白血球 数多い。 血液検査で白血球が多い場合に考えられる原因や病気とは?

様々な病気がわかる。 健康診断の白血球数からわかることのまとめ|医療保険はソニー損保

白血球 数多い

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『白血球とは?白血球の異常減少・増加で疑うべき病気と治療法』をご紹介させて頂きます。 私たち人間の血液中には複数の細胞成分が存在していますが、そのうちのひとつに白血球があります。 白血球は病気に関するテーマなどでもよく取り上げられますが、具体的にどのような役割を持っているのかわからないという方も少なくありません。 白血球に関する異常は非常に厄介な病気の可能性もありますので、事前に基礎的な知識を身に付けておくのもおすすめです。 今回は、白血球の基本情報や白血球の異常によって考えられる病気と、その治療法などを解説します。 白血球とは? 白血球とは体内に侵入してきた異物(感染性微生物、細菌、外来物質など)を処理する役割などを担っており、人体の免疫機能を正常に保つ上で欠かせない血球の一種です。 白血球は、他の血球(赤血球や血小板)と同じように主に骨髄で作られます。 ちなみに白血球と呼ばれる血球は、全部で以下の5種類となります。 ・好中球 ・リンパ球 ・単球 ・好酸球 ・好塩基球 白血球は幹細胞と呼ばれる前駆細胞から発生し、成熟を迎えるにあたって上記いずれかの白血球に成長します。 血液中に存在する白血球の数は、血液1マイクロリットルあたりの細胞数で表し、正常な範囲(基準値)は、1マイクロリットルあたり4,000個~1万1000個となります。 白血球数の異常で考えられる病気 白血球が基準より多い、または少ない場合は複数の病気を疑う必要性があります。 ここでは白血球数の異常によって考えられる主な病気をまとめましたので解説します。 白血球減少症は外部から体内に侵入してきた異物を除去する役割を担う白血球の数が異常に少ないため、免疫機能の低下を招き、感染症にかかる確率が高くなります。 また白血球減少症は、減少した白血球の種類によって好中球減少症、顆粒救減少症、無顆粒球減少症に分類することができます。 白血球減少症は身近な体の不調でいうと発熱、倦怠感などの症状を引き起こし、重度なものになると重症感染症や再生不良性貧血などの疑いもあります。 白血球増加症も白血球減少症と同様に、増加した白血球の種類によって好中球増加症、好酸球増加症、リンパ球増加症の3つに分けることができます。 白血球増加症を引き起こす原因は感染症を防いだり、副腎皮質ステロイド剤などの薬を投与したりすることで起きる正常な生体反応ということもあります。 ただし、白血球の異常増加は細菌感染症や病期が進んだ悪性腫瘍などによっても引き起こしますので、このようなケースでは十分な注意が必要です。 白血病は「骨髄のがん」とも呼ばれている病気であり、発症するとまだ未熟な白血球や異常な白血球までもを骨髄から放出してしまうため、白血球の異常増加を招くことになります。 医学や医療界の最新情報などを提供する日本医事新報社が公開する資料によると、1マイクロリットルあたり3万個~5万個の顕著な白血球増加が見られた場合は、白血病を疑い、速やかに医療機関での検査を受けることを推奨しています。 なお、白血病の主な症状には初期段階のころには発熱や体のだるさなどがあり、病状が進行してくるとがん細胞が周囲の組織に入り込むため、リンパ節の腫れ、頭痛、 といった症状を感じることもあります。 具体的にはこまめな手洗いやうがいを行い、口の中を常に清潔にしておくなどが挙げられます。 また白血球減少とともに感染症を合併している場合は、抗菌薬などを用いた治療を行います。 ちなみに白血球の減少は抗甲状腺薬、解熱鎮痛薬、抗菌薬、高痙攣薬などの薬剤投与によっても引き起こします。 この場合は、白血球減少の原因になっている薬剤の服用を中止するといった治療法を選択します。 仮に薬剤が原因で白血球の異常減少を引き起こしている場合は、服用中止後1週間~2週間で回復の傾向が見受けられるようになります。 仮に白血球増加の原因が特定できない場合は、一度血液検査を行うことができる医療機関で診察を受けることを推奨します。 抗がん剤投与(約7日~10日)後に白血球が回復したら、「地固め療法」と呼ばれる治療でさらに強力な抗がん剤を使って、少なくなった白血病細胞をさらに減少(死滅)させていきます。 地固め療法が終わったあとは状態を見ながら経過を見る場合と、造血幹細胞移植(骨髄移植など)を行うケースがあります。 また慢性骨髄性白血病も基本的な治療法は白血病細胞の増殖を防ぐ薬、抗がん剤投与、造血幹細胞移植ですが、慢性の場合は体の中にあるウイルスを攻撃したり、免疫機能を活性化したりする効果が期待できるインターフェロン-a療法を行うこともあります。 まとめ 白血球は私たち人間の健康を維持するのに必要な免疫系の正常な働きを維持します。 しかし、白血球は感染症、アレルギー、白血病などさまざまな病気が原因で異常な減少、増加を引き起こします。 よって、健康診断などで白血球数の異常を指摘された方は、早めに医療機関で詳しい検査などを受けるようにしましょう。 白血球に関する疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

次の

白血球の異常と病気|風邪や炎症から白血病など様々な疾患で白血球値は上昇

白血球 数多い

皆さんは、健康診断で行った血液検査の結果、白血球の数が多いことがわかり、不安に思われた事があるのではないでしょうか?白血球の数の異常値が、全て白血病などの深刻な病気につながるわけではありませんが、白血球の数が正常値を超えるなんらかの原因があったということは確かな事です。 白血球のことをよく知れば、あなたが受け取った血液検査の結果から、あなたの体の状態がもっとよくわかるはず。 今回は、白血球の基礎知識、そして白血球の数の増加の原因について紹介したいと思います。 白血球が多いことで発生してしまう病気やそれらの症状などについても紹介していきますのでこれらの問題に繋がらないように初期症状などを知っておいて、早めの対策が出来るようにしていきましょう。 最後に白血球を正常値に戻すために自分で行える日常生活で注意すべきことや改善法などについて紹介していきますので、合わせて参考にしてみてください。 この記事の目次• 白血球の基礎知識 まずは白血球について知っておきましょう。 白血球とは? 白血球は、人体の免疫を担当する細胞成分の1つです。 外部から体内に入った細菌やウィルス、微生物などを取り込み、殺菌し処理するのです。 白血球の働きは大変迅速で、 体内に異物が侵入すると、すぐに確保しはじめます。 そして細菌やウィルスが強力な場合、すぐに白血球数を増加させていくのです。 異物と白血球の戦いは、侵入者を完全に倒すまで続きます。 この状態の時に白血球の数が増加するのです。 白血球の種類 白血球は、骨髄で作られます。 幹細胞と呼ばれる前駆細胞から発生した白血球は、ほとんどが顆粒球であり、成熟したあと5種類の白血球へと成長します。 細菌などの異物を食べ、殺菌する役目。 ウィルスより細菌に対して力を発揮するため、増加した場合は、体のどこかで 細菌による感染が考えられる。 好中球は最終型に辿り着く前に 前骨髄球、骨髄球、後骨髄球、桿状核球、分葉核球という段階を経て成熟して完成した最終形態になります。 免疫の働きに関係があり、非常に 運動性の高い細胞です。 リンパ球には、ヘルパーT細胞・キラーT細胞・B細胞・NK細胞などの細胞があります。 ウィルス感染、細菌感染でリンパ球が増えます。 又、 リンパ腫・急性リンパ球性白血病などでもリンパ球が増加します。 この場合はリンパ球増加症など特定の症状として扱われることもあります。 細菌などを 取り込み消化する働き。 感染症、膠原病、慢性骨髄単球性白血病、ホジキン病などで増加する。 アレルギーに反応する。 アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患、膠原病、寄生虫の感染などで増加します。 様々な炎症性反応やアレルギーなどに関係があります。 血液中の悪いものを減らす働きをします。 成人では、 1日に約1,000億個の白血球が作られています。 白血球の病気には、上記の5種類の白血球の1種類だけが関与しているものもあれば、複数又は、5種類全てが関与する病気もあります。 あなたがされた血液検査にもよりますが、 白血球数 WBC の他に、 白血球像という項目名があれば、そこに 5種類の白血球の比率の結果が出ているので、結果の横に記載されている基準値を参考にして、あなたの結果をチェックしてみて下さい。 白血球数と病気の関係 血液検査の中で、WBC 白血球 検査の目的は、 感染症の可能性、 免疫力の低下の可能性、 慢性骨髄性白血病の可能性、 造血機能の働きを確認するためです。 白血球の数からあなたの体の状態がわかるのです。 しかしながら、 白血球数は、日によっても数値が大きく変わることもあれば、個人差も大きいため、一概に基準値を決めるのは大変難しいことです。 血液検査の結果で、白血球が多いや少ないは、基準値をベースとした見方であり、その 基準値は、検査機関や成書ごとに設定差があるので気をつけて下さい。 白血病、敗血症、悪性腫瘍などが考えられます。 白血球数の数値だけでは確定診断はできません。 目安として見て下さい。 白血球が多い事で発生する病気 白血球が多くなってしまうことで発生してしまう病気に関する初期症状について紹介していきます。 もし、白血球が多い状態が血液検査で判明している場合はこれらの病気の症状に注意して行きましょう。 白血病 は血液に発生してしまうガンになります。 血液が骨髄で作られている段階で異常が発生し、癌化してしまったことによって異常に白血球などが増えてしまう病気になります。 初期症状としては体の慢性的なだるさ、風邪などの感染症にかかりやすくなり、治りにくくなります。 さらに歯ぐきからの出血や血が止まりにくくなる、またはあざや内出血が起きやすくなります。 リンパ節が腫れてしまうこともあるでしょう。 これらの症状が複数発生している場合は、白血病の初期症状である可能性があります。 気になる症状が複数発生してしまた場合は病院での精密な検査を受けるようにしましょう。 敗血症 敗血症は血液が強すぎる感染症の影響を受けてしまうことで炎症反応を起こし、その影響が体内の重要な臓器に循環されてしまい、臓器障害を引き起こしてしまう病気になります。 初期症状としては、感染症から症状は始まります。 基本的には通常の風邪やインフルエンザなどの菌やウイルスからの感染症から始まります。 発熱や脈拍異常、異常呼吸、体のむくみ、低体温症、手足の冷え、体の不調などを感じやすくなります。 敗血症の症状が重症化してしまうと、大腸の破裂や重篤なショック症状を引き起こす場合もあり、集中治療室での治療が必要になります。 白血球が多くなっているときも少なくなっているときも、感染症に感染することがきっかけで病状が悪化しやすくなるので、早めに対策をして白血球を正常値に整えることが重要になります。 悪性腫瘍 白血球が多くなっている場合は悪性リンパ腫や血液悪性腫瘍の発生によって白血球の増加が引き起こっている可能性も考えられます。 これらの悪性腫瘍が原因であった場合には、放置しておくことでサイズがどんどん大きくんってしまったり、悪性の細胞がリンパ管などの循環器を通じて他の臓器などに転移してしまう可能性も考えられます。 悪性腫瘍=ガンになります。 もし悪性腫瘍が発見されてしまった場合は、抗がん剤を飲んで進行を食い止めながら必要に応じて手術などを行ってがん細胞を取り除かないといけません。 まずは詳しい精密検査をしてみないとなんとも言えませんので、放置せずに専門家のいる科での検査を受診するようにしましょう。 白血球が多かった場合に治療や検査を詳しく行う病院は血液内科になります。 しかし、初診でいきなり行くのではなく、内科などでの検査の後に疑いのある場合に紹介状を書いてもらってからの検査になることが多いでしょう。 まず、何かしらの問題が発生していた場合は総合病院の内科や行きつけの内科などに行ってから紹介状を書いてもらいましょう。 白血球数の増加の原因 では、どういった原因で白血球は増加するのでしょうか。 白血球が増加してしまう主な原因を見ていきましょう。 自分がその原因に触れる状態や、傾向があるかどうかを診断していきましょう。 主な原因• 扁桃腺炎• 腎盂腎炎 じんうじんえん• 気管支炎• 膀胱炎• 虫垂炎• インフルエンザ• アトピー性皮膚炎• 食物や植物アレルギー など 一時的なもの• 運動:血液検査の前に運動すると白血球の数が増えます。 血液検査を受ける前は、なるべく運動はさけて静かにしておいて下さい。 上記の原因に当てはまらないのに検査に引っかかった場合は検査の前に激し運動などをしていたという覚えがないか確認してみましょう。 ストレス/疲れ:1ヶ月未満の 短期的なストレスから 白血球の数が多くなる場合があります。 反対に 長期的なストレスからは、 白血球の数が少なくなることもあります。 その他• 又、 動脈硬化の可能性もあります。 ステロイド剤の内服 : 喘息や膠原病などで薬を内服している場合、白血球の数が増加します。 気をつけたい原因 ・白血病 みなさんが、白血球の数が基準より高いと聞き、まず心配されるのがこの白血病ではないでしょうか?白血病とは簡単に言うと、血液のがんです。 がんが増殖と共に炎症を起こします。 炎症が起こると炎症性の物質が発生します、そこに白血球が登場し攻撃するので、白血球数が増加するのです。 白血病の初期症状として 白血球数の変化が見られます。 白血病で白血球の数が減少することも初期にみられることですが、大部分が 白血球の増加を示します。 白血病の早期症状• 最近、貧血気味だ• 最近、動悸がする• 息切れしやすい• 微熱が続く。 高熱も時々出る• 青あざが知らないうちに出来ている• 歯磨きの時、歯茎からの出血が多い• 首筋や脇下にグリグリとしたシコリを感じる• 膨満感を覚えるようになった 2週間程、上記の症状が続くと要注意です。 病院での検査をお勧めします。 ・尿毒症 尿毒症は、 腎機能が低下することにより、通常は尿と共に排泄されるべき尿素やその他の老廃物が血液中に残ってしまいます。 尿毒症が進行すると白血球数の増加だけでなく様々な症状が現れます。 意識障害• けいれん• 顔のむくみ• 頭痛・めまい• 皮膚のかゆみ• 食欲不振• 視力の低下• 呼吸困難・息切れ• 歯肉出血• 味覚異常• 吐き気• 下痢 など 尿毒症は、治療を受けずにいると死に至る場合もある大変危険な病気ですので、思い当たる症状が複数ある場合は、出来るだけ早く病院で診察を受けて下さい。 白血球の数値を正常値に戻す対処法 増えてしまっている白血球の数値を正常な値にまで下げる方法を紹介していきます。 しかし、もし病気に既につながっている場合には、しっかりと専門的な治療が必要ですし、白血球が高い状態が続いてしまっていればそれは病気である可能性があります。 その場合は早めに治療を受けましょう。 それでは自分で出来る対処法について紹介していきます。 まずは感染症などを治す 白血球が多くなっている状態は、何かしらの感染症などの病気や、怪我などをして出血している場合に発生しやすい症状になります。 なので体に発生している何かしらの問題を見つけ出してその問題を解決することが最も重要になります。 市販薬で売られている風邪薬を飲んで治療したり、体を休めて自己治癒力を高める、栄養価の高い食事をバランスよく取って体調を良くするなどの方法があります。 しっかり汗をかいたりすることでも自律神経が整い、免疫力が高まり治療に貢献できるでしょう。 体が動かせる状態でしたら軽い運動なども取り入れるといいでしょう。 白血球が多い場合はまず、感染症などの病気にかかった記憶が無いか疑うことから、その他に運動やストレスの問題などを解決していきましょう。 白血球の数値を下げる食事? 白血球の数値が高い時に有効な食事というのは聞いたことが無い、というのが正直なところです。 基本的には白血球は体に異常が発生してしまった場合にそれを治療するために増えるものですので、食事などで白血球の数値を下げることは考え方としてずれています。 白血球の数値が高くならないように、食事をしっかりバランスよく取って感染症などの病気にならないようにすることが正しい認識になります。 喉にいい食事や、腸内細菌のバランスを整える食事、体を温める食事などは免疫力を高めることに大きく貢献しますので、効果的と言えるでしょう。 生姜や、ネギ、はちみつ、ヨーグルト、納豆などの食品が適しているでしょう。 バランスよく摂取して免疫力を挙げていきましょう。 病院での検査 直近に何かしらの怪我や、病気にかかった覚えがなく、普段は白血球の数値は正常なのに量が増えてしまっていると検査で判明した場合には悪性の腫瘍、内蔵内での出血や何かしらの病気にかかってしまっていることが考えられますので、早めに病院での検査を行うことをおすすめします。 始めに検査に行く場合は内科の受診で結構です。 いつも行っている行きつけの病院でも構いませんが危険度の高い病気である可能性が高いため、経験豊富な総合病院や信用できる病院での検査が適切でしょう。 血液内科などの専門家が併設されている病院であれば、なおいいでしょう。 まずは原因をいち早く明らかにして、適切な対応をしていけるようにしましょう。 まとめ いかがでしたか?白血球について多くのことを知っていただけたことと思います。 白血球の数が正常値より少し多いからとやみくもに驚く必要はありません。 まずは、原因となるものに身に覚えが無いか考えてみて下さい。 そして、深刻な病気の症状と同じ症状がしばらく続くようであれば速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。 通常時の状態で白血球の数が多い人も稀に存在します。 病気でなかったとしても、自分の正常値や血液の状態の変化を知るために1年に1回の健康診断での血液検査は大変重要です。 検査の結果からわかる数値で、可能性のある病気や疾患をみつけたり、あなたの生活習慣をも見直す事ができるのです。 ぜひこれを機会に年に一回は血液検査を受けるようにして下さい。 何かしらの異常が発生している可能性がある場合は、しっかり関連する病気について調べて初期症状などについての情報を知っておきましょう。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

白血球数が少ないとどうなるのか?

白血球 数多い

ウイルスなどの外敵に向かって自ら進み、丸呑みするように 取り込んで殺菌、消化します。 ウイルスや腫瘍細胞には主にこのリンパ球が担当しています。 顆粒球が活性酸素や細胞内の酵素を使って異物を殺菌、消化 するのに対し、リンパ球は抗体を使って異物を攻撃します。 単球は、白血球の中でも一番大きく、骨髄で生産されます。 顆粒球同様、異物を取り込んで細胞内の酵素で消化しますが、 異物の一部と細胞を融合させ、免疫を作るはたらきを持ちます。 さらに、血管の外へも移動することができ、異物から体を守ります。 白血球と言っても実は細かく分かれ、 それぞれに重要なはたらきがあることが分かります。 白血球の基準値とは? 白血球にも、 基準値というものがあります。 端的に言えば、免疫力が下がっている場合は白血球が 少ない時、 何か体のトラブルを抱え 風邪など 、体がウイルスなどと戦って 発熱を起こしている場合は白血球は増加します。 かなり個人差がありますね。 ですので、ただ血液検査をしても、その人の白血球の 基準値が 分からない場合は、白血球の過多だけでその人の体の状態を 正確に判断することはできないのです。 もちろん、白血球の 数値を調べるのも重要な診断基準です。 医療機関は、患者の健康状態や生活習慣から 柔軟な対応が求められているのです。 スポンサーリンク また、自らの 白血球の基準値を知っておくことも大切です。 数値が少ない場合、多い場合はどうなるの? 白血球の 数値少ない時は、つまり免疫力が落ちている状態と言えます。 風邪を引きやすくなった、流行型の病気に罹り、 ひどくなる場合が増えた。 そんな時は白血球が 少ない状態になり 免疫が落ちていると言っても良いでしょう。 白血球が少ない原因は、体質的なものもあれば服用している薬が 骨髄やリンパからの白血球の生産機能を 低下させている場合があります。 また、ウイルス性の感染症や膠原病、リンパ腫などの病気で 白血球の生産が阻害される場合もあります。 風邪をひきやすい、感染症に罹りやすくなったと感じたら 一度病院を受診したほうが良いかもしれません。 また、白血球の数値が 多い場合は、風邪や感染症に罹っている場合、 体内でウイルスや雑菌と白血球が戦っている証拠です。 顆粒球は戦いが激しくなると数を増やし、応戦します。 風邪を引くと熱が出る場合がありますよね。 発熱は、 白血球が外敵を排除しようとして 炎症を起こしたことによるものです。 しかし、熱などの自覚症状がない場合でも 白血球が多い場合もあります。 白血球の 数値が 多いと、白血病かもしれないと思われるかも しれませんが、白血病とはまれな病気で、正常な血液には まずない白血球が大量にある状態の時に疑いがかけられます。 ですが、血液検査で 白血球が多いと診断された場合は、 一度病院へ行くことをおすすめします。

次の