこの戦いに負けない、心が折れないことを誓います。 炭治郎と無惨の戦い 無惨は触手で炭治郎を攻撃しますが、刀でその攻撃をすべてさばきます。 無惨は炭治郎の姿を縁壱と重ねて見えてしまい、亡霊がと幻影にとらわれています。 そのとき炭治郎は無惨の一撃を避けることができずに、その攻撃を受けてしまいます。 しかし炭治郎はこの時無惨の攻撃がどのように出しているのか気づきます。 無惨は背中の9本の触手と両腕に加えて、ももからも8本の触手を出して攻撃していました。 そのことに柱たちは気づかずにやられてしまっていました。 炭治郎は負けじと日の呼吸の型を連続して繰り出していき、日の呼吸の型はやはりつながっていることを確信します。 そしてまた連続で型を放つと繋がって放つことができると、実際にやってみてわかります。 それはやはり十三の型はすべてを連続で繰り出すとなせる型ということです。 炭治郎はこのとき日の呼吸のことを理解し、次はすべてつなげて攻撃すると決めます。 鬼滅の刃192話ネタバレ考察 若干ネタバレ注意 すいません。 ぎゃくしゅうかいしってなんでしたっけ。 炭治郎の夢の続きはもうない? 炭治郎が復活しましたが、夢の続きはもうないのでしょうか? 炭治郎の夢の続きがどうなったのか気になりますね。 縁壱の過去が段々とわかってきましたが、ヒノカミ神楽がどのように伝えられてのかがまだ描かれていません。 そのまま描かれるかと思っていましたが、現実世界の無惨との戦いに戻ったので、このまま何話かは続くかもしれませんね。 ただ炭治郎が目を覚ます前に、日の呼吸についての手がかりをつかんで、無惨を倒す方法を見つけてもらいたいものです。 炭治郎はすでに禰豆子の爆血によって赫刀にしていますので、禰豆子が炭治郎の元へ駆けつけたら爆血との合わせ技で赫刀にできるでしょう。 これからの戦いの中で、ヒノカミ神楽十三の型を出してくるかもしれませんが、その時に夢の続きも出てくるのではと思っています。 炭治郎の日輪等はすでに赫刀になっている? 日輪刀を赫刀にする条件として、万力の力で握るというものがありました。 炭治郎が目覚める直前、刀を握り過ぎて、村田や他の鬼殺隊員が驚くほどの音を出していました。 これはとてつもない力で刀を握っていたためだと思われます。 これほどの握力で刀を握っているのなら、この段階でもしかしたら赫刀にできているのではないかと考えられます。 刀身が描かれてませんでしたので、赫刀になっているかは定かではありませんが、赫刀にすることができている可能性は高いのではと思います。 実際炭治郎が斬り落とした腕の切断面は赤くなっていて、すぐに修正しているようには見えませんでした。 そのことからこの段階で赫刀にできているのではないでしょうか? 炭治郎も赫刀にすることができ、ヒノカミ神楽もありますので、無惨に対抗できるかもしれませんね。 鬼滅本誌済みです 一瞬希望見せたあと、とてつもない位くらいの絶望がきて情緒不安定になりました…🐊先生…恐ろしい…… 炭治郎の目に瞳孔が描かれてなくてが すごく怖かった。 炭治郎来たし。 でも皆が…. どうなるの。 無惨可愛い。 もう、終始あぁぁぁぁ!!!うぉぉぉぉぉ!!ってなりながら読んだ。

次の

鬼滅の刃 192 ~ 199話 日本語 100%

きめつの刃 192

スポンサーリンク 縁壱の日の呼吸の型 重傷を負って意識不明となっていた炭治郎。 愈史郎の手当を受けて目覚めるまで、先祖である炭吉の記憶を夢で見ていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭吉一家を訪れていた縁壱は、炭吉夫妻の前で日の呼吸を披露します。 妻のすやこが見たいとせがんだからです。 炭治郎は、炭吉の記憶を通して縁壱自身の日の呼吸の型を見ることができたのでした。 ほんのわずかな手首の角度の違いや、足の運びの違い、呼吸の間隔。 「正解の形」を実際に見ることで、伝え聞いているだけでは気づかなかった自分の無駄な動きの修正に役立ったのです。 日の呼吸の型は息を忘れるほど綺麗だったといいます。 剣をふるう時、縁壱は人ではなく精霊のように見えました。 あまりにも美しく、後に神楽として受け継がれた理由がわかると炭治郎は感じていました。 スポンサーリンク 炭吉一家の元から去る縁壱 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 数日間滞在したのでしょうか、やがて縁壱はまた旅立っていきました。 炭吉はまた遊びに来てほしいと言いますが、縁壱は黙って別れ際に耳飾りを渡します。 そのことで、もうここには来ないのだと悟る炭治郎。 炭吉も同様に思っていたようで、遠ざかっていく縁壱の物悲しい後ろ姿に向かって叫びます。 後に繋ぎます! 貴方は価値のない人なんかじゃない!! 何も為せなかったなんて思わないで下さい この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える 炭吉が叫んだ言葉と全く同じことを炭治郎も考えていたからか、一瞬炭吉の顔が炭治郎と重なりました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 その言葉を、縁壱は「ありがとう」と受け取り、笑顔で去っていきました。 炭治郎は、自分たちの祖先を助けてくれた縁壱に、自分のほうこそありがとうと伝えたいと思っています。 縁壱がいなければ炭吉一家も鬼に殺されていました。 そうしたら、炭治郎も生まれてくることはできなかったのです。 そして、鬼の珠世を信じて逃がしたからこそ、今無惨を追い詰めることができている。 スポンサーリンク 十三番目の型の秘密 十二個の型は驚くほど正確に伝わっていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 円舞 碧羅の天 烈日紅鏡 幻日虹 火車 灼骨炎陽 陽華突 飛輪陽炎 斜陽転身 輝輝恩光 日暈の龍・頭舞い 炎舞 縁壱が炭吉夫婦に見せた技はこの十二個だったのです。 かつての炎柱が縁壱から聞いた十三個めの型とは何だったのか? 型自体に十三個目はなかったのでしょうか? 炭治郎は、型の名前で気になっていたことがありました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「円舞」と「炎舞」。 どちらも「えんぶ」と読みます。 同じ音の技名。 そして父炭十郎の言葉「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」 夜明けまでヒノカミ神楽を舞いつづけていた父・・・ そして今、改めて無惨の体のつくりを見て炭治郎は確信します。 日の呼吸の十二の型は繰り返すことで円環を成し、それ自体が十三個めの型となる!! スポンサーリンク 十二の型全てを繋ぐ!! これはつまり、無惨の攻撃をくぐり抜け、脳と心臓を夜明けまで斬り続けるということ。 円舞と炎舞でつながって、夜明けまで絶え間なく技を出し続けるのです。 これは・・途方もないことです!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭治郎は自ら、自分は縁壱や父炭十郎のような才覚はないと思っています。 しかも今は重症の身で、夜明けまで命がもつかどうかもわからない。 さらに無惨は、不利とわかれば体をバラバラにして逃亡することもわかっています。 それをどう阻止するか? 縁壱でさえできなかったことを、自分ができるのだろうか。 それでも炭治郎は、今自分にできることを精一杯やると、心を燃やします。 自分を鼓舞し、無惨に戦いを挑みました!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 無惨は、日の呼吸の型を正確に再現する炭治郎が縁壱と重なり 「亡霊が・・・!!」と叫びます。 先ほど柱たちを全滅させた時と同じ攻撃を炭治郎にもしかけました!! 傷を受けながらも即座に攻撃を見破る炭治郎。 みんながやられたのは、背中の九本の管と両腕以外にも八本の管を腿から出して高速で攻撃したからだと知ります。 立て続けにヒノカミ神楽の型を出す炭治郎。 そして、やっぱりつながる、そういうふうにできていると改めて確信したのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「繋ぎます 次は十二の型全てを」 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 192-193 話のまとめ 家族を亡くし、鬼狩りからも追放され居場所を失った縁壱。 温かい炭吉一家に滞在し、ほんの少し心が癒されたのではないかな、と感じました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 そして「始まりの呼吸」でありながら、後継者がおらず幻となっていた日の呼吸。 当時、縁壱は請われれば誰にでも日の呼吸を教えていたといいます。 にもかかわらず炭治郎の時代に伝わっていないというのは、無惨が後継者をことごとく消していたからでした。 それほどまでに日の呼吸を恐れていたのは、やはり他の呼吸にはないものがあったからだと考えられます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 他の呼吸にないものというのは・・・やはり十二の型すべてがつながるようにできていて、絶え間なく攻撃を続けられるという点でしょうか? それがすなわち「十三番目の型」。 しかし、この十三番目の型は明らかに体への負担が半端ないです!! 炭治郎自身も感じていますが、夜明けまで炭治郎の体が持つのかどうか、心配です!! これまで炭治郎の数々のピンチを救い、共に戦ってきた禰豆子。 今回も、必ず炭治郎のピンチを救ってくれると信じています。 禰豆子!!早く来て!!.

次の