ふき あく 抜き 重曹。 ふきのとうのアク抜き方法、まとめてみると?

ワラビのアク抜きの方法 (重曹)

ふき あく 抜き 重曹

タンニンは渋みの原因になります。 水に溶ける性質があります。 抗酸化、抗菌、虫歯予防、坑ウイルス、消臭、高血圧抑制などの作用があると言われています。 ツヨンは数キロ以上摂取すると幻覚作用・痙攣・錯乱などが起こると言われています。 なので よもぎの苦みを抑えたい場合や よもぎを大量に食べる場合はあくを抜きます。 多分 よもぎを数キロも食べることはないと思いますが 野草類にはどれも あくがあり 体に良い効果もありますが摂り過ぎるとよくないといわれています。 基本的には 季節の雰囲気を味わうために 季節の変わり目に少しだけいただくようにしてくださいね。 さて よもぎのあくの取り方には A. お湯でゆでる B. 重曹を溶かした水で茹でる の ふたつの方法があります。 それぞれの方法を説明していきますね。 よもぎの 重曹なしの調理方法 よもぎのなどの野草の代表的な料理と言えば天ぷらですね。 春先の柔らかい芽を摘んで 薄く衣を付けてサックリと揚げます。

次の

フキのアクって身体に悪いのでしょうか?

ふき あく 抜き 重曹

ご登録いただき、ありがとうございます。 ——————————————————————- 昨日は、新潟は久しぶりの快晴で、 やっと日の暖かさに 春を感じることができました^^* こんにちは、越後みそ西 西本町店 西巻かりんです。 でも、今日からまたお天気が よろしくないようで。。 週間予報の中には、 雪マークも見え隠れ^^; たまのご褒美のような一日でしたね。 早く本格的な春に なってほしいところです! さて、本日は、 春といえばやっぱり食べたくなる ふきのとうについてです。 ^^* 山ではこれからますます 山菜が芽を出してくる頃合いです。 それにしても、ふきのとうのアク、 皆さんどう処理されていますか? 一言でアクを抜くといっても、 結構いろいろな方法があるんですよね。 今日は、そのアク抜き方法について まとめてみました。 ^^ あのふきのとう特有のほろ苦さ、 美味しいですよね! じつは私もあの苦さが大好きです。 ^^ アクというのは、 苦味・渋味・えぐ味などの 元になる成分の総称ですが、 この苦味のもと、 実は身体によい働きもしてくれるって ご存知でしたか? たとえば、 ふきのとうの苦み成分は、 新陳代謝を活発化させる働きが強いとされていますし、 消化液の分泌を促進したり、 薬草として咳止めやたん切りなどにも 効能があるようです。 しかし、身体に害のあるものも、 山菜には含まれています。 中でも、 ふきのとうに含まれる「フキノトキシン」は、 発がん物質とされ、肝機能障害も指摘されています。。 しかし、 これらの好ましくないアクの成分は、 アルカリ性の熱湯(重曹や木灰を溶かしたお湯)で アク抜きすると、ほとんど分解されるので問題ありません。 ^^ 中でもフキノトキシンは水溶性なので、 茹でて水にさらすだけでもよいとされています。 アクには身体にいい要素もありつつ、 でも、やっぱりほどほどに摂取するのが よさそうですね。 ^^; もちろん、ご家庭で食べる際には、 みなさんアク抜きされることも多いと思いますが、 その方法は、ご家庭によっても様々なようです。 そんないろいろなアク抜き方法を、 まとめてみました。 沸騰したお湯にふきのとうを入れ、 茹でたあと、冷水にさらします。 冷水にさらす時間が長いほど 苦味が落ち着きます。 茹で時間はさっと茹でる方法と、 3~5分程度茹でる方法など、 茹で時間が長いほどアクも抜けるので、 お好みで加減し、苦味を残します。 どうしても苦味を除きたい方は、 茹でる前にさらに水に浸しておくと、 いっそう苦味がぬけます。 沸騰したお湯に重曹を入れ、 そこにふきのとうを入れます。 茹でたあと冷水にさらしますが、 お好みでゆで時間と、 冷水にさらす時間を調節します。 アクを抜きすぎると風味まで飛んでしまうので、 茹で時間を短めにして、冷水に長く浸すなど、 加減してみてください。 また重曹を入れると、繊維が柔らかくなり、 長く入れすぎるとふきのとうが溶けてしまうので、 注意が必要です。 塩で板ずりしたり、塩揉みすると 黒くアクが出てくるので、 水にさらしてアクを流します。 和え物や汁物に向きます。 板ずりした後に、茹でる方法もあります。 炒める時間を長くするほど、 苦味が少なくなります。 茹でずにそのまま揚げます。 揚げる時間が長いほど、 苦味が少なくなります。 おひたしなどにする場合は、 アクの強い中の花の部分は取り除き、 外側の葉の部分だけ使うと、 苦味が和らぎます。 **************** 苦味が好きな方や、 風味をできる限り残したい方は、 水にさらした後、すぐ油で炒めて 味噌などに和えて頂きます。 そのかわり、ふきのとうは、 刻んだ先から黒ずんでくるので、 炒める際には、 刻んですぐ手早く炒めるのがコツです。 ふきみそを作る際には、 味噌やみりんを先にあわせておきます。 また、茹でた際には、 必ず冷水にさらします。 これは水にさらすことで、 アクが抜けるのと、 そうすることで色が鮮やかに保てるからです。 ただ、先にもふれましたが、 ふきのとうのアクの成分は水溶性で、 茹でて水に浸すだけでもずいぶんぬけますが、 問題はどの程度抜くか、ですよね。 アクを抜きすぎると、 やはり味がぼやけて風味もなくなってしまいます。 山菜の味の決め手は、 やはりあのほろ苦さにあると思うので、 いろいろな方法を試してみて、 ぜひ絶妙なほろ苦さを お楽しみ頂ければと思います。 昨年摘みすぎてしまったのかな? 今年は、来年またたくさん 仲間が増えるように、 庭の蕗のとうは、 そのまま残してあげることにしました。 ^^ 近くの山の雪はまだ残雪が消えませんが、 じきその白さが見えなくなったころ、 やっとこのあたりも本格的な春が到来します。 ^^ それまで、もうしばらくこの寒さと おつきあい。。 皆さまも季節の変わり目、 どうぞお身体お気をつけくださいませ。 それでは、またお便りしますね。 息抜きにどうぞ。 ほっと一息つきたい時にお読みください。 その節は、ご容赦下さいませ。 その際はブラウザのURL入力欄に、直接ご入力いただくか、 URL全行をコピー・貼り付けをしてご利用ください。 カテゴリー• 最近の投稿• 2015年10月7日• 2015年8月29日• 2015年8月9日• 2015年7月18日• 2015年5月31日• 2015年4月7日• 2015年3月8日• 2015年2月2日• 2015年1月31日• 2014年12月30日• アーカイブ• おてしょ便り(ニュースペーパーバックナンバー)•

次の

わらび料理方法 山菜スペシャリストが教える山菜料理レシピ|山菜屋.com

ふき あく 抜き 重曹

この時期になると、地元のスーパーにいけば、春ならではの食材が豊富に並んでいるのでワクワクします。 今日は朝から買い出しにでかけ、筍(たけのこ)、蕗(ふき)、蕨(わらび)、カブなどたくさん買い込んでしまいました。 今晩の晩御飯はわたくし担当ということで、帰宅早々、好物のわらびをわらびご飯としていただくために、灰汁抜きからはじめます。 うっかり自宅には掃除用ではない食用の重曹を切らしていることを失念しており、それならばベーキングパウダーを使ってやろうかと思っていたら、灰汁抜きには以外と時間がかかるようです。 重曹やベーキングパウダーであれば最低でも半日、できれば1日以上重曹をふりかけた水で漬け置きしておくことが好ましいとのこと。 それならば、以前、NHKのあさいちやためしてガッテンで紹介していた、超時短裏ワザ的な灰汁抜きを実践してみようということになりました。 こちらの方法ならば、煮ること3分、冷水で浸して10分(量にもよりますが、私の場合は1時間)で、灰汁抜き完了です。 重曹なしでわらびの灰汁抜きをする方法 用意するものは、小麦粉(大さじ4)、塩(小さじ2)、水(1リットル)、そして鍋。 そして、もちろんわらび。 大きい場合は切り分けておく。 今回は少し長めに5分程度。 なぜ、小麦粉で灰汁抜きが短時間でできるのか? 小麦粉はお湯のなかでコロイド粒子の状態に変化し、ワラビから出てきた灰汁を吸着します。 このため短時間でも灰汁抜きができるようです。 今回、冷水に1時間さらしましたが、試しに少し食べてみて苦みや渋みなどえぐさがなければ灰汁抜きは完了です。 後半戦につづく・・・(わらびご飯編).

次の