野村亮介。 野村 亮介(静清)

野村 亮介

野村亮介

経歴 [編集 ] プロ入り前 [編集 ] 清水飯田小学校1年生の時に「飯田リトルジャイアンツ」で野球を始め 、清水飯田中学校3年生の時にに出場した。 静清工高(2年生時より)に進むと3年生時のに出場 、1回戦に登板し3失点完投勝利でを破り、2回戦の戦でも3失点完投するも、チームは敗れた。 同年・静岡大会では準々決勝でに敗れ敗退した。 (2014年より三菱日立パワーシステムズ横浜)に入団すると1年目からなどに出場 、2年目では9試合に登板し防御率7. 71であったが、その後フォーム改造にも取り組み、3年目の通算防御率は2. 10月21日にはののメンバーに選ばれた。 らがドラフト1位の有力候補として挙がる中 、野村を高く評価したGMの() が監督のに獲得を提言し、話し合いの結果ドラゴンズが1位指名をすることになった。 谷繁は「1位で指名でき、ローテーションに入れる投手が入ってくれた。 コントロールにばらつきがなくスタミナがある、先発完投型として一番だろうということで指名した」と期待のコメントを寄せた。 背番号は、かつて中日では、、、ら歴代エースが背負い 、13年オフにが退団してからは空き番となっていた 20に決まった。 ドラフト後に行われたでは、として3試合3回無失点の成績で決勝を迎え、決勝の戦にもリリーフで登板したが1回を5安打2失点であった。 プロ入り後 [編集 ] 6月25日、対11回戦() 9回表に3番手でプロ初登板。 最初の打者をセカンドゴロに打ち取るも1回を被安打4四球1の3失点。 以降は一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団よりを受けた。 その後、を受けたものの獲得の意思を示す球団は現れず、12月2日付で自由契約選手として公示された。 現役引退後 [編集 ] 11月29日に中日ドラゴンズから球団スタッフ(打撃投手)として契約したことが発表された。 変化球の持ち球はカーブ、スライダー、フォーク、カットボールなど。 野村を高く評価したGMの落合によると、1回目の視察では「どこにでもいる投手」という評価だったが、3日後にリリーフ登板した際の球威に着目し、その後は連投でも球威が落ちない点を高く買ったのだという。 詳細情報 [編集 ] 年度別投手成績 [編集 ] 3 0 0 0 0 0 0 0 0. 000 19 2. 2 8 0 3 0 0 1 0 0 6 3 10. 13 4. 13 :1年 3 0 0 0 0 0 0 0 0. 000 19 2. 2 8 0 3 0 0 1 0 0 6 3 10. 13 4. 13 記録 [編集 ] 投手記録• 初登板:2015年6月25日、対11回戦()、9回表に3番手で救援登板、1回3失点• 初奪三振:同上、9回表にから空振り三振 背番号 [編集 ]• 20 (2015年 - 2017年)• 114 (2018年 - ) 代表歴 [編集 ]• 日本代表 脚注 [編集 ] []• COM 2014年10月20日 紙面から 2017年1月15日閲覧• com 2014年10月24日 紙面から• スポニチ Sponichi Annex• nikkansports. com 2011年7月26日 紙面から• スポニチ Sponichi Annex 2014年10月11日掲載• 朝日新聞デジタル 2014年10月21日掲載• 中日ドラゴンズ 公式サイト 2014年10月23日掲載• nikkansports. com、2014年11月30日掲載• 中日ドラゴンズ 公式サイト 2014年12月11日掲載• スポニチ Sponichi Annex 2014年10月11日掲載• nikkansports. com 2014年10月23日 紙面から• nikkansports. com 2014年12月12日 紙面から• nikkansports. com 2014年11月17日 紙面から• 中日ドラゴンズ. 2018年1月17日閲覧。 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。 2017年11月29日. 2018年1月17日閲覧。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - NPB. jp 日本野球機構 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

野村亮介

野村亮介

寸評 淡々と140キロ台のストレートと多彩な変化球を投げ分ける大型右腕・。 大柄投手らしからぬ味のある投球には玄人好みと思わせるものがある。 この男は無理に角度をつけようとせずにスリークォーター気味から腕を振りぬく。 最も投げやすい位置から放ることができるためにバランス感覚に優れた投球ができている。 大型投手として恵まれた馬力がありながら指先感覚が優れた稀有な右腕である。 ラストサマーまで追いかけたいと思わせる投手であった。 (投球スタイル) ストレート マックス145キロ 常時136キロ~141キロ スライダー 125キロ前後 ツーシーム 130キロ前後 シンカー 120キロ前後 チェンジアップ 125キロ前後 スリークォーター気味から振り出すストレートは綺麗な回転がかかったストレートではなく、若干癖球気味。 右打者にはカット気味の直球。 左打者にはシュート気味の直球。 微妙に動かして芯を外す投球を心掛けている。 、といった世代を代表する投手と比べるとストレートの凄みは感じないが、コンスタントに140キロを計測できる馬力と低めに集める制球力には光るものを感じる。 あまり空振りを奪えるストレートではなく、ファールで粘られることは多いが、彼は慌てることはない。 淡々と鋭いボールを投げ込んでいく。 シンカー、チェンジアップの精度も高い。 速球、変化球の精度も高く、制球力も安定している。 捕手にとっては配球を組み立てがいの投手。 高校生としてはハイレベルな投球術を演出する投手だ。 (打者への攻め) ・右打者 ストレートは両サイドへ投げ分けていきながらスライダー、チェンジアップをおりまぜながら 投球を組み立てている。 外角中心に攻めながら時折、ツーシームを織り交ぜて体を起こしており、両サイドへの揺さぶりはしっかりしている。 ・左打者 外角中心にストレート、ツーシーム、チェンジアップを織り交ぜながら投球を組み立てていき、芯に当てない投球が出来る。 外角一辺倒ならずにインコースにも攻めることができており、幅が広い。 クイックタイム クイックは1. 05秒~1. 15秒前後と素早いクイックが出来ている。 フィールディングの動きも長身の割には軽快。 キレの良い動きを見せており身のこなしの良さを感じる。 牽制もうまく、投球以外の技術は高いものを感じる。 (投球フォーム) セットポジションから入る。 左足を真っ直ぐ上げていき、右足はしっかりと立つ。 一本足で立つ姿は中々良い。 左足をショート方向へ伸ばしていきながら、腰を沈めていき、膝を伸ばして着地する。 左腕のグラブを真っ直ぐ伸ばしていき、正対させている。 しっかりと左胸に抱え込んでいき、体のブレを防ぐ。 左腕のグラブを伸ばす際にコンパクトにテークバックを取り、リリースに入る。 189センチの長身だが、腰を沈めて、スリークォーター気味から腕を振り出すので、角度は感じない。 時折、腕を振り出す時に肘が前に出てこないのが欠点か。 力みを感じず、柔軟に体を使うことができた投球フォーム。 187センチの長身にしてこのバランスの良さは一つの才能といえるだろう。 将来の可能性 187センチという長身は投手として大きな武器だ。 それを使いこなすのは難しい。 多くの長身投手が伸び悩む理由は体をバランスよく使うことができていないからだと考えられる。 大きな体は出力するパワーは大きいが、制御が難しいものなのだ。 野村という男は187センチの長身とは思えないほどのバランス感覚を持っている。 140キロを超えるストレートを両サイドに集められる制球力。 微妙に球を動かす指先の鋭さ、フィールディングの動きの良さ、クイックの鋭さ。 実に高いレベルにまとまっている。 個人的にはドラフト候補として推したい投手だと評価したい。 あとはストレートにどれだけ力強さが増しているか。 熟練した投球術に破壊力のあるストレートが加われば十分に指名候補に挙がる投手になるだろう。 ぜひラストサマーでさらに進化を遂げた姿を見せることを期待したい。 情報提供・文:2011. 投稿数:0 最終更新日:2020. 13 21:20• 投稿数:3 最終更新日:2020. 10 23:26• 投稿数:0 最終更新日:2020. 08 20:31• 投稿数:0 最終更新日:2020. 04 23:32• 投稿数:0 最終更新日:2020. 02 11:52• 投稿数:0 最終更新日:2020. 30 13:58• 投稿数:0 最終更新日:2020. 27 21:56• 投稿数:1 最終更新日:2020. 17 14:23• 投稿数:0 最終更新日:2020. 13 18:06• 投稿数:1 最終更新日:2020. 11 16:58• 投稿数:0 最終更新日:2020. 10 21:20• 投稿数:0 最終更新日:2020. 10 11:36• 投稿数:0 最終更新日:2020. 08 22:17• 投稿数:0 最終更新日:2020. 04 22:08• 投稿数:1 最終更新日:2020. 04 10:33• 投稿数:3 最終更新日:2020. 03 12:45• 投稿数:1 最終更新日:2020. 31 20:34• 投稿数:0 最終更新日:2020. 30 21:28• 投稿数:0 最終更新日:2020. 30 12:44• 投稿数:0 最終更新日:2020. 29 16:36.

次の

落合GMと谷繁監督の確執に巻き込まれた中日ドラ1・野村の嘆き

野村亮介

仕方がないです。 別の回答でも言いましたが、ドラフト以降後援会に呼ばれたこともあってまともに練習ができず、合同自主トレからキャンプに至るまでスローペース、マイペース調整でも何とかなるという考えの甘さ。 さらに言えば無理に呼んだ後援会も悪いが、合間を見て練習しようとしなかった意識の低さを責められても仕方がないです。 さらに故障に関しても、やはりその合同自主トレで走り方を見たコーチ陣から怪我をする走り方と揶揄されるなど、推した落合GMは練習の姿を見ていなかったと思わざるを得ない見落としです。 それでも1年目の失敗を活かす事を期待していましたが、本人の自信と実際の実力に差がありすぎた、完全なる自意識過剰であったことが露呈されたとなってはドラ1ながら3年で見切られるのも必然です。 いきなり背番号20ではちょっと荷が重すぎましたよね...。 社会人の日本代表ではストッパーをつとめてたりで活躍してたのに中日ではチームの指導方針や指導者にも恵まれませんでした。 しかも谷繁が本来獲得するつもりだったのに落合が直前で変更してしまった山崎康が横浜であれだけブレイクしてしまってはファンもがっかりでしたよね。 ましてや中日の今のストッパー事情から考えてもタラレバになってしまいます。 田嶋もセットアッパーならもっと違うだろうし... 皆さんおっしゃる通り野村君はまだ若いし、トライアウト受けてどこかでやり返して欲しいです。 ブーちゃんみたく社会人野球でもやっぱり現役してくれてたらファンは嬉しいもんですよ。 まだ若いし皆さんおっしゃる通りトライアウト受けてどこかでやり返して欲しいです。

次の