退職 の 挨拶 手紙。 感謝の気持ちが伝わる「退職挨拶状・手紙」の書き方・例文

最後こそ印象良く!退職の挨拶メールはこれで間違いなし【そのまま使えるテンプレあり!】

退職 の 挨拶 手紙

退職挨拶メールの目的とは? 退職挨拶のメールを送るのは、お世話になった先輩・同僚・後輩への感謝の気持ちを表現する目的に加えて、去り際の印象をクリーンなイメージにするという目的があります。 退職後、転職先がどこであれ、縁あって一緒に仕事をすることもあるでしょう。 そのときに取引先としてやり取りする可能性も考えると、最後の印象は大切です。 特に、メールは文面として残ります。 メールの受け手が後から見直してもおかしくないか、推敲を重ねるようにしましょう。 これだけは知っておこう。 メールを送るタイミングと基本マナー 社内へのメールは、最終出勤日に。 退職が決まったら、一体いつ挨拶メールを送ればよいか迷ってしまう方も多いかもしれません。 社内と社外でも違うため、しっかり使い分けるようにしましょう。 まず社内の場合は、これまでの感謝を伝える「最後の挨拶」に近いものです。 そのため、退職が掲示板などで広報されてすぐ送るのではなく「最終出勤日」に送るようにしましょう。 もちろん、社内での慣習がある場合は、そちらを優先するべきです。 ただ、ない場合は「最終日」を選びます。 そして、なるべく業務に支障がない時間に送るのもポイント。 9時~16時は、業務上で大切なやり取りが行なわれる場合も多いため、定時から1時間前~退社までの時間がベストでしょう。 有給などを消化する方は、あらかじめ最終日に送っておくと良いです。 社外へのメールは、退職日の2~3週間前に。 社外に挨拶メールを送る場合は、なるべく早めが良いです。 目安としては、最終出社日から2~3週間前がベストです。 というのも、後任者が引き継ぎをしやすいというのが1点。 そしてもう1点は、取引先に「仕事を計画的に進められる人だ」という好印象を与えられるからです。 たとえ今の会社を辞めたとしても、人脈は一生続くもの。 今後に悪影響を与えないようにするのが肝心です。 飛ぶ鳥後を濁さずとは言いますが、一緒に仕事を進める人に安心してもらうことが大切といえます。 一斉送信は、決して失礼ではありません。 メールを送る相手は、これまでお世話になった方々です。 同じ部署、社外の取引先、懇意にしてもらった上司など、挙げていくとかなり大人数になってしまうかもしれません。 挨拶メールを一斉に送ってしまっても良いのか、戸惑う方も多いでしょう。 ですが、一般的に一斉送信は失礼ではありません。 しっかりメールの文面で感謝の言葉を書くようにすれば、受け取る側にもしっかりと伝わるものです。 一斉送信の場合は、宛先に注意しましょう。 必ず送りたい相手は「bcc」に入れ、自分のアドレスを「To」に入れるのがポイントです。 他人同士でアドレスを知られないように配慮する意図があります。 また、お世話になった方には、個別でメールを送るようにしたいです。 そのほうが、退職した後も良い関係を続けることができるでしょう。 もちろん、一番良いのは、メールではなく直接お礼を告げること。 退職までに会う機会がある方に対しては、しっかり直に感謝を伝えるようにしましょう。 いざメールを送るにあたって。 そのまま使える文例をご紹介! 社内への一斉送信は「シンプル」が肝心! それでは、いちばん迷うことになる「内容」に関してです。 ただ、要点さえ抑えれば、決して身構えるものではありません。 以下にポイントを踏まえてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 まずは社内への挨拶メールについてです。 メールの中には、迷惑メールや自分には関係ないものとして、読み飛ばされる場合があります。 そのため、件名は趣旨がひと目で分かるものにしましょう。 一度書き始めると、どうしても退職理由まで細かく書きたくなるかもしれません。 ですが、あまり込み入った話をしないのが、ビジネスマナーです。 「一身上の都合」と書くにとどめるようにしましょう。 今後も社内での関係性を維持し、連絡をとっていきたい方もいると思います。 社内の場合は、挨拶メールに「試用の連絡先」を書いてもOKです。 「今後連絡をいただける場合は、下記までお願いします」と添えるようにしましょう。 そして、名前と所属先のみを書いたシンプルな署名をつけるのがポイントです。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外への挨拶は「安心してもらう」目的で! 取引先にメールを送る際の内容も、基本的に社内とは変わりません。 ですが、明確に変わるところが3点あるので、お伝えします。 取引先がメールを受け取った際、返信や電話をくださる場合もあるかもしれません。 その際「連絡をしてみたら、辞めた後だった」というのは失礼にあたるものです。 だからこそ、いつ退社するのか、しっかり明記するようにしましょう。 仕事を引き継ぐ必要がありますので、その場合は後任者の名前を絶対に書くようにしましょう。 もちろん、退職前に一度直接ご挨拶するのがいちばんですが、難しい場合はメールに一文添えると良いです。 退職後の連絡先を書いて、その後のビジネスに発展してしまった場合、今いる会社に「顧客情報を利用している」と誤解を与えてしまうことがあります。 どうしても書きたい場合は、上司などに相談するようにしましょう。

次の

【退職手紙の書き方】最後の挨拶で気をつけるべきことをご紹介

退職 の 挨拶 手紙

在職中は温かいお力添えのおかげで職場生活を楽しく過ごす事ができ心から 感謝いたしております。 皆様方とお会いできたこと、そしてお教えいただいた 数々は私の大切な財産になっております。 今後とも相変わりませずご指導 を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。 何とぞ従前にかわりなく、ご支援ご指導を賜ります よう心からお願い致します。 直接お目にかかってご報告とお礼を申し上げるところ、略儀ながら書中を もってご挨拶申し上げます。 末筆ながら皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 入社以来38年間、皆様方には公私にわたり、心温まる御指導・御厚情を 賜り、お蔭様で大過なく職責を全うすることが出来ました。 心から感謝申し上 げます。 有難うございました。 今後は、心身を鍛え直し、少しでも世の中のお役に立てるよう心掛け、意義 ある人生をおくりたいと考えております。 何卒これからも一層の御支援ご厚誼 を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 末筆ではございますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げお礼の ご挨拶といたします。

次の

会社を辞める時、退職時のあいさつ状・メッセージカードの文章例、菓子折りを渡すタイミング

退職 の 挨拶 手紙

まず最初に記載するのは、社会人が使用する手紙の常識である「拝啓」です。 それから、これもまた常識である「時候の挨拶」を記載します。 時候の挨拶とは文字通り、時期ごとに使用する言葉を変え、相手の安否を尋ねる挨拶の礼儀です。 時期に一致しない言葉を使用してしまうと非常識と認識されてしまうので、必ずwebや専門書などで確認してから記載しましょう。 例文で使用している「時下」は、一年を通して使用できる言葉になります。 注意する点は、書き出しの部分の、「さて、私こと」や「さて、私儀」などの文は、下に記載するという点です。 上から記載するのは、その次の文からです。 具体的には下に記載する例文の書き方を参考にしてください。 内容に入るのは次からです。 まずは、自分が退職することを伝えます。 そして、お世話になった感謝の意を述べ、また場合によっては後任の担当者の紹介などをします。 感謝の気持ちを伝えたら、相手の健康を気遣う文などを最後に持っていきます。 ここでの注意点は、最後の文はコンパクトにまとめると言う点です。 最後の文をあまりにも長くしてしまうと、くどくなってしまい、重苦しさを感じさせてしまうこともあります。 基本は社交辞令的な書き方を意識して、退職挨拶状を書き上げましょう。 そして最後に、自宅の郵便番号、住所、そして自分の名前、電話番号を記載します。 郵便番号以降は、「さて、私こと」や「敬具」などと同じように下詰めで記載しましょう。 拝啓 北風すさぶ季節、皆様におかれましてはますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。 さて、私こと このたび株式会社〇〇を退職することとなりました。 多年にわたり格別のご厚情を賜り 心から御礼申し上げます。 後日改めて〇〇〇〇がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。 末筆でございますが皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしますとともに厚くお礼申し上げます。

次の